FC2ブログ

ワロた!リスドゥーンバーナ(Lisdoonverna)のお見合いフェスティバル2019-ラスボーン・ホテル

2019.10.11.13:05

土曜日の朝8時15分から、アイルランド対日本のラグビーの試合がありましたね。

私の要望。

パブで試合を見たい。。。

当日はリスドゥーンバーナにいることになる。

なので、みんなにリスドゥーンバーナのパブで見ると宣言していた私。

見たい人だけ私と一緒に見れればいいので、誰と見ようがどうでもええわ~と思っていたのである。

金曜日からリスドゥーンバーナにいたので、

金曜の夜はもちろん飲む。

ということは、みんな朝遅くまで寝ているので、

多分見るのは私一人であろうと予想していた。

しかし。

持つべきものは友。

先にホテルに到着したTちゃんが、泊まるホテルのオーナーの女性、リンさんに、

私が日本人で、パブで試合を見たいと言っていると話してくれたんです。

ちなみに今回泊まったホテルはここ。

IMG_6656.jpg
Rathbaun Hotel.(ここではラスボーンと書くことにします)Main Street, Lisdoonverna, Co. Clare

メインストリートに面しているので、

疲れたらすぐ部屋に戻れるのでとても便利。

一応まだ病み上がりなので、

前回泊まったB&Bのように、

メインストリートにから歩いて10分かかる場所よりずっと良いのだ。

Aちゃん、LEちゃんと私の3人がホテルにチェックインすると、

私の顔を見たリンさんが、

「あなたね、日本人の人。明日の朝、ここのバーでラグビーの試合を見れるから!」

そしてこうも言ってくれたんです。

「朝食は朝8時からだから、食べながらバーで試合を見ていいから。朝食の用意をしてあげるからね。」

彼女は夜にも私に同じことを言っていました。

いや~、むっちゃいたれりつくせり!

その上親切やん!

ホテル、ここにしてよかったわ~。

部屋はこちらのサイトを見ていただくとわかりますが、ちょっと古い、ベーシックな感じでした。

https://www.expedia.co.jp/en/Lisdoonvarna-Hotels-Rathbaun-Hotel.h1864014.Hotel-Information

https://www.tripadvisor.ie/Hotel_Review-g212090-d662812-Reviews-or5-Rathbaun_Hotel-Lisdoonvarna_The_Burren_County_Clare.html#REVIEWS

レセプションも昔風ですが、フレンドリー感いっぱい。

IMG_6661_20191011065053747.jpg

レセプションにはいろんなものが売ってるんですよ。見てるだけで楽しい~。ダブリンではまず見ないよなあ。

ホテルのエントランスの前には階段が。これを登るとガラス戸があり、それを開けて部屋に入るんですが、

鍵がいらないので、誰でも入れる!こんなのもダブリンじゃあまず見ないよなあ。

IMG_6663.jpg

田舎のフレンドリーホテルと言った感じでした。

ただ、Tちゃんと私が泊まった部屋の真下がホテルのバーで、

ちょうどバンドのステージの真上!

音楽が始まると、かなりうるさいのですよ。

しかし、12時きっかりに始まり、

午前1時きっかりに終わるので、

思っていたほどは気になりませんでした。

その前に、午前1時にホテルに戻って寝ることはないので大丈夫~。

肝心のラグビー観戦のことを書かねば!

IMG_6628.jpg

ちゃんとバーのテレビで見れました。

Tちゃんは私と部屋をシェアーしていたこともあり、

私と一緒に朝8時10分には私とともにバーに来て、試合を見てくれました。

AちゃんとLEちゃんは8時半くらいには来てくれて、4人で朝食を取りながら見ることに。

リンさんが言っていたように、ちゃんとウェイトレスの女の子が朝食を運んできてくれました。

朝食は結構チョイスがあったんで、びっくりでした。

こちらはグラノーラのヨーグルトがけ。LEちゃんがオーダーしたやつです。
IMG_6629.jpg

なんかわかりませんけど、プレーンヨーグルトが美味しいのですよ。

フルーツを頼むと、小さくきれいにカットされたものが器に乗って出てきました。

二日目の朝はそれにヨーグルトをかけてもらったものを食べたんですが、美味しかった!

