ここがかの有名なJohnnie Fox's Pub (ジョニー・フォックスズ・パブ)

皆さん、週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?

週末のダブリンはキ~ンと寒かったですよ。雪は降りませんでしたけど。今日はお日様も照って、週末より暖かいですよ。春がじりじり近づいてる感じがします。

そんな寒かった金曜の夜、同僚のスペイン人Mちゃんが自分が通っているヨガクラスに行こうと何度も言うので、Mちゃんと一緒にDrop in。普段私がやっているヨガと似ているポーズもあったのですが、やらないポーズがたくさんあり、頑張り過ぎ&ちょっと調子こいてしまいました。お蔭で腰がちょっと痛いです。

いいクラスだったんで、これから月一くらいで通おうかな~と思っていたら、この日がインストラクターの最後のクラスの日だったんです。Mちゃんもびっくり!当分今やっているヨガ一本で頑張ろうと決めました。

腰が痛かったのですが、今の私はIn the zone.土曜日はイタリア人のANちゃんから会おうと誘われたので、ブレイからグレイストーンズのウォーキングを私が提案。ANちゃんが車で家に迎えに来てくれたのが午前10時半。お昼をグレイストーンズで食べる予定をしていました。同僚にお勧めの場所まで聞いておいたんですよ。気合入ってたんです。私が!!!

まずANちゃんが車の中でパジャマ姿で家から出てきたAちゃんと話ていたんです。その間エンジンをかけずにエアコンをつけていたのですよ、15分くらい。Aちゃんとさよならして、私が車に乗り込み、いざブレイへ出発!とエンジンをかけようとしたら。。。

エンジンかからへんやん!

彼女の車は2003年のトヨタ。古いから余計かも。バッテリーが思いっきりあがっちゃいました。しかもANちゃんが隣の若夫婦の家の入口近くに止めたため、彼らの車の出入り口までふさいだ状態。たまたま隣の若夫婦の旦那が家にいたので、彼にお願いして一緒に車を押してもらって場所を移動。そして彼に彼が持っているジャンプ・リーズ(Jump Leads)で車を再スタートさせてもらったんですよ。いや~ドラマでした、朝から!

Jumpstart1.jpg
ジャンプ・リーズ、持ってた方がいいね、いざという時のために。(www.halfords.ieより抜粋)

そんなことがあったためか、たぶんANちゃんはウォーキングに行く気力がなくなったんだと思う。ブレイに行く途中で彼女がある有名なパブの名前を出したんですよ。そこのご飯が美味しいとのことで、私にお勧めしてきたのである。ちょうど11時40分ごろだったんでお昼のことを考えたのであろう。そのパブの名前は、

IMG_0220.jpg
Glencullen、Co. Dublin。1798年に設立。アイルランドの中でも古いパブの一つとして有名。https://www.jfp.ie/

グレンカレン(Googleマップでは日本語でそう表記されています)という、ダブリンとウィックローの堺にある小さな町にあるこのパブはアイルランドに来たことがある人なら一度は足を踏み入れているパブだと言えよう。まず知らない人はいないであろう。それくらい有名なのだ。観光客もわんさか訪れる。

私ですか?

来たことなかったんですよ!16年以上住んでいてこれですからね。恥ずかしいと言われても何も言えませんわ。今まで行く機会を逃しまくっていたのです。

ちなみにこのパブはダブリンマウンテンにあるパブ。アイルランドで一番高い場所にあるパブとも言われているようです。そのため近所に住んでいない限り歩いては行けません。車や自転車などで行くしかない。ちなみに夜はダブリンのシティーセンターからシャトルバスが出ています。10ユーロかかりますけどね。

ということで予定を急遽変更し、ウォーキングの前にここへ立ち寄り、お昼をすることに。

午後12時ちょっと前にパブの中へ。ランチは12時半からと言われたので入口すぐのテーブル席に座りギネスを一杯。5ユーロ10セントでした。観光客も大量に訪れるパブなのにこの値段はかなり良心的と言える。味も良い。

IMG_0184.jpg
写真のお兄ちゃんが入れてくれました。

私がANちゃんに現金の持ち合わせがあまりないことをでかい声で言っていたのを聞いていたのか(店内にはお客さんがかなり少なかったため)お金をVisa Debit Cardで払おうとしたら、キャッシュバックできるよ~とお兄ちゃんが教えてくれました。もちろんキャッシュバックしてもらいました。

そして店内をうろうろしてみました。お客さんが少なかったので写真撮り放題!

