FC2ブログ

さ、寒い!アイルランドの冬、家の中は。。。後編

2021.01.20.18:25

先ほど(現在アイルランド時間午後6時少し前)46代アメリカ大統領就任式が終わりました。

その件は明日にアップするとして、

今日は昨日の続き、後編をアップします。


「ボイラーの交換が必要です。」


と言い、Aちゃんに見積もりを出すと言って帰って行った今回の配管工のお兄さん、Kさん。

もうボイラーは動かしちゃダメと言われたので、

その日から新しいボイラーが来るまで私は寒~い家で過ごさなくてはならなくなった。

見るに見かねてお兄さんが自分の小さいファンヒーターを貸してくれた!

ええお兄さんやんか~~!

それにありがたいことにボイラーがすぐに到着!

翌々日にはボイラー取り付け工事に来てくれたのである!

また取り付けてくれた日がえらい寒い日で…

一日外で仕事してくれたんですけど、ちょっと可哀想やったわ~。

野良猫ちゃん一家も私の部屋で寝たいので、

いつになったらこのお兄さんが出ていくか、

庭でうろうろして塀の上から様子を見ておったんです。(ワロタわ!)

こちらが設置してもらった新しいボイラーだ!

IMG_9165 (1)

パイプは今まで裸やったんですけど、ちゃんとスポンジみたいなので覆ってくれた。

IMG_9166 (1)

そしてもちろん煙道キットも新しくしてくれたのである。

IMG_9167 (1)

完全に、「工事」でした。

もちろん取り付けてさっさと帰ったわけではない。

ちゃんと各部屋を回ってラジエーターの調節もしてくれた。

IMG_9168 (1)
右上の小さい丸いのが調節のところ。

今までAちゃんの部屋は全然暖かくならず。

トイレも寒かった。

でも今じゃあどの部屋も暖かいし、

トイレは一番暖かい部屋となったのだ!

ドアを閉めておけば翌朝もほんわか温かいのですよ!

き、奇跡!!!😲

こんなにボイラー、そして暖かい家がありがたいと思ったことはなかったです。

猫ちゃんも私のベッドの上で体を伸ばしながら寝てるしね。

猫もこの家が暖かくなったのがよ~くわかってる。

入り浸ってるもん、朝から毎日!

ごはん食べたらさっさと入って私の部屋へ行ってベッドの上で爆睡してますから。


新しいボイラーはUK製だ。Glow Wormと言う名前の会社である。

Worm=虫ですよね。(ミミズとか足のないやつ)

だからか上のボイラーの写真を見てもらったらわかるけど、

ネームプレートの右端が虫に食べられたみたいに欠けてるのかな、と思ったり。(ミミズはかじらんか)

友達のおっちゃんに新しいボイラーは、

Condensing Boiler(コンデンシング・ボイラー)にしてもらえって言う助言だったのです。

潜熱を利用することで熱効率を高めた高効率の燃焼式給湯器、潜熱回収型給湯器と言うらしい。

付けてもらったのももちろんそれ。

おっちゃんに写真を送ったら、

「これなら大丈夫。」

と太鼓判を押してくれた。

おっちゃんにも言われてたんだけど、

家のラジエーターの水の回りが悪いから暖かくならなかったのである。

要はコレステロールが原因で血管が詰まってる状態と同じで、

ラジエータに通じるパイプが詰まっていたようなのだ。

なので液体の薬品を入れて一掃してもらえっておっちゃんに言われていましたけど、

こちらが言う前に配管工KさんはそうするとAちゃんに言っていました。


実はこの作業が結構めんどくさいらしんですわ。

新しく家を建てたとする。

その時やっぱりいろんな薬品やらがパイプに残っているので、

Aちゃん家のように将来詰まってしまう可能性が高い。

なので薬品を入れて一掃してからオーナーに家を渡すのが普通なのですけど、

めんどくさいからやらない配管工がほとんどらしい!!!

そして何年か後にはAちゃん家のようなことになるんだそうです。


一掃してくれたんですけど、

真っ黒なヘドロみたいなんが一杯出てきましたよ。

清掃後の水が恐ろしいほど真っ黒!!!

そりゃ部屋が暖かくならんはずやわと思ったのである。


新しいボイラーは静かに動いてくれる。

そしてすぐ部屋が暖かくなる。

今までのは一体なんやったんやろう???

でも前からわかってたんなら、なんでもっと前からボイラーを入れ替えやんかったん???


