FC2ブログ

アイルランド、お悔やみカードいろいろ

突然ですが、明日お葬式に行きます。

アイリッシュの友達Lちゃんのお母さんが、脊髄の癌のため、8月5日の日曜日の朝にお亡くなりになったためです。

Lちゃんは6.7年ほど前から彼氏と実家から離れたところに住みだしたため、それ以来私がLちゃんの実家に行くことはありませんでしたが、昔はちょくちょくお邪魔していたので、ご両親とも知っております。素敵な、美男美女のご夫婦だったんですよ。いつも私に親切にしてくれたし。

AちゃんはLちゃんと学生の時から付き合いがあるんで、ご両親のことをよく知ってるんです。昨日Lちゃんの家に、他の学生時代からのお友達と一緒に自宅を訪ねました。Lちゃんはちょっと時々エモーショナルにはなっていたそうですが、思っていたよりしっかりしていたそうです。

とはいえ、お葬式が終わって、人が急に訪ねに来なくなると、思い出が沢山蘇ってきて、辛くなると思う。。。Lちゃんに、お葬式が終わって、一段落したら会おうと言ってあります。

お葬式があるとわかったら、Removal(ご遺体が葬儀屋さんに入るので、葬儀屋さんへご遺体を拝みに行く、そして、ご遺族にも言葉をかける。翌日のお葬式に参加できない人はRemovalだけに行ったりします)に行くか、Funeral(実際のお葬式。普通は教会でお昼前にミサが開かれます)に行くか、両方行くかという選択がもちろん頭をよぎりますが、お葬式というと、私はすぐ頭に「お悔やみのカードを買う」ことが浮かびます。

アイルランドやイギリスはカードの国ですから(と、勝手に思っております)、たくさんのカードが書店や、コンビニ、カード屋さんで購入することができます。

お悔やみカード(Condolence・Sympathy)もいろいろあるので、悩みます。
https://www.amazon.co.uk/Sympathy-Greeting-Cards/b?ie=UTF8&node=332155031

それにカードに書くメッセージにも悩むんです。いつもネットで検索して、参考にしております。
https://ideas.hallmark.com/articles/sympathy-ideas/what-to-write-in-a-sympathy-card/

今回も買いに行かなくちゃと思ったんですよ。しかし、AちゃんがBさんが買ってくるよ、と言うんです。5ユーロでちょっと高いのですが、(普通のカードはそれ以下)かなり特別だという。

そして。。。昨日買ってきてもらったカードをもらいました。びっくりしました。ブックレットみたいとはAちゃんが言っていたのですが。。。本当にそうでした。

card 1
フランシスコ修道会のもの。(で、良いかと思います。Aちゃんもわかってないので。間違っていたら、コメント欄にお願いします)

card 2
中を開くと。。。素敵です。

私はよくわかってないのですが、5年間、亡くなった方のミサをしてくださるとか言うことらしい。上に亡くなった方の名前を書き、下に自分の名前を書いて、亡くなった方のご家族にお渡しするんです。

card 3

ちなみに、Bさんがどこで購入してきたのかAちゃんも知らないんで、なんとも言えませんが、フランシスコ修道会であれば、手に入るのではと思います。

これなら、書く言葉を考えなくてもいいし(苦手なんですよ)、もらったご家族も喜ぶと思う。それに、私のカードがどんなカードだったか覚えてもらえる。私がダラダラ書いた、汚い字の手書きカードより、こちらのほうがいいと思う。これからは(そんな機会はないほうがいいんですが)このカード(ブックレット)を購入しようと思いました。(もちろん亡くなった方や家族の宗教にもよりますが)

明日のお葬式でLちゃんのご家族にこちらをお渡しします。お悔やみカードもいろいろあるもんですね。


それでは今週はここまでです。皆さん、楽しい週末を!月曜日にお会いしましょう。

ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

やめられない、とまらない-オアシス(Oasis)

突然ですが、やっと日本語が使えるようになりました!ご心配をおかけして(誰も心配してないでしょうが)申し訳ございませんでした。

四苦八苦したんですよ、昨日の朝も。マネージャー(モルドバ人)とMDにまで相談したくらい!うち専属のITの人は今度いつオフィスに来るかまでMDに聞いたし。仕事で日本語なんて一切いらないのに、仕事中に聞いた私。図々しいのは100も承知です。

結局これといった直し方が見つからず。試したけど直せず。むっちゃムカついていたんですが、Youtubeを見ていたら、GoogleのIMEダウンロードのビデオがあったのですよ。一昨日、誰かがGoogleのはダウンロードできて動くってネットに書いてたのをおもいだしたんです!早速ビデオ見ながらダウンロード。お見事現在日本語が書ける状態になったわけです!

