Deconsecrated Church-St.George's Church(セント・ジョージス教会)

ツーリスト・ティファニーの件を書きたいのですが、昨日は会社が終わってから、ウォーキングツアーに参加したため、帰りも遅くなり、書くことができず。現在会社のお昼休み時間なのですが、さすがに30分ほどでは書けないので、来週に回したいと思います。

この記事は、2014年に書いていたのですが、アップする機会を失ったまま、「下書き」として放置されいたものです。そんな昔のもん、アップするか、普通?と思った方もみえるでしょうが、アップします。


さて、この写真を見て名前が言える方、いらっしゃいますか?

言える方はダブリンはノースサイドに長く住んでみえる方、またはダブリンにかなりお詳しい方ではないかと思います。写真は2014年当時のものです。現在も建っています。

IMG_3084.jpg            

St.George's Church(セント・ジョージス教会)と言います。ダブリン1にあるTemple Street Children's University Hospital の隣、Hardwick Placeにあります。

IMG_3085.jpg

街を歩いていて、皆さんの目に何気に入っているはずのこの教会。塔が印象的です。高さが61メートルもあるそうな。

To Letの幕がありますが、2014年当時は借り手がおらず。教会として使われておりません。Deconsecrated Churchです。元々はプロテスタントの教会でした。

1802年に建設が始まり、1813年に完成したこの教会。デザイナーはGPOをデザインした、Francis Johnston (フランシス・ジョンストン)。ちょっと一風変わったデザインだと思いませんか?なんだかジョージアン様式の家に塔をくっつけたみたいというか。


上の写真ではわかりにくいのですが、幕の上にギリシャ語が記されていて、英語に訳すと"Glory to God in the highest"という意味だそうだ。ネットにいいアップの写真が出てましたのでこちらでどうぞご確認を。

St Georges Church

1836年には屋根が落ちそうになり修理したりして、この教会はかなりコストがかかった教会だそうだ。

しかもこの教会はFather of modern photographと呼ばれる William Henry Fox Talbot (1800-1877)という写真家が撮影した最初の建物としても有名だそうです。1846年に写真が撮られてたんだそうな。当時のダブリンで高い建物はこの建物だったそうです。まあ丘の上にありますし、余計、高さが高いわなあ。

とにかくこの教会、建築的にもすばらしいのでは?と思います。特に教会入口上に飾られているこの彫刻。いいですね~ダブリンぽくなくて。ちょっと異国の匂いがするわ。

IMG_3088.jpg
いかがでしょう?   
 
photo (3)
こちらもどうでしょう?          
             
IMG_3089.jpg
あら、上にもたくさん顔がある!(あるんです、見えにくいですけど)


この教会は1990年に閉まりました。アイルランドには、閉まっちゃった教会がたくさんあるんですよ。その後オフィスに生まれ変わったり、壊されて、アパートが建ったり、放置されたままだったり。。。

有名なのは皆さんもご存じ、The Church。http://www.thechurch.ie/about/history/
1964年に閉まってからは、レストランに変身。地下はパブ。踊れますよ。私の40歳のパーティーをここでやりましたしね。現在は観光客で溢れかえるほど有名になりました。

しかし、生まれ変わって成功するかというとそうでもないのです。実はこのセント・ジョージス教会がまさにそうだったからです。

1990年に閉まって以降、Temple Theaterに変身。その後はナイトクラブに変身。その名も、

The Temple

実はThe Temple時代、私はここで踊ったことがあるんです。たまたまMTVの有名なDJが来るからというので、彼をを見に行ったわけです。

Trevor.jpg
男前、Trevor Nelson.(トレバー・ネルソン)(どこかのサイトより抜粋)

2002年だったかな。。。教会の椅子は全部取り除かれ、舞台があって。。。だけ。それ以外何も覚えてません。たぶんオルガンがあったかも。だだっ広いな、という印象しかなかったです。しかしだ。教会がナイトクラブになって、そこで男女が入り乱れる。。。元教会やけど。。。

この国じゃあ、これもありなんだろう。


そんなことを当時考えていたのを覚えています。


トレバーがDJを終え、ファンサービスをしていたんです。一緒にいたAちゃんのいとこのCちゃんが、「トレバーのサインをもらってきてあげるわ!」と言んです。あまりの人だかりで入るのを嫌がった私を見てのことだ。いい人やわ~。

10分後、Cちゃんが「はい、これ!」と言って手渡してくれたもの。それは、白い紙ナプキンに書きにくそうに黒のボールペンで書かれた、トレバーのサイン。


私のセント・ジョージス教会のイメージはその後、サイン入り、白い紙ナプキンになりました。

結局その後、ナイトクラブも閉店、なかなか借り手がつかなかったんですけど、現在オフィスとして使われているようです。ちょっと変わった運命をたどる元教会。探してみると、結構あって、面白いと思います。

