星が無くなった、Thornton's Restaurant(ソーントンズ・レストラン)-後編

さて、昨日の続きです。

デザートはこちらにしました。

THORNTONS 6
ブルーベリーのスフレ。

スフレが出て来るのに20分はかかるとメニューに記されておりました。

もし私が一人これを頼んだら、他の人のデザートも20分かかって出てくることになる。どうしよう。みんなのことを考えないで一人スフレを頼むか。。。でもそんなことしたら超自分勝手な人間のレッテルを張られてしまう。まあ勝手者と言われてもええか。。するとみんな「スフレにするわ」と言い、私の心配事はすんなり一件落着。

このスフレはこれだけではありません。

ウェイター&ウェイトレスがナイフで切り込みを入れ、ふたを作ります。

THORNTONS 7

次にブルーベリーソースをたんまり垂らしてくれます。

THORNTONS 8

そしてふたをしてブルーベリー味のアイスクリームを入れてくれます。

THORNTONS 9

「おお~~~~」とどよめいた私たち5人。

しかし問題が一つ。いえ、二つ。私のスフレに切り込みを入れてふたを作ったウェイトレスはふたを入れ物の向こう側にすっかり落としてしまうという失態をしてくれました。

それだけではありません。

私のアイスクリームを持ってくるのを忘れるという2重の失態をかましてくれたのです!もちろん慌ててアイスクリームを取りに行っていました。ふたがないおかげでアイスが中にすっかり沈み込んでしまうので慌てて食べなくてはならず。

もうちょっとちゃんと仕事しようよ。


と思いました。まあ少々の間違いは良いですよ。人間完璧な人はいないから。でもさ、切るときから雑だったから気になってたらやっぱりよ。

失態はともかく、スフレがむちゃくちゃ美味かった!20分待った甲斐がありました。底にもブルーベリーが入っていてちょっと気が利いていました。アイスもいい味!とにかくスフレ自体もとてもいい味で、久々美味いデザートを食べました。というか、美味いデザート、いつ食べたかな???と考えましたが出てきませんでした。

そしてコーヒーを頼んだため、こちらをいただきました。

THORNTONS 10

私は甘ったるい砂糖まるけのジェリーが大嫌いなので、わがままを言い、マカロンにさせていただきました。ブルーベリー味でおいしかったわ。コーヒーままずます。

しかしここでもウェイターの失態が!私のテーブルにラテを置いたのですが、私が頼んだのはアメリカーノ。私の右隣に座っていたCMちゃんが頼んだのが実はラテ。代わりに彼女にアメリカーノを置いたのです。

あっちゃ~~~~。

CMちゃんがこう言い、思わず納得してしまった私たち。

「星(ミシュランスター)失くしたの、わかるわ。食べ物じゃない。サービスが問題よ。スロッピーだもの。」


そして最後のウェイター&ウェイトレスの失態。。。レシートを見たら2本しかワインを頼んでいないのに、3本頼んだことになっていたことだ。もちろん2本にしてもらいましたけど。隣のテーブルのやつを加算されてたんだと思います。同じワイン飲んでいるのは知っていたので。

でもサービスまでジャッジするのかな?食べ物以外はジャッジしないと書いてある記事もある。以下をジャッジされるとはネットに出ていましたが、それ以上の詳しいことは公表されてないようですのでわかりませんけど。

1)Quality of the products
2)Mastery of flavor and cooking techniques
3)The "personality" of Chef in his cuisine
4)Value for money
5)Consistency between visits

ちょっと4)は???って感じですけどね。小さいお皿にちょこっと乗ってきたらValue for moneyと思わない人は世の中たくさんいるしね。

それでは最後にティファニーの生意気総評。

食べ物はすべて美味しかった。本当に。私の好きな味だった。前に来た時より断然おいしいと思った。マグロに出会えたのも良かったし、賛否両論あるであろう、鳥の足には度肝を抜かれた。スフレも本当においしかった。デザートがおいしいかおいしくないかでコースの感想が変わる。最初が良くてもデザートがまずいと、「まずかったね。」となってしまうからだ。だからデザートって本当に大事なんですよ。(と、誰かがテレビで言っていて納得)「終わり良ければすべて良し」というわけだ。

しかし、サービスが良くない!これは何とかしてほしいところだ。サービスで食べ物の印象も変わってしまう。せっかくおいしいのに、サービスが悪かったら誰だって怒りたくなるし、イメージ悪くなっちゃうから。こちらは高い金払ってるんだからいいサービスをやっぱり期待するしね。

