ダブリン、日本と47

皆さん、お久しぶりです。

イースターは楽しまれましたか?

昨日、日本から帰ってきました。

ダブリン、

寒いやんか!

今週火曜日は0度だったと、会計士が言っておりました。今朝は6度とiPhoneが言っていましたので、まだましなのですが、日本から来たから余計寒く感じるわ。少し暖かくなっていることを期待して帰ってきたのにさあ。

日本じゃ、カーディガン一枚羽織って外に出ていたから、ちょっと頭の中で、自分がダブリンにいるということがわかっていないようで(時差ボケもある)、念のため日本に持って行った、偽皮ライダージャケットを着てきて出社してしまいました。みんなはダウンジャケット着てるっていうのに。そりゃ寒いはずやわ。

私がダブリンを留守にしている間、Aちゃんは野良猫ベティーを家の中に入れなかったため(私はいつも夕方から家に入れてあげており、最近は私のベッドの上で寝ている。汚い!とみんなに嫌な顔されてるけどね)、私が帰ってきても、遠くから見つめてくるのみ。

「あんた、どこ行っとったん?待ってたんよ~。寂しかったわ~。お腹なぜなぜして~。」

と言う感じで犬のように駆け寄ってくると思ったら、大間違いでした。やっぱり(野良)猫やわ。


私がダブリンを留守にしている間、こんなこともありました。

bus 1
(FBより抜粋)

これがあったからだと思いますけどね。シャトルバスが運行してたそうなんで。http://experiencejapan.ie/ 


私がダブリンを留守にしている間ということはないのですが、今回、Non-EUのパスポートコントロールがえらい混んでたんですよ。ここ数年、そんなに混んでなかったんですけどね。並んだところは小さいブースのところで、Non-EUが2か所、EUが2か所の窓口をオープンして業務をこなしておりました。

いつもなら、一人ずつで対応してるんですけど、今回は二人で対応。一人の人は座ってパスポートを受け取り、チェックするんですが、もう一人が立ちながらチェックするんです。ダブルチェックしてるわけ。これは初めて。Non-EUのブースでは二人が立ちながら、3人でチェックしているところもあり、特にNon-EUのチェックが厳しくなっているのを感じました。

おかげで30分ほど並びました。パスポートと私の持っているGNIB (Garda National Immigration Bureau、こちらに住む場合、イミグレーションオフィスで登録すると、クレジットカードと同じ大きさのカードを持たされます。300ユーロ)が前のデザインもので古いと言われました。いつデザイン変わったん?でも、にこやかに対応してくれたので良いのですけどね。

今回は住所を言わされました。(会社の名前と住所を言わされることもある)立って横でチェックしている人が、私の住所を聞いて、

「○○○の近くだよね?ぼく、あそこの近くの○○コンビニで昔働いてたんだよ。」

むっちゃローカルすぎて笑ってしまいました。

今回並んだ時間が長かったせいで、スーツケースを取りに行ったときには、私のスーツケースが寂しそうにターンテーブルを回っておりました。

最近フィンエアーで帰国してるんですよ。ちょっと安いから。今年、マイレージカードをシルバーに格上げしてもらったんで、プライオリティー扱いででスーツケースが早く出てくるんですよ。でも全然その意味がなかったです。


そして最後に。。。私がダブリンを留守にしている間ということはないのですが、今日誕生日です。

47歳になりました。恐ろしく、図々しくも、年齢を重ねております。

bday 1

ゴー・サイコします。

それでは今日はこの辺で。明日もブログアップあります。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

引きずり降ろし料金、15ユーロですか?

先日のユナイテッド・エアラインの出来事、酷かったですね。

あんな風にして引きずり降ろすってどうなん?スタンガン使ったんですよね?血まで流してるし。。。

ネットじゃあ、アジア人だから選ばれたと言っている人もいますね。もしそうなら、黒人だとえらい騒ぎになるのは明白だから、抵抗しなさそうなアジア人を選んだとかあるのかしら?と思ったけど。まあわかりませんけど、真相は。

日本のネットニュース見てたら、日本のニュース番組でこの映像が流れて、某テレビ局のアナウンサーが、これを見て口元緩みながらコメントしたらしくて批判されてると聞きましたし、これまた某テレビ局のアナウンサーは「かわいそうですね~。」としかコメントしてなかったとか。これ、面白映像と違うんやけど。これは私たちにだって起こり得ること。このアナウンサーたちには他人事にしか思えなかったんだろうなあ。日本じゃこんなこと起こらないから。(あくまで個人的意見です)

この件、実際は正式にはオーバーブッキングじゃなかったとネットニュースに出てましたけど?満席で、フライトアテンダント4人の席がなかったから(次のシフトがあるから乗ってたらしいけど)、乗客4人にどいてもらったってことですよね?

