FC2ブログ

Dog behaviourist - ドッグ・ビヘイビアリストとリリー・メイの新しい名前-後編

2020.01.23.14:05

プーカが他の犬に吠えるのは、

他の犬が怖いからだそうだ。

「Aちゃんに近づくな!」
「Bさんに近づくな!」

と、ヤキモチを焼いて吠えているのとばかり思っていた私達。

実際は違いました。

ドッグ・ビヘイビアリストのSさんいわく、

プーカが吠えてしまうのは、

実はリリー・メイがプーカに悪影響を起こしているからだというのです。

まさか、あのリリー・メイが???

IMG_7273.jpg
こんなかわいい顔してるのに。3歳です。


リリー・メイはすぐさま散歩中他の犬を見つけると、

挨拶に行くんです。

でも、相手側が挨拶をし返さないと、

Snap Snap!!!

噛み殺さんばかりの鳴き声で相手の犬に怒るんですわ。

相手の犬に噛み付くんじゃないかぐらいですよ。

この日、私まず最初にリリー・メイを散歩させていたんです。

この時もやりそうだったのですが、

私がさっとリードを引いて相手の犬から離したので、

リリー・メイは怒っている暇なしだったとドッグ・ビヘイビアリストのSさん。

しかしSさんがリリー・メイを散歩させた時、

2度怒ったんです。

それを見ていたこっちもびっくりよ。

リリー・メイの前の飼い主は、

面倒見ている時間なしという理由で彼女を手放したんです。

だったら最初から犬を飼うな!と言いたくなる理由だけど。

それはともかく、前の家はゴールウェーに近い田舎。

ソーシャライズしてそうだけど、

Sさんいわくソーシャライズしてないという。

だから初めて会った犬にそういう態度を取るらしいのだ。

これにはびっくり!

しかもリードをグイグイ引っ張るし、

自分勝手に動きまくるので、

前から両膝が悪いBさんがそのうちリリー・メイに引っ張らられてコケて大怪我するんじゃないかと、

私は心配だったのですよ。

この機会にリリー・メイをトレーニングすることになってよかったのです。

とにかくだ。

このリリー・メイの他の犬に対する態度が、

プーカを不安にさせてしまい、

ストレスになり、

プーカが吠えるということだ。

リリー・メイが他の犬に挨拶に行くから、

プーカも挨拶に行かないといかんのか?とも思うらしい。

リリー・メイの行動にむっちゃつられてるし、

彼女のエナジーにもつられてる。

そしてストレスが溜まるのだ。

それにプーカはもともとナーバス犬だとSさん。

だから散歩中もAちゃんの顔ばかり見るんです。

Validationを求めているらしいのだ。

だからAちゃんが、声掛けをして大丈夫だよと優しく言い、

リードしてあげないといかんらしい。

なるほどね~。

ということで、散歩中他の犬にあった場合。。。


Strategy one:

When you spot a dog, stop and prepare yourself.

When Puca spots the other dog immediately lure his head (eyesight) towards you and reward him.

Allow Puca to look back at the dog and repeat the lure.

Strategy two:

If Puca cannot eat because he is so stressed then do try to move him away without pulling
to an out of sight area until he is calm and start again. Encourage him by moving fast and being upbeat.

If you use strategy two (moving away) only move as far as you need to start the reward training again.

Give him freedom to make some choices, but getting him to listen to you when needed.


これは一部ですが、こういうトレーニングをするよう言われました。

もちろんリリー・メイも同様。

昨日書いていませんでしたが、もう一つプーカには問題が。

散歩に行くと、途中で歩くのの拒否する

特に私が連れて行くとやるんですわ。

私のことを自分より下だと思ってるから。

私が食べてるものを欲しがるしね。(食べれへんのですけど)

餌を食べないと、私がプーカの前で食べるふりをしてやると、

そんな私を見て餌を食べるんですよ。

I'll have what she's having.

ここまでではないとしても。。。笑!