「GoogleもIMEがあるんよ。そんなこともわからんかったのか?」とバカにしている人もいるでしょう。おばはん、馬鹿なのよ。コンピューターに疎いんで。すみませんね。ネットにも書いてあったけど、マイクロソフトのIMEより使い勝手がいいわ!変換するときの誤字が少ないです。くそWindows 10(マジで!一気に嫌いになった)のおかげで一つ学べました。ありがたいことです。


さて、本題に入りましょう。いつも前置きが長くてすみません。


ヤバいです。

なにがヤバいって。。。賛否両論あると思いますが、書くことにします。

6月終わりくらいからでしょうか?こちらでは夏のセールが始まります。

セール時期でもないのに、普段から、ちょくちょくセールがあるんです、この国。日本よりセールの回数が多いと思います。例えば今週だけ20%オフとかはしょっちゅう。イギリスのデパート、Debenhams(デべナムズとこのブログでは書くことにします)は結構そういったセールをやってくれるんです。化粧品が10%オフな時も多いので、ありがたいんです。セールの時はここで結構買い物します。https://www.debenhams.ie/

アイルランドのセール率はなかなか良いのです。20%オフは大したことないですけど、夏やらクリスマス後のセールスは、週を重ねるごとに50%オフになり、終いには70%オフ!バナナのたたき売り?と思うくらいびっくりする値段になってることはよくあります。

服といえば、皆さんのお気に入りのお店はどこでしょう?スーパーの服を買う私。例えばダンズストアーの特にSavidaが大好き。かなり買ってます。値引率、結構いいんですよ、ここ。あっという間にセール商品になってることもあるしね。クオリティーもいいし。http://www.dunnesstores.com/view-all/savida/fcp-category/list

スーパーの服といえばもう一軒、テスコがあります。ここでは姪っ子ちゃんの服を買いましたけど、思ってたより良かった。https://www.f-f.com/ie/お値打ちだしね。

お値打ちと言えば、アイルランドはやっぱりペニーズかしらね。(Penneys-イギリスなどではPrimarkと名乗っています)https://www.primark.com/en-ie/homepageちなみにイタリア人はこの店が大好きらしいです。ここのセールもすごいですよ。元からお値打ちなのに、もっと安くなるから。6年ほど前に買った白い夏用ジーンズは5ユーロでしたからね。今でも履いてます。こんなこと言ったら怒られるかもだけど、ペニーズにしてはクオリティーが高いジーンズでした。


そして今年の夏のセールはもう、えらいことでした。すっかりハマった店があるんです。それは、オアシス(Oasis)。

と言っても、バンドのオアシスではなく、イギリスの婦人服メーカーのオアシスです。昔ひょっとしたら日本にもお店があったかも?

ちょっと高めなんで、定価ではよほどのことがないと買わない私。セールになったら見に行くという感じのお店。デべナムズの中に入っているので、デべナムズがセールをやる時は、オアシスも一緒にセールをやってることが多いので、必ず見に行ってます。買ったり買わなかったリ。でも、ハマることはなかったのです。

しかし!!!