と思われた方も多いでしょう。

高いんですよ、ボイラーと取り付け工事。

今回の工事で2800ユーロかかりましたから!

もっとかかることもある。(付けるボイラーにもよります)

だからAちゃんが躊躇したんです。

高いけど価値ありでした。

でも今回も家の配線がおかしいと言われ、(これも何回もいろんな人に言われている)

こちらもできるだけ直してもらうことになりました。(ボイラーとの兼ね合いもあるんで)

その上Aちゃん家のガレージの屋根がアスベスト!!!

むっちゃやばいんでこちらも取り払って新しい屋根に変えないといかんのです。


Aちゃん、お金むっちゃいる!!!

と言うか、家を持てばお金がかかるってことよね。

とにかくよい配管工さんにちゃんとやってもらったおかげで、

ぼったくられもしなかったし、きちんと仕事してくれたし、

家も暖かくなった。

帰るときちゃんと自分で掃除して帰って行ったしさ!(しやん人も多いんよ)


配管工とか電気技師とか、

友達のおっちゃんのようになんでも直すハンディーマンで、

その上ちゃんとやってくれる人って本当に探すのが大変なんです、この国。

そしてみんな、「腕がいい」、「ボったくらない」、「頼りになる」って人を探しているのだ。

いい評判が立てば、

一生くいっぱぐれがない仕事である。

サッカー選手のように大金は稼げないけれども!

それにコロナ禍でも仕事はずっとある。

素晴らしい職業だと思う。

手に職を付けろとはよく言ったものだ。

私もそっちの方の才能があったらよかったのになあ~なんて思う今日この頃である。

今年のアイルランドの底冷え冬は余裕で過ごせそうだ。

(配管工Kさんのご紹介は、ティファニーのお友達でノースサイドにお住いの人にしかできませんのでご了承ください)



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



さ、寒い!アイルランドの冬、家の中は。。。中編

2021.01.19.20:17

先々週ものすごく寒かったので、ボイラーのスイッチを入れて部屋を暖めようと思ったら。。。

???

エラーが出まくりですぐ止まってしまうのだ。

一度スイッチを切ってまた立ち上げようとするんだけど、

何度やっても立ち上がるけれどもすぐに途中でエラーが出て止まってしまうのだ。

毎年こうなんですが、大概立ち上がるんです。

IMG_9151.jpg
これが問題のボイラー。

しかし今回はそうはいかなかった。

水が足りず、巡回してない音がするんですよね。

空焚き状態になってるのがすぐわかった。

これはやばい!

ということで、友達のアイリッシュのおっちゃん(アクア・レストランでおごってくれたおっちゃん)に聞いた。

このおっちゃん、自分で家を建てるすごい人で、

ボイラーとかにも詳しいのだ。(でも配管工ではない)

水圧が足らんから水圧上よって電話口で言われてやったけど、

上がってもボイラーは相変わらずすぐ止まる。

結局配管工を呼ぶしかなくなったんですが、

ヒーター無しでその日を過ごすことになった。

AちゃんにはBさん宅に来いって言われたんだけど、

そうすると寒い中猫ちゃんたちが外で寝ないといけないのが可哀想で。。。

翌日Aちゃんからこちらを貸してもらい、

IMG_9143.jpg
ファンヒーター!

これを足のあたりに置いて仕事をしたり、

自分の部屋へ持って行って使うことに。

しょぼいけど、役に立つのよ。

しょぼいラーメンでも、かなりいい感じで満足してる時みたいな気分でした。

(ちなみにシャワーや水道から出るお湯は、高くつきますが電気で入れられるので(Immersion heater)大丈夫です。)


翌日AちゃんがBさんの親友から紹介してもらった配管工のお兄さんが来てくれた。

「このボイラーは交換が必要です。」

ああ、やっぱり。。。

これはもう数年前から言われてたことやから、驚きもしなかった。

このボイラー、安もんだと前から言われてたんです。

スペインみたいな気候のとこならいいのだけれど、

アイルランドのような寒い国には向かないボイラーらしい。

10年もっただけでもすごいことやったらしい。


最初にこのボイラー付けたアイリッシュの兄ちゃんがええ加減なやつやったんです。

Aちゃんが家を相続したときに工事をお願いしたビルダーさんが連れてきた人やったんやけど。

結局ボイラーに問題が起こったんで来てもらおうとしたら連絡不通になったもんな。


野郎、逃げやがった!


