ランダムすぎる食事会

昨日誕生日だったことはブログに書きましたが、今年はちょっと変わった誕生日を過ごしました。

ホリデー終了翌日すぐに仕事に戻ったこともあり、私は仕事にまったく身が入らず。人のデスクに行ってはべらべら喋り、人の仕事の邪魔をし、午前中はあまり仕事をしてませんでした。まあこれはいつものことですけど。

同僚のAさんからいつものように誕生日プレゼントをもらい(本と部屋用芳香剤)、その上、お昼は食べに連れて行ってくれるという話だったのです!しかし都合が悪くなり、代わりに彼女にChopped(チョップド)のサラダボウルをおごってもらいました。

salad 1
Mediterranean Tuna。7ユーロ50セント。結構高いのよ、ここのサラダは。http://www.chopped.ie/

ちょうど良かったんですよ、このサラダがお昼で。実は夜は日本人の友達Yちゃんとご飯に行く約束だったんです。彼女のリクエストでチャイニーズに行くことに。実は行ってみたいところがあったのですが、人気のため予約が取れず。そのためGood Worldという、チャイニーズに行くことにしました。こちらはダブリンで有名なチャイニーズのレストラン。日本人の人はここがかなり好きです。日本人にはここの飲茶が人気のようですよ。

Yちゃんは去年こちらに住んでいた、20代の女性。こちらの学校で勉強していました。現在は日本にお住まいです。あることがきっかけで、ダブリンの道で声をかけてもらってからのお友達です。若いお友達を持つのも楽しいですわ。用事があり、ちょうどこちらに滞在していたので、(また)声をかけてもらって食事に行くことになったのです。

彼女にはこの日が私の誕生日だということは伏せておきました。気を使わせるのはいけませんからね。

午後にYちゃんからメールが来て、イタリア人の友達がちょうどこちらに来ているから、一緒に食事しませんか?と来た。

実はYちゃんは最近イタリアへ行って語学勉強もしていたんです。その上、イタリア人の友達!イタリア話で盛り上がるかも!もちろんOKですよ。The more the merrierですわ。イタリア人、好きだしさあ。

Good Worldへ予約時間6時15分に到着。次にイタリア人のお友達が到着したんですけど、私、彼女の顔を知らず。レストランで「あの人、お友達じゃないのか?」とウェイターに聞かれたんですけど、「知らんよ。」と言ってしまい。。。実は彼女がYちゃんの友達でありました。

Yちゃんが到着するまで二人で話して待つことに。かなり遅れてきたYちゃん。彼女の後ろにはもう一人女性が。アイルランド人の50代後半くらいの方。Yちゃんのお友達で、この日のお昼に彼女とお昼の予定が、アイルランド人女性が乗ったバス(彼女はゴールウェーに住んでいる)が遅れて、結局午後5時になってしまったため、一緒に来たそうな。アイルランド人女性はあまりチャイニーズを食べないらしく。。。大丈夫かな???ちょっと不安。でもThe more the merrier。Yちゃんのお友達なら大歓迎だ。

とにかくYちゃん以外の二人とは全く面識のないまま、4人で食事をしたんです。心配していたアイルランド人女性も問題なく食べれたのでホッとしました。食事中に誕生日であることを告げ、おめでとう!と何度も言ってもらい、とてもいい気分!誕生日嫌いな私がどうした!?

話も盛り上がり、ごはんもおいしくいただき、午後9時前にレストランを出たんです。帰り道で思ったんですよ。

なんてランダムな食事会だったのだろう、と。

というか、ランダムすぎやしないか?ほんの数時間前までまったく会ったこともない、存在すら知らない人たちといきなりテーブルを囲んでの食事。しかもいくつかお皿をシェアーして食べた。自分の誕生日に、まったく面識のなかった人たちからも祝福された。

Bizarre。

こんなことが誕生日の日に起こったことすらBizarre。47歳の誕生日のことは一生忘れることはないでしょう。

一人の友人のおかげで輪が広がった昨日。人生わからないものねえ。とにかくYちゃんのおかげでした。「持つべきものは良い友達」だと47歳にして、しみじみ思いました。

それでは皆さん、良い週末を!

実は今日からイタリア語の試験のクラスが始まるんですよ。会社早退して行くんです。えらいことですよ。5月1日はバンクホリデーでお休みですので、2日の火曜日にブログを上げますが、今日の試験クラスの都合でブログをお休みするかもです。。。ちょっと様子を見てからお休みするか、回数を減らすか。。。考えて火曜日にご報告したいと思います。すみませんが、よろしくお願いいたします。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ダブリン、日本と47

皆さん、お久しぶりです。

イースターは楽しまれましたか?