法律ではこういう場合、1350ドル出さないといけないという決まりがあるらしいじゃないですか?それなのに800ドルオファー?安く見積もってるやん~。客をなめてる感じよね。

ユナイテッドのツイッターにはたくさん批判が書かれたそうですけど、すべて彼らによって消されてましたね。それで文句が出てる。CEOのオスカー氏の一発目のコメントも、従業員たちをかばうもので、ドクター・デービッドさんに対する謝罪がなかったから、これでまた批判。辞任もしないしね。取って付けたようにドクター・デービッドさんに謝罪してるけど、彼が心から言ってるなんて誰も信じないでしょう。

引きずり降ろされたドクター・デービッドさんはまだシカゴの病院で治療中。家族が会見を行うと聞きましたが?ドクター・デービッド裁判の準備に入ってるそうですし、このビデオが消されないように、法的手続きをしているとか。とにかくユナイテッド相手に訴えるわけですよ。世界中が見たしね、あのビデオ。ユナイテッドに勝ち目ないんじゃないですか?そしてすっごい巨額な金額を請求されえるのも目に見えてる。

先日は二人の女の子がレギンス履いてて、搭乗拒否されてましたよね。ユナイテッドって、ちょっと変やと思うわ。まあ、一生搭乗することはないんで、彼らに引きずり降ろされることはないですけど。

このニュースを受けて、パロディーCMが出回ってますねえ。ジミー・キンメルのショーで流れたようですねえ。



エミレーツ航空も逆手に取って、こんなの作りましたしね。


アイルランドでは???

こんなニュースがネットに流れました。

RYANAIR 2

ちなみにこれはWaterford Whispersが書いてる、嘘ニュースです!上の写真は彼らのサイトから切り抜きました。

でもライアンエアーならやりかねないと思うわ~。だから思わずこの記事読んで笑ったもん!嘘ニュースの記事はこちらからどうぞ。ちなみにこのネットニュースの記事はすべて嘘です。笑えるんですよ~ここの嘘ニュース!http://waterfordwhispersnews.com/2017/04/11/ryanair-passenger-charged-15-euro-for-being-dragged-off-plane/

ということで、私もこのイースターウィークに、飛行機に乗って日本へ帰国します。引きずり降ろされて、抵抗した際に怪我しないことを願って搭乗したいと思います。

そのため、ブログもお休みです。ブログ再開は27日を予定しています。そして翌日から私はイタリア語の試験CELI2のクラスが始まってしまうのですよ。そのため、5月1日から6月19日(試験日!)までお休みをいただく予定でおります。全然勉強してないのよ。イタリア語、全然しゃべってないし。本当やばいです。日本に帰る際に、問題集を持参し、日本でも勉強します。


それでは皆さん、ハッピー・イースター!チョコレート、たくさん食べてください!それでは27日木曜日にお会いしましょう。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

Great Ireland Run (グレート・アイルランド・ラン)2017-後編

ゴールが見えてきました。

ラストスパートしてる皆さん。

相変わらず、パワーウォークで歩く私。

沿道で応援する人も増えてきた。声援も大きくなってきた。

ゴール寸前の沿道に、学生さん風の団体がいて、

Run! 
Run! Run!

と、私に向かって叫ぶんですよ。膝、あかんで走れんのやわ~なんて言えませんでした。とりあえず、苦笑いしてそのまま歩いて

ゴール!


ゴールの横にプレハブのボックス席があって、中で男性がマイクで喋ってるんですよ。「○○(人の名前)ゴールに近づいてきた!」とか言って。

ゴールする人数が多ければ名前は呼ばれないでしょうが、ゴールした時は私一人。思い切り実名をマイクで呼ばれてしまい、かなりこっぱズかしい思いをしました。(ゼッケンに名前が書いてあるし、登録番号で調べたら、誰かすぐわかるしね)それにしても、彼の(私の実名の)日本語発音、抜群だったのには驚いた!