この日、SさんにAちゃんの代わりに私がプーカを連れて少し歩きだしてくれと言われたのです。

しきりに止まって後ろを振り、Aちゃんを見つめるプーカ。

不安丸出しであった。

しかし私が、

「Let's go, Puca! Good boy!!! You are OK!」

とかなんとか言いながら、ちょっとリードを引いて歩いたら、

ちゃんと途中でプーカが私と歩き出したんですよ。

あら、びっくり!

Sさんいわく、私はナチュラルらしく、褒められました!!!

初めてやわ~犬の散歩で人に褒められたの!

Aちゃん、悔しがってたわ~。


この日、AちゃんはSさんにプーカは不安症だけど、とってもいい子だと言われ、

Aちゃんは嬉しいとともに驚いていた。

しかしリリー・メイに原因があると言われ、

それを聞かされたBさんは受け入れず!!!

Aちゃんはこの日を堺に、

Lily May(リリー・メイ)と呼ぶのではなく、

Lily Savage(リリー・サベージ)


という名前に呼び変えました。

Savageってかっこういいと言うスラングもあるとネットでは書かれていますが、

基本の意味は獰猛やら残忍ですよ!!!

余談ですが、有名なイギリスのコメディアンでドラァグクイーンでもあったPaul O'Gardy(ポール・オガディ)。

彼は大の動物好きでもあることでも有名。

テレビ番組もあるんです。こっちでも放送されてます。いい番組ですよ。https://www.virginmediatelevision.ie/player/show/499

彼のドラァグクイーン時代の芸名が実はLily Savage(リリー・サベ-ジ)。

Lily 1
(bbc.comより抜粋)

ちょうどいいとAちゃんは言う。


Dog behaviourist - ドッグ・ビヘイビアリス。

すごいと思った。

お願いして大正解でした。



それでは今週はこの辺で。来週月曜日にお会いしましょう。

皆さん良い週末を!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



Dog behaviourist - ドッグ・ビヘイビアリストとリリー・メイの新しい名前-前編

2020.01.22.13:56

今日の記事はアイルランドに関するものではないのでつまらないと思いますが、

興味がある方は読んでくださいね。


日本でも最近よく見かけるのでは?と思われる、

Dog Behaviourist. (ドッグ・ビヘイビアリスト)

犬の行動と心理のスペシャリストです。

こちらはネットから探した日本のサイトですが、ご参考にどうぞ。勝手に載せているので、意義のある方はおっしゃってください。https://www.j-dba.com/professional-education

アイルランドにも何人かいらっしゃいます。

なんでいきなりこんな記事になってるの?と思われるでしょう。

一昨日と昨日とは全く関係のない記事ですしね。

前にもこのブログに書いたかもしれませんが、

プーカ(Puca)はメタルをかじり、食べる悪い癖があるんです。

OETQ0101.jpg

前にも書いたかもですが、

イタリア人G君がたたんでソファーの上に置いておいたジーンズのファスナをかじってたんです。

G君が朝、ジーンズを履こうとしたらファスナがかじられており、一部なくなっていたらしい。

飲み込んでしまっているのであろう。

おかげでファスナが閉まらなかったんですよ。

でもジーンズはちゃんと自分がたたんだときと同じ状態でたたんであったらしく、

G君はは履くまで全く気が付かなかったんです。

食べた後、プーカがジーンズをたたんだ???

前足二本を使ってたたんだのか???

プーカがジーンズをたたむ姿を想像するとオモロイんですけど。。。意外と正座してやってたりして!

とにかく謎の事件なのですわ。


メタルの匂いがわかるのか、

袋に入れて床に置いておいたセーターに着いた安全ピン付きの値札のタグを取ってかじってたこともあったんですよ。

私が偶然現場を発見し、

安全ピンをすぐ取り上げたのですが、

むっちゃカミカミしてあった。

安全ピンは絶対に袋から出てなかったし、

たたんで入れてあったので見えてなかったはず。

しかしあんな小さい安全ピンを、

どうやってセーターから外した???