昨日、日本から帰ってきました。

ダブリン、

寒いやんか!

今週火曜日は0度だったと、会計士が言っておりました。今朝は6度とiPhoneが言っていましたので、まだましなのですが、日本から来たから余計寒く感じるわ。少し暖かくなっていることを期待して帰ってきたのにさあ。

日本じゃ、カーディガン一枚羽織って外に出ていたから、ちょっと頭の中で、自分がダブリンにいるということがわかっていないようで(時差ボケもある)、念のため日本に持って行った、偽皮ライダージャケットを着てきて出社してしまいました。みんなはダウンジャケット着てるっていうのに。そりゃ寒いはずやわ。

私がダブリンを留守にしている間、Aちゃんは野良猫ベティーを家の中に入れなかったため(私はいつも夕方から家に入れてあげており、最近は私のベッドの上で寝ている。汚い!とみんなに嫌な顔されてるけどね)、私が帰ってきても、遠くから見つめてくるのみ。

「あんた、どこ行っとったん?待ってたんよ~。寂しかったわ~。お腹なぜなぜして~。」

と言う感じで犬のように駆け寄ってくると思ったら、大間違いでした。やっぱり(野良)猫やわ。


私がダブリンを留守にしている間、こんなこともありました。

bus 1
(FBより抜粋)

これがあったからだと思いますけどね。シャトルバスが運行してたそうなんで。http://experiencejapan.ie/ 


私がダブリンを留守にしている間ということはないのですが、今回、Non-EUのパスポートコントロールがえらい混んでたんですよ。ここ数年、そんなに混んでなかったんですけどね。並んだところは小さいブースのところで、Non-EUが2か所、EUが2か所の窓口をオープンして業務をこなしておりました。

いつもなら、一人ずつで対応してるんですけど、今回は二人で対応。一人の人は座ってパスポートを受け取り、チェックするんですが、もう一人が立ちながらチェックするんです。ダブルチェックしてるわけ。これは初めて。Non-EUのブースでは二人が立ちながら、3人でチェックしているところもあり、特にNon-EUのチェックが厳しくなっているのを感じました。

おかげで30分ほど並びました。パスポートと私の持っているGNIB (Garda National Immigration Bureau、こちらに住む場合、イミグレーションオフィスで登録すると、クレジットカードと同じ大きさのカードを持たされます。300ユーロ)が前のデザインもので古いと言われました。いつデザイン変わったん?でも、にこやかに対応してくれたので良いのですけどね。

今回は住所を言わされました。(会社の名前と住所を言わされることもある)立って横でチェックしている人が、私の住所を聞いて、

「○○○の近くだよね?ぼく、あそこの近くの○○コンビニで昔働いてたんだよ。」

むっちゃローカルすぎて笑ってしまいました。

今回並んだ時間が長かったせいで、スーツケースを取りに行ったときには、私のスーツケースが寂しそうにターンテーブルを回っておりました。

最近フィンエアーで帰国してるんですよ。ちょっと安いから。今年、マイレージカードをシルバーに格上げしてもらったんで、プライオリティー扱いででスーツケースが早く出てくるんですよ。でも全然その意味がなかったです。


そして最後に。。。私がダブリンを留守にしている間ということはないのですが、今日誕生日です。

47歳になりました。恐ろしく、図々しくも、年齢を重ねております。

bday 1

ゴー・サイコします。

それでは今日はこの辺で。明日もブログアップあります。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

引きずり降ろし料金、15ユーロですか?

先日のユナイテッド・エアラインの出来事、酷かったですね。

あんな風にして引きずり降ろすってどうなん?スタンガン使ったんですよね?血まで流してるし。。。

ネットじゃあ、アジア人だから選ばれたと言っている人もいますね。もしそうなら、黒人だとえらい騒ぎになるのは明白だから、抵抗しなさそうなアジア人を選んだとかあるのかしら?と思ったけど。まあわかりませんけど、真相は。

日本のネットニュース見てたら、日本のニュース番組でこの映像が流れて、某テレビ局のアナウンサーが、これを見て口元緩みながらコメントしたらしくて批判されてると聞きましたし、これまた某テレビ局のアナウンサーは「かわいそうですね~。」としかコメントしてなかったとか。これ、面白映像と違うんやけど。これは私たちにだって起こり得ること。このアナウンサーたちには他人事にしか思えなかったんだろうなあ。日本じゃこんなこと起こらないから。(あくまで個人的意見です)

この件、実際は正式にはオーバーブッキングじゃなかったとネットニュースに出てましたけど?満席で、フライトアテンダント4人の席がなかったから(次のシフトがあるから乗ってたらしいけど)、乗客4人にどいてもらったってことですよね?