気になる今回のダメージは、

75ユーロ。

パトリック・ギーボーとそんなに変わらないとCMちゃん。でもやっぱり彼らのサービスはすごいんだそうです。こっちが恐縮するとのこと。でもそれだから少々高くともみんな行きたがり、予約がクリスマスまで一杯なんだと思う。ちょっとした差が実は大きな差を生み出すんんだなあと思った。

ミシュランスターなんていらないというシェフが世の中たくさんいます。それはそれでいいと思うし、私はおいしい料理を出してくれたらそれで満足だ。星を失っても私の思う「おいしい店」だったらまた行く。ここもそんなレストランの一つだ。しかし、やっぱりケビンさんには巻き返しを図ってもらいたいという思いはあります。

ちなみにこの後、CMちゃんとスウェーデン人のEさんと3人でバーに行き、プロセッコを1本開け、その後違うバーへ行きカクテルを2杯。そのあとまた違うバーへ行きワインを飲みました。お財布の中にはあと5ユーロしか残っていませんでした。散財しました。月曜日のお昼はふりかけご飯でした。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

星が無くなった、Thornton's Restaurant(ソーントンズ・レストラン)-前編

皆さん、週末はいかがでしたか?

私は大忙しの週末を過ごしました。というか、ここのところずっと週末が忙しすぎなんですよ。。。ってまあ嬉しい悲鳴ですけどね。

じゃあ何をしていたのか?ですが、土曜日はこのホテルのレストランにランチに行きました。THORNTONS 1
ダブリンの5つ星ホテル、The Fitzwilliam Hotel.(www.fsgtours.comより)

セントスティーブンスグリーンにあるこのホテルの中にThorntons Restaurant(ソーントンズ・レストラン)があります。何年か前に日本人の友達とランチに来たことがありましたが、その時はスペシャルメニューがあって、確か3コース30ユーロだった気がする。かなりお手頃だった覚えがあります。(不景気だったから?)でも今回はそうではありませんでした。3コースで45ユーロ+10%カバーチャージ。

高いの嫌なんか?だったら行くなよ!と思っていらっしゃるそこのあなた。実は断れない理由があったんですよ。

アイリッシュの友達CMちゃん。彼女は去年40歳になり、パーティーを開いたんです。でもそれは一部の仲のいい人だけでランチに行くというものでした。行った先はアイルランドで唯一の2つ星ミシュランスターレストラン、パトリック・ギーボー(Patrick Guilbaud)。http://restaurantpatrickguilbaud.ie/

CMちゃんはAちゃんのカレッジ時代からのお友達で、私はAちゃんを通じて友達になりましたが、それほど親しくはないのです。なのでこのランチには招待されなかったんですよ。でも記念すべき40歳の誕生日に何もやらないわけにはいかないし、(もらってるから)プレゼントをランチの日にAちゃんに頼んで渡してもらったんです。それをCMちゃんがえらく気にして。。。ティファニーを誘わなかった私はひどい人!と言ってえらく気にしてたらしいんです。だから今回の41歳の誕生日ランチ私を誘ってくれたというわけ。断れないでしょう?と私は思ったわけです。

今回もパトリック・ギーボーに行こうとCMちゃんが予約の電話を入れたら、

「クリスマスまで予約で一杯です。」

と言われて断られたんです!普段の日なら空いてるであろうが、週末は空いてなかったんです。でも予約を入れたのは6月。半年先まで予約で一杯!?なんじゃそれ!

アイルランドに不景気の文字はもう存在しない。
ようですわ。

ということで、急遽ソーントンズに行くことになったんです。ここも大変有名。パトリック・ギーボーに比べれば少しお値段もお値打ちになるから私の財布は少し微笑んでましたけどね。

しかしだ。

現在ソーントンズにはミシュランスターはないんです。(CMちゃんは記念ランチはミシュランスターで食べたい人)昔は二つ星を取ったこともあったこのレストラン。二つ星から一つ星に格下げになってしまったのですが、ず~っとキープしてたんです。しかし去年、一つ星まで失くしてしまいました。

このレストランのシェフ、ケビン・ソーントンズさんはアイルランドではとても有名なシェフ。食好きでなくとも彼のことを知っているはずです。彼がアイルランドで初めて二つ星を取ったシェフだそうですしね。でも今回星を亡くして相当ショックだったようです。

THORNTONS 2
マグロを操るシェフのケビン・ソーントン氏。(www.thorntonsrestaurant.comより)

