クリスマス・ショッピング、スタート!2017

毎年書いてるけど。。。本当に、いい加減にしてほしい。

CHRISTMAS.png
ミセス・ブラウンボーイズに出てた、ローリーだ!先月でしたか、退団したけど。(www.breakingnews.ieより抜粋)

毎年恒例になっている、一足早い、高級デパート、ブラウントーマスのクリスマスショッピング。

この火曜日から商品が次々とお店に並んでいたようです。そして、今日。

正式にクリスマスショップがオープン!

まんだ8月中旬やで?

まだ半袖来てるし。昼間、天気がいい時は、半袖で歩いてる人もおるっていうのにさ。

しかもなんで毎年前倒しして、クリスマスシッピングをスタートさせてる?話題をかっさらいたいのか?

アイリッシュの同僚曰く、何が何でも、毎年一番になりたいんだろうとのこと。話題をふりまいて、人を呼び込み、売り上げにつなげるという計算だろうと言う。

だろうね。

私もこのニュース聞いて、ブラウントーマスへ、クリスマスツリーを見に行こうと思いましたもん。なんか買うかどうかは別として。

それにしても早すぎる。ただでさえ、夏が短い国なのに、余計短く感じてしまうではないか。


とは言え、うちの会社でも、大概8月中旬から、「今年のクリスマスパーティー、どうする?」という話になる。そして9月には場所を予約してしまう。

早すぎるというほど、実は早すぎるわけじゃないのかも。

毎年一週間前倒しで、クリスマスショッピング開催を早めていき、気が付いたら、7月初めにオープン!なんてことにはやっぱりなってほしくないと思います。

それでは今週はこの辺で。来週月曜日お会いしましょう。皆さん、楽しい週末を!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

マシャロスじゃなくて、プーカロス

マシャロス。もう死語ですか?

それに近いことがAちゃんに起こっています。

プーカとは犬のプーカちゃん。先々週でしたか?記事にしましたね。弟B君の彼女Jさんのじいちゃんの犬。

IMG_1824.jpg
かわゆい。

じいちゃんが飼っていたのですが、実はもともとは彼女Jさんの犬だったんですって。前回、間違った話を書いてしまいました。すみません。隣の家が、じいちゃんの家で、犬が勝手に行くようになったんだそうな。それ以来、プーカちゃんはじいちゃんの犬になったらしい。

しかしある日、プーカちゃんがえらく痩せたんですって。どうもじいちゃんは、餌を何日も与えてなかったらしい。餌を与えるのを忘れるほど、痴呆症がすすんでいたそうです。お年91歳。お散歩も難しい歳ではあるので、プーカちゃんにとっては、Jさんのもとに帰ってよかったのかもと思います。じいちゃん、プーカちゃんを手放すときに泣いたそうです。

そんなプーカちゃん。初めてAちゃん家に来てから、私達の、特にAちゃんのハートを鷲掴みにしてしまっています。

弟B君とJさんが家を空ける日は、うちでプーカちゃんを預かることになっているんです。そして、先週末、まさにその日がやってきたんです。

Aちゃん、土曜日の朝からハイテンション。土曜日は朝からランニングの2時間レッスンを二人で取っていたのです。そのため、すぐに預かってから、3時間半ほどプーカちゃんをキッチンに置いて家を出なくてはなりませんでした。むっちゃ心配するAちゃん。私は結構あっけらかんと「大丈夫やわ~。」と言っていたのですけど。うちの亡くなった犬トムちゃんも、半日家にいなくても大丈夫だったし~という考えがあったので。

レッスン後、カフェで一緒にお昼でもと思っていたのですが、早く帰りたくて仕方がないAちゃん。昼は食べず、コーヒーだけ買って帰ると言い出したんです。よっぽどプーカちゃんが心配なのだと察し、、お昼はテークアウェーにし、帰宅。