IMG_3092.jpg
2014年当時。現在も同じです。To Letの幕はないけど。   

StGeorges.jpg
1910年くらいに撮られたとされる写真。(どこかのサイトより抜粋)

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

あらあら!ライアンエアー、フライトのキャンセル続く

ツーリスト・ティファニーの件を今日は書く予定でしたが、こちらを先に書いておかないと。。。

えらいことになってるんですよ、ライアンエアー。

RYAN 2
お値打ちなんですけどね。(news.sky.comより抜粋)

現在、フライト、キャンセルが続出してるんです。昨日、Michael O'Leary (マイケル・オーリアリー、CEO)が会見開いてましたわ。

RYAN 1
後ろの、Always Getting Betterの文字が空しい。(www.belfasttelegraph.co.ukより抜粋)

何がMessed upって、パイロットのフライトの割り当て、言ったらいいのかしら?それに問題があったらしい。パイロットもホリデーを取りますから、上手く組まないといけないわけですよ。でもその割り当てに問題があったようです。パイロットが少ないわけじゃないとは言ってましたけどね。でも、最近、ノルウェー・エアシャトルが、ダブリンにパイロット・ベースを置いたんですよ。それで、140人のライアンエアーのパイロットが、ノルウェー・エアシャトルに移ったと、ネットニュースで見ました。だからやっぱりパイロット不足なんやと思うんですけど。どうでしょうか。

従業員の待遇が悪いっていうからね、ライアンエアーは。パイロットでも、自分のティーバッグを持参して飲まないといかんらしい。会社でコーヒーやティーが出ないわけですよ。うちの会社ですら出るのに!うちなんて、フルーツも食べ放題よ。ライアンエアーは、携帯の充電もあかんって言いますもんね。うちの会社なんて、充電し放題よ。安月給やけど、ライアンエアーに比べたら、超待遇ええわ。ありがたや、ありがたや。

ということで、パイロットで、休みを返上した人には、12,000ユーロ(10,000ユーロと書いてるところもあり)のボーナスが出るらしい。

Not much.

と、うちの社長と同僚のLちゃんが言ってたけど、同感。もっとあげてもいいんじゃない?だから140人もやめちゃったんでしょ。と、思うけど。まあ、私の会社と違うから、言いたい放題できるんやけど!

ということで、キャンセルされてる空港は、すべてではなく一部。こちらは昨日のニュースに載っていたものを抜粋しています。

Barcelona - 1 of 12 lines of flights
Brussels Charleroi - 1 of 13 lines of flights
Dublin - 1 of 23 lines of flights
Lisbon - 1 of 4 lines of flights
London - Stansted - 2 of 41 lines of flights
Madrid - 1 of 13 lines of flight
Milan Bergamo - 1 of 14 lines of flights
Porto - 1 of 8 lines of flights
Rome Fiumi - 1 of 3 lines of flights

10月22日まで(23日と書いてるところもある)は、この状態が続くらしいので、チケット持っている人は、下のリンクから事前に確かめてくださいね。
https://www.ryanair.com/ie/en/useful-info/help-centre/travel-updates/flight-cancellations7

10月22日まで(または23日まで)は、1日50本ほどのフライトがキャンセルになるとのこと。しかし、キャンセルの数は全体の2%らしいんですよ。

どれだけ飛んでるの?

1日で、約2500フライトらしいです!すごいなあ。でも、昨日は、株が3%ダウンしたらしいです。あらら~。とにかくですよ。98%の乗客には問題ないと言ってましたけど、だからいいよってわけではないですよね。

昨日、私の友達がライアンエアーを使って、ダブリンからベルリンへ向かったんですよ。影響なくて良かったわ~。

とにかく、払った分のサービスしか受けられないってのは、この会社の特徴でもある。つまり、お値打ちやから、その分のサービスしかないと。だから、今回キャンセルになっても、ホテル代とか全く出てないはず。今後購入するときには、こういうこともあり得ると思ったほうがいいかも。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

メイヨー州の呪いのおかげか?ダブリン優勝!

皆さん、週末はいかがでしたか?