フルーツはフルーツ缶じゃないので、新鮮なんですよ。

アイリッシュブレックファースト。
IMG_6630.jpg

なんかわかりませんけど、ラッシャー(ベーコンに似てる。肉厚)がえらく美味しいかったのです。

私は普段食べないのですよ。塩辛すぎるし。

でもここのはあまり塩辛くなくて、美味しかったのだ。

エッグはポーチド、スクランブル&フライから選べます。

アイリッシュブレックファーストのときは、ポーチドエッグが一番いいと私は個人的に思っています。

ここはコーヒーもうまかった。テークアウェーもやっているようです。

IMG_6649.jpg

そして何が美味しいかって、こちらのオレンジジュース!

IMG_6632.jpg

搾りたてなのですよ。

ウェイトレスの女の子がガンガン搾ったやつらしい。

そしてこちらのジャムにご注目ください。

IMG_6648.jpg

なんの変哲もないジャム。

マーマレードとラズベリー。

マーマレードはわかりませんが、ラズベリーはこのホテルのシェフの手作りで、

むっちゃうまいのである!

レセプションにラズベリージャムが1瓶5ユーロで販売されているのです。

しかし、地元の女性が来ては大人買いしていくらしく、

私達が買おうとした時もジャムは売り切れ。

私が思うに、この地元の女性は又売りしてますよ、絶対!!!


ご飯は美味しかったし、

リンさんのおかげでラグビーは朝食を食べながら見るという贅沢ができたし、

働いている人たちはみなフレンドリー。

すごくいいステイができました。

次回来るときもここに泊まる予定です。

しかもこの日、日本はアイルランドに勝ったしね!!!

ちなみに私はアイルランドのラグビージャージを着て、日本を応援しながら見ていました。

Tちゃんにすごい嫌そうな顔で何故そんなことをするのか聞かれましたよ。

だって、見た目は思い切り、Traitor だもんね。

アイルランドに住んでるから、アイルランド・ジャージのほうが着る機会が断然多いからだ。

しかも日本のジャージはサイズS(または女性用サイズ)が売ってなかったのですよ。

まあ、ええやん、何着ようが。

アイルランドも応援してるんだから。

もちろん日本が一番だけどね。


それでは今週はここまで。

来週から2週間、日本帰国のためブログはお休みさせていただきます。

再開は10月29日を予定しております。

それでは皆さん、それまでお元気で!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



ワロた!リスドゥーンバーナ(Lisdoonverna)のお見合いフェスティバル2019-セレブと会う

2019.10.10.12:39

そういえば、まだ誰と今回マッチメーキング・フェスティバルに行ったか書いてませんでしたね?

Tちゃんがオーガナイズしてくれて実現したんです。

参加者は、
Tちゃん、
Tちゃんのお姉さんと彼氏でカナダ人のJさん(二人は現在コスタリカ在住)
Aちゃん、
LEちゃん、
Tちゃんの地元の友だちBAさんと妹のNOさん、
Tちゃんのお姉さんの友達MAさん、
Tちゃんの地元の友達のTRさん、
TRさんの友達BRさん

私を含め、総勢11人で行ったんです。

私とJさん以外は皆、アイリッシュでございます。
ダブリン出身者はAちゃんとLEちゃんのみ。
他の皆さんはキャバン県出身。(だからみんな踊りがむっちゃうまかった)

私はTちゃんとホテルの部屋をシェアーしていたせいもあり、

彼女と過ごし、AちゃんとLEちゃんとも行動を共にしておりました。

土曜日の午後、私はTちゃんとともに、泊まっていたホテルのバーにいたんです。

ここで踊る人を見て、自分もTちゃんに教えてもらって練習し、

誘ってくれたおっちゃんと一緒にダンスしてたんです。

ダンス後、Tちゃんが、WhatsAppに載せられた写真を見せてきたんです。

よ~く見たら。。。

Aちゃんとウィリー氏のツーショット!!!

今マッチメーカーバーにいるとのこと。

慌てて二人でウィリー氏に会いに行ったのです。

3年前、会えませんでしたからねえ。

昨日ご紹介した彼のオフィス。(バーの中)

IMG_6666_20191010070817a5b.jpg

ここでやってるんです。

20ユーロ払い、もらった紙に名前や希望などを書いた。

珍しくAちゃんがむっちゃ真剣に記入してるんですよ!ワロタわ。

一番こういうのをバカにしそうな人が真剣なんやもん!