とにかくこのボイラーはもう作ってないらしいので、

部品を替えるにもかえって高くつくから新しい、燃費のいいやつの方がいいとのことでした。

余談ですけど。。。

配管工の人、ぼったくりとかええ加減な仕事していく奴が多いんですよ、この国。

だから私の友達のおっちゃんが、

「○○聞け、○○してくれって言え!」

ってえらいアドバイスしてきたんですわ。

そうでないと相手が何も知らんおばはんやからぼったくったれと思うはずって言うから~。

でも今回の人はBさんの親友の紹介だからそんなことは心配あらへんはず!

最終回は明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

さ、寒い!アイルランドの冬、家の中は。。。前編

2021.01.18.21:00

皆さん、週末はいかがでしたか?

現在コロナのワクチンの接種が進んでいるんですけど、

病院やケアーホームなどに配られたワクチンが余り、

それを働いている人の家族に与えたり、

とある病院では、フロントラインである看護師に打たせないで、

病院で働く、実際に患者と接しない人たちが先に打ったりしていることが現在問題になってます。

ワクチンはどういう数え方をして各所に配っているのか私はわかりませんけれど、

やっぱりその辺はちゃんとせえへんとあかんよと思うわ。


さて今日はちょっとコロナの話は置いておいて…


先々週金曜日に雪景色の写真をアップしましたけど、

先週はは少し寒さが緩みました。

先々週は本当に冷え冷えだったアイルランド。

内陸部ではクリスマス後に雪が積もったところもあったんですけど、

ダブリンではただ異常に寒いだけだったんですが、

先々週とうとう雪が少し降ってしもたんです。

もう冷え冷え~。🥶

これぞ冬!と言う感じでした。

先々週の土曜日に会社に行ったら、イタリア人の同僚S君と会った。

クリスマス前からイタリアに帰っていたらしい。

温かかったんだよ~と言う。

そして先々週こちらへ帰って来たら。。。寒すぎてびっくり!やったらしい。

彼にとってはアイルランドで過ごす初めての冬だから、

びっくりするのもしゃあないわなあ。

「アイルランドでは寒さはどれくらい続くの?」

という質問を受けてしまった。

えっ。。。考えたことあらへん。

だって、いつも寒いから!🤣

「3月はどう?」

と聞かれたので、まだ寒いけど、4月くらいから少し暖かくなるかな、と答えておいた。

まあ6月、7月は気候はいいけどね。5月も比較的良い。

8月は雨が多く、ちょっと肌寒くなるから8月は夏とちゃうんよね。

日本なら夏真っ只中やけど!(あんな蒸し暑いのなんてもう耐えられないわ)


とにかくアイルランドは雨が多いためじと~っと湿ってるし、

底冷えする。

冬は日照時間が短いから暗い時に会社に行って暗い時に帰ってくることになるんよね。

太陽、見てない。

だからビタミンD不足になるんです。(アイルランド人に多い。私もよ)

初めてこちらに来ると身にしみて寒さをかみしめることになり、

体自体の病気もあるけど、

メンタル的にもやられてしまうことも多い。

だから個人的にはもうすでにメンタル的にちょっと問題がある人がこちらに来ると、

メンタル的にもっとやられてしまう可能性が大なので、

そういう方の長期のアイルランド滞在はお勧めしないです。(あくまで個人的意見ですのであしからず)

私も初めて来た1999年はえらい何度も風邪の酷いやつを引いてしまい、

1か月近く片耳が聞こえなくなって怖かったし、落ち込んだもんな~。

英語も通じない&わからんままGPへ行ったのを思い出すわ。

コロナがやばい現在だけど、

コロナがなかったとしても今の時期ってやっぱり風邪やらインフルエンザが流行って病気の人が増えるのよ。


じと~っと湿って底冷えしてくる国、アイルランド。


だからアイルランドの家の中は家じゅうが暖かくなるようになっているのだ!

セントラルヒーティングが普通。

こういうラジエーターが各部屋に設置されているのが普通だ。

IMG_9168 (1)

私の実家(日本)なんかセントラルヒーティングなんて今でもない。

だから冬に日本に帰っていた時は日本の家が寒すぎてびっくりしたもんだ。

それにこちらでは暖炉もよく使う。

Aちゃん家にも素敵な大理石の暖炉があるけど、

2回しか使ったことないし、

どうやって使うかわからんのでそのまま。

全然使ってないので、また使う時に煙突の掃除を先にしないと使えません。

IMG_9202.jpg
物置化している。。。

なのでAちゃん家では冬はガスボイラーを使用するのだ。

しかし、これが問題やったんですよ。

続きは明日に。。。



ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

新型コロナウィルス-アイルランドでは。。。その148 リモート・ワーク、法制化!