7月のとある日。ヨガ教室が始まるまでに時間があったので、セントスティーブンスグリーンにあるオアシスにちょっくら寄ったんです。セールが始まってまだ間もないころです。店内を見ましたが、これほしい!という服がなかったので、帰ろうとしたとき、入口近くにあったこちらを発見!買うしかありませんでした。

IMG_3956.jpg
ヨガに必要だから。25ユーロくらいでしたか。元々は40ユーロだったと思う。

帰宅後Aちゃんに見せたら、「私も欲しい~。」というので、翌日再来店し、Aちゃんの分も購入。そこで終わればよかったんですよ。でも終わらなかったのである。

数日後また訪れたとき、こちらを発見!買うしかありませんでした。

IMG_3950.jpg
暑い夏にぴったり!24ユーロだったと思う。こちらも元々40ユーロほどする服。

そしてこちらも発見!買うしかありませんでした。Aちゃんも欲しいというので、翌日彼女のために買いに走りました。

IMG_3952.jpg
ヨガに必要だから。14ユーロで購入。こちらも元々は40ユーロくらい。膝のうらはシースルー。

その後も、何度も通い、結局行くたびになにか購入していました。

IMG_3949.jpg
ニットはちょっと寒くなってきた今の時期にぴったりなのよ。誰や?横縞の服を着る女は彼氏がいないって言ったやつは!?(その通りやん)一枚24ユーロ。もともと40ユーロ近くするものです。

こちらは先日行われたMさんの70歳バースデーパーティーに着て行きました。81ユーロが45ユーロに。肩はスパゲティ-ストラップだけど、後ろがちょっとレースになっていて清楚なのです。48歳のおばはんの着る服っちゃうって???まあまあ。この年でも一応嫁入り前なので許してください。

IMG_3947.jpg

ドレスはロンドン自然史博物館(Natural History Museum)とのコラボものでした。だからやたらに花やらテントウムシやらがデザインされているんです。私はこういう派手なのも好きなのである。日本人にしては顔がくどいんで、こういうのを着ても負けないのです。

IMG_3951.jpg

こちらも同様の企画もの。これは一昨日買ったトップ。10ユーロよ、奥さん!元々47ユーロの服!値札の値段が次々と書き換えられているのを見れば、売れなくて、徐々に値段が下がっていったことが一目瞭然!バナナのたたき売りかい?とツッコみたくなる。

IMG_3943.jpg

デザインはそんなに好きじゃないけど、お値打ちだから買うしかない!と思い、こちらを買いました。45ユーロが何と12ユーロ!Aちゃんも欲しいと言い、翌日、本人自ら買いに行っていました。

IMG_3954.jpg
ヨガに必要だし。

ついでにこちらも購入。一昨日、会社に着て行きました。こちらは55ユーロが14ユーロ40セントに!お袖と後ろがニット。Aちゃんも欲しいというので、昨日Aちゃんのために買いに走りました。

IMG_3948.jpg


もちろん(?)自分のものなしで店は出ません。自分のためにこちらを購入。何回もお店に通っていましたが、これは見たことがなかった服。50ユーロが12ユーロになったと思ったら、レジで20%オフの、9ユーロ40セントに!持ってけ泥棒状態やん!

IMG_3957.jpg

Aちゃんと私。。。オアシスの店舗での買い物では物足りず、ネットでも購入。Aちゃんが欲しかった服は在庫切れに。私が欲しかった服は在庫がありました。

IMG_3944.jpg

大して安くなってませんでした。68ユーロが40ユーロでしたから。あんまりお得感なかった。しかも配達料に5ユーロかかってたしね。(無料にしてほしいわ)でも。。。ちょっと見てくださいよ、値札。イギリスから送られてきたんで、イギリスのポンドの値段がついてるんです。

IMG_3946.jpg

計算してくださいよ。レート悪くないですか?昨日の為替での計算ですけど、10ユーロほど安くないとおかしいわよ。アイルランドでは高く売ってるな、オアシス!(よくあることです)

rates 1


いや~、やめられない、とまらないオアシスでの買い物!すっかりハマったAちゃんと私。店に入るたびに、いい匂いがするんですよ。今から思えば、その匂いに惹かれて入ってたのもあったと思う。

今回のセールで一体何枚買ったんだろう?と思って数えてみました。実はセールが始まったばかりの時、デべナムズのオアシスで黒のカーディガンを購入しているので、トータル

11枚

行くたびに何か一枚買って帰るという状態になった結果がこれ。Aちゃんも同じくらい購入しました。

結果、Aちゃんと私はサイズ違いの同じオアシスの服を5枚持つ事になりました。同じ日に同じ服を着ないようにしないと、レズビアンと間違われてしまう可能性が大です。いくら親友とは言え、ペアルックはさすがにねえ。。。

オアシスのセール、良すぎるんです。クオリティーが高い割に、割引率が良い。デザインも素敵。おかげで、いいものが安く手に入ったという感覚が潜在意識に残るのです。そしてそれが忘れられない。行ったら、またお値打ちでいい服を探せるんじゃないかと思うわけです。なんかパチンコにハマった人みたいなことを言ってるやん!!!