すると、家の玄関のカギを開けた瞬間から、わんわん鳴きまくりのプーカちゃん!よっぽど寂しかったようです。ちょっとプーカちゃんに悪い気がしました。キッチンの戸を開けたら、鳴きながら飛びついてきましたしね。犬はこういうところが可愛いわ。猫なんて、「あんた、帰ってきたん?はよ餌ちょうだい。」って顔するだけやもんね。まあそういう冷めたところがいいという人も多いのも事実だけど。

Aちゃんは、夜は自分の部屋にプーカちゃんを連れて、自分のベッドの上で寝させています。散歩も率先して自分で行く。私が行くと言うと、「いいのよ~私が行くから~。」といった調子。そして土曜日の夜、こんな一言をAちゃんが発したのです。超危険だと思いました。

「(人間の)男なんていらないわ。(犬の)プーカがいるから。素敵な男性だもの~。」

その上、

「プーカは男よ。プーカ以外の男はいらないわ。」

と繰り返す始末!超ヤバい。

Aちゃんは眠りが浅いんですよ。不眠症に近い時もあるんです。でもプーカちゃんのおかげで深い眠りにつけるらしい。人間の男が横に寝ているより、オスのわんこが横に寝ていた方がいいのか???

とにかくだ。こういうことを言っていると、本当に誰も男性が寄り付かなくなる。ただでさえ、40過ぎて、難しい年齢に入ってきているのに。私はともかく、Aちゃんはまだ42歳。可愛いし、見た目もかなり若い。いけるわよ。諦めたらあかん!!!


そして翌日日曜日。


弟B君とJさんがプーカちゃんを迎えに来る予定になっていたのですが、午後2時過ぎだろうと勝手に予想していた私たち。しかし、予想より大幅に早く、午後11時半に迎えに来たんです。弟B君は迎えに行くことをAちゃんに電話で伝えたかったらしいのですが、Aちゃんが電話を取らなかったので、私達は知らず。"突然のお迎え"状態になってしまったのです。

弟B君のもとに走り寄るプーカちゃん。そしてB君に抱っこされて、車に入れられた。さようなら~も言えなかったAちゃんと私。そしてとっとと車で走り去った弟B君とJさん。


寂しい。。。


家の中が急に静かになった。寂しいと言い出すAちゃん。その後何度も寂しいと言い出したので、

「犬飼おっか。」

と私が言ったんです。すると、

「プーカがいいの。プーカ以外の犬はいらない。」


とAちゃん。昨日の朝のメールでも、プーカがいなくて寂しいと書いてきた。完全に、マシャロスならぬ、

プーカロス。

弟B君に、週1日だけでも面倒を見たいと言ったらしいです。こんな目で見つめられたら。。。やっぱり毎日傍にいてほしくなるわなあ。

IMG_1819.jpg

ちなみにプーカちゃん滞在中、うちの野良猫べティーは冷たい目で、塀の上からプーカちゃんを見ていた。プーカちゃんが帰った後数日間、私に近づいてこなかった。じぇらし~だと思う。娘猫ミッシーの方は、わざわざキッチンのドアの前に座り、中の様子を見に来た。犬が帰った後もだ。犬は怖いが、興味津々である。息子猫は逃げ惑った。


それでは皆さん、良い週末を!今週月曜日はバンクホリデーでお休みですので、ブログもお休みです。来週火曜日にお会いしましょう。お時間がある方は、ぜひ阪急交通社さんのブログも読んでくださいね~。 もうすぐブログは新しいところに引っ越しますが。http://blog.hankyu-travel.com/kaigai/europe/ireland/


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

見ましたか?「ザ・キーパーズ」(The Keepers)

今週最後のブログにしては、話題が重いのですが。。。もう見ましたか?