前足二本使って外したのか???

プーカが安全ピンを外している姿を想像するとオモロイんですけど。。。正座してやってたりして!

こちらもちょっと謎の事件だったのだ。


他にも問題がある。


月曜から金曜の朝はBさんが自分の犬でビションのリリー・メイと共に、

プーカをお散歩に連れて行っているのですけど、

他の犬に道で出会うとすごく吠えてBさんが困っているのだ。


そしてもう一つの問題。

こちらはもうどうしようもないんですけど。。。

2年前、メタルを食べてしまい、

うんちと一緒に出てこなかったため、

取り除く手術をしてもらったのです。

その際、動物病院の先生が麻酔のチューブを気管挿管した際に、

気管を傷つけてしもたんですわ。

それからプーカは自分ではご飯が食べれない状態。

私達が手で、

柔らかいご飯をあげないといけないのですよ。


色々問題があるプーカ。


そのため、ドッグ・ビヘイビアリストに来ていただいたというわけ。

リリー・メイと一緒に散歩に行くこともあり、

Bさん宅に来ていただき、私も参加しました。

40分ほどお話をしたでしょうか?

興味深かったのが、

Aちゃんに質問するときも、

こういうときはプーカはこう考えているとすぐ回答をしないで、

こういう時、あなた(Aちゃん)はどういう気持?どう考えますか?

と聞いていたこと。

Aちゃんはそんなふうに聞かれると思ってないので、

「Un......」

といいながら、ゆっくり考えて答えてたけど。

むっちゃ心理学的な、そしてカウンセリングを受けてるような聞き方をするなあ~と思って見ていたのですよ。

犬は飼い主のバイブレーションをさっと読み取れるからでしょうかね?