店内入って左手側すぐ。こちらでご飯を食べます。こちらで飲むだけはだめ。食事しないといけません。
IMG_0181.jpg

IMG_0186.jpg
違う角度から。

奥にも部屋がありますが、食事を食べる部屋と飲むだけの部屋と分かれていますので気を付けましょう!

IMG_0189.jpg
奥の人は生きていません。

その反対側にもテーブルが。ダブリン・オコンネルストリートの昔の写真がいいですわ~。1916年前に撮られたものでしょうか?この写真が欲しいとANちゃん。同感!持ち家だったら家の壁にでかでかと飾ってるわ。昔のダブリンの写真、大好きです。
IMG_0180.jpg

こんな像も!一緒に写真を撮っている観光客がいました。ええ思い出になるねえ。
IMG_0185.jpg

店内入ってバーを通り過ぎて右手側。左側にトイレがあり、奥突き当りを左に曲がるとそこはエンターテイメント用の部屋となっている。
IMG_0182.jpg

ここでは毎晩Hooley Showというのがやっています。ご飯食べて、飲みながらダンスやアイリッシュミュージックのショーを見るんです。一人52.50ユーロ。ANちゃん曰く、ショーはかなり良いし、ご飯も美味しいので満足できるとのこと。これを目当てに観光客がたくさん来ているようである。
IMG_0190_201701230502417cb.jpg

IMG_0193.jpg

IMG_0194.jpg
天井も素敵やん~。

壁にはたくさんの昔の新聞やら(入口横にはタイタニックが沈んだ記事が載った新聞がありました)昔の有名なアイルランド人の写真などもたくさん飾られていました。ちなみにこのパブは解放者で有名なダニエル・オコンネル氏が安全なミーティングの場所としてよく使用していたことでも有名なんですって。そこまでは知らなんだわ。

IMG_0187.jpg

ショーの部屋に入る手前にはここを訪れた、たくさんの有名人(政治家も含む)の写真などが飾られていました。よ~く見てみたら。。。

IMG_0195.jpg
こちらにいらしていたのですね。知りませんでした。

午後12時半になりました!そろそろテーブルに着こうじゃないか!

続きは明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

「いつも闘っていました。」

12月から始めたヨガ。

yoga 7
(cafeyoga.comより)

まだ行ってますよ。週2回は行くようにしてます。私にしたらえらい頑張ってる方ですよ。ピラティスの時は週1回だけでしたからね。まあ高くて週2回分払えなかったというのが本音ですけど。

私は基本スポーツが好きではないのですよ。ジムも入っていたけど行かないで2年もお金を無駄払いした過去がありますしね。学生の頃はバレーボール部やソフトボール部に痩せる目的で入ったりしたけど、痩せたら目標達成。技術向上の意欲はなし。その後は辞めて吹奏楽部に入ったり、ソフトボール部マネージャーと言いながら何もしなかったリしておりました。

特に団体でやるスポーツはだめ。私のミスのためにチームが勝てなかったなんていうような重大責任を負わされるスポーツはだめ。自己責任でやるのがいいんです。それも自分のペースでやるのが好き。でもジムも長続きしなかったですけどね。

そんなスポーツ嫌いな私が珍しく頑張っているヨガ。

病気や仕事で帰りがえらく遅くなった日以外は毎日自宅でもやっているのである。一日やらないと、体がまたガチガチになる感じがするのですよね。いまだに体がガチガチでも、毎日やるのとやらないのでは差があることに気が付いたんです。しかもポーズの順番が決まっているので覚えなくてはならない。そのためにも自宅練習が必要なのです。