KEEPERS 1
(www.popsugar.co.ukより)

ネットフレックスのドキュメンタリー。トレーラーがありますので、興味のある人はどうぞ。



ネットフレックスのドキュメンタリーと言えば、Making a Murdererや Amanda Knoxが有名ですよね。Making a Murdererがリリースされた2015年後半はえらい騒ぎでしたよ。私も全部見ました。こんなことがアメリカでまかり通ってるの?と思った。人種差別だよな、根本にあるのはなんて思いました。次のシリーズ、いつ放送されるのかしら。待ってるんですけど。

Amanda Knoxはまだ見てませんが、私は彼女が大きく関与していたと、今でも思っています。会社の人はみな彼女はイノセントだと言いますけど。

そしてこのThe Keepers。アイリッシュの友達のTちゃんが凄く良いドキュメンタリーだから見た方がいいと言ったので、見たんですよ。と言ってもまだ7話中3話しか見てませんけど。

この時点で言えることは、こんなことがアメリカでまかり通ってたの?です。カトリックという、宗教や神の名のもとに、ティーンの女学生に性的虐待を加えてたなんて。アイルランドでもたくさんありました。こういったことが。そして教会側がカバーアップするっていうやつね。前にも言ったと思いますけど、Bさん家にしょっちゅう来ていた神父。こちらで子供の性的虐待にかかわった神父がいたんですが、カバーアップした神父のうちの一人だと新聞に名前が出て以来、ぱったり訪ねに来なくなった。どうしてるのかしら。

でももっと信じられないのが、警官や政治家、ビジネスマンまで加担していたということ。みんなグルになってたんですわ。恐ろしい。親は子供たちがまっとうに育ってほしいと、カソリックの学校に入れたのに、これですよ。

被害者の女性二人が訴えた当時は大変話題になっていたようですけど、私は全然覚えていません。しかも殺人事件にどうもつながっているという。。。というか、殺人事件からいろんなことが出てきたと言った方が正解なのかしら。

とにかくだ。訴えられたこのFather Joseph Maskell。女学生に性的虐待を加えていたんです。神父というより、神父の顔した悪魔やと思うわ。というか、悪魔の顔にしか見えないわ。ちなみに2001年に亡くなっています。

KEEPERS 2
(http://www.independent.ieより)

バルティモア内の教会などを渡り歩いた後(飛ばされてたと言った方が正解でしょう)、ニューヨークに行ったと思ったら、なんと1995年から1998年まで、アイルランドはウェックスフォードに住んでいたんだそうで!


なんでアイルランドに来てたん?


もうびっくりでした。ちなみにお父さんはリムリック出身だそうですわ。だからアイルランドに来たかどうかは知りませんけど。もしかしてドキュメンタリーで理由を説明してるかしら?

しかも、この男(神父なんて呼んでやらん!)は1995年の4月から9月まで、心理学者として働いていたという話!アメリカで訴えられている間にこれですよ。この間にこの男はどれだけのアイルランドに住む子供たちと関わったのか。HSEは何人関わったのか公表してないらしい。子供たちになにかしててもおかしくないですよ。この男に限らず、自国で犯罪を犯しているやつが、この国にこっそり入り込んで住んでいる場合が今でもやっぱりあるんでね。恐ろしいわ。

このドキュメンタリーを見ている最中にBさん(Aちゃん母)が家にいらっしゃったんです。業者に頼んで庭を綺麗にしてもらったんで、見にいらしたんです。帰り間際に、邪魔してごめんなさいね~(私がテレビを見てる時にいらっしゃったので)と私に言うので、

「いいの!今ザ・キーパーズ見てただけだから。それにしても、カトリック教会はF***ing Bas***dsやわ!」

と言ったら、えらいうけてました。笑いを取るつもりで言ったわけではないんですけど。

セックスがSINだと教えらえた世代に生きたBさん。酔っぱらうと、I didn't know any better!とたまに口走ってしまっています。私たちの世代はラッキーだな、と改めて思う今日この頃です。

