高級!Dollard & Co.Food Hall & Grill,オープン!-後編

昨日載せるのを忘れましたが、レストランのメニューはこちらです。

朝は8時から11時半までこのメニュー。

IMG_2135.jpg

午後12時から9時まではこちら。

IMG_2134.jpg 

平均的な値段かな、と思います。とんでもなく高いという印象は私にはないです。最近のダブリンのレストランやカフェって高いから。外食は高いのよ、ダブリンは。東京ほどではない!?比べてはいけませんよ。

こちらではこういった商品も購入できます。

私のような独り者は食事を作るの、面倒くさい時に、こう言うのを購入してしまうのです。Treat myself!とか言って。スープも売っていました。

IMG_2113.jpg

スーパーで買えるものも売っていますし、そうでないものもあります。

IMG_2121.jpg

こちらは私が大好きな、フランスのヨーグルト!もちろん購入。バニラがお気に入りです。

IMG_2122.jpg

チーズのカウンター。

IMG_2115.jpg

う~ん。美味しそう。血圧やコレステロールが上がるから、食べるのはほどほどにしないといかんのですが、ついつい買おうかな~と考えてしまう。チーズ好きなんでねえ。どうしましょ。

IMG_2116.jpg

隣にはサラミが一杯。さんドライトマトやオリーブなども、隣に置いてありました。

IMG_2163.jpg

お肉勢ぞろい。

IMG_2118.jpg

並んでますね、肉が。

IMG_2119_20170821025656dd3.jpg

お肉の隣にある、魚コーナー。かなり小さいコーナーでしたが。

IMG_2158.jpg

野菜もたくさん積まれていました。

IMG_2157.jpg

果物も!
IMG_2153_20170821030220ab1.jpg

こちらはパック入り。

IMG_2156.jpg


棚にもたくさん商品が置かれていました。スーパーで見ないものもありましたよ。

IMG_2120_20170821025658d0b.jpg

例えばこちら。相撲味噌!山椒まで!黒にんにくもあるやん~。日本食も少し置いてるんです。

IMG_2124.jpg

お店のショッピングバッグもありましたが、こんなマグカップも売っていたんです。

IMG_2123.jpg
お店の絵が載ってますね。

IMG_2161.jpg
ジョージアンドア。ダブリンらしいですね。お土産にもいいかも。

IMG_2162.jpg
こちらもかわいい。

ワインもたくさん置いてありましたよ。写真は撮っていませんけど。


いかがでしたか?

ファロン&バーン(Fallon & Byrne)に似てるんです。あそこも高級ですしね。違いと言えば、ファロン&バーンの方が、私の好きなヨーグルトが高い。(どうでもよかったですね。すみません)品数が多いと思います。

こちらのお店はどうなのかわかりませんが、ファロン&バーンでは、置いてほしい商品をリクエストすると、置いてもらえる可能性が大なんです。だから見たこともないような、海外でしか買えないような商品もあって、見てるだけでも面白い。野菜の数も多いし。
ただ、フロアーが狭いし、商品の棚と棚の間があまりないので、人とぶつかってしまうのが難点。レジのレイアウトもいまいち。グラウンドフロアーにはテーブルが少ないから、地下のワインバーに持って行って食べないといけないこともあるしね。

こちらの方がフロアーが広々していて、歩いてても人とぶつかることはない。店内が明るいしね。テーブルも多いし、明るくて、意外とゆっくりできる。ロンドンにありそうな感じですね、店のレイアウトが。ちょっとハービーニコルスに似てるかな?商品が置いている後ろに、食べるところがあるって言うのが。ハービーには生鮮品はないけど。

最近のダブリンは高級志向。

ちょっとロンドン化してるのかな、と思います。そうして、こういうお店は流行る。レストランもたくさんオープンしてるし、カフェもかなりオープンしている。昔ダブリンに住んでいた友達が、カフェの多さに驚いていましたしね。レストランんもやはりちょっとポッシュな感じのところが多いのよ。お値段もするしね。

ということで、私の感想。

ここ、大好きです。

週末、一人でウロウロしてしまいそうです。そして雰囲気につられて、買わんでもええものを買うんです。いつものことですけど!ダブリンにいらしたときは、一度覗いてみてください。お店の店員さんが、ものすごく笑顔で、フレンドリーでいいですよ。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

高級!Dollard & Co.Food Hall & Grill,オープン!-前編

皆さん、週末はいかがでしたか?