ヨガを初めて3週間ほどたったころ、カイロプラクティックへ。首もあかんし、腰もあかんのでここ何年か、4,5週間に一度は通っています。特に首はだめなので死ぬまで通わないといけないのですよ。

カイロの先生にヨガを始めたことを言ったらえらく喜んでくれました。ピラティスを仕方なく辞めた後、運動やストレッチを自宅でやるように口が酸っぱくなるほど言われておりましたが、あまりにも何もやらないぐうたらな私にムカついていた可能性がある。だから喜び一入だったかもしれません。

先生に言われるがままいつものように台にうつ伏せになる。今回は腰が痛いということがあまりなかったのですよ。まあヨガのおかげかねえ~なんて話しておりました。でもやはり骨の位置が正しくないらしく、矯正へ。

いつものように左側に横になり、腕を組んで、はい深呼吸。。。先生が上に乗る形で腰の矯正。。。

『コリッ』


あらっ???えらい簡単に、しかも音が軽いやん!右側に横になった時も同じであった。

えらいスムーズだったのだ。先生がいつもよりあまり力を入れてなかった感じがしたのですよ。いつもは「ゴリッ」という音で重いし。思わず先生に言ったら、こう言われました。

「いつも闘っていました。」

ええ、???そんなに固ったん?そんなに力入れないと矯正できなんだん???うっそ~。あれが普通やと思ってたわ。そんなに体力使わせていたの?まあ、お金払ってるんだからそれくらいしてもらわないとだけどさあ~。


ヨガってすごいねえ~。


3週間ヨガをやっただけでえらい違いであった。

そして先生にヨガを続けるように言われた。


ピラテス時代も同じカイロの先生に診てもらっていたのです。でもその頃は腰痛にも悩まされ、ピラティスに行っていても、あまりの痛さにポーズが取れなかったことが何度もあったのです。

なぜ???

と思っていました。ピラティスやったら改善すると思っていたのです。でもよくなる時もあれば悪くなる時もあったのである。

でもピラティスはコアが鍛えられるし、体が引き締まった。おかげでやめたら一気にダラダラな体になりましたわ。週に1度だけでもかなり効果があったのだ。でも私の場合、腰にはあまり効果がなかったと思う。

私の場合、ヨガの方が腰には効き目があると感じている。ストレッチが多いからでしょうかね?

まだ始めて7週間ほどしかたっていないので断言はしてはならないであろう。それに、最初の10年はビギナ―とまで言われたし、今の私なんて一体なんなん?みたいなレベルですから。バランス悪くて片足で5ブレスも立てない。インストラクターも毎回苦笑いしている状態だ。ともあれ、腰に良いと思いながらすれば、状況はもっと良くなると私は信じている。

Aちゃんも先週検査でとある症状が発覚。一生治らないのですが、コントロールはできる。それをするにはランニングがいいのでやるように言われたところ。Aちゃんはランニングが嫌いなのだ。学生時代もランニングの授業なんてないから(アイルランドではランニングの授業はないのが普通のようです)やったことがないらしい。だからするように先生に言われてかなりがっくりきたらしい。

でもやるしかないので先週は自分の足に合った靴を探してもらうために、スポーツショップ「Elverys」に行って調べてもらっていました。靴が悪いとランニング中に膝を痛める可能性がありますからね。靴は大事よ。

そこではRUNNING & GAIT ANALYSIS というものをやっているんです。調べてもらうときには事前予約要。当日はいつも履いているスポーツシューズ(こちらではRunners(ラナーズ)と言います)と、スポーツウェア―を着ていかないといけないんですよ。なんでスポーツウェーアーを着ないといけないのかわかりませんが。普通の服&ブーツで行ったAちゃんは帰されてしまい、出直してました。ブレイにもそういうところがあるそうです。http://www.elverys.ie/elverys/en/shopServicespage

Aちゃんと私。。。去年の暮れから今年にかけて検査のおかげで病状が発覚し、がっくりはした。でもそれを改善する、またはコントロールするには何が良いのかがわかったし、おかげで運動を始めるきっかけにもなった。

悪いことばかりじゃなかったよね、とAちゃんと話していたのである。

そんな二人の闘い(?)は始まったばかりである。いつまで続くか。。。いえ、続けないといけません。

それでは皆さん、月曜日にお会いしましょう。楽しい週末を!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

more...