興味のある方は是非ご覧ください。私も今週ですべて見終えたいと思っています。それでは皆さん、良い週末を!土曜日はU2のコンサートに行ってきます。実はあんまり楽しみにしてないのですけど。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

予備の白いスカート-ウィンブルドン

ウィンブルドンの話は昨日ちらりと触れましたけど、こちらの話はニュースになるまで全く知りませんでした。ということで、今日はニュースから抜粋した、ウィンブルドンネタです。日本でも話題になってますかねえ。

ベルギーの選手、キム・クライシュテルスが左サーブか右サーブで迷っていた時、ボディーサーブをするように言った観客席の男性が。。。ウィンブルドンでテニスしました!



この男性、グレイストーンズに住む、Chris Quinn (クリス・クイン)さん。

ウィンブルドンは白いユニフォームでしか出場できませんので、キム選手から予備の白いスカートを借りてプレーをしたわけですけど、かなり笑ってしまいました。そういえば、先日、男性選手の下着の色が白ではなかったので、白い下着に履き替えさせられてましたもんね。結構厳しいわよね、ウィンブルドンって。

とにかくこのプレーのおかげで、彼は時の人となっております。

クリスさん、このキム選手のスカートをオークションにかけて、Gavin Glynn foundationに寄付するそうです。普通なら自分の物にするところなのに。こんなところでもチャリティー精神が旺盛なアイルランド人。頭が下がるわ。チャリティーについて詳しいことはこちらからどうぞ。http://thegavinglynnfoundation.ie/

ウィンブルドンが終わり、BBCはいつも通りの番組構成に戻った。プーカちゃんも家にない。いつもの通り、野良猫娘のミッシーエリオットが子ネズミをどこからか捕まえてきて、裏庭で弄んでいる。散々弄んだ挙句、がっつりかぶりついて食べるんやろうな。いつも通りの生活に戻りました。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

週末、"お化け"さんがいらっしゃいました

皆さん、週末はいかがお過ごしてしたでしょうか。

ダブリンは天気が良かったですよ。ゲーリックフットボール、ダブリン対キルデアの試合が日曜日にありました。まさに試合日和。ダブリンが勝ちました。試合後は近くのパブにたくさんの人が集まり、パブの外に出て、たくさんの人が飲んでいました。天気のいい日は外で飲んだ方が美味しいもんねえ。

私はゲ―リックフットボールには全く興味がないので、ウィンブルドンを見ておりました。とうとう昨日で終わってしまって。。。毎年そうだけど、終わった翌日から何を見たらいいのかと考えてしまいます。フェデラー、素晴らしかったです。年齢なんて関係ない人は世の中にいっぱいいるというところを証明した気がしますわ。来年もトーナメントに参加してほしいです。

私の週末も相変わらず忙しかったです。金曜日は日本人のお友達2人とごはん。久々だったから、余計楽しかったわ~。

土曜日は午後8時から、アイリッシュの友達のRちゃんの婚約パーティーがアイリッシュの友達Cちゃんの家で行われたので行ってきました。プロセッコを出されたので、それを飲み続けました。(自分たちでワインは持って行ったけど、開けず)たぶんグラスで4杯は軽く飲んでいた。お蔭で家に帰ったらちょっと気分が悪かったです。Aちゃんは二日酔いしてました。

土曜日、実はこの婚約パーティーに行きたくないなあ~と言っていたんです。二人には心配事があったからです。土曜日のお昼から「お化け」さんが家にいらっしゃったからです。

こちらが「お化け」さん。

IMG_1815.jpg

名前はPúca(Pookaとも書く。プーカ)ちゃん。8歳のオスのマルチーズ(だと思う)なんです。このわんこちゃんはAちゃんの弟B君の彼女Jさんのおじいちゃんのわんこ。おじいちゃんがかなりお年で、彼女の名前も分からないほどにになり、先日施設に入ったんです。そのためわんこの面倒は無理。

