FC2ブログ

SJPのお家、改装中

今日はダブリンは朝からえらい風です。ストーム・アリ (Storm Ali)のおかげです。

バス停を降り、会社へ行く数分の道でさえ歩くのに一苦労。吹き飛ばされそうになりました。危ないわ~。

と思ったら、港もえらい風のおかげで、積まれていたコンテナが落ち、横に止めてあった車に激突し、車が大破した映像を同僚Dくんに見せてもらいました。駐車場でもないスペースに車を止めたほうが悪いです。とにかく、強風だと言うことがおわかりいただけたかと思います。こちらからそのニュースが見れます。興味のある方はどうぞ。https://www.dublinlive.ie/news/dublin-news/dublin-weather-live-storm-ali-15170767

話を変えて。。。先週の金曜日のお話です。

最近、仕事&プライベートで気をもむ、つまり「自分の思い通りに行かない事件」があり、ちょっとバイブレーションが下がり気味。こんなことで下げていてはいかんのですけど!しかし、先週の金曜日の朝にも事件が起こり、さすがにうんざり!負のスパイラルに入ってしまっていたんです。これはもうあかん!と思った私。そして、同僚に、

今日は会社の帰りにギネスを飲みに行く!!!

と朝の9時半に宣言。本当に行きました。会社の帰りに一人で。行った先はこちら。https://mulligans.ie/先日もご紹介したパブです。ちょっとおっさん化してきてる自分を否めないですが!!!

ここでレギュラーのおじいちゃんとおしゃべりしながら飲みました。「一人で来て、勇気がある!」と褒めてもらった上に、一杯おごってもらいご満足!しかし、空腹でギネスを2杯飲んだので、ちょっといい感じでTipsy。帰りは隣にある日本食レストラン、J2 by Japanese Kitchenでたこ焼きでも食べようと思ったのですが、ちょっと酔っぱらっていたせいもあり、

酒の後はやっぱりバーガーやな。


と思い直し、近くのSupermacsへ。あそこは新聞が置いてあるんです。その新聞を読みながらバーガーを食べていた時、ふとこの記事が目に入りました。

IMG_4284.jpg

らしいんですよ。SJP=Sarah Jessica Parker(サラ・ジェシカ・パーカー)。日本でもおなじみですよね?Sex and the Cityで。と勝手に思っておりますが?日本でもすごい人気だったのだろうか?ちょっとわかりませんが。

こちらではえらい人気だったんですよ。最近毎週金曜日、午後10時から11まで再放送されてるんです。(MTV関係のTV番組で)それをまた楽しみに見ている私。サマンサのQuotesが面白すぎるんです!それを期待しながら見ていると言っても過言ではありません。

ぜ~んぶ最初からまた見たいわ!と思ったので、Aちゃんが昔に買ったDVDボックス・セットを探したら、ないんですよ。どうもAちゃんが誰かに貸して、それきり戻ってこずだったらしい。しかも、誰に貸したか全く覚えてないから救いようもない。

ということで、先週Amazonで買いました。14ポンド近くしてましたけど、アイルランドのとあるネットで買うと、50ユーロを超すんで、お値打ちやったと思っています。10月1日にしか到着しませんけど!

話がそれましたけど、SJPとマシュー・ブロデリック。ドニゴールに家があるのは有名な話。ちなみにマシューはアイルランドで自動車事故を起こして相手の方が亡くなったという過去があります。(このブログで前にも書いたと思いますが) もちろん家があるんで、アイルランドにはよく来ているようなんですよね。意外とそういう有名人はいるんです。結構お忍びでアイルランドに来てるらしい。

実はこの新聞の記事の前、先月に、彼らがアイルランドに来ているのを知ってたんですよ。Aちゃんの弟B君、実はダブリン空港で働いているんです。SJPに空港内の道を聞かれたらしい!それを聞いたAちゃんが、「SJPはシワが多かった?」と聞いたら、やっぱりそうだったらしい。女性ならちょっと気になるよね、有名人のシワ!自分と同じやん~とホッとしたいから!(失礼だけど)

ということで、今後もっとこのお二人をアイルランドで見ることになるでしょう。

ちなみに、新聞には"Sex in the City"Starと書いてありますが、思い切り間違ってます。正解はSex AND the city"やで~。

SAC 1
(www.imdb.comより抜粋)

それでは早いですが、今週はここまでです。今週末~月曜日までロンドンへ日本人のお友達と行ってきます!というか、去年同様、ロンドンに詳しい彼女に連れて行ってもらう形ですけど!ということで、ブログは来週の水曜日を予定しております。よろしくお願いいたします。