ちょっと高いけど、パブ、Sheehans (シーハンズ)

本題に入る前に昨日のU2の話で補足があります。

セントスティーブンスグリーンのチケットマスターのブースに並んでいた人に、ボノからピザの差し入れがあったそうですわ。全員にわたったかどうか知りませんけど、喜んでいたというニュースが流れておりました。

そして、期待していた追加コンサートですが、ダブリンは追加でやらないらしい。やっぱり誰か一日あそこでプレイするのよ、絶対!
Coldplayがコンサート開かんかったらよかったんやけどねえ。。。(今はファンじゃないんで言わせていただきました。ファンの方、すみませんね)

ということで話を本題へ戻しましょう。

2年くらい前にもご紹介したパブ、Shbeehans(シーハンズ)。たぶん誰も覚えてないと思います。ちらりと紹介しただけなんで。

グラフトンストリートを北から南へ入り、Monsoonというアクセサリーと洋服を扱うお店の角を右に曲がり、数分歩けば右手にあります。MUJIのお店がある通りです。17 Chatham St, Dublin 2。http://sheehanspub.com/

アイリッシュ女子たちといつもやるクリスマスパーティーの後、ここになだれ込んだりします。お洒落ではない、普通のパブです。超アイリッシュという感じもしません。1933年から営業しているそうです。

IMG_0102.jpg

入口入って両端にテーブル席があります。ご飯を食べている人が多いんですよ、このパブは。ちなみにここのパブ飯はトラディショナルなアイリッシュフードが中心だ。

IMG_0103.jpg

もちろん飲むだけでもよろしいですよ。2階もありますしね。スポーツをよくテレビで放送しているので、スポーツファンのアイリッシュ男性が多く訪れるパブでもあります。

IMG_0104.jpg

こちらの写真は先週土曜日の午後1時過ぎに撮ったものですが、空いてました。

IMG_0165.jpg

さすがに1月はみんなお金がないのでパブも静かでした。一人で入ったので、小さいテーブル席に座ろうとしたら、ウェイトレスの女性に「どこでもいいわよ~。大きなテーブル席でもいいわよ~。」と言うんで、遠慮なく4人掛けの丸テーブルに一人で居座ることに。

この日のランチはこちらで。

IMG_0167.jpg
Beef & Guinness Pie with Chips and Salad。14.90ユーロ。

もちろんこちらも必要ですわ。

IMG_0166.jpg
5.40ユーロ。

こちらのパブのギネスは美味しいんですが、ちょっと高めなんですよ、値段設定が。5ユーロ20セント超えるところってちょっと高いと個人的に思います。

このギネス&ビーフパイですが、美味しかったんですよ~。シチューものは人参やポテトでかさ増ししてるところが結構あるんです。でもここのは違いました。ビーフがゴロゴロ!上に被せてあるパフペーストリーもいい。これにじっくりシチューを染み込ませて食べるのが一番。サラダも新鮮で、ドレッシングも美味しかったし(バルザミックビネガーが入っているのではと思います)、チップスは量は多くないけど、出来立てで、塩もかかってないから私的にはありがたかったです。もちろん美味しかった。

ということで、

IMG_0169.jpg
人参意外完食!

初めて完食後の写真載せてみました。イギリスの料理番組見てると食べ終わった後の状態をを映す番組があるんですよ。それのマネしてみました。いかがでした?汚いからもう載せるなって?まあ人参の量も見ていただけるので載せたというのもあります。ね、人参の量が少ないでしょ?そして完食=美味しかったという証拠でもあります。

この日以外にもここへ来て食べたものがあるのでご紹介しましょう。

こちらは日本人の男友達と来た時に撮影したものです。友達がオーダーした、Traditional Irish Stew 15.30ユーロ。
IMG_9952.jpg
お肉はラム。

私がオーダーした、Corned Beef & Cabbage。14.95ユーロ。
IMG_9953.jpg

すんごいのが出てきて大笑いしたんですが、キャベツを外すとこういう状態になっておりました。

IMG_9954.jpg
肉どっさり!肉の下はマッシュポテトの絨毯だ!