こちらの写真はゴールした後に撮ったもの。ゴールの裏側からの撮影ってことです。

IMG_0871.jpg

だいたい45分くらいかかったのかな?と言ったところ。思ったより早く歩いたなあ~。予定としては1時間10分くらいを見ていたんですけど。足短いから。

ゴールし終わってからも係りの人に、Well done!と言われ、これまた申し訳ない気持ちでいっぱいだった。やっぱり走ってなんぼって気がするもの。

さあ、みんなを探さなきゃ!と歩いていると、沿道で係りの人たちがGoodie bagを配っておりました。私の前のおっちゃんたちはバッグをすぐに手渡されていたので、もらいに行こうとしたら、Smallもらってね、と係りのおばちゃんに言われて???と思いました。何のこっちゃない、Goodie bagの中に入っているTシャツのサイズのことやったんです。初めてのことで、何もわかりませんでしたけど。なるほど~でした。

友達みんなと会い、みんな思ったよりいいタイムだったと思うと言い、嬉しさいっぱい!Well done!とお互いに言い合い、集合写真を撮り、家路へと急ぐことに。

IMG_0876.jpg
ああ、終わった~。

今回のGoodie Bagはこちら。

IMG_0883.jpg

中身は???
IMG_0886.jpg

右側のバーですが、中身はこんなバーでした。ちょっとかじった後の写真ですみません。このバーがうまかったんですよ!いろんな種が入ってて、下にはチョコレートがついていて。Aちゃんなんか、Goodie Bagもらってすぐに食べてましたよ。ボトルの水も飲み干してたし!

IMG_0891.jpg

そしてこちらが今回のTシャツ。サイズS。でもちょっと大きめでした。なかなか質がいいので驚いた!

IMG_0887.jpg

一緒に参加した友達のJちゃんが言っていましたけど、ランニングのイベントでもらえるTシャツって、質が結構いいんですって。実際、彼女はこの日、別のランニングイベントに参加したときにもらったTシャツ着て走ってました。

こちらが今回のメダル!

IMG_0888.jpg
表。

IMG_0889.jpg
裏。

ちょっと重いんですよ。プラスチックの安もんすぎるようなもんではありませんでした。これを首から下げて、みんなで記念撮影しました。むっちゃ嬉しかったわ~。メダルなんてもらった記憶ないもの!生まれて初めてなんと違うか???46歳にしてもらうメダルも悪くない。すっかり走ってメダルを取った気分になってしまった私。

ということで、正式結果発表!

タイム:45分13秒 

総合順位:739位 (総勢何人だったのかわかりませんが)

Age and Gender Results (45 - 49):46位

Age Group Results (45 - 49):72位

Gender Group Results:494位


歩いてこのタイムは、私的には良いタイムです。走ったほうが遅かったりして!

走ってないという引け目はあったけど、最後までパワーウォークで黙々と歩いた。達成感はあった。走っていたら、もっとすごい達成感だったんだろうなあと思うと、次回は絶対走ってメダルが欲しいと思いました。早くランナー膝、治らんかなあ。

そして思った。

これ、癖になるね。ドラッグじゃないけど、達成感が快感を覚えてまたやりたくなるわ。


それでは今日はこの辺で。本来なら明日明後日とブログはお休みですが、一つ書きたいことがあるので、明日ブログアップします。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Great Ireland Run (グレート・アイルランド・ラン)2017-中編

前日からWhatsappで、

一体誰が参加するの?

明日、フィニックスパークには何時に行く?

どうやって行く?車?

駐車場あるの?

どこに車止めたらええん?

などというメッセージが参加者の間で、夜中まで飛び交いました。結局、Northsideからは、私も含め5人参加ということで、Northside在住で、今回のイベント参加の言いだしっぺでもあるABちゃんが車を出してくれることになり、5人で乗り合い、フィニックスパークへ。ちなみに、フィニックスパークは駐車場がほとんどないんですよ。なので公園の外側に路駐してる人が大半だったと思います。私たちは運よく駐車場(フィニックスパークすぐ外)に止めれましたけど。

今回の5Kのコースはこうなっていました。

IMG_0893.jpg

実は5Kでも、コースによっては坂道があると、数年前に参加した、同僚のSちゃんが言っており、もし坂道があったらやばいなあ~とみんなで話していたんです。平坦な道であることを願いながら、朝8時45分ごろにフィニックスパークへ到着。

こちらはスタート地点の写真。
IMG_0849.jpg

申し込んだ時点で、どこの出身かを登録しないといけないんです。Japanで登録せず、ダブリンで登録。ブルーのゼッケン(紙製)が、3週間ほど前に郵送で送られてきました。