余談ですが、昨日イタリア語に行って来ました。前のクラスの生徒7人中5人は同じクラス。いい人たちなんで言うことなし!新しい生徒はだれも入ってきてませんでした。先生も同じくM先生!むっちゃ嬉しい!けど宿題が多いわ。。。ロンドンまで持っていってやらないといけないかも!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

今日からまた(!?)イタリア語学校

今日からイタリア語学校が始まります。

いつも学校が終わると、

「次のタームが始まる前に、イタリア語、勉強するで~!」


と思うんです。でも、毎回思うだけ。

今回もほぼそうでした。やったといえば、こちらのサイトから面白そうな記事だけコピーして、訳すという作業のみ。https://www.donnamoderna.com/ 
しかも、机に座ってやったわけではなく、ヨガに行く前によったカフェのテーブルで、またはヨガ教室の待合室でやっていた程度。そして、たまに会社のPCでお昼時間にイタリア語のテレビを見ていたくらい。見ていると言っても、料理番組か、イタリア版Judge JudyのForum を見ていた程度。www.mediasetplay.mediaset.it/programmi-tv/forum_b100000481

文法は全くやっておりません。前タームやっったことも覚えてない!完全ボケてるわ。

またクラスで一人だけ何が何だかわからず、12週間苦労すると思いますが、高いお金を払っているので(それだけの理由かい!)頑張りたいと思っています。今回もM先生やったらええんですけど。。。

イタリア語+ヨガクラスという、金曜日以外は休みがない生活をいたしますので、ブログをアップできる日が限られてきます。現在のところ、月曜日、水曜日、木曜日でアップする予定ではいますが、変更になり、回数が少なくなることもございますので、ご了承ください。楽しみにしていらっしゃる方、申し訳ございません。

謝罪する代わりといってはなんですが、こちらの写真でお楽しみください。先日、Bさん宅にステイしていたイタリア人男性二人が作ったディナーです。それでは明日!


アンティパスト:サンドライトマトが乗ってます。瓶詰めのですけど。チーズはレッジャーノ。こういう食べ方もいいねえ~。ゲストにもってこいやね。
ITALIAN 2

プリモピアット:ちなみにセコンド・ピアットはありません。ペストのパスタ。ペストは瓶詰めのですけど。そこへ、フレッシュなバジルを潰してたくさん入れ、フレッシュなバジルで飾り付け。これがむっちゃうまかったんですよ!これ以来、自分でもたまに作るようになりました。余ったパスタはフリッターター(イタリア風オムレツ)にして食べるとうまいとのこと。今度試そう!
ITALIAN 1

インサラータ:カプレーゼ。朝に作り、食べる直前まで冷蔵庫で冷やしていました。オイルやトマトのジューシーな汁が混じって、これまた絶品!作り置きしたのを食べたのは初めて。翌朝食べるともっとうまいと言っていました。わかる!これもゲストにもってこい!
ITALIAN 3

ドルチェ:ティラミス。48年の人生の中で食べたティラミスのうち、これがNo.1!!!こんなうまいティラミスは初めて食べた!アマレットとコーヒーの割合が絶妙!酒がきついティラミスが多いんですけどね。だからあんまりティラミスが好きじゃないんですよ。とにかくこちらのはすらっと口の中に入り、すらっと溶けていくんです!レシピ、聞けばよかったわ。
ITALIAN 4


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ワールドチャンピオン、続々登場!

皆さん、週末はいかがでしたか?

アイルランド、スポーツ頑張ってるんですよ。小さな国で、人気があるスポーツ、例えばサッカーやラグビーなんかはスポンサーも付いて、資金があるからいいんです。

しかし、あまり勝ってもいないスポーツだと、国からの資金が少ししか出ないし、スポンサーがつかないんです。金銭的に結構厳しいんです。結局実費で旅費出して、遠征に行かないといけなくなるんです。海外遠征なんて、本当に大変らしい。

なので、お金を国から貰おうと思ったら、勝つしかない!ということになる。勝って、名前をニュースで出してもらう。そしてスポンサーにも付いてもらうと。。。これが大変なわけです。(友達がとあるスポーツのコーチをやっているので、資金面の話を聞いたので)

勝つって一言で言うけど、大変よね。世界相手に勝つか、世界の舞台に立たないと意味がない。そんな中、最近世界選手権で優勝するアイルランド人選手が最近出てきてるんです!素晴らしいわ!


このご兄弟、土曜日にブルガリアで行われたWorld Rowing Championshipsでゴールドメダル獲得!

sports 1
Gary and Paul O'Donovan Brothers! (www.irishexaminer.comより抜粋)

オリンピックではシルバーでしたが、世界選手権ではゴールドメダル!素晴らしいです。おめでとう!すっかり彼らは有名になりました。話もおもろいしね!(このブログでも前にご紹介しましたが)


そしてこちら。。。William O'Connerさんが優勝したんです!