今回は面識が全くない二人のアイリッシュ女性と、大昔に一度たぶん会ったことがあるスウェーデン人の女性、CMちゃんと私の5人でランチをしました。しかしCMちゃんは30分遅れて到着!メインの人が遅れてどうする!と思いましたが、おかげで待っている間知らないもの同士で話が弾んでかえって良かったです。


さてオーダーだ。とりあえずフレンチの白ワインをオーダー。名前がわからないのですが、これがえらく美味かった!私は白ワイン好きじゃないんですよ。ちょっと消毒臭いから。でもこれは違いました。一本70ユーロほどしてましたか。

スターターの前に一品(アペタイザー)が出てきました。ハドックの切り身でした。下に細かく切ったキャベツと人参の和え物が敷かれていました。魚が食べれない人には無理な一品でしょう。写真を撮る事を控えたんでないんですよ。すみません。知らない人たちと食事の席で写真を撮るのは失礼だし、おのぼりさんになるのは良くないかなと思ったんです。

そしてスターター。これを見たらやっぱり写真を撮るしかなくなり、皆さんに断って写真を一枚。その後は遠慮しませんでした。みんな苦笑いしてたけど。「日本人=何でもすぐに写真に収める」と思われてたでしょうね。超典型的だしね!

THORNTONS 3
マグロづくし!タルタルもある!上の写真のように、ケビンさんがマグロの解体をしたに違いない!

私的にはもっと皿にマグロ乗っけて!でしたけど。まあしゃれたレストランじゃこの量が普通ですわ。右上の緑の塊は乾燥した海藻。ちなみにここで出してるパンの中に海藻入りがあり食べました。ちょっと塩気があるパンでしたが美味かったです。最近海藻入りのパンを出してるお店もあるんですよ。ちょっと流行ってきてるようですね。

いつも思うけど、いいところのレストランのパンって本当美味い。小さいパンでしたけど3つも食べましたしね。みんな一つか二つしか食べてなかったんですけど。相変わらず卑しい私。

とにかくこのスターターは美味しかったですわ。みんなはさすがに食べてませんでした。周りのテーブルを何気に見ても食べてる人はいませんでした。やっぱりこっちの人は生魚って抵抗あるんだろうなあ。


そしてメイン。


さすがCMちゃんのアイルランド人のお友達でこれをオーダーした人も写真に収めないわけにはいきませんでした。だって、これですよ、これ!

THORNTONS 4
足出てきた!鳥の足!(カメラに収まり切れてない!)

THORNTONS 5
ぎゃ~!!!リアル!(もちろん本物だから)

超グロテスク!でもこれがいい。こういうの大好きです、私。モモはちょっと味が薄い気がしましたが、美味しかった。もし私が家にいたらこの足を手でつかんでワイルドに食いついて食べてます。最近肉を食べないようにしているんで、レストランやカフェに行っても魚を頼むようにしてるんです。でもこの日の魚のメニューはコッド(たら)で、付け合わせが人参サラダだったため頼まなかったんですよ。頼まなくて良かったですよ。お蔭で超グロテスクチキンに会えましたから。

しかもケビン・ソーントンシェフ自ら私がオーダーしたチキンを私のところへ運んできてくれたのには超驚き!「えっ!」と日本語で叫んでしまいました。ほかのテーブルにも自ら運んでいました。私はこういうの好きです。シェフに直接会いたいじゃないですか~。

もうこの時点でかなり満足でしたがお腹はまだまだ空いている。ということでデザートをオーダー。

と、これ以上書くと長くなるので明日に持ち越します。明日はデザートと、えらそうですがティファニー独自の総評です。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

わんこのゴビ(GOBI)ちゃん、見つかった!-Bring Gobi Home

「ゴビが見つかったのよ!」

と、Aちゃんが帰宅するなり私に言ったんです。えらい喜んでたんですよ。私は???ですよ。すると、「私、前にあんたに話したでしょ?覚えてないの?」と言った。全然覚えてない。なんやった???