ゼッケンの裏にはチップが取り付けてありました。これでタイムをトラッキングするわけです。

CHIP.jpg

ゼッケンの色によってスタート時間が違うんです。今回は(毎年?)レッドからスタート。スタート時間は午前9時半。10分遅れてブルーがスタートとなっていました。ちなみに10Kはコースが長く設定されており、(5Kを2周する場合もあるそうな)、今回は坂道があったそうです。友達のSちゃんが10K走ったんですが、坂道を超えたところで吐きそうになったと言っていました。

段々人が集まって来ました。

IMG_0850.jpg

私はあほで、スタート地点へ行くのに、荷物を持っていたんですよ。水筒とタオル。これを、グレート・アイルランド・ランがゼッケンと共に送ってきた、荷物入れ用ビニール袋(名前とゼッケン番号を書く)に入れていたんです。みんなは車に置いていったのですが、私は気付かず、そのまま持って来てしまったんです。結局、私だけこのビニール袋を、指定されている荷物預けポイントまで持って行って、預けなければいけない。「何でそんなん持って来てるの~?」とAちゃん。本当、あほです。

IMG_0855.jpg
ゼッケンの色と番号によって、ちゃんと分けて預かってくれるのだ。係りの人しか中に入れません。

実は、到着した時、預ける場所がわからず、インフォメーションポイントまで行って聞いたんです。そしたらスタート地点の横だったんですよ。さっきいた場所やん!また戻ってビニールの袋を預けたのだ。一体私は朝から何をやっているのだろう。ちなみにAちゃんは、私が可哀想になってついてきてくれたんですよ。あほな私を見放せなかったらしい。やっぱり親友やねえ。

IMG_0851.jpg
インフォメーションポイント。

インフォメーションポイントで並んで待っていると、私たちの後ろに並んだ女性がいたんです。Aちゃんがふと振り返ったら、彼女はAちゃんが通っているランニングクラスの生徒さんだったんです!Aちゃんがこのイベントに参加するのを3日前に聞いて、参加することにしたんだとか。ゼッケンを受付まで取りに来ていました。申し込みが遅いと郵送できないからでしょう。そういう人がたくさんいました。ということで、3人一緒にスタート地点まで移動。それにしても、たくさん人がいる中、よく出会ったもんねえ~。

こういうイベントで気になるのはトイレ。会場にはポータルー(Portaloo、野外設置のトイレ)がたくさん設置されていましたので、お手洗いに困ることはなかったのですが、なぜか手を洗うところなし!トイレの中にもありませんでした。念のために!と思って使用したのですが。。。やめとけばよかったです。

IMG_0853.jpg
たくさんのポータル―。


さあ、そろそろスタートします!

IMG_0857.jpg
人々がスタートラインに集まりだした。

集まったところで、一斉に準備体操。Life Style Sportsというスポーツ店があるのですが、ここの人たちが準備体操をお手伝いしました。

IMG_0860.jpg
みんなで体操。これで音楽があったらラジオ体操やん!

とうとうレッドのゼッケンの人がスタート!真剣に走っていい順位を狙っている人は一番前に陣取ってスタート。私のような人たちは後方からスタート。そしてブルー、私のゼッケンのスタート!ちなみに、レッドの人でも先にスタートを切らず、ブルーの人と一緒にスタートを切ってもOK。チップがゼッケンに付いているから、記録は残りますのでね。

周りはみんな走ってスタートを切っていました。私以外、みんな!!!

IMG_0862.jpg

むっちゃ情けない気分になりながら、みんなの邪魔になるのでコースの端を歩き、他に歩いている人がいないか探したんです。いました、前方に二人の女性が!これでちょっと安心したんです。私だけじゃないわ!と。

コースの沿道には、サポータの皆さんがたくさんいて応援していました。歩いている私には、その応援にも答えられず、凄く悪い気がしたんです。でも走ってはいけないと言われているので無理。代わりにパワーウォークで歩くことにしました。

すぐさまほとんどの人は私を抜き去りました。おかげで私の周りにはあまり人はおらず。心配になって後ろを振り返ったら、歩いている人がたくさんいるのが見えたんです!おかげで気分的に吹っ切れました。

IMG_0863.jpg
私の前には人が一杯!