ダーツ、日本では知名度はイマイチですよね。スポーツなんですけどね。イギリスじゃあすごい人気!ビデオを見てもわかりますけど、結構盛り上がるんですよ。選手権もいっぱいイギリスであるはず。昔はよくこちらのテレビで放送してました。最近はどうかな?見た記憶がないわ。ちなみに選手権はオランダで行われました。

アイルランドではどちらかというと、パブで行うゲームという位置づけだとウィリアムさん。といっても、最近のパブにダーツが置いてあるところは珍しいと思いますけどね。田舎のパブに行ったらあるかもだけど。確かにスポーツと言う感じはしない。だからかどうかはわかりませんが、アイルランドでダーツはさほど人気があるスポーツではない。

ウィリアムさん、オランダ人のチャンピオンMichael Van Gerwnさんを破ったんです。前にも彼に勝ったことはあったそうですけど。素晴らしい!おかげでダーツに興味が湧いた人もいたんじゃないかな?そういえば、友達の日本人男子がむかし、ダーツ・バスツアーってのに行ってたな。バスに乗って、パブにって、ダーツの試合を見るらしい。むっちゃ盛り上がったらしい!


こうして、アイルランドからワールドチャンピオンが生まれていくのを見るのって、面白いわ!どんどんこれからもワールドチャンピオンが生まれてほしいもんです。


ポチっとクリックお願いします!


ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Airfield Estate - Food Festival (エアフィールド・エステート・フード・フェスティバル)ー後編

それでは水曜日のブログの続きといきましょう。

住宅街に存在するエアフィールド・エステート。少し遠くを見ると山。近くを見るとアパートという、ちょっと不思議な感じがするところ。よくぞ存続しましたね~と言いたくなる。普通なら、潰されてアパートになってるんじゃないかしら?

都会の中にポツン、といった感じですが、そんなポツンとした土地には動物や畑、ガーデンがあってなかなか素敵でした。そんなに大きくはありませんけどね。

IMG_4235.jpg
左は山、右はアパート、そして真ん中はフィールドが広がる。

サラダが美味しそう!このまま取ってちょっと洗って食べたら美味しいだろうな~。
IMG_4247.jpg

おお、ヴィンヤードまで!
IMG_4239_2018091307293200c.jpg

うわ~、ちゃんとぶどうが育ってるわ!(取らないでください、って注意書きがあったのが印象的でした。取るやつおるんや!)
IMG_4240_201809130729340c4.jpg

こちらはなんだと思います?実はキヌア!こんなふうに実るなんて知りませんでした。恥ずかしい限り!
IMG_4244_20180913072935d08.jpg

もちろん鶏もおります。Bさんの大好きな動物の一つです。
IMG_4259.jpg

ロバ(雄)が二頭いました。リスも駆け回っていましたよ。幸せそうな顔にホッ。
IMG_4260.jpg


ここには一軒のお屋敷があります。

IMG_4261.jpg

Trevor TL Overend (トレバー・ティー・エル・オーバランド、とここでは読むことにします)という、ダブリンの弁護士が1894年に購入したお家です。ここに最後に住んだのは、Letitia(レティシア、とここでは読むことにします)とNaomi (ナオミ、とここでは読むことにします)のお二人の姉妹。
IMG_4267_201809130736557bd.jpg

お屋敷の横。ガーデンが広がっているんです。小さいけど、素敵ですよ。
IMG_4264.jpg

きれいなお花が咲いていました。
IMG_4263.jpg

お屋敷の前。たくさんの木が植わっていました。ピクニックにもってこいの空間!ここで外ヨガやったら、絶対気持ちいい!
IMG_4262.jpg

こちらはたしかナオミさんの所有の高級車だったはず。
IMG_4250.jpg

ご自分で運転してらしたそうで。
IMG_4255.jpg

こちらはロールスロイス20。当時女性でこの車を乗り回すなんて、かっこよすぎるやん!お屋敷には昔のスキー板もありました。結構アクティブなお二人だったようです。
IMG_4248.jpg

こちらのエステートは38エーカー。1974年にレティシアさんが、1993年にナオミさんが亡くなってからは、慈善団体により経営されて、一般に公開されています。2013年に11ミリオンユーロかけて改良されて、カフェができ、施設がより良くなったのです。この日は無理でしたが、普段はお屋敷のセルフガイドツアーができますし、もっとたくさんの動物達も見れます。

ルアスでダブリンのシティーセンターから簡単に行けてしまう距離にあるエアフィールド・エステート。小さい子供さんを連れた家族連れにはもってこいだと思いました。この日はカフェで食べませんでしたが、カフェのご飯がなかなか美味しそうでした。ここで出される肉類や卵などはここで育った動物たち・収穫されたものだそうです。