Thank you for re-introducing me.

とAちゃんにお礼を言われた私。私がヨガトップを買って、見せなければ、オアシスに足を運ぶことがなかったAちゃん。足を運んでいなければ、お金が貯まっていただろうに。。。いいことをしたのか、悪いことをしたのか微妙ではあります。

写真からでは全くわかりませんが、着ると、どれもいい感じの服なんですよ。と自分は思っているのですが、48歳のおばはんの着る服と違う!恥ずかしい!などという思いでこのブログを見た方もいるでしょう。色も柄も派手やしね。ヨガレレギンレズなんてもっと派手。賛否両論あると思いますが、実は私にはこんなモットーがあるんです。

「年を取ったら、明るめの、ちょっと派手目の服を着る。」

ただでさえ肌がたるみ、死にかけてきてるというのに、地味な服を着てどうする!余計死んで見えるやん!と思うからです。


アイルランドの夏のセールは最終を迎えております。私のオアシス夏のセール2018も最終をを迎えました。やめられない、とまらない~となった今年のオアシス、夏のセール。さすがにもう行くのをやめないと、家計にひびきます。http://www.oasis-stores.com/ie/home

それでは皆さん、良い週末を!6日の月曜日はバンクホリデーでお休みですので、ブログもお休みです。7日の火曜日にお会いしましょう。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

これぞ!究極の選択

皆さん、週末はいかがでしたか?

私は相変わらず、いろんなことをしており、むちゃくちゃ忙しいです。せっかく(!?)イタリア語の授業が終わっても、あれやこれやと用事ができて。。。嬉しい悲鳴です。

そんな中、Bさんの親友、Mさんの70歳の誕生日パーティーにご招待していただいたので、Bさん、Aちゃんと共に誕生日会が行われたこちらのレストランへ行きました。

WALECE 1
(www.wallacewinebars.ieより抜粋)

こちらは政治家、ミック・ウォレス(Mick Wallace)が経営するイタリアンレストラン。http://www.wallacewinebars.ie/asti-about

こちらがミック・ウォレス。
mick 1
(www.irishindependent.ieより抜粋)

レストランはクロークパークのすぐ横にあるんです。Mさんはここがお気に入り。私もちょくちょく行くんですけど、前より美味しくなりました。シェフはほぼすべてイタリア人で、ウェイターやウェイトレスもイタリア人がほとんど。ここではサルディーニャ出身のシェフがメインで働いているそうで、サルディーニャのご飯を出すお店にしたいと、従業員が懇願しているという話を去年聞きました。

お店にはサルディーニャの国旗が(島の旗)が掲げられてはいますが、メニューを見ると、まだ100%サルディーニャのご飯を出してはいません。この日はお誕生日会なのでセットメニューでしたが、一品サルディーニャのご飯メニューが載っていたのでオーダー。イタリア人の友達G君は、私を誇りに思うでしょう。(サルディーニャ出身なんで)

IMG_3891_2018073006544219d.jpg
Gnocchetti Sardi。シェルの形をした、小さなパスタ。虫と違いますよ!トマトソースに、イタリアンソーセージが入っています。美味しいのよ、これ!

ちなみにAちゃんはこちらのブラックピザをオーダー。ブラックのを出しているお店に入ったのはここが初めてでした。これが意外と美味しかった。上に乗っているのはヤギのチーズです。私は苦手なんですよ、このチーズが。こちらではよく食べられます。

IMG_3892.jpg


Mさんの4人の娘さんはみんな美人なんですよ。Mさんも綺麗なので、うなずけます。みんな結婚して、子供がいます。旦那さんもそれぞれキャラクターがあって面白いんですが、一番面白いのが長女Rちゃんの旦那BRさん。