これじゃないの~!!!とネットの写真を見せられた。ああ、なんか言ってたなあ、Aちゃん。

GOBI 1
(ツイッターより抜粋)

ということで、今日は全くアイルランドには関係ないネタです。

ゴビ(Gobi)とは上の写真のメスのわんこのこと。ランナーのディオン・レオナルドさん(スコットランドに住むオーストラリア人)が中国でGobi March 2016という、マラソン・レースに参加したんです。7日間、250キロを走るこのレース。結構過酷なようですわ。ゴビ砂漠ですもんね。。。

GOBI 3
ウルトラ・マラソンと呼ばれてるんですね。全然知らなんだ。まあ、えらいところ走りますわ。すごいなあ。(www.mirror.co.ukより)

このレースの2日目からこのわんこが彼に付いて一緒に走りだしたそうです。彼はこのわんこをゴビ(Gobi)と名付けたんです。

このレースは6ステージあって、途中テントで寝たり、食事をとったりするそうですが、その時も彼の隣で一緒に寝てたそうです。ずっと彼と一緒に走る、小さなゴビは世界中の多くの人の心を奪い、話題になりました。

GOBI 4
Ah...(www.wbur.orgより)

わんこは野良犬、Stray dog。

彼が履いている黄色い靴に付いてきたのではとディオンさんが言っていましたけど、何かゴビにはピン!とくる、動物の感があったのでしょうね。こんな小さいわんこだけど、時にはディオンさんの前を走っていたそうです。小さい体に強靭な心臓の持ち主だとニュースで言われていましたね。

GOBI 2
ゴール!メダルももらったゴビちゃん。125キロ走ったそうですよ。すごいなあ、ゴビちゃん。(www.wbur.orgより)

BBCのラジオのインタビューがあります。興味のある方はどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=D2-xSMsKIMk)

ゴビちゃんをスコットランドに連れて帰ることにしたんですが、メディカル費用やら、検疫に約8000ドルかかるそうで、ディオンさんはキャンペーンを始めて一般の人たちからのサポート(お金の)を募集していました。19,700 ボンド、約26,050ドルを集めることができたそうです。世の中、捨てたもんじゃないよ。たくさん優しい人がいるんですよ。

ゴビちゃんの検疫のため、ウルムチ市のお友達に預けて彼はスコットランドへ戻ったんです。するとゴビちゃんが逃げ出し、行方不明に!たぶんディオンさんを捜しに行ったんじゃないでしょうかねえ。結局捜索費用に9300ポンドかかったとか。たぶんこれは彼がまた中国へ戻り、ゴビを探した旅費も入っているのではと私は思いますけど。

6人のボランティアの人たちが早朝から遅くまでゴビを探したそうですよ。中国っていうと、犬の肉を食べると思う人もいるでしょうね。私も一瞬思いました。もう捕まって食べられてるんと違う!?と。でもウルムチ市は違うそうで、dog-loving cityだそうですよ。

GOBI 5
ウルムチ市で貼られたチラシ。(www.lifezette.comより)

捜索の甲斐があって、ディオンさん、ゴビと再会!

GOBI 6
良かった、良かった!(ツイッターより抜粋)

現在ゴビは検疫の為北京にいるそうです。120日かかるそうです。クリスマスまでにはスコットランドに来れるそうですよ!その間、ディオンさんも数回ゴビを訪ねる予定をしているそうです。

いや~素晴らしい話!Aちゃんが騒ぐのも無理はない。ミアが亡くなってからAちゃんはこういうお話にとても敏感になっているのですよ。もう一匹、トトという雄犬がBさん宅にはいるんですが、この子もミアが亡くなってから実はまったく元気が全くなくて。。。餌を食べなくなりました。今日VETへ行ってるはずだけど、Aちゃんから連絡なし。ちょっと心配です。大丈夫かな。

犬って、すっと人の心に入って来る。そしてずっといてくれる。。。それはたとえ亡くなってからでもいつまでも人の心に留まってくれる。犬ってやっぱり素晴らしい動物だ。亡くなったトムちゃんを思い出しました。先日夢の中に出てきてくれたけど、天国で楽しく過ごしてるかしら?

それでは今日はこの辺で。月曜日にお会いしましょう。皆さん、良い週末を!

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

"A wonderful journey"-ロビー・キーン (Robbie Keane)、引退

またまた緊急です。昨日の夜、こんなニュースが入りました。(ツイッターより抜粋)

ROBIE 2

ROBIE1.png

来週水曜日、8月31日ののオマーン戦で引退だそうです。

67 goals in 145 caps だそうです。素晴らしいアイルランドのサッカー選手でした。

36歳。

まだまだできる!と私は思いますけどね。。。でもどんどん若くて体力やスピードがある人が入ってくるからやっぱり35歳超えると考えるでしょうね。うちの職場だって、24歳くらいの子が入るたびに、「いやん!自分の子供の年齢やん!やめて~!」と思いますもん。頭の回転も若い子は早いし、物覚えもいいしね。歳なんて数っていうけど、そうじゃないことも人生一杯ある。

ネットにはいろいろ彼に関してのファクトや写真がたくさん出ています。興味のある方はどうぞ。

http://www.rte.ie/sport/soccer/2016/0824/811727-robbie-keane-ireland-career/

http://www.rte.ie/sport/soccer/2016/0824/811725-robbie-keane-to-retire-following-oman-curtain-call/

余談ですけど、前にこの話、書きましたっけ?書いてませんよね?たぶん。書いてないこと前提で。。。

この方、ご存じですよね?