クリスマス前の11月後半からクリスマス用の子供向けのイベントもあるし、他にも家族で参加できるイベントをいくつか行っています。子供さんがいなくてももちろんOK! お時間があったらぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?私もまた行こうと思っています。

それでは皆さん、良い週末を!月曜日にお会いしましょう。








ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

Housing Crisis-アイルランド・住宅危機-2018年9月

昨日のエアフィールド・エステートの続きを書く予定でしたが、明日に回すとして、今日はHousing Crisis-アイルランド・住宅危機について書きます。

昨日、帰宅のために乗ったバスがオコンネルストリートを通れなかったのです。北に行くバスはすべてガーディナー・ストリート(Gardiner Street)と呼ばれる、オコンネルストリートと平行して通っている道路の方へ迂回してたんです。おかげでガーディナー・ストリートやは大渋滞!沢山の人が道路でバスを待っていました。おかげでヨガのクラスに15分も遅れてしまいました。

事故かな?

と思ったのですけど、そうではありませんでした。昨日オコンネルストリート(北側)の上の道、パーネル・ストリート(Parnell Street)でデモンストレーションがあったんです。

house 1
(www.independent.ieより抜粋)

最近ニュースを見てなかったので全く知らなかったのですが、バラクバラを被った活動家が、火曜日の夜から34 North Frederick Street(ノース・フレデリック・ストリート、上の写真の奥のストリート)に立ちこもってたんだそうです。この建物は誰も使ってない空き家だそうですが、ちゃんとオーナーがおります。裁判所命令が出て、立ち退かないといけなかったのです。しかし、彼らをサポートする人たちが集まって、ご覧の通りとなったわけです。

なぜバラクバラを被った活動家が立ちこもってたのか?というと、ひどいコンディションで住まないといけない人がたくさんいるんです。階段がないからはしごを使わないといけないとか。そんな家で300ユーロから500ユーロ毎月家賃を払わないといけない状態なところがあるんです。家事にでもなったら命はないですよ。先月はいきなり二日前に大家から立ち退き命令が出て、家を出なくてはならなかった人たちもいたんだそうです。

そんな訳のわからない、すごいことが起こっている現在。大家はお金さえ入ってこればいいので、家を直さないなんてしょっちゅう。私も友達とシェアした家がすごかったですから、わかります。(訴える訴えないの話になったんでね)住める状態でテナントを入れないといけないのですよ。でもそんなの知ったこっちゃないという、悪徳大家がおるんです。

家賃も膨大に値上げするし、払えなかったら出て行け!ですよ。払える人にしか興味が無いのです。それまで長年住んで、なんのトラブルもなかったテナントなんて、値上げした金額が払えなかったらどうでもいいのです。同僚がそれで大家ともめてました。

そんなこんなで、彼らの活動をサポートする人もいるわけです。しかし昨日、ちょっと小競り合いがあったようで、けが人が出たり、逮捕者が出たんです。

デモするのはよし。現状を示して、良い方向に変えようとする姿勢は大賛成だ。しかし、小競り合いになったり、逮捕者が出たりはちょっと違う。暴力では何も解決しないから。暴力は暴力を呼び込もだけです。だから彼らを100%サポートしようとは思いません。(あくまで個人的意見です)

でも、現状がひどいのは確か。政府がちゃんと介入して、きっちりとしたルールを引かないと、大家が暴君になり、その結果ホームレスになる人が今後続々と増えてしまうだけです。

じゃあ家買ったらええやん?という話にもなるでしょう。家もアホみたいに高いんです。だから独身で、大した給料をもらっていない私のような人は家はまず無理。じゃあアパートでいいじゃん?という人もいるかも知れませんが、アパートもアホみたいに高い。お値打ちなところで買えばいいじゃん!という話にもなるでしょう。しかし、そういうところは治安が悪いことがほとんど。そんなところに買っても、売るときに困るだけ。超田舎に行くという手もあるけど、仕事どうするん?と思うし。ここ数ヶ月で仕事内容がいいものに変わるので、今は辞めたくはないのです。

もう、踏んだり蹴ったりやん!!!

私もAちゃんの家の部屋を借りているだけですから、Aちゃんが結婚でもしようもんなら家を出ないといけない。そうなると、給料の半分以上払って借りることになるわけです。


2年後にまたポシャると言われています。


もうポシャったほうがいい。そのときにうまい具合に家を買うことができればいいんですけど。。。50過ぎたらほとんど銀行からお金も借りれないし、どうしようか、私も真剣に考えているところです。そう、他人事ではないのである。

家持男で、旦那になってくれる人を探したほうが早いのか???やっぱり入れ歯でも「OK」したほうがいいような気が。。。




ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.