上の写真ではわかりにくいんですが、左側にアイルランド人女性で、乳母車を押しながら走っている女性が写ってるんです。この女性、ジーンズ姿で、トップは普段着る夏用のトップ!靴はさすがにスニーカーでしたけど。押しながら走って、歩いて、また走ってを繰り返していました。ご苦労さんですが、ジーンズでは走りにくいと思うけどねえ。トップも汗かいたらぺっとり肌にくっつくから、気持ち悪いと思うけど。まあ大きなお世話ですけど。それに乳母車を押しながら走るのもどうかと思うけど。うちのセールスディレクターはそれをやって、乳母車の車輪が吹っ飛んで、おじゃんにしてましたよ。まあ大きなお世話ですけど。

とにかく、フィニックスパークは景色がいい!だだっ広いおかげで開放感がある。

IMG_0864.jpg

歩きながら写真を撮りました。そんなあほなことをすんな!ちゃんと走ってる人に失礼やろ!と言われそうですけど。走ってたら写真撮ってる暇なんてないんでね。今回特別よ。

途中、後ろから60代後半風の男性二人が走ってきて、私を追い抜きました。しかし、1分ぐらい走っては、歩いてを繰り返していたので、私を追い抜いたり、私に追い抜かれたりしていました。私が彼らを追い抜くと、走り出すんですよ。

彼らは明らかに私を基準にしている。


会場では数か所にスピーカーが置かれ、音楽が流れていました。地元のラジオ局Q102が来てたんで、彼らが流してたんです。それ以外にも生演奏もありました。軽快なサンバっぽい音楽を演奏していたんです。これはなかなかよかったですよ。

写真を撮れるところまで来たら、音楽が終わり、写真が撮れず。次に彼らに近づいたときに撮ろうとしたら、また音楽が終わってしまい、写真が撮れず。下の写真はその時のものです。

IMG_0865.jpg
ああ、演奏続けて~。

この時点で3Kでしたか。まだあるな~と思いながら一人ひたすらパワーウォークで歩きました。

IMG_0866.jpg
人がまばらやわ。

歩いてるから余計人の会話が耳に入る。中にはくじけそうになり、「あと10分でゴールだから!」と友達に励まされている女性がいました。人の悪口言ってる女子3人組。彼女たちはかなりうるさかったです。彼女たちも途中まで私を基準にしてました。

4Kちょっと過ぎたところで、こちらの曲が流れたんですよ。



これ、実は私の40歳の誕生日会で行ったカラオケで、私が一発目に歌った曲!いまだにAちゃんが、この曲を聞くと私を思い出すと言います。懐かしい気分に慕っていると、先ほど私が歩いて追い越した女性(彼女は走ってる)が私を走りながら追い越したんですが、追い越すときにこの曲を歌いながら、ゆっくり走って来て、私をゆっくり追い越していきました。

"Don't stop me now~I'm having such a good time~I'm having a ball~"

まさに彼女はこの時、Having a ballだったのだろう。

ゴールが近くなってきたぞ!沿道で拍手しながら「あともう少しだ!」と言ってくれたおっちゃん。「I know!」と答えた私。ありがたかったけど、歩いてたからやっぱり後ろめたい気持ちがあったわ。それにしても、歩いている人にもちゃんと声援を送ってくれる、沿道の人たちは素敵やわ。

さっき歌いながら私を追い越した彼女も、沿道の人の応援あって、ラストスパート切った!

私?

相変わらずパワーウォークでした。さあ、何分でゴールできる???

続きは明日!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Great Ireland Run (グレート・アイルランド・ラン)2017-前編

皆さん、週末はいかがでしたか?

土曜日は超晴天!ダブリンでは16度ほど気温があったので、ジャケットが要らないくらい。街に人が溢れてましたし、外にテーブル席があるカフェやバーは人で一杯!行こうと決めていたカフェも超満員で入れませんでした。

昨日、日曜日は残念ながら曇り。ちょっと寒かったですが、雨は降らず。降らなくてよかったんですよ。昨日はGreat Ireland Run (グレート・アイルランド・ラン)の日でしたから!

IMG_0882.jpg

今回は、いつもつるんでいるアイルランド人グループ15人(私含まず)のうち、私を入れて8人が参加しました。

ランニングの練習経過の報告をずっとしてませんでしたよね?