Tちゃんも申し込み。しかし、LEちゃんはやらないという。

理由はなぜだかわかりませんが。。。

もしかしたら、ファーマーを紹介されるのが嫌だったのかもしれません!


そしてもう一つ、ここで必ずやらなくてはいけないことがあるんです。
昨日アップしたビデオにもありましたが、こちらです。

book.png

ウィリー氏がいつも持ち歩いている本の上に両手を置くこと!


6か月以内に結婚か、相手が見つかると言われているあの本!

大事な点は、両手を置くという点。

片手ではいかんのです!

もちろん私もやってきましたよ。

ウィリー氏に記入した紙を渡すと、ちょっとお話してくれるんです。

軽い個人面談みたいな感じですわ。

そして、話しながら紙の右上端に、なんやら書き込むんです。

見てたら、

"A+、Pretty girl"

と、AちゃんとTちゃんの紙に書いておりましたわ。

何気にランク付けるんや!!!ワロたわ~。

そして私の番。

A+って書かんかったんです!!!Pretty womanとは書いていた。

ブサイクやから、ランクが付けられんかったと見た。

しかしこの後、明らかにAちゃんとTちゃんの時とは違う待遇が私を待っていたのである。

実はウィリー氏にこう言われたんです。

「これが終わったら、一緒に踊ってくれるかい?」

びっくりしたけど、もちろん二つ返事でOKした。

だって、セレブと踊る機会なんて皆無じゃない!

そしてウィリー氏は次にこう言った。

「僕がダブリンに行ったときには君に電話するよ。そして、良いダブリン男性を紹介してあげるよ。」


またまたびっくりしたけど、もちろん二つ返事でOKした。

そして、約束したとおり、彼の業務(!)が終わった後、

ウィリー氏が私達が立って飲んでいるところに来て、

私をダンスに誘い、

誰も踊っていないダンスフロアーで、

生バンドの演奏に合わせて踊ったのである。

おかげで超注目の的になってしまったのである。

そりゃーセレブが踊れば注目するのは当たり前やわさ~。


彼は流石に踊りが上手い。

多分年齢的には80歳に近いはず。

でもそんな感じは一つも感じさせなかった。

そして私は。。。

踊りが下手すぎた。

でも、Tちゃんに少し前に教えてもらっていたおかげで、

全く踊れないわけではなかったのである。

いや~教えてもらっといてよかった!


めまいがするほどダンスフロアーで振り回され、

音楽が終わり、ダンスも終わり。

そしてウィリー氏はさっさと他の女性ところへ行き、

お話しておりました。

私のダンスに超がっかりしたようでした。

しゃあないやん、私ダブリンに住んでるからルーティーンのあるダンスなんて踊れへんし。

その前にティファニーリズム感ゼロやもん!

多分がっかりしたので、

ダブリン男性を紹介してはもらえないと思います。

やっぱ自分で探さなあかんか???


でも、すごいワロたわ~。

私だけではない。

Aちゃん、TちゃんそしてLEちゃんをもむっちゃ笑わすことができた。

彼女たちはダブリンに住む友達に私がウィリー氏と踊ったことを報告していたので、

彼らもメッセージを見てワロてたはず。

たくさんの人を笑いに誘ったはずだ。

結局これが今回のリスドゥーンバーナ(Lisdoonverna)のハイライトの一つになったのである。

いや~、リスドゥーンバーナ(Lisdoonverna)、楽しいわ~!

今回の旅、楽しいことはこれだけではなかったのです。

続きは明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ワロた!リスドゥーンバーナ(Lisdoonverna)のお見合いフェスティバル2019-最大の目玉

2019.10.09.12:46

ただお酒飲んで、踊って楽しむのがこのフェスティバルではない。

もちろんそれでもよしであるが、

最大の目玉はやはり「お見合い」である。

しかし、実際に「大お見合い大会」が開かれているのか、というとそうではない。

ちょっとがっかりしました???