私はものすごく忙しかったです。金曜の夕方から、日曜の夜まで、大学時代の友達と息子君、彼女のお友達で、ドイツに住んでいる先生(女性)と、その息子ちゃんの4人がダブリン遊びにきてたからです。ティファニー・ツーリストの営業をしておりました。

その件は明日に書くとして、昨日Gaelic football (ゲ―リック・フットボール)、All Irelandのファイナルがあったんです。

ダブリン対メイヨー。

私はダブリンの中心街やクロークパーク周辺にいなかったので、試合前の様子がわかりませんが、多分試合前からえらい盛り上がってたと思う。ファイナルやしね。ファン的には、絶対勝ちたいメイヨー対自信満々のダブリンって感じだったのかしら?私はゲ―リックフットボールのファンじゃないんで、言っていることが、当たってないかもしれませんけど。

結果、ダブリンが勝利を収めたんです。

GAA 1
(www.rte.ieより抜粋)

午後9時のニュースでも大きく取り上げられていました。ファンの皆さんがたくさん映っていました。

IMG_2282_20170918052600ecf.jpg

IMG_2280_201709180525590ce.jpg
あら、いいショット!仲良く映って、いいじゃない~。

IMG_2279_20170918052558fe5.jpg
メイヨー州のキャッスルバーでは、皆が一緒に外で大画面で試合を見ていたそうです。

でも負けたんよね。

IMG_2277.jpg

このおこちゃまは、インタビューに答えてたけど、途中でうつむいてしまい、去っていきました。よほど辛かったんやと思う。
IMG_2278.jpg

前にも書いたかもだし、ゲ―リックフットボール好きのブロガーさんが散々書いてるでしょうけど、メイヨーが勝てないのは、

呪われているから

と言われてるんですよ。

Mayo curse。

メイヨー州は1951年から一度も勝ってないんです。1989年から、8度もファイナルまでたどり着いているにも関わらずですよ。

1951年、ミース州との試合を終えて、ダブリンを後にし、メイヨー州へ戻る道のりでのこと。トラックの後ろに乗っていた選手たちが、フォックスフォードという町で行われていたお葬式に敬意を払わず、通過したからだとか。ちょっと停まって、お祈りしてあげなかったからというわけですよ。それ以来、勝ってないそうな。これが原因で、メイヨー州は呪われてしまい、勝てないと言われているんです。

もちろん全員が信じているわけではないし、ばかばかしいって言っている人もたくさんいるんですけどね。だから、呪いが嘘やで!というところを、勝って見せたかったところでしょうが、今年も負けてしまいました。

来年は勝ってほしいと私は思います。ダブリンばっかり勝って、面白ないやん。(ダブリンファンには申し訳ないけどさ)

昨日、帰りのバスの窓から、車道を堂々と酔っ払いながら歩いていて、バスや車にクラクションを鳴らされていた男性を何人か見ました。慌てて、歩道を歩くこともせず。日本やったら怒鳴られてるし、問題よ。警察呼ばれるかもよ。しかし、底はアイルランド。クラクションを鳴らされて終わり。それで済んでいくから、この国は面白いと、バスの中で改めて思いました。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

40年分の雑誌表紙、展示中!アイルランドの音楽雑誌Hot Press(ホット・プレス)40周年-後編

昨日の続きです。

本当にたくさんの雑誌の表紙が飾られており、音楽ファンには涙ものでしょう。

IMG_1960_20170814050456a7a.jpg

実はミュージシャンだけが表紙を飾ってはいないのです。俳優や、エンターテイメント界の有名人やら、LGBT関係が表紙になることもあったし、政治家も表紙になってました。AIDSも取り扱ったんですね。

IMG_1949_201708140535038a1.jpg

IMG_1979.jpg

こんな表紙も!Wow!音楽雑誌よね!?
IMG_1973.jpg


実な2階にもたくさん展示されているんです。

IMG_1972.jpg

アイルランドのアティストものがたくさんありました。反射して見にくいですが、ご了承ください。ちゃんとサインも入って、素敵やわ。

IMG_1974_20170814054653715.jpg
ホージア。

IMG_1975.jpg
ザ・スクリプト!最近、新曲だしてませんでしたっけ?

IMG_1976_201708140546568d2.jpg
コーダライン。もっと売れていいバンドやと思う。

IMG_1977.jpg
映画、面白かった。DVD買ったしね。

2階からも一階の展示が見れます。上の方のは、一階からだと見にくいから、これやいい!

IMG_1980_20170814055130646.jpg


一階に戻り、入口左手にはこんなものが。これで誰がどこ出身なのか一発でわかりますね。結構有名人おるなあ。

IMG_1970_20170814055245485.jpg

この雑誌すべて、アイルランドの国立図書館で観覧することができるんですって。確かに!あそこには、アイルランドで出版されたものすべてが保管されてるそうだから。その代り、リーダーズ・チケットがないと無理ですが。登録等の情報はこちらからどうぞ。私もチケット取らないと!http://www.nli.ie/en/readers-tickets.aspx

IMG_1969_20170814055449bc1.jpg


40年分の雑誌の表紙のコレクションには圧倒された。

私が洋楽を好きになった80年代(正式には83年)の雑誌の表紙を見ていたら、自分が当時、日本で買っていた音楽雑誌を思い出した。

「ミュージックライフ」。中学生の時に、電車に乗って、隣の市まで行って買ったわ~。学校へ持って行ったら、先生に見つかって取り上げられたな。今でも数冊、実家にあるはず。「ポップギア」は新しい雑誌だったけど、こちらは歌詞の和訳が必ず載ってたの。これが好きだったのよね~。「ミュージックライフ」も、過去のすべての雑誌の表紙を展示したら、凄いものになると思う。

例え洋楽に詳しくなくても、ぼさ~っと見に行っても面白いと思いますよ。ぜひまだの方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか?