コーンビーフというと、つい缶に入った、油が一杯入ったものを想像してしまいますけど、こちらで言うコーンビーフは上の写真のようなブロックものを指します。美味しいんですよ。塩が良くないのはわかっていましたが頼んで正解!ボリュームあり過ぎで、完食できず、友達に食べてもらいました。

そしてこちら。一人でお昼に入った時にオーダー。Seafood Chowder 8.20ユーロ。スターターでしかオーダーできませんが。

IMG_0106.jpg

アップでどうぞ。

IMG_0107.jpg

お分かりかと思いますが、サーモンがゴロゴロ!びっくりしました。
IMG_0110.jpg

シーフードチャウダーもそうですけど、人参やジャガイモでかさ増ししてるところがよくあるんです。魚の身も凄く小さくて、いかにも残り物の端切れがちょっとしか入ってないことが多いんですよね。だからあんまりオーダーしないのですよ。でもここのはスターターではありましたが、かさ増ししてなくて素晴らしい!ええ味してたし。もう一皿!といってオーダーしたいくらいでした。

シーフードチャウダーに付いてきたパンはソーダブレッド。
IMG_0108.jpg
スーパーで買ってきたブラウンブレッドではなく、どこかのベーカリーで焼いたのを仕入れているようなパンが良いではないか!こちらも美味しかったです。

このパブでご飯を食べている人が多いな~と前から思っていましたが、理由がわかりました。ここのご飯が美味しいからです。

すっかり私のお気に入りのパブ飯を出すパブとなりました。

こちらのパブは地元の人もいますが、観光客も結構たくさん来ています。もちろん私のように女一人で入ってもOK。一人で入るのに自信ない?堂々としてりゃ~ええんですよ。私は常連よ!みたいな顔して。

ダブリンに来たら、お洒落なカフェやレストラン、アジア系に行く日本人の方が多いと思います。飲まないからパブには行かないというのもあると思いますが、飲まなくても食べるだけでもパブはもちろんOK。そして長居しても怒られないのがパブ。おしゃべりにはもってこいの場所でもあります。パブにも足を運んでみて、そこが出しているご飯を食べてみると、意外と「美味しいごはん発見」ができますよ。お勧めです。(パブによってはご飯を出さないところもあります)


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

U2チケット争奪戦-一般発売の巻

皆さん、週末はいかがでしたか?

先週の土曜日は丸一日仕事だったので、久々にちゃんと休んだ気がしました。

さて今朝9時から販売開始になったU2のコンサートチケット。

u22.jpg
(www.prnewswire.comより)

タブ4つも開けて取ってたけど、

全滅。

Aちゃん、Cちゃん、CO君をはじめ、同僚のJさんも取ってたけど全滅だった。

ということで、Aちゃんと私は座席のチケット、しかも一人ずつ、離れて座ってみるチケットで我慢するしかなくなった。でも我慢するなんて言っていたら罰が当たる。取れなかった人がたくさんいるからだ。チケットがあるだけでもありがたい。

地元の新聞、Irish Independent によれば、6分でソールドアウトだったらしい。でもIrish Timesにはオーガナイザーが11時14分にはソールドアウトと言っていたと書いてありました。まあどちらにしろソールドアウトしたんです。

多分ファンクラブ等の前売りでほとんど売りつくしてたんと違うかなと思います。

ネットでどこからでも買える今日。しかし、クレジットカードを持っていない人はネットでは買えない。またはネットはリスキーだから嫌だと思う人もいる。そうなると、チケットマスターのブースの前に並ぶしかない。

先週の金曜日からセントスティーブンスグリーンのチケットマスターに並んでチケットをゲットした人たちがいました。寒かっただろうに。。。頭が下がるわ。ちなみに土曜日から並んだ人もチケット取れたらしいです。

u2 4
(www.irishtimes.comより抜粋)