この町にはとても有名な男性がいるんです。

彼がマッチメーカー。つまり仲人さん。

こちらのビデオをどうぞ。



ウィリー氏は完全にセレブですよ、セレブ!

彼が昼間、2時間位マッチメーカー・バーにやってくるんです。

IMG_6653.jpg

だからバーの前にはこんなものまで!3年前にはなかったなあ、これ。
IMG_6651.jpg

バーの中に小さな部屋があり、普段はそこでもお酒が飲めるのですが、

ウィリー氏が来たら皆さん去ります。

要は彼のオフィスに早変わりするんです。

そしてここで、彼に20ユーロ払い、

一枚の紙をもらいます。(ビデオに出てましたね)

それに名前、住所、生年月日、どんな人がいいのかなど書き、

書いたらそれをウィリー氏に渡します。

紙は1年、彼のところに保存されるそうです。

ただ100%紹介してくれるかはわかりません。

ビデオでは娘さんも手伝ってますが、

息子さんもやっていて、

夜は彼が来て受付をするんです。

でも、息子さんにはちょっとカリスマ性がないのですよ。

お父さんのウィリー氏はむっちゃカリスマ性が高いだ!

お父さんとはやっぱり違うんですよね、申し訳ないけど。

このマッチメーキング・フェスティバルの最大のイベントは、

「ウィリー氏に会い、申し込みすること」

にあると私は思っているのです。

ただ、

申し込みしたくない人もいます。

それはそれで良しなのだ。

私は3年前に来たときにはウィリー氏に会えなかったのですが、

実は今回、偶然会えたんですよ!!!

その時のお話は明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ワロた!リスドゥーンバーナ(Lisdoonverna)のお見合いフェスティバル2019-掟

2019.10.08.13:02

「来週末、リスドゥーンバーナ(Lisdoonverna)に友達と行くのよ~。」

と言うと、アイリッシュなら大概こんな質問をしてくる。

「ファーマー(Farmer)の旦那を探しに行くのか?」

またはこんなアドバイスをしてくる。

「行くの、やめとけ。」

またはただただ、

「笑!」



リスドゥーンバーナ(Lisdoonverna)って、なんじゃい?てな話になりますねえ。

3年前にも一度私はアイリッシュの友達Tちゃんに連れてってもらって訪れております。その時の様子はこちらから。
http://inutomchan0105.blog127.fc2.com/blog-entry-1624.html?sp

アイルランド、西側にある、ゴールウェーから車で約1時間20分。

あの有名な観光名所、モハーの断崖へは車で20分くらい。

小さい町なんです。

ここは温泉が出る町としても有名なんだそうですが、

ここは温泉で有名というより、

毎年9月に1ヶ月間行われる、お見合いフェスティバル、Matchmaking Festivalのほうが有名でしょう。

このフェスティバル、世界的にも有名ですよ、実は!(と言っても知らない人が多いでしょうが)

リスドゥーンバーナ(Lisdoonverna)の町はこんな風です。



小さいでしょ?

フェスティバルの間、このあたりのパブやバーでは、

毎日音楽が演奏されて、

地元の人達やフェスティバルに来た人たちが、入り混じりながら踊るわけです。

「それとお見合いフェスティバルとどう関係あるの???」

ということになりますが、その件は明日にするとして、

まず音楽と踊り、そして私が思うフェスティバル掟を今日は書くことにします。


フェスティバルでの音楽は、

アイルランドで有名なローカルの音楽や、カントリーミュージックがかかるし、

そういう音楽を生演奏するのが普通である。

DJというのがいなかったですね、リスドゥーンバーナ(Lisdoonverna)のフェスティバルでは。

ダブリンではパブでアイルランドのローカルミュージックが聞けますけど、

それに合わせて踊ることはあまりしないんです。

特にカントリーミュージック!

ダブリンではチャートミュージックで踊るのが一般的。

しかしダブリン郊外では、ダブリンと違って週末やら会社が終わったあと、行くところがあまりない。

結局地元のパブなどに行くわけですが、

踊るんですよ。

年令問わず!

しかも踊りのルーティーンが決まっているのだ。

これを小さいときから踊っているのですよ。

生活の一部となっているのだ!

だからダブリン郊外の人はどの年齢の人も、

踊りが結構うまい人が多いのだ!