ハリケーン・Gert(ガート)のおかげで、土曜日は天気が良かったものの、ちょっと風がきつかったし、日曜日は朝は曇っていたけど、午後から雨でした。今日も雨です。寒くはないけど。

私の週末はまさに「食べ歩き」の週末。取材を兼ねていますけど。最初からそうしようと思っていなかったのですが、結果的にそうなったという方が正しいです。ちなみに木曜日もAちゃんを連れて食べに行ったので(彼女の誕生日のプレゼント)、食べてばっかりの週だったと言えます。

そんな週末に行ったところをご紹介しましょう。今週はこちらのお店です。

IMG_2128.jpg

ダラード&カンパニー(ドラード、コーとも読める)という名前のフードマーケット&レストランがオープンしたんです。このお店はちょっと高級ですよ。土曜日に訪れた時に、お店の女の子が、今日で3日目だといっていたので、どうも木曜日にオープンしていたようです。

場所は、Wellington Quay。(ウェリントン・キー)

IMG_2132.jpg

と言われてもどこそれ?ですね。ボノとエッジのホテル、The Clarence Hotel(クラレンス)の隣です。(りフィー側沿い、南側)

IMG_2175.jpg
左側がホテル。

建物の裏はテンプルバーの端、Essex Street (エセックス・ストリート)になります。こちらからも入れるようです。

IMG_2178.jpg

ちなみにテンプルバー側、右手はホテルThe Clarence。
IMG_2179.jpg

左手は、ボノが先日、コンサートの後、アフターパーティーを開いたレストラン、Roberta's。

IMG_2176.jpg

Dollard(ダラード、とこのブログでは統一して呼ぶことにします)という名前ですけど、このビルは1886年に建てられたものだそうで、当時Dollard Printworksという会社が入っていたそう。だからDollardなのでは?と勝手に思っています。その後は普通のオフィスになり、現在はフードホール&レストランになったようですね。

どこの会社が経営しているかなあと思って、ネットで調べてみたら、Press Up Entertainment Groupという会社が携わっているそうで。http://pressup.ie/

彼らのサイトを見ていただければわかりますが、この会社、The Clarenceにも携わっているし(一部)、Roberta’sもそう。MUJIもここが携わってるし、ほかにもダブリンは名前が知れてるレストランはここが携わっているそうなので、びっくりしました。ダブリンとコークでレストランやホテルの経営をしているようですね。ちなみに木曜日、Aちゃんを連れて行ったレストランが、The Clarenceに入っている、Cleaver Eastというお店。ここもそうでした。びっくりするところでは、タワーレコードまでここが携わっているのである。大きな会社のようですね。全然知らなんだわ。

さて、受け売りのうんちくはさておき、店内の様子を紹介しましょう。(写真は土曜&日曜で撮影したものです)

扉を開けると、目の前にはパンやペーストリーが並びます。すごい美味しそうなんですよ、これが。お値段は決してお安くはありませんけど。

クロワッサンが美味しそう~。1ユーロ75セント。

IMG_2126.jpg

日曜日はドーナツもありました。3ユーロ。

IMG_2164.jpg

こちらはスペルト小麦で作られたケーキ。普通の小麦粉ではないからか、重くなくてよい。一切れ2ユーロ50セントなので、お安くはありません。右手のアップルとシナモンを一切れ購入。試食を配っていたお姉さんお勧めでした。ちょっと甘めですが、美味しかったですよ。

IMG_2165.jpg

こんなパンも売っていました。

IMG_2167.jpg

入口入ってすぐ右手側にサンドイッチ&ピザが売っていました。こちらでテークアウェーのコーヒーもオーダーできますよ。

IMG_2172.jpg

ピザの窯が入口入る手前、右側の窓から見学できます!

IMG_2173.jpg

パスタもやっているんです。好きなパスタを選び、ソースを選び、トッピングを選ぶと、レンジでチンしてくれて、暖かいパスタが食べれるようになっています。イタリア人は怒るだろうけど、急いでいる人にはぴったり!ピザもサンドイッチも温めてくれますよ。

IMG_2171.jpg

日曜日に訪れた際には、アボカドとマッシュルーム(ポートベロ)、チリ、ロケットサラダのメルトというサンドイッチを、アメリカーノと一緒に頂きました。サンボは6ユーロ95セント。アメリカーノは2ユーロ60セントでした。サンボもコーヒーも高めという印象を受けました。

IMG_2144.jpg

トースとしていただきました。

IMG_2145.jpg

チーズがとろ~り!

IMG_2146.jpg

あかん、これ。美味い!