リムリック出身。41歳。結婚して14年なんですが、その数年前からダブリンに住んでる割には、ダブリン訛りなし。自分ではリムリック訛がなくなったと言っていましたけど、バリバリですわ、私達から言わせたら。みんなが私の方がダブリン訛りがあるって言ってたくらいですからね。そう言われて、本人は全く納得してませんでしたけど。

48歳にもなった私に旦那がいないので心配したのか、旦那を紹介してやるというRちゃんの旦那BRさん。まずCoppersに行けば、相手がすぐ見つかり、3週間後には結婚だと言う。旦那を探しに来ている日本人女性にとっては朗報かもしれません!

coppers1.jpg
コッパーズと呼ばれている、ナイトクラブ。ダブリンでは超有名です。(www.joe.ie_より抜粋)

ここの客層は若い、GAAの人達、田舎の人、田舎のファーマーズが主。ダブリンに住む、私くらいの年齢の人はまず行かないと思います。私は行ったことなし。でも、ダブリンに住んでいるなら、ここに一度は行かないといけないというんですよ。いろんな意味ですごいらしいから。その時は、リムリックのジャージを来て行けば、絶対大丈夫だという。しかも貸してくれるらしい。すごい太鼓判を押されたもんだ。

limerick 1
(www.lifestylesports.comより抜粋)

でもコッパーズに行かずとも、二人候補者がいるというのである。BRさんの叔父さん二人。66歳とか言ってました。二人ともファーマーズなので土地も金もあるという。しかし、どちらかを選ぶのに、ある選択をしなくてはいけないという。それは、

歯が茶色い方入れ歯の方


げっ!むっちゃ悩むやん!!!

悩んだ挙句、入れ歯を選ぶわ~と言ったんですが、それもどうかと思い、茶色のほうがええかな?とも思ったり。。。


4年ほど前、とある男の人に誘われてお茶したことがあるんです。話しているときに、この人の歯が茶色いことに気が付き、ドン引きだったんですよ。友達やったんですけど、茶色い歯を見て、友達にもなりたくないと思ってしまったんですよ。それ以来、お互いに連絡してませんけど。(向こうも私の歯並びの悪さにドン引きやったでしょう)なので、やっぱり茶色い歯はだめ。

やっぱり入れ歯かな???

ああ~、どうしよう。これぞ、究極の選択やわ!

でも歯の前に、Brexit(ブレグジット)で、ファーマーズがあまり儲からなくなる可能性があるんだよな~。う~ん、良~く考えなあかん!


皆さんならどちらを選びますか?月曜からくだらないネタでしたね。すみません。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

バギー(ベビーカー)、たたんだって!

ダブリンに住んでいる人の多くが、「できれば公共交通機関を使いたくない」と思っているのではないでしょうか?

Dartはよく故障して止まるし、時間通りに来ないことも多い。ダブリンバスもしかり。掲示板にあと2分で来るとなっているのに、渋滞のせいで「あと2分」の表示が10分続くなんてことはザラ。途中でバスが故障して止まることもちょくちょくあるし、毎年運賃値上げだし。。。

私はダブリンバスを計4本使って月曜から金曜日まで、会社と自宅の行き帰りをしているので、こういう目に遭うことは日常茶飯事。もうあきらめてます。嫌なら車を買って通勤すればいいだけのことですからね。それをしないのは私の選択なので。

毎日腐るほどお世話になっているダブリンバス。

面白いんですよ、バスの中って。ドラマなんです、ドラマ!とんでもない客も乗ってくるし、朝から運転手さんに怒鳴ってるやつもおる。無銭乗車しようとするやつもおる。ガラの悪いガキ5人ほどが無銭乗車し、「運賃払うまで、バスは動かしません。払わなければ警察呼びます。嫌なら降りなさい。」と運転手さんが言ってたこともあったわ。結局降りてたけど。他にもいろいろあります。

同じ路線のバスにかれこれ10年以上乗っているので、運転手の顔も覚える。「この人、運転きつい人。」とか、「この人は運転上手。」とか、「こいつは愛想が悪い。」などなど。それも面白い。昔、バスガイドしながら運転してるおっちゃん運転手もいましたわ。