飼い主のバイブレーションに反応しちゃうもんね、犬って。

だからそういう聞き方をしていたのはと思う。

ちなみに、ドッグ・ビヘイビアリストさん(Sさん)の持ってる資格を見ていたけど、

資格だけで30も取っている方。

もちろんすべて動物や犬猫に関するものです。

経験も豊富。

でも人間の心理学の資格は持っていらっしゃらなかったようですが。。。

ひょっとしたら持ってるかなと思ったけど。

彼女はドッグトレーナーでもあるので、

問題のあるワンコちゃんや猫ちゃんを飼い主さんとともに良い方向へ持っていけるよう、

トレーニングの仕方も教えてくれます。

話の後、早速プーカとリリーがどんなふうに散歩をするのか実際に観察していただくことに。


続きは明日。。。

ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

オーガナイザーたる者!!!と言いたくなった夜

2020.01.21.13:56

楽しかったRebel Rebelのライブ。

一人で楽しんだんです。

一緒に行く予定だったグループは、

午後7時に近くのパブで待ち合わせして、

午後7時半にThe Academyに行くという予定をしていたんです。

彼らのサイトには、

オーガナイザーP(男)が当日はボウイのTシャツを着ていることと、

彼の顔写真を載せていました。

要は行方不明になったらそれを手がかりに探せということだ。


私は仕事で遅くなったし荷物もあった。

着替えもしたいということで、

一度帰宅してからThe Academyで皆さんと会うことにしました。

そのように彼らのサイトにも直接連絡しました。

私以外にもそういう人が数人いました。

そのうちの一人Mという女性が、

「ヴェニューのどの辺にいる予定か教えてください。」

と当日のお昼にサイトにメッセージしたけど、

誰一人として返事せず。

まあ、行く随分前に言われても分からんというのがあったので、

オーガナイザーPが連絡をしなかったのであろう。

でも無視しないで一言、

会場に着いたらいる場所をサイトで連絡します。」

と言えばいいのに。。。と私は思いました。


私がヴェニューに着いたのは午後7時45分。

演奏は午後8時から。

会場は小さいとはいえ、結構人が入れる会場。

しかも真っ暗なので誰が誰か見にくかったため、

グループが探せなかった私。

と、別の女性が私が到着する6分前に、

「皆さんを見失いました。どこにいますか?」

というメッセージをサイトを通じて送っていたのを発見。

しかしまた誰も答えていなかったので私が、

「私はバーの横にいます。」

と答え彼女を待ったのですが、

来る気配なし。

無視して一人でライブを見ることにしました。

しかし、ライブが始まってすぐオーガナイザーPを発見。

Pが嬉しそうに踊りまくっているのを発見したんです。

人がかなり混んできたし、

このグループで知っている人一度会ったことがある同グループのオーガナイザーの女性のみ。
(オーガナイザーが何人も人グループにいて結成されている)

挨拶したところで話も出来ないから動くのをやめました。


翌日、

他のメンバー数人ががいいライブだった、オーガナイズありがとうというコメントをサイトに残していました。

私もいいライブだった点には同感でしたが、

オーガナイザーPの無視は良くないと思ったんです。

例えば、オーガナイザーPが会場に着いたら一言、

「今僕たちはステージ向かって右側の後ろの方にいます。」
「今後動く可能性がありますので、同じ場所にはいないと思います。」
「ライブが始まったら居場所のアップデートはしませんのでよろしく。」


とか言えばよかったと思うんですよ。

普通遅れてきた友達にもするでしょ?そういうメッセージ。

何でせえへんの???

Pは完全にメッセージを無視していたので、

私が一言、Pがみんなに言えば良かったと思うと書いたら。。。

案の定!!!

オーガナイザーPが返答したんですけど、

「グループの皆さんに会えなくて残念でしたね。次のイベントではあえるといいですね。」
「フィードバックありがとう。」

などの文頭や最後に書けそうな言葉が全くなし。

代わりにダラダラと長いこと書いてあったんですよ、

言い訳が!!!

要約すると。。。

いちいち居場所をアップデートするのは無理。
人が多すぎで場所を動いていたのにアップデートできない。
最初に示唆したではないか。(ボウイのTシャツ来てる&顔写真)
遅れてきた人の面倒は見ない。


しかも私に対する返答にちょっと失礼感ありだった。

P意見に賛成しているメンバーが一人いたんです。

この人は私が一度会ったことがあるオーガナイザーの女性であろう。

しかしだ。

この返答を見て私は即思った。

この男、〇玉小っちゃいわ。

お下品でしたね。すみません。

要は人間がちっちゃいってことですよ。

仕事でも誰かに間違えを指摘されたら、

死ぬほど自分は正しいと言い張り、

謝罪なんてもってのほかな奴いますよね?

Pはそういうタイプであると思った。

私はPに謝って欲しいから書いたんと違います。

オーガナイザーなのに気遣いが足らん、今後の参考にせい!と言いたかったのです。

もしPが当日、一言どこにいるかサイトに書くだけで、

ああ、Pは面倒ちゃんと見る素晴らしいオーガナイザーだな~なんて思われるわけですよ。

そして口コミになり、

人徳がある人になっていくのである。

ほんの少しの心遣いができるかできないかで、

その人の人徳が決まると思うのですよ。

この男Pはその機会を思い切り自分で踏みにじったことになる。

しかし、そうなったことに全く気が付いてない悲しい人間であると私は思った。


その後の私?

もちろん返答しましたよ。

でもサイト上で喧嘩してもしゃあないじゃないですか?

なので、私はそう思っただけ、遅れたのは仕事で、怠けて遅れたのではないとはっきり書いておきました。

しかもわざとらしく、

オーガナイズありがとう

と最後に書いて!

私、性格悪いな。。。!!!


すると、前日質問をして無視をされたMさんが、

Pさんの返答が私に対して失礼であることと、(Yeah!)