できなかったんですよ。

なぜなら、2月25日の土曜日の早朝、練習後に部屋で正座しようとしたら、左膝に

激痛

が走ったんです。その後、街に出たんですが、歩くだけでも左膝が痛くて仕方がなかったんです。

「ああ、やってもた。」

と思いました。あれほど同僚のD君に、「練習しずぎると怪我するで~。」「その調子で練習してたら、絶対怪我するで~。」と忠告されていたんです。でも自分ではそんなにやり過ぎてる気はしなかったし、気を付けているつもりでした。おかげで、D君には、「I told you so!」と、してやったりな顔で言われてしまいましたが。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)か。。。


でも、「ランナー膝です。」って言うのはちょっとかっこいいかもと思ったり。ほら、元々運動嫌いでしょ?運動神経ゼロでしょ?そんな人間が、ちょっと嬉しくなって、やり過ぎてこれですよ。頑張った証みたいじゃない???違うか。

とにかく、ランナー膝のため、3月からフィジオテラピーに通ってるんです。治るのに6週間から8週間かかると言われてしまい、結局昨日のグレート・アイルランド・ランでは走ることができなかったんです。絶対走るな!と言われてしまったんで。

私の目標は初5Kを歩かずに走り、完走することでした。

週3回走って自分なりにトレーニングしていたんですよ。お蔭で痩せたんです。嬉しくって、もっと練習しよう!なんて気分になっていた矢先にこれですよ。出鼻をくじかれた。でも自分のせいですわ。走った後のストレッチをしてませんでしたし、土日月と続けて走ることもありましたし。脚を休めないといけないとD君に言われて、走る曜日を変えた矢先にこれ。手遅れでした。

クラスに行き、練習も欠かさずしていたAちゃんを羨ましく思い、走っている人を見ては羨ましく思った私。人生の中で、こんなに走りたいという気持ちになったことは、今まで一度もありませんでした。それくらい走るのが面白くなっていた時にやってしまい、落ち込みました。

とは言え、歩くこととヨガはやってもいいよ、と言われ、ジョギングする代わりに歩いていました。最初は歩くのも20分までと限定されていましたが、最近ではグレート・アイルランド・ランのために、45分ほど歩いたりしていました。ちなみに土曜日は自宅からセントスティーブンスグリーンまで歩きましたしね。45分じゃ歩けない距離ですよ。これも練習!と思ってやっていましたが、途中、お尻の辺りが痛くなりました。またやり過ぎたかも!

フィジオでは、私の左脚にはまったくもって力がないと言われました。こんな脚じゃ、ランナー膝になるに決まってる!とのこと。ヨガやっててもあかんかったです。やり始めて数か月じゃあ、しゃあないか。

ということで、ゴムバンドを使用して、左足を鍛える運動の仕方を教えてもらい、電気髭剃りみたいなのでマッサージをしてもらうこと数回。もう行くのやめようかなと思ったんですよ。一回行くごとに55ユーロも取られててこれでしたし、良くなってきている気がしなったし。でも最近では針をしてくれるようになり、このお蔭で膝の痛みを感じることが少なくなり、楽になったんです。5月初めに訪れてお終いです。その時にランニングプランもくれるらしいですわ。やっとランニング解禁になる!

カイロプラクターでも診てもらったんですよ。ここへは首と腰でいつもお世話になっているのでついでに診てもらったんですけどね。そしたら、腸脛靭帯と言うんですか?左脚側面をえらいマッサージされて超激痛!悲鳴あげてました。腸脛靭帯がかこわばってるらしくて、ほぐさないとだめと言われて。ほぐすのにこれを使うと良いし(セルフマッサージする)、回復も早いと言われ、アマゾンで買いました。

IMG_0826.jpg
これ。Foam Roller。(フォーム・ローラー)12.93ポンド。こっちのスポーツ店では(ブランドは違うけど)、26ユーロしてた。

でもこれ、結構使うのむつかしいのよね。痛いしさ。慣れるまで時間かかりそう、私の場合。


とにかくだ。走れなくとも参加はすべし!と思ったので、走らず歩くことにしました。

そのことをアイリッシュの友達Lちゃんに言ったんですよ、彼女の誕生日の食事会で。しかし、彼女は申し込んだくせに、みんなには一言も申し込んだことすら言っておらず。その後、なんの音沙汰もないので、金曜の夜に参加するかWhatsappで聞いたら、

"Hey, missus, no doesn't suit am afraid! thanks for getting in touch, sorry should have let you know. Good luck and fair play!x"


Doesn't suit??? どういう意味?と思いましたわ。理由を詳しく聞いてもしゃあないと思いました。だって彼女はドタキャン女王だから。それに、彼女には悪いけど、一人で歩いた方が、早く歩ける気がしたんで、私にとってはいいことなんじゃないかと思ったんです。

そんな状態で参加した、人生初参加のランニングイベント、グレート・アイルランド・ラン。ネタは明日、明後日と続きます。。。うざい?しつこい?嫌な方は、他のアイルランドブロガーさんのブログでお楽しみください。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.