「これが有名なスパイア(オコンネルストリートにある)です。アイルランド人は皆嫌いです。」

と言って、乗客の笑いを誘ってたこともあったな~。懐かしい。あのおっちゃん、どうしたんかな?定年退職したかも。

spire 1
アイルランド人が嫌いな?スパイア。(www.dublinlive.ieより抜粋)

しかし、面白いと言ってられないこともあるんです。先日、ネットニュースに、(ベイビー)バギーの人が、バギーをたたむのを断るため、車いすの人が乗車できないことがあると言う記事が載っていました。

こちらがダブリンバスの車いすエリア。
bus 2
(www.flickr.comより抜粋)

しかし、ここには(ベイビー)バギー(日本でいうベビーカー)を止めてる人がたくさんいるんです。上の写真にはありませんが、バギーも止めれるという表示がバスにハついてますので。しかし、このエリアは車いすの人が優先なはずなんですよ。なので、車いすの人が乗車するときには、車いすの人のためにスペースを作らなくてはいけないはず。

今のバギーはたためるものがほとんどですよね?でもたたもうとしない人が多いんだそうな。運転手さんがお願いしても、たたまないらしい。運転手さんは強制はできないので、断られたら終わり。そんな人たちのおかげで、車いすの人が乗車できなことがあるらしいんです。

実はバギーの人用に座る椅子もあるんですよ。
bus 1
(www.journal.ieより抜粋)

しかしこの席にお年寄りが座ってることもあって、バギーの人が座れないことがあるんです。そうすると、車いすのエリアにバギーを止めるしかないのです。

それはわかる。

しかし。

バギーをたたんで、スペースを作ってあげるくらいできませんかね?よっぽど混んでいて無理なんてときは別として。なんだか自分だけ良ければほかの人はどうでもいいという態度が、バギーをたたまないという行為から丸見えだと思うんです。ニュースのコメント欄には、バギーをたたむとき、子供は誰が抱いていてくれるの?だからたたまないなんて言ってる女性が何人もいました。

でも、お願いすれば、バギーをたたんでる間、子供をだっこしてくれる人なんてそこら中にいると思う。もしや、その間に子供がかっ去られるとでも思うのかしら?または、自分が子供を抱いて、バギーをたたむのをお願いすればいいと思うんやけど?たたんでくれる人なんて、いっぱいいるはずよ。そのあたりは日本と違うから、首都ではあるけど、困ってるところを見れば、こちらからお願いせずとも、すっと手を差し伸べてくれる人が普通にいるんで。

昔のバスなんて、バギーを乗せられませんでしたよ?車いすも乗れないバスが、1999年当時はたくさん走ってましたもん。今のバスは至れり尽くせりやと思うわ。(それは言いすぎやね。すみません)だから、バギーをたたむくらいどうってことないと思うけど?子供がいないからティファニーにはわからないと言われそうだけど。。。


実は一度、よく似た現場に立ち会ったことがありました。もう4年くらい前の話ですけど。

帰りのバス。すでにバギーが乗っていたんです。バスは全く混んでおらず。、バギー用の椅子にはお年寄りが座っており、バギーの持ち主の女(アイルランド人)は、車いすのところにバギーをド~ンと止めていたんです。

同じバス停から乗った、外国人の若い女の子。バギーにまだ生まれて1年もたってないような赤ちゃんを乗せていました。バスに乗ろうも、車いすの場所にはすでに女のバギーが。運転手さんが、その女にバギーをたたむようお願いしたんです。すると、

「私のほうが先にバスの乗ったのよ!子供が乗ってるから(バギーは)たためない!」

と、えらい勢いで怒って言い返したんです。もうびっくり!運転手さんもそれ以上言えなかったので、外国人の女の子の方にバギーをたたんで、スーツケースを置く場所に置くように言ったんです。そばにいた、アジア人の男性が彼女のバギーをたたんで、荷物置き場に乗せてあげたんですよ。

そのあと、私も乗車。バギーを見たら、子供なんて乗ってないではないか!子供は4歳くらいの子で、バスの中を走り、はしゃいでるんですよ。バギーをたたむのを断ったアイリッシュ女は、

最低女

だったんです。


子供は乗ってないんやで、バギーくらい、たたんだれよ!!!