自分が初めて参加するイベントで誰も知らないし不安だったから、

やはりメッセージがあった方が良かったと書いてくれたんです。

結局Mさんはその後グループを去りました。


ライブ中にも思ってたんですけど、

オーガナイザーたる者、

自分が楽しむことは2の次にしてでも、

参加メンバーの面倒を見れる人でないといけないと私は思う。

ただ自分が行きたい&やりたいイベントをサイトに載せて、

人を募るだけがオーガナイザーではないと私は思う。

自分はいろんな人を知ってるからいいかもしれないが、

初参加の人は勇気を振り絞ってグループのイベントに参加しているのである。
(という人が大半であろう)

そういう人の気持ちもわからんようでは、

オーガナイザーになんてなるなと思う。

そして人からの批判が受け取れない人はなってはいけない。

絶対されるんですよ、批評って。

どんなに自分が完璧にやっていると思っていても。

100人が100人好きになるなんてないのだから。

Mさんがグループを去った気持ちがわかるわ。

私も去ろう。

そして"人の振り見て我が振り直せ"で行こうと思う。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

一人・Dublin Bowie Festival 2020 (ダブリン・ボウイ・フェスティバル)の夜

2020.01.20.14:03

皆さん、週末はいかがでしたか?

今日は先々週に行ったDublin Bowie Festival 2020 (ダブリン・ボウイ・フェスティバル)の話です。

Bowie = David Bowie

でございますよ。

彼が亡くなってから早くも3年が経ちます。

亡くなってからも彼の人気は衰えておりません。

私もしょっちゅう彼の曲を聴きますし。

そんな人気のあるデビッド・ボウイ。

ダブリンでも人気があるんですよ。

彼のフェスティバルがダブリンで毎年開かれております。

今年は今月8日から12日まで開かれていました。

IMG_7351.jpg
今年のリーフレット。

いいデザインと違います?

ボウイファンならすぐわかりますよね?

どのアルバムのジャケットからこのデザインが来てるか。。。

The Man Who Sold The Worldのジャケット。

このアルバムがリリースられてから今年で50年!!!

いやん、私と同い年やん~~~。


BOWIE 1
(Googleより抜粋)

リーフレットの中は。。。

IMG_7352.jpg

IMG_7350.jpg

IMG_7353.jpg

いろいろやっていたのですよ、いろんなところで。

IMG_7355.jpg
去年の様子の写真もありました。

展示やったり、トークやったり、ミュージックやったり。

力入ってますよね、イベントに。

彼はアイルランド人ではないんですけどね。


ということで。。。今年、私はこちらへ行ってきました。

IMG_7354.jpg

Rebel Rebelというアイルランドのデビッド・ボウイのトリビュートバンドです。

http://www.rebelrebeltribute.com/

こちらのバンドは前回私が見に行ったAbsolute Bowieの記事の時にもちらりとご紹介しました。



Rebel RebelはAbsolute Bowieと違って身なりまでなり切ってステージには上がりませんが、

歌は上手だし(デビッド・ボウイの歌は歌うのが難しいと思う)、演奏も上手。

ただドラマーはAbsolute Bowieの方が断然上手だったけど。

見に行こうかどうしようか、当日まで実は迷っていたのですよ。

Aちゃんはあまりボウイファンではないので、

誘っても来る確率は低い。

Bさんはファンなのですが、

膝が悪いので立ったまま2時間も見てられないので無理。

一人で行くしかないか~。。。

と思ったのですが、

私が入っているとあるグループがみんなで見に行くことにしていたので、

彼らと一緒に行くことにしました。


言い忘れていましたが場所はThe Academyという、アビーストリートにあるヴェニュー。
https://www.theacademydublin.com/

ネットでは一階は650人収容可能、

2階のバルコニーは200人収容可能だそうだ。

いいサイズのヴェニューですよ。

私は一階で見ました。

結構ステージの近くで見ました。

IMG_7311.jpg

IMG_7312.jpg

IMG_7315.jpg

2時間びっちり演奏してくれました。

演奏した曲は全部知っていました。

すべて有名な曲なので、みんな一緒に歌っていていい雰囲気!