そして毎回のように、大きなコンサートのチケットが素早くソールドアウトした後には問題が持ち上がる。私も毎回書いてるけど。。。
左側の赤字で書かれてSeatwaveがその問題の張本人。

U23.png
(Ticketmaster.ieから抜粋)

まあ見てくださいよ。チケットの値段を!(2枚でいくらのところがほとんどですけど)

U2 5

一枚を1000ユーロで売ろうとしとるやつおるで!しかも私と同じエリアの席でブッキング料入れても83ユーロやのにさ。

ダフ屋よりひどくないか???


毎回書いてますけど、SeatwaveはTicketmasterの子会社。チケットマスターで完売すると、シートウェーブで売ってますよ~と上の切り抜きのように載せてくるのである。そっちで買えるから、と。

でもさ、値段がとんでもないのよ。人儲けしたろうとしてるやつばっかり!ちなみにチートウェーブに乗っている値段はチケットを持っている人が勝手に付けるんですよ。だから会社は知らんというわけ。そんでもってチケットマスターで買っても、シーツウェーブで買ってもチケットマスター自体にコミッションが入る仕組みらしい。

普通のチケットでブッキング料6ユーロ以上取りますからね、チケット一枚につき!ぼったくりもええとこ。チケット発券なんてネットです~っとプリントアウトして終わりやのにさ。チケットマスターが一体チケット発券にに何してくれたん?って話よ。でも大きなコンサートのチケットはここでしか買えないので選ぶ余地なし。手数料払うの嫌なら買うなってことになるが、コンサート行きたいわよ、ファンなら。だから仕方なく皆払っているのである。

ということで、ちょっと試しにシートウェーブで私のチケットと同じエリアのチケット2枚を買うと、どんな値段になるか見てみました。(Seatwave.ieより切り抜き)

u2 6

んな、あほな!!!!


チケットマスターさんよ、あんたらはギャングスターか???

法律で値段の規制を早くしなければと言ってくれている政治家がいるんですよ。この人は毎年同じこと言ってると思う。でも一向に何も起こらない。もしかしてチケットマスターから他の政治家に対して圧力かかってるとか???そうではないことを願うしかない。

ロンドン、ローマ、パリ、アムステルダムのコンサートチケットも売り切れたんですよ。でも余分に1日日程が加えられたんです。でもダブリンは加えられてないのですよ。

なんで???

クロークパークでは夏に3回だけコンサートができるのよ。7月8日土曜日はColdplayが来るでしょ、22日土曜日はU2。ということはもう一日コンサートができるのよ。でもネットでとある人がエド・シーランが一日コンサートするからU2がコンサートの追加をしないって言ってたけど。。。

頼む、U2。もう一日クロークパークでコンサートを開いておくれ!!!



ポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

朝からドラマ!U2 Joshua Tree Tour(ジョシュア・ツリーツアー)チケット争奪戦

あれ?ティファニーはU2ファンのくせに、Joshua Tree 30周年の記念ツアーがあることを全然ブログに書いてないやん!と思った方。わざとです。

去年の12月24日にツアーをやるということを言っていたので、今年にやるのを知っていました。正式に発表になったのはこの月曜日。

u22.jpg
(www.prnewswire.comより)

ジョシュア・ツリーアルバム発売が30年前か。。。私もファン歴が長いね~。このアルバムの前からファンだから。
u2 1
名曲ぞろいのアルバム。Joshua Tree。(www.thesun.co.ukより)

多分彼らのアルバムの中でダントツに仕上がりがいいアルバムだと思う。ファンの間ではNo.1アルバムだろうな。私の中のU2アルバムNo.1ではないんですけど。でもこのアルバムかなり好きです。当時腐るほど聞いたわ~。

一昨日の朝、同僚でU2好きのJさんと話していたんですよ。私がU2のコンサートに初めて行ったのがジョシュア・ツリー・ツアー(1987年)だったと言ったんです。でもそれは大きな間違いでした!私が生まれて初めて行ったのは東京ドームで行われたLovetown Tour(1989年)でございました。彼らはジョシュア・ツリー・ツアーで日本には来てなかったんですよ。そういえば、ちょくちょく日本飛ばしするのよね、彼ら。なんで?グリーンピース問題?