ベジタリアン用のサンドイッチって、いまいちなところが多いんですよね。でもここのは美味い。しかしベジタリアン用のサンボはこれのみだったので、ちょっと残念。もう少し品数が増えると嬉しいです。

ちなみに、パスタを食べている人をみましたが、ちょっと大きめの紙製の器に一杯入っているのを見ました。量的にはいいと思う。


入口左手にはテーブルがたくさん置いてあり、ここで食べれるようになっています。土曜日に行ったときは満席で座れませんでした。日曜日も午後1を過ぎると満席。ちょっと早い目に行くか、遅めに行く方がいいでしょう。

IMG_2147.jpg

お水はこちらで。セルフサービスです。

IMG_2148 (2)

左中央にデりカウンターがあるんです。ここではサラダやステーキ、バーガー、朝ならフレンチトーストやパンケーキ、エッグベネディクトなどがオーダーできます。カウンターの周りにもテーブル席がありますよ。

IMG_2125.jpg

IMG_2155.jpg

アイスやジェラートもありました。容器がポッシュ!2スクープアイスで4ユーロ75セント。お高いですが。

IMG_2150.jpg


お店紹介は明日も続きます。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

クリスマス・ショッピング、スタート!2017

毎年書いてるけど。。。本当に、いい加減にしてほしい。

CHRISTMAS.png
ミセス・ブラウンボーイズに出てた、ローリーだ!先月でしたか、退団したけど。(www.breakingnews.ieより抜粋)

毎年恒例になっている、一足早い、高級デパート、ブラウントーマスのクリスマスショッピング。

この火曜日から商品が次々とお店に並んでいたようです。そして、今日。

正式にクリスマスショップがオープン!

まんだ8月中旬やで?

まだ半袖来てるし。昼間、天気がいい時は、半袖で歩いてる人もおるっていうのにさ。

しかもなんで毎年前倒しして、クリスマスシッピングをスタートさせてる?話題をかっさらいたいのか?

アイリッシュの同僚曰く、何が何でも、毎年一番になりたいんだろうとのこと。話題をふりまいて、人を呼び込み、売り上げにつなげるという計算だろうと言う。

だろうね。

私もこのニュース聞いて、ブラウントーマスへ、クリスマスツリーを見に行こうと思いましたもん。なんか買うかどうかは別として。

それにしても早すぎる。ただでさえ、夏が短い国なのに、余計短く感じてしまうではないか。


とは言え、うちの会社でも、大概8月中旬から、「今年のクリスマスパーティー、どうする?」という話になる。そして9月には場所を予約してしまう。

早すぎるというほど、実は早すぎるわけじゃないのかも。

毎年一週間前倒しで、クリスマスショッピング開催を早めていき、気が付いたら、7月初めにオープン!なんてことにはやっぱりなってほしくないと思います。

それでは今週はこの辺で。来週月曜日お会いしましょう。皆さん、楽しい週末を!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

友達Sさんとグレンのおかげです

昨日はすみませんでした。

昨日の夜、ブログを書く予定でしたが、うちのインターネットがまさかのダウン!まったく書けずじまい。慌てて会社のPCで書いております。

月曜日の夜、お友達Sさんにもらったチケットで、グレン・ハンザードを見に行きました。

彼がソロでツアーをするのはむちゃくちゃ久しぶりだそうです。グレン自ら言っておりました。そのためもあるのか、このコンサートのチケットはあっ!という間にソールドアウト。翌日の火曜日の分が追加公演となりましたが、こちらもあっ!という間にソールドアウト。因みに、私自身、サポートバンドとしてしか彼を見たことがなかったので、彼がメインでのコンサートは初めて。

彼はこちらではものすごい人気のミュージシャンです。嫌いという人を聞いたことはないですね。ファンではないという人はあるけど。私もその一人でしたが。

今回のチケットの値段は35ユーロ。

しかし、Sさんは私たちからお金を取ろうともせず。チケットをバイク便に頼んで送ってくれたんですが、その代金も彼女が払ってしまい、私たちは大恐縮。もちろん来週、彼女の家の近くのレストランのバウチャーを買って、お返しする予定でおります。

月曜日はあいにくの天気。どしゃ降りの雨の中を、見に行きました。

私はVicar Streetに先に行って、Aちゃんを待っていたんです。(Aちゃんがチケットを持っていた)、ちょうどAちゃんが着いたときに、超どしゃ降り。傘が意味をなさない。Aちゃんの靴はすっかり濡れ、

「どしゃ降りの中を来る価値があるコンサートだったらいいけど。」

と、ポツリと言っておりました。では実際はどうだったのか?というところが気になりますね。


彼がステージに上がったのが、9時10分前くらい。それからず~っと、アンコール前の5分くらいの休憩を除き、基本、ず~っと演奏。終了時間、

11時50分。

もっと演奏し続けるんじゃないかという勢い!