年齢層はやはり私より上の人がメイン。

おっちゃんが多かったです。

20代半ばの子たちも結構おっちゃんたちに混ざっていました。

とにかくいいライブで、

私はむっちゃ楽しんだんですが、

結局一人で見ることになってしまったのですよね。

私が一緒に行こうとしたグループに問題アリだったのだ。

続きは明日に。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

再発見-REDISCOVERY CENTRE-Health and Wellness Festival-その3

2020.01.15.13:47

2階(1st Floor)には少しですがショップが並んでいました。

このセンター自体、そんなに大きくないので、

マーケットのようにはいきませんが。。。

自転車をリサイクル作業する方が作業をしておりました。

リサイクルされた自転車が並んでいました。値札見てませんので、いくらだったかわかりませんが。

IMG_7331.jpg
自転車欲しいんだよな~。ここで買おかな。

ここでは洋服も作ってるそうなので、やはり洋服が置いてありました。

IMG_7334_202001130749300a1.jpg
ランプなどのリサイクル品もありました。

その他には、

チョコレートのお店が出ていました。Om Nibblesと言います。https://omnibbles.com/

IMG_7325.jpg

IMG_7327.jpg

IMG_7326.jpg

いろんなマーケットやウェルネス・フェスティバルに行ってるから、

お店を見ると見覚えがあったりするんですよ。

でもこのお店は見覚えがなくて、

思わず初めて見るお店だとお店の人に言ったら、

「〇〇のフェスティバルでも出店してましたよ。今年2回ありましたけど、2回出店しました。」

と言われて、

あれ?私もそれに行ったけど???

しかも2回とも行ったけど???

全然店を覚えてないやないか!!!

えらい失礼こいてしまいました。

えらい失礼だったこともあり、

こちらでNatural Hemp Seeds(天然麻の種)を買わせていただきました。

毎朝会社で食べてるグラノーラに入れて食べております。

他にも。。。

IMG_7335.jpg
基礎化粧品関係や、

IMG_7336.jpg
ソープ、

IMG_7330.jpg
エコ商品、

IMG_7333.jpg
アップで。

IMG_7332.jpg
工房で作られたものが置かれていました。


午後12時半からヨガとマインドフルネスクラスがあり、

私が午前10時に参加したヨガの人たちがやっていたのですよ。

5ユーロで!

でもチケットが売り切れで行けず。

次のトークが午後2時。

この時点で午後12時45分。

次のトークがFitness & Nutritionだったので聞きたかったのですが、

午後2時までに中途半端に時間がある。

カフェ(建物にちなんでBoiler house cafeと言います)で食べて時間を潰そうかと思い、

メニューを見たら、

大きなカフェではないので、メニューが少なめ。

食事制限をしているので、

食べれる物がかなり限られている現在のティファニー・カイリー。

私が食べれないものばかり。。。

腹減ったしなあ。。。

残念ながら諦めて帰宅することにしました。

もうちょっと健康になったらここへ来て食べるわ!


小さいコミュニティーセンターでしたが、

とても素敵な場所でした。

そんな小さいセンターで行われたHealth and Wellness Festival。

ヨガもトークもお店も良かった。

半日いただけだけど、学んだ気がした。

ちなみにこのイベントでは1日券が30ユーロで売っていたのですよ。

これを買うと、

ヨガ2クラスとピラテスのクラス1クラス(5ユーロx3=15ユーロ)

そして朝食とランチが付いてくるっていうんですよ。

いいじゃないの~?

やっぱりこちらも売り切れでした。

もっと早くこのイベントに気が付いていたら、

1日券買ってたわ~。

来年もやらないかな。

REDISCOVERY CENTRE。。。小さい場所で大きな発見ができました。


それではちょっと早いですが今週はここまでです。

来週の月曜日お会いしましょう!

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.