ということで、こんな感じで踊るわけです。



ダブリンなら年齢がいったら踊らないし、

ナイトクラブは若い子専用だから私のようなおばはんは入りにくい。

それにダンスにルーティーンはない。

踊りたいように適当に踊るわけですよ。

上のビデオのように踊ることはほとんどないですね、私の知る限り。

ということで、ダブリンとはえらいちがうのである。

ちなみに昔はちゃんとしたミュージックフェスティバルが行われていたようですよ。

IMG_6665_2019100806571337d.jpg
すごい人達が演奏してたんやな~。

いつに現在のような形のフェスティバルになったのかは不明です。

でも、このお見合いフェスティバル-マッチメーキングフェスティバルは、

海外でも紹介されている、有名なフェスティバルで、

シングルの男女がこぞってこの地へ来るのである。

そしてうまく行けば、パートナーが見つかるのだ!

しかもシングルだけではない。

既婚者もいる。

この機会に色んな人と踊りたいだけのために来る人達も多いのだ。

しかし!

ここへ来たら、心しておかないといけない掟があるんです。

掟って。。。大下座ですが、私が勝手に思っている掟があるんです。

マッチメーキングフェスティバルに来たら。。。

その1
真剣に相手を探してはいけない

シングルの男女の年齢層が高いんですよ。

だから、むっちゃかっこいい若い男狙いなら、ちょっとがっかりするかもです。

若い子もたくさんいますけど、おっちゃんやおばちゃんのほうが圧倒的に多いですから。

はなから真剣に探すつもりで来るより、

いろんな人と話して楽しもう!という心構えが必要です。

出会うときは出会うので、出会いを意識しないほうがいいと私は思います。


その2
ダンスに誘われても、真剣にとってはいけない。

ただ踊りたいだけに、ダンスに誘ってくる男性が多いのである。

もちろん中にはそうでない人もいっぱいいますけどね。

ただダンスに誘われただけだと思うことです。

そこになんの深い意味もないことが多いのだ。

しかし、ダブリンだと、ダンスに誘われたら、

「あら、私に気があるんだ!」「電話番号聞かれるわ!」

ということに大概なるんですよね。

だから真剣にとってしまいがち。

このフェスティバルでは、そうとは限らないということです。


その3
もちろんダンスを断ってもOK.

私が断ったらAちゃんが(Aちゃんも一緒に行きました。その件も後ほど)、

"断らずに踊ってあげないと可愛そうじゃない!"

なんて言うんです。

でも直感で、嫌やなとかありますよね?

そういう場合はもちろん断ることができます。

誰がなんと言おうが、踊りたくない人とは踊らなくてもいいのだ!


その4
気にしないで、とにかく踊り、楽しもう!

誰と踊ろうが、喋ろうが、誰がなんと言おうが、とにかく踊り楽しむことです。


それでは明日、もう少し掘り下げて、マッチメーキングフェスティバルを見てみましょう。

IMG_6653.jpg


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

地元民お勧め、Athenry (アゼンリー)のビストロでランチ

2019.10.07.12:24

皆さん、週末はいかがでしたか?

先週、ダブリンにも来ると言っていた「暴風「ロレンゾ」は、ゴールウェー周辺には来ましたが、ダブリンには来ず。

準備していたのですが、この「ロレンゾ」も来ず。

LORENZO.jpg
(FBより抜粋)

土曜日はラグビー・ワールドカップでしたね。

見ました?私はパブで友達と見ました。

日本チームがサモアに38-19で勝ち、プール1位になりましたね!

ちょっと思うようにプレーができなかった感じに見えましたが、

最後の最後で2トライ!

ボーナス点も稼いだ!

後はスコットランド戦。

こちらの試合、かなり混戦数かもと思っているのですが。。。

スコットランドにかも勝って4勝してほしいです!