同僚Jさんと話していたら、Jさんの後ろですごいいや~な目線で私を見てくるおやじがいたんですよ。セールスディレクターのS氏。

ボノが好きじゃないんです。(こういう人はダブリンにかなり多い)だから文句を私たちに言っていたわけです。

このツアーの本当の成り行きはわかりませんが、S氏いわく、本当は今年新しいアルバムをリリースして、またツアーに出る予定でいたらしいんです。でもアルバムの曲の歌詞に問題があってリリースできなくなったという話。(それはラジオでアダムが言っていたらしいです)だから、

「どうする?暇やなあ~今年。ジョシュア・ツリー30周年記念ツアーでもするか?お金になるしさあ。」

となったはずだと言うんです。彼らがやることはお金になるのは確かだ。世界一でかいバンドですからね。

とにかくだ。歌詞に問題があったと聞いて。。。きっとトランプ氏のことを書いたとかそんなんじゃないかな?絶対政治的なことを書いたのが問題になったはず!ボノのことだからねえ。

S氏は私がFilthy Rich(こちらでは超リッチな人にはこういう言い方をよくします。じぇらし~が入ってますよ、気持ち的には)なボノにもっとお金をつぎ込んでもっとFilthy Richにしていると言う。

「ティファニー、コンサートに使ったお金がボノのクリスマスの七面鳥になってるぞ!」

七面鳥食べてくれたんならいいです、私はそれでも。ファンクラブにも$85ドル使ったし、コンサートにはダブリンに私が来てから必ず行っているし、CDやDVDも買う。好きでやってるやつだから。でもボノにありがとうと言ってもらえる日は来るのかしら。。。


さて、問題のチケット。

毎回言ってますけど、ダブリンで行われるコンサートはファンなら絶対に行きたいコンサートだ。ダブリンが彼らの地元だからである。

そのため競争率が異常に激しいのだ。ロトに当たるくらいむつかしいと言っても過言ではない。だからファンクラブの会員になり、一般予約の前に予約(Pre sale)できるようにするのである。

しかし去年はまさか新しいアルバムが出たり、コンサートをすると思っておらず更新しなかったんです。おかげで更新が遅れ、新しい会員扱いに!長年の会員は昨日から予約ができたチケットが、新しい会員は今日から。でもチケットは絶対取れると信じていました。

私はピッチ2(Pitch 2) チケットを狙っていました。78ユーロ。

CROKE 1
(Ticketmaster.ieより抜粋)

買うときにPitch2をクリックして買ったはずなのに、なぜかDavin Standのチケットが出てきた。それに気が付いたのが、購入直前!

買っておけばよかったんです。でも、

Pitch 2のチケット以外要らない!

だから放棄し再挑戦。いけるという自信があったんですよ。超大博打打ったわけです。しかし賭けは大外れ!過信でした。その上、すべてのチケットが買えない状態に!

超愕然。

私は一体何のために会費$85も払ったんや!!!!!

しかも私はこのチケットのために朝8時過ぎからチケット販売時間9時前には仕事を早くかたずけてもいたんですよ。そしたら会計士にいつもはやらなくてもいい仕事を頼んでくるんで、

「ええ~~~!!!私、今日はU2のチケット取るのよ!忙しいんだから!」

と思わず文句言ってしまったがために彼の機嫌を思い切り損ねてしまったのです。(日本では即首です)そんなことまでして取ろうとしたチケットなのに!!!