それでは皆さん、良い週末を!今週末は日本から、大学時代のお友達と息子さん(18歳!)が来るんですよ。現在ドイツに住んでいる、彼女の地元のお友達の女性(同い年)と息子さん(11歳!)とドイツで合流し、一緒にダブリンに週末旅行するんです。今週末はティファニーはダブリンのツアコンです。ダブリンツアーの予定を組まないといけないのですけど、私の性格上、決めても、途中で気が変わって違うところに連れていきそうな気が。。。とにかく忙しくなるけど、楽しみです。レストラン、予約しやな!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ   

40年分の雑誌表紙、展示中!アイルランドの音楽雑誌Hot Press(ホット・プレス)40周年-前編

今日は、テンプルバーにある、ミーティング・ハウス・スクエアー(Meeting House Square)に入る入口にある、National Library Photographic Archiveに4月から展示されているこちらをご紹介します。と言っても、もうダブリンのブロガーさんたちに紹介されまくってると思いますけど!

IMG_1932_201708140147445b1.jpg

こちらがNational Library Photographic Archive。

IMG_1983_20170814040708f97.jpg

HP40。アイルランドの音楽雑誌、Hot Pressが今年で40年を迎えたんです!(だからHP40) その記念で、すべての雑誌の表紙が展示されているんです。展示期間は来年の4月までなので、慌てて見に行かなくても大丈夫。ご安心ください。

ここは写真撮影OKです。

入口をまっすぐ進み左手側はすべてU2。

IMG_1933.jpg

正面の壁。こちらは亡くなった方々ですね。

IMG_1934.jpg

右手側。アイリッシュのアーティストの表紙もいくつかありますね。

IMG_1935.jpg

このU2、えらい昔やね~。若いわ、むっちゃ。
IMG_1936_2017081401475039c.jpg

サインがしてある!これも昔。
IMG_1938_20170814031118c76.jpg

おお!ラリー様が上半身裸!眩しすぎるわ。
IMG_1939.jpg

とにかく大量のU2表紙!かなりフィーチャーしてくれているのですね。ダブリン出身で、世界一でかいバンドですから、当たり前なのかも。

お亡くなりになった方の表紙へいきましょう。

フィル・ライノット。このショット、好きです。友達のお母さん(亡くなった)が昔、彼からデートに誘われたのよ~。
IMG_1942_20170814031121f4b.jpg

デビッド・ボウイ。生粋のアーティストですね。何やっても絵になるわ、本当。
IMG_1952_20170814031122778.jpg

ああ、マイケル・ジャクソン。ジャイケル・マクソンって呼んでたこともあったわ。懐かしい。
IMG_1944_20170814033639788.jpg

なぜこの写真?とAちゃんが首を傾げた一枚。ジョージ・マイケル。
IMG_1945_20170814033641f06.jpg

これは私のお気に入り!インスタにも載せました。プリンス。
IMG_1950_20170814033642332.jpg

もう一人、忘れてはいけない人。

IMG_1951_20170814033643120.jpg
ロリー・ギャラハー。私の影が映ってますが、気にしないでください。

アイルランドでは、彼はGODです。それくらい、ものすごく尊敬されている、ミュージシャン。ギターがものすごく上手いですよね。ジミ・ヘンドリックスやエリック・クラプトンにも影響を与えた人だそうです。私は彼のことは全く詳しくないので、詳しい方がいたら、コメント欄に逸話など、書いていただけると嬉しいです。


ドニゴール州、バリーシャノン生まれで、コークで育ったそうです。1995年、6月14日、47歳の若さで亡くなりました。コークにはたくさんの彼のメモリアルがあるそうですが、ダブリンにも一つだけあるんですよ。ちょうど、National Library Photographic Archiveのあるところの通りに。

IMG_1984.jpg

ギターのレプリカが付けられています。通りの名前には彼の名前が付けられています。2006年6月16日に除幕されました。

ちなみにHot Press第一号の表紙は。。。

IMG_1963_20170814041615198.jpg
もちろんロリー。(ほかの人や豚ちゃんも載ってるけど)

まだまだご紹介したいので、続きは明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.