さて、本題に入りましょう。こちらの曲、ご存じでしょうか?
アイルランドを訪れたことがある人なら、一度は聞いたことがあると思います。
とても有名な曲ですよ。



この曲のタイトルになっている、Athenry(アゼンリー)。

ゴールウェーから24キロほど離れた場所にある、小さい街です。

2週間前、Aちゃんとアイリッシュの友達LEちゃんの車で、とあるところに行く途中で寄ったんです。

LEちゃんの同僚のお勧めの場所でした。

小さい街なんですよ、とっても。

IMG_6840.jpg

中世の町で、中世のゲートやお城があります。

IMG_6608_20191006222257a91.jpg
North Gateです。地元ではThe Archと呼ばれているそうです。メインテナンス中でした。

IMG_6610.jpg
こちらはヘリテージ・センターです。

IMG_6611.jpg
素敵ですよね。

昔は6つの塔があったのですが、現在は5つのみ、5つのエントランスゲートがあったのですが、現在はNorth Gateしか残ってないそうです。

中世の町の大きさから言うと、ダブリンの中世の町よりも大きいんだそうな。

確かに、ダブリンの中世の町はクライストチャーチ周辺だけですからね。

町には電車も通っているので、ダブリンから電車で行けますよ。https://www.rome2rio.com/s/Dublin/Athenry

時間がなかったので、町をじっくり見ることが全くできなくて、

ちょっと歩いて、

お昼を食べるところを探し、

目的地へ行こうということになった。

LEちゃんは、お勧めしてくれた同僚から、どこで食べたらいいのか聞いてなかったので、

自分たちで探すことに。

町が小さいので、食べるところは簡単に見つかるだろうと思ったら、

閉まってたり、あまりなくて、これというところが見つからず。

町をたまたま歩いていた地元の女性に聞いたら、こちらをお勧めしてくれました。


IMG_6612.jpg

The Old Barracks Restaurant。Cross St, Gorteenacra, Athenry, Co. Galway。

こちらはアコモデーション兼レストラン。

ベーカリーもやっているんです。

たくさんお客さんがいたので、店内の様子や、ケーキのショーケースの写真が撮れず。

とりあえずこちらの一枚は撮りました。

IMG_6613_201910062223039bc.jpg

こちらからたくさん写真が見れますのでどうぞ。http://www.oldbarracks.ie/

私はとりあえずアールグレイを。

IMG_6614.jpg

アールグレイはティーバッグでした。味はまあまあ。ティーリーフで出してくれたらもっと良かったんですけどね。
やかんに年季が入ってる!

LEちゃんがオーダーした、ホームメイドのキッシュ。サーモンとゴーツチーズ入り。10ユーロ50セント。

IMG_6615.jpg

Aちゃんオーダーの、Mediterranean Chicken Fillet Burger Grilled fillet of Chicken on a Sourdough Bap with Mozzarella。11ユーロ95セント。

IMG_6616.jpg

私オーダーの、Old Barrack’s Angus Beef Burger On a Sourdough Bun with Cheddar。12ユーロ50セント。
IMG_6617.jpg

両方食べたいと言うAちゃんの希望で、

彼女はチキンバーガーを、

私はビーフバーガーを頼んだのです。

そして二人で半分ずつ食べたんです。

おいしかったんですよ。

チキンよりビーフバーガーの方がおいしかったです。

こちらでお馴染みのコールスローもついてきました。

人参が入っているので、

普段は人参を避けて少しだけ食べるんですが、

基本、そんなに好きではないんです。

でもここのは人参が少なく、

マヨネーズが多すぎず、おいしかったので、

結構食べました。

キッシュも美味しかったとLEちゃんが言っていました。

いや~、やっぱり美味しいところは、

地元の人に聞くのが一番ですねえ。

特に小さい町なら尚更。

それにもう一点。

お店の入口の左側の壁にこちらのマークがたくさんついてるんですよ。

上のお店の建物の写真からもわかりますけど。

GC.jpg
(https://www.gsgourmetjams.ie/our-events/basking-bingoより抜粋)

アイルランドのフードガイド、ジョジーナ・キャンベルのマークなんです。http://www.ireland-guide.com/home/about-us.1.html

こちらがあるお店は結構おいしいんですよね。

こちらでレストランやカフェを選ぶ時の基準になりますよ。


時間がなくて、ほとんど何も見れなかったのが残念。

次回は、またこちらにお邪魔して、

こちらでご飯を食べて、

町をもっと散策してみたいと思います。

ついでに上の写真のような「ロレンゾ」に会えたら最高やな~。

見た限り、アイリッシュばっかりやったけど。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.