Totally value for money

でありました。ファンにはたまらん。

今回、サポートバンドありでした。Stephen James Smith(スティーブン・ジェームス・スミス)という人。詩を読むんです。彼が書いた、ダブリンの詩がいくつかあるんです。その一つを、朗読。グレンと、彼と一緒にサポート版と度して舞台に上がっていた、Concertina (コンサーティーナ)の演奏者がバックグラウンド・ミュージックを付けていました。ジェームスさんはこんな詩を書いて、読んでいます。(ほかの人が書いた詩も朗読しますよ。ダブリンアクセントで!)下のビデオは参考になると思います。興味のある方はどうぞ。因みに彼は、6月にもグレンと同じ舞台で朗読しているんです。その件については明日のブログにて。。。





さあ、グレン・ハンザードに戻りましょう。このVicar Street(ビカ―・ストリート)は小さいベニュー。アクトによって、テーブルと椅子が用意されることもあります。今回はテーブルと椅子がありました。彼らのFBに写真がありますので、参考にどうぞ。https://www.facebook.com/vicarstreet/?fref=mentions

ここは小さいので、Intimate。今回もそうでした。グレンがダブリン出身というのもあるでしょうし、彼が観客に話しかけ、彼らが応対する場面もかなりありましたので、特に。

しかし、それをやりすぎると、図に乗ったあほファンがシャウトしまくるんですよ。だから良し悪し。悪い例は、曲目を叫び、演奏してほしいと言うとか。それを彼がしゃべっているときに言うんで、むっちゃムカつき。

私たちのテーブルの左側に、自称グレンはMate(友達)と言う、でぶ男が叫びまくるんですよ。みんなが、「し~~~~!!!」と言っても無視。わざと自分もでかい声で「し~~~~!!!」と言い返したり。あまりにうるさかったんで、

「うるさっ!」

と、思わず日本語で言ってしまいましたわ。聞こえてなかったと思うけど。その前に、でぶ男には、その意味もわからんと思うわ。

グレンが観客にいる女性のお友達を探していたんです。返事がなかったので、ある男性客が、「今、タバコ吸いに行ってる!」といったときには、観客もグレンも大笑い!これは良い例ですが、こういうことは稀と言っていいでしょう。


私は彼の曲には全く詳しくない、新米ファンですので、何とも言えませんが、お母さんに捧げた曲、友達に捧げた曲なども演奏。アンコールでは、パブで知り合った、ハンガリーのカップルの話をし、彼女がゴールウェーで5年間、バスキングをしていたということで、彼女をステージに上がらせて、1曲演奏してもらっていました。「Thank you」というタイトルの曲だと言っていましたが、Aちゃんと私には、

No thank you

でした。ギターはうまいほう。ちょっときついギターの弾き方をしますが。ただ、声がハイピッチで、歌詞が英語だと思うのですが、何を言っているのかさっぱりわからず!とは言え、気軽に自分のステージにあげたりして、飽きさせることはありませんでした。ギター一つで弾き語りばかりだと、ちょっと飽きちゃうもんね、正直言って。

セットリストをご紹介しておこうと思ったのですが、セットリストがなぜかない!https://www.setlist.fm/setlists/glen-hansard-5bd64f30.html ただ、この曲は演奏してました。好きです、この曲!The Framesの曲ですが。



もちろんこの曲も。



彼のコンサートは、曲を知らなくても全然大丈夫。彼の声はいいし、ギターもうまいから、聞き惚れる。知らない曲でも、まったく気にならないのである。ちょっと似たような曲は多いけどね。

もしまだ彼のコンサートに行ったことがない方がみえたら、騙されたと思って行ってみてください。絶対騙されません。本当に才能ある、Giftedなミュージシャンだと、改めて思いました。

友達Sさんとグレンのおかげです-予告

昨日、グレン・ハンザード(Glen Hansard)のコンサートに、Aちゃんと二人で行ったんです。アイルランドが誇る、ミュージシャンですよ。映画ONCEにメインで出演していたので、知っている日本人の方も多いでしょう。俳優でもありますしね。

実はチケットはアイリッシュの友達Sさんからもらったもの。旦那さんと二人で行く予定をしていたのですが、ベビーシッターが見つからなくて、行けないからと私たちに譲ってくれたんです。

場所はVicar Street(ビカ―・ストリート)という、リバティーズにある、小さなベニュー。クライストチャーチの近くと言ったほうが、わかりやすいかしら?

昨日のコンサート後に、コンサートのことを書いて、今日アップする予定をしていたのですが、無理でした。普段なら、お昼休みにに書くこともできるんですが、今日は用事があって無理。ということで、今晩書いて、明日アップします。よろしくお願いいたします。

ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.