MORRISSEY1.png
元スミス。現在ソロでいまだに根強い人気があるMorrrissey(モリッシー)。ちょっと猫が気になるなあ。(http://consequenceofsound.netより)

9月にコンサートの為、来日しますね!来日は4年半ぶりなんですねえ。https://www.creativeman.co.jp/event/morrissey2016/

アイルランドにお住まいの方の間では有名な話ですけど、モリッシーとロビー・キーン、実は御親戚でございます。2013年にニュースになりました。

ROBBIE 3
なんですって。(http://thestar.ieより)

ロビーのおじいさん、 Thomas Nolan氏がモリッシーのお父さんの従兄だとか。モリッシーがこんなことを言っていたそうです。(ネットニュースより抜粋)

“In filial terms the Irish blood, English heart genetic between Robbie and I is evident – his chin is my chin, my chin is his. Robbie was raised on Captains Road (as was my mother) in Crumlin (Dublin), before he was shipped out to Tallaght. He is a gentleman of the highest caliber (or, if you must, calibre), and to watch him on the pitch – pacing like a lion, as weightless as an astronaut, is pure therapy. Robbie, the pleasure, the privilege is mine.”

本当に余談でしたが、とにかくこれからもロビーはいろんな方面で活躍するでしょう。特にアイルランドでは引く手あまたになるでしょう。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  

Rose of Tralee 2016 (ローズ・オブ・トラリー)終わる!

昨日も行われていた、Rose of Tralee 2016。

優勝者はシカゴ・ローズのMaggie Rose McEldowneyさんでした。

rose 1
マギーさん、おめでとうございます。

発表になった瞬間。

rose 2
マギーさん、埋もれる。

いつも思うけど、みんなよかったね~なんていって優勝者を祝福するけど、その中でどれだけの人が心から祝福をしているのだろうか?

お母さんの目から涙が零れ落ちてましたね。そりゃうれしいわよ。自分の娘がRose of Traleeですもん!
rose 3


昨日はこのブログにアップするからと思い、番組を見ていましたが。。。

退屈やわ。

あかん。私には合わんな。そんなこと言うてるけど、本当は若いお姉ちゃんたちにやきもち焼いてるんと違う?と思っているそこのあなた!

それは間違いよ。

今更やきもち焼いてもねえ。ローズの子は18歳から27歳までですから、すでにその時点でもう私は腐るほど年を取ってるわけですよ。だからやきもちはない。いいな~若いってって思いながら見てるだけです。退屈やわ~といったのは、特技ね。歌を歌う人が結構多いんですよ。音痴ではないけど、むちゃくちゃ上手いわけでもない人が歌うしね。なんかX-Factorのオーディション1回目みたいですわよ。

でも去年までは詩の朗読が許されてたんですけど、今年から禁止だそうで。古臭いからだとか。歌よりもっと退屈やし、誰でも読めるもんね。禁止になってよかったと思うわ。

特技の前に自分の家族やら彼氏やら、仕事やらを話し、どういった形でアイルランド人の血を引いているかってのも話すわけですわ。海外のローズ(例えばニューヨーク出身のニューヨーク・ローズ)なら、曽祖父がアイルランド人で、彼がニューホークに移民したんです~とかね。これもたいしてすごい話をしているわけではない。彼氏自慢!?見ないな人もいるしね。(それにはちょっとムカッとくるが)

海外ローズの中にはアイルランドに一度も来たことがない人も何人かいるんですよ。今回が初めてやとかいう人が。一度くらい前もって来るべきやと思うけどなあ~。だって優勝したら世界中旅して、アイルランドのこともいろいろ聞かれるでしょうに。。。


ちょっとハプニングもあったけれども、今年も無事に終わったローズ・オブ・トラリー。将来ハーフ・アイリッシュ&ハーフ・ジャパニーズな女性が優勝する日が来るかもしれませんね。

rose 5

rose 4


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.