2021.01.15.23:51

去年3月から始まったリモート・ワーク。

「当分の間、リモート・ワーク。」

と、当時は言われていたが、

気が付いたら年を越してしまい、

現在1月もリモート・ワーク。


今日アイルランド人の同僚で輸入課のマネージャーと電話で話してたら、

私に会えないのが寂しいと言っていた!!!

ほんとに???

ありがたいことですわ~、そんな風に言ってもらえるなんて。

私がオフィスで毎日笑顔で、

どえらい大声で笑い飛ばすのが好きみたいです。

こちらまで明るくなると言っていた。

私が病気したときも突然カップケーキ持って見舞いに来てくれたし、

病気後オフィスに戻ったら、

ティファニーがオフィスにいないのが寂しかった、と言ってくれたしね。

だから私が仕事で困ったことがあると、

彼女はサッと助けてくれるので私も仕事がはかどって助かっているし、

私も彼女に同様にする。

この関係が築けているのはやっぱりオフィスに行き、

毎日顔を合わせて、

くだらないことで朝から盛り上がったりして、

いい具合にコミュニケーションが取れていたからだ。


でもリモート・ワークだとそれは確かにない。


そこが難点ではあるが、

リモート・ワークだと朝8時半まで寝ていても、

午前9時にはデスク(私の場合食卓のテーブル)に座って、

ラップトップのスイッチをオンできるから体力的に、そして精神的にも楽ちんである。

朝7時前からバス停でバスが来るかどうかドギマギしながら待ったり、

大雨や暴風雨、寒い冬の中、バスを待つこともないからストレスが少し減った。

最近はお昼休みに35分くらいの散歩か5Kのジョギングをしており、

それが結構息抜きになっていてなかなか良いのだ。

あんまりお会いできないお日様にも会えるからビタミンDを増やすのにも良いし。

もちろん仕事の途中で洗濯したり、

私のベッドの上で思い切り爆睡する猫ちゃんたちの邪魔をしたり、(むっちゃ迷惑そうな顔を見るのが楽しみになっているが、仕返しにゲロッパされる)

先日ボイラーが故障したので取り換えてもらうために配工のお兄さんに来てもらったけど、

わざわざ会社を休んで工事に来てもらうことをしなくてもよかった。

Youtube見ながら仕事できるのも楽しい。

会社に行かないといけないこともあるが、月に2回だけ。

久々行く誰もいない(いてもイタリア人同僚が一人と掃除の人くらい)オフィスへ行くのはかえって新鮮でいい。

私はリモート・ワークがかなり気に入っている。

と言うか大好きだ。

そしてすっかり慣れた。

リモート・ワークでも仕事は十分できるということが今回のコロナ騒動で分かった。

プリンターが家にあれば日本からでもできるってことも分かった!


ということで。。。


アイルランド政府はリモート・ワークの法制化をするんです!

今年の9月の終わりには実施されるらしい。

つまり、私のような社員たちがリモート・ワークを希望できる権利が与えらえれるんです!