と思いました。運転手さんに、子供が乗ってないことを言おうと思ったんですが、おおモメするのがまるわかりだったので、もうやめました。この女にはSlow and Painful deathをプレゼントしたいと思いました。

必要に応じてバギーはたたんだってほしいわ。

これを受けて、どうもバギー使用者に対して、何らかの新しいルールや法律を作る用意があるそうな。。。

それでは今週はこの辺で。来週月曜日お会いしましょう!皆さん、良い週末を!



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

ホース使用、禁止!

皆さん、週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?

アイルランド、またもや暑っ!と言ってしまう日が続いております。

そんな中、土曜日のお昼、ダブリンではLGBTQのパレードが行われました。パレードにはもってこいの天気!去年は見に行きましたが、今年は私は先週に引き続き、田舎に日帰り旅行に行っており、見ることができませんでした。

街では、パレードサポート用品がたくさん売られておりました。

お土産屋Carrollsの物。
IMG_3791.jpg

スーツはいかが?
IMG_3784.jpg

ぺニーズでも売ってたし、最近ではいろんなところでLGBTQ関連の商品を売るようになりました。お店はサポートする意味で、レインボーの旗を店内や店外に掲げておりましたし。

ここ数年、LGBTQのパレードも変わりました。昔は彼らをパレード中、沿道で罵倒するScumbagsが何人もいたんですよ。見ていて、すんごい気分悪かったのを覚えてる。でも、最近ではそんな人を見ませんし、聞きません。アイルランド、変わりましたよ。

LGBTQをサポートする=トレンド

になってるような感じです。若い子のサポートがものすごく多いし。どう見ても、パレード参加者の中には、LGBTQじゃなくて、ストレートな人達もたくさん見ますしね。

ええことですよ。来年はAちゃんとパレードに参加しようと言っています。ちなみに私たちはレズビアンではありませんよ~。Aちゃんのいとこがレズビアンで、数年前までパレードをオーガナイズしてたんです。だから、彼女に聞けば、いろいろ教えてくれるはずなんで、参加しやすいかなということです。

パレード参加者や、沿道でパレードを見ていた方は皆、のどがカラカラになっていたかもです。とにかく暑い。ヒートウェーブ真っただ中なので。とは言え、ダブリンはまだ涼しいほう。やっぱりインランドは暑かったもんな~。土曜日で27度。金曜日は30度あったと、たまたま立ち寄ったお店のアイルランド人女性が教えてくれました。

ダブリン動物園のレッサーパンダは、土曜日アイスをもらっていたそうです。冷たくて美味しかったでしょうね。
WATER 3
(www.rte.ie より抜粋)

まさかこんなに良い天気になろうとは誰も予想しておらず。1月ごろにスペインやらポルトガル、イタリアなどの温かい国にホリデー旅行の予約をしてしまい、現在ホリデーに出かけてる人も多いはず。同僚の妹さんは現在ポルトガル。寒くて、スカーフとジャケットがいる天気らしい!

多分慌ててホリデーをキャンセルした人も多かったんじゃないでしょうかね。別にアイルランドでも十分暑さを感じられるんでね。景色が綺麗なところも多いし。ビーチもあるし。

しかし、天気が良いということは、いいことばかりではない。

晴天続き=雨無し=水不足

ダブリンでは先週から、夜に水の使用制限が始まってるんです。そして今日からダブリン(ほとんどの地域)ではホースでの水の使用が禁止になりました。うちも入ってます。庭の水やり、だめですよ~。
water 1
(www.rte.ie より抜粋)

犬をホースで洗うのもダメですよ~。
water 2
(mns.comより抜粋)

洗ってるところを近所の人に見られたら、警察に通報されますよ!罰金125ユーロです。ダブリンに住んでいらっしゃる方はお気を付けあそばせ~。

それでは今日はここまで。今日はダブリン時間午後7時から、ワールドカップ、日本対ベルギー戦。パブへ見に行こうかと思っております。ベルギーは優勝候補国。とは言え、そういわれていた国はほとんどアウト!どうなるかわかりませんよ。日本が勝てることを願っております!

明日のブログは、今日の試合次第ということにいたします。勝手なことばかりしております。すみません。まだイタリア語の宿題、終わってないんです!!!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.