おじいさんの息子や娘の家族の誰もが犬の面倒をみたがらない。そのため、Jさんのお母さんが現在仕方なく面倒をみているのです。

その時、ちょうどBさん(Aちゃんのお母さん)がもう一匹犬を飼いたがっていたのですが、探していたのは雌犬。トトちゃんと言う15歳の雄犬がおり、その犬はちょっと気性が激しい。そのため、もう一匹の雄犬は無理だということで断った経歴があります。

Jさんとお母さんは2週間スペインへ旅行に行くことになり、現在弟のB君が面倒をみているのです。しかし土曜日は自分の家でパーティーをするから、犬は置いておけないということになり、うちで週末だけお世話することになったのです。

プーカちゃんは田舎育ちで、都会に慣れてない。人や車が多いところが苦手。他の犬が近づいてくると怯える。家に知らない人が来ると怖くて吠えちゃう。かなり臆病なわんこちゃんなんですよ。そんな状態じゃあ、パーティー会場になっている家にいるわけにはいかなかったのです。

アイルランド語を習っている人なら意味は分かるでしょう。Púca(Pooka)とはアイルランド語でお化けという意味があるそうです。黒か白色のお化けだそうで、馬だったり、犬だったり、ウサギだったりするようです。わんこは真っ白だから付いた名前でしょう。

とにかくプーカちゃんは知らない人がだめらしいんですが、うちに来た時にプーカちゃんから私の方に寄ってきたのです。珍しいとBくん。犬や猫、子供には好かれるのよね。なぜ成人男性からは好かれないのだろう。

上の写真ではわかりませんが、プーカちゃん、顎にちょっと問題があるのですよ。

IMG_1825.jpg

下顎が出てるんですよ。怒ってるみたいでしょ?でもそんなことないんですよ。いつもこんなお口になっているのですが、そこが何とも愛嬌がある!

ということで、弟B君がこんな合成写真をネットで作りました。

IMG_1826.jpg
ギャングスターや!

一枚目の写真でもお分かりでしょうが、お顔がちょっと汚れております。彼と似てませんか?

IMG_1827.jpg

Ewok!!!


プーカちゃん、可愛すぎるのですよ。しかもほとんど吠えないし、無駄に足を上げておしっこをしない。膝の上に座って寝ているのが大好きなわんこなんですよ。Aちゃんも私もプーカちゃんが一気に好きになりました。

今日からプーカちゃんは少しの間弟B君と過ごすんですが、このままB君の家に住むのかどうかわからないらしい。なんせJさんがあまり飼いたがってないから。(B君とJ君は現在一緒に住んでいます)だからって、ドッグシェルターなどの施設に入れてしまったら、たぶんプーカは生きられない。

ということで。

もし、B君家で飼わないということになったら、私たちがお世話をすることになりました。

土曜の夜も4時間半ほどキッチンでお留守番してもらったんですが、おもらしもしてなかったし、何かが壊されているとか、家具がかじられているとか、そういったことは全くありませんでした。お行儀がとてもいいわんこ。手がかからない。その点ではうちの野良猫べティーと似ています。

しかしだ。

もしそうなったら、私の方が朝早いし、帰りも早い日がほとんど。Aちゃんは出張が多いから頼れない。散歩は私。ということはだ。

朝5時起き生活
が私に待っていることになります。

先日庭の掃除を業者さんにお願いしたら、彼らが2匹のカエルを発見!今、庭には石とお水が入ったバケツが業者さんにより置かれ、カエルちゃんたちが住めるようになっております。


野良猫3匹に犬一匹、そしてカエル2匹。たまにもう一匹野良猫(Intruderと呼んでいる、真っ黒なオス猫。餌を盗みに来る)も来る。蜘蛛なんて死ぬほどいるし。Aちゃん家はどうも、生き物を引き寄せる家のようである。

しかし、同じ生き物でも、成人男性を引き寄せる力がないところがちょっと悲しい。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.