私が思うに、ピッチのチケットは昨日の時点で多分完売していたのでしょうね。だから同じ値段で、別の席がオートマチックに出てきたのを私が思い切り焦って取っていたので気が付かなかっただけだろう。

結局アイリッシュの友達Cちゃんに取れなかったと報告したら(彼女は前日にちゃんと取っていた)U2大ファンのCO君(アイリッシュの友達DEちゃんの旦那)に連絡。彼が私のために再挑戦してくれて、一枚だけ座席のチケットをゲット。でもそのチケットは私が放棄したDavin Standのチケット。しかも場所が悪い。

ティファニー・カイリー、選り好みの余地なし。


でもAちゃんのチケットがない!その後自分でも挑戦してみたら、一枚だけDavin Standのチケットが買えたんですよ。場所は離れてるけど。取りあえずAちゃんの分も確保。でもやっぱりPitch 2のチケットが欲しい!

その後またまた何度も再挑戦。そしたら100ユーロの席が買えることに。同僚Aさんはもし取れたら欲しいけど、無理にお願いはしないわ、と私に言っていたんです。取るのが難しいのを知っているし、私が大ファンで、英語の勉強のためにダブリンに来たのではあるけど、ダブリンを選んだのはU2の出身地だからってのも知ってる。あなたのチケットが優先よ!と言っていたのである。彼女は決して図々しくはない。したたか、と言えばそうかもしれないが。。。

同僚Aさんに2枚チケットを取ってあげたら即お金を支払ってくれました。しかも30ユーロも余分にお金をくれたんです。いつもチケット取ってくれるからそのお礼だ、と。いや~嬉しいねえ。取ってあげた甲斐があった。

それに引き換え。。。イタリア人の友達G君の従妹!サルディーニャに住むLちゃんがG君経由でチケット2枚取ってと先週言ってきたんです。断ったんですよ。大概ファンクラブからだと2枚しか取れないから。私が彼女のために犠牲を払うことはない。しかも私は自分のためにファンクラブに$85も払ったのだ。彼女の為ではない。チケットが欲しかったらファンクラブに入って、自分で取るように言ったんです。ネットでどこからでも取れるじゃないですか?ねえ。

コンサートが発表になった途端、Lちゃんがメッセンジャーにメッセージを入れてきた。チケット2枚取って~!と。先週G君経由で断ったのにである。

Totally chance the arm.


再度断ったら、わかったわ~とは言うんですよ。でも彼女のメッセージから取ってくれるとどこかで思っているのがわかる。昨日、自分の分も全く取れなかった時点でメッセージを送っておきました。これで諦めてはくれたであろう。月曜日に私がピッチ2のチケットが取れたら座席のチケットが余る。その時は声をかけますけどね。


とにかく朝からごたごだった。U2チケットに振り回され、会計士には嫌な顔をされ(仕事そっちのけだったからしゃあないけど)、会計ソフトウェア-のSAPは途中から動かなくなるわ、Office365が突然使えなくなるわで、今日はもう何も触るな!と言われ。。。ドラマ・ドラマ!でございました。

とにかくCO君が私のためにチケットを取ってくれたのには大感激であった。メールで速攻チケットを送ってくれたので、お礼を言ったら、こんなメッセージが添えられていた。

No bother - no one gets left behind.


うひゃ~!かっこええこと言うわ!彼はいつも無口だけど、懐が深い人なのよ。こういう旦那が欲しいと思いました。そのことをお昼休みにAちゃんに電話で報告。彼は素晴らしい、私よりU2のファンだしとAちゃんに言ったんです。すると、

「何言ってるの?あんたの方が大ファンじゃない?U2のためにダブリンに移り住んだじゃない?CO君はそこまではしてないわ。」

って言うか、CO君はダブリナーなんで移り住まなくてもいいんですけど???


月曜日がパブリックセールスの日。午前9時から壮絶な争奪戦が開始する。こうなったら意地やわ。

Pitch 2チケット、絶対取ったるわ!

ちなみに月曜日の朝9時5分前から9時半までは私にしゃべりかけないように、そして仕事を持ってこないように会計士に忠告してあります。仕事よりU2の方が大事です。だって私は、

U2コンサートをダブリン(アイルランド)で見るがために生きているようなものだから!

日本なら私は本当に即首です。

それでは皆さん、良い週末を!月曜日にお会いしましょう。


ポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.