働き方を柔軟にさせるのも目的らしい。

例えばだ。

私が社長にリモート・ワークしたい!と言ったとしましょう。

でも社長が、

「君のリモート・ワークは認めない!」

と私に言うたとしましょう。

「んなあほな!」

と私が言い、私はむっちゃ不服だとします。

そうすると私はWorkplace Relations Commissionと言うところに不服申し立てができるようになるんだとか。


それに別にアイルランドにいないと仕事ができないわけでもない。

ダブリンの家の値段がくそ高いから、(おっと言葉が失礼でしたね。すみまえん)家が買えない人がたくさんいる現在。

別にダブリンに家を買ってダブリンにある会社に出勤しなくてもいいわけですよ。

例えばむっちゃ天気がいいスペインからラップトップ一つで仕事ができるわけだから、

スペインへ移住してしまってもいいわけですよ。

プールサイドからログインして仕事って素敵やん~。


でもリモート・ワーク、私のように好きな人ばかりじゃないですよね、現実には。

それに問題もある。

ダブリンはいいんですけど、

田舎の方へ行くとブロードバンドのスピードが遅いところがあるんだそうな。

ネットが繋がりにくいとかあるみたい。

それをまず解決せなあかんみたいで、それにはお金もかかるらしいです。

それに、

リモート・ワークのお蔭で家にこもりっきりになって、

隔離されてるからメンタル的にきつい人もたくさんいる。

そういう人のサポートもいりますからね。

それに会社的には生産性が気になるだろうし。

リモート・ワークなら誰も見てないから一日ネットしてるやつもたくさんおるでしょうしね。


とにかくだ。


アイルランドではリモート・ワークはコロナ後もしっかり存在すると言うわけ。

私は個人的にもこのニュースはとても嬉しい。

2023年からダブリンバスのルートがガラリと変わるんですよ。

私の場合、下手したら会社に行くのに片道3本のバスに乗らないと会社に着かない可能性が大!

つまり一日6本もバスに乗るんですよ!

んなあほな!

コロナ後は絶対、

「リモート・ワーク、お願いします。」

と社長にお願いします。


それでは今週はこの辺で。来週月曜日お会いしましょう。

それでは皆さん、良い週末を!

ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

新型コロナウィルス-アイルランドでは。。。その147 高くついたバーガー

2021.01.14.23:38

今日のアイルランドのコロナ感染者数は3,955人。

亡くなられた方は28人もいらっしゃいました。

亡くなる方が最近多いのが気になります。

実際に25歳の人も亡くなっているそうなので、

若い人は大丈夫とはやっぱり言えませんよね。(大丈夫と思っている人が大半と違うかな?)

うちの近所を毎日歩いたりジョギングしたりしてますけど、

4,5人で歩いてる人たちは若者ばかりなんだなあ。

集まったらあかんのやで!

でもやっぱり若い子はどうしても集まりたいよな~。

若くなくても集まりたいもん、気持ちわかる。


自宅から5キロメートル内しか行動してはいけないことになっている現在。

チェックポイントももちろんあり。

しかしそれを無視している人がかなりおるんです。

今回のロックダウンは3月や4月の時と違って感染者が異常に多い。

どうしても必要で出る以外には罰金が科せれれてるんですよ、現在。

前も罰金はあったんですけど、

いざ科すとなると、警察官自体にはパワーがなくて、

検察局長まで持って行って、

そこで許可が下りれば罰金を科せることができるというやり方だったのです。

しかし今回はやっぱり感染者が異常に多いからでしょうか、

今週月曜日から、

検察局長までもっていかなくても警察官(Gardai,ガーディ)たちで罰金を科すかどうかの判断ができるようになったんです。

罰金、Fixed Payment Notice (FPN)と呼ばれるものを出すことができるのだ。

理由もなく5キロ圏内を出てしまった場合、(注意されても戻れば罰金を科せられないようです

最低の罰金の金額は100ユーロ。

金額はそれ以上になることもあるわけです。

月曜から水曜日までですでに29件の罰金を科したらしい!

罰金は28日以内に支払わないといけません。

もちろん刑務所行もあり。

すでに二人が1か月から2か月の刑務所行になっているそうな。

ニュースで取り上げられていたのは、

ミース県からダブリン4までバーガー屋へバーガーを取りに行った人たちの話。

走行距離、80キロ!!!

罰金ですわ、もちろん。

バーガー、高くついたよね。

それにしてもダブリン4のバーガー屋ってどこやろう。

そんなにうまいのか?

いやいや、

暇やったから車でドライブついでに、

見つかったらバーガー取りに行くからと言えば大丈夫と思ったからわざとダブリン4のバーガー屋のバーガーを頼んだだけかも。

とにかく、

そんな思いまでして外に出て罰金食らうのってどうかしらねえと思っちゃうわ。

でもさ、

出たい!

という思いはわかる。


とにかく、罰金科せられることにならないよう、私も5キロメートル以内行動を守らないといけませんね。

コーヒーとスコーンを買いに行って、罰金100ユーロ!なんてなったらちょっと情けないから。

罰金についてはこちらからどうぞ。余談ですが。。。公共交通機関の利用の際、マスクしてないと80ユーロ罰金科せられるって知らなんだ!今だにおるよ、バスの中でマスクしてないやつ!
https://www.garda.ie/en/about-us/our-departments/office-of-corporate-communications/news-media/coronavirus-covid-19-.html


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.