法律ではこういう場合、1350ドル出さないといけないという決まりがあるらしいじゃないですか?それなのに800ドルオファー?安く見積もってるやん~。客をなめてる感じよね。

ユナイテッドのツイッターにはたくさん批判が書かれたそうですけど、すべて彼らによって消されてましたね。それで文句が出てる。CEOのオスカー氏の一発目のコメントも、従業員たちをかばうもので、ドクター・デービッドさんに対する謝罪がなかったから、これでまた批判。辞任もしないしね。取って付けたようにドクター・デービッドさんに謝罪してるけど、彼が心から言ってるなんて誰も信じないでしょう。

引きずり降ろされたドクター・デービッドさんはまだシカゴの病院で治療中。家族が会見を行うと聞きましたが?ドクター・デービッド裁判の準備に入ってるそうですし、このビデオが消されないように、法的手続きをしているとか。とにかくユナイテッド相手に訴えるわけですよ。世界中が見たしね、あのビデオ。ユナイテッドに勝ち目ないんじゃないですか?そしてすっごい巨額な金額を請求されえるのも目に見えてる。

先日は二人の女の子がレギンス履いてて、搭乗拒否されてましたよね。ユナイテッドって、ちょっと変やと思うわ。まあ、一生搭乗することはないんで、彼らに引きずり降ろされることはないですけど。

このニュースを受けて、パロディーCMが出回ってますねえ。ジミー・キンメルのショーで流れたようですねえ。



エミレーツ航空も逆手に取って、こんなの作りましたしね。


アイルランドでは???

こんなニュースがネットに流れました。

RYANAIR 2

ちなみにこれはWaterford Whispersが書いてる、嘘ニュースです!上の写真は彼らのサイトから切り抜きました。

でもライアンエアーならやりかねないと思うわ~。だから思わずこの記事読んで笑ったもん!嘘ニュースの記事はこちらからどうぞ。ちなみにこのネットニュースの記事はすべて嘘です。笑えるんですよ~ここの嘘ニュース!http://waterfordwhispersnews.com/2017/04/11/ryanair-passenger-charged-15-euro-for-being-dragged-off-plane/

ということで、私もこのイースターウィークに、飛行機に乗って日本へ帰国します。引きずり降ろされて、抵抗した際に怪我しないことを願って搭乗したいと思います。

そのため、ブログもお休みです。ブログ再開は27日を予定しています。そして翌日から私はイタリア語の試験CELI2のクラスが始まってしまうのですよ。そのため、5月1日から6月19日(試験日!)までお休みをいただく予定でおります。全然勉強してないのよ。イタリア語、全然しゃべってないし。本当やばいです。日本に帰る際に、問題集を持参し、日本でも勉強します。


それでは皆さん、ハッピー・イースター!チョコレート、たくさん食べてください!それでは27日木曜日にお会いしましょう。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

Martin McGuinness (マーティン・マクギネス)の死から一夜明け

政治には興味ないから、亡くなった政治家のことなんてどうでもいいわ!なんていう人もたくさんいるでしょう。

でも、政治から北と南、北アイルランドやアイルランド自身の歴史がよく見える。私自身、歴史に興味があるし、やはり彼はいろんな意味で注目をされた人物。。。今日も少し触れたいともいます。興味のない方はこの先のブログは読まず、他のアイルランドブロガーさんたち(きっと楽しい話題を書いていらっしゃる)のブログをご堪能ください。

今朝の新聞の一面です。写真が悪いですが。

NI 4

Heraldだけマーティン・マクギネスをまったく扱っておりませんでした。もしかして、これ、昨日の夕刊???なことないよねえ。こちらのリンクから、今日の新聞の一面が見れます。興味のある方はどうぞ。スクロールダウンしてくださいね。http://www.broadsheet.ie/page/2/

どの新聞を買おうか迷い、結局こちらのタブロイド紙を買ってしまいました。帰りに、ちゃんとした新聞(タブロイド紙に怒られる!ごめんなさい)買う予定です。ちなみにうちの会計士のお父さん(週一で働いている)は、Irish Daily Mailを買ってました。これと迷ったんですよね、実は。

NI 5

中身の一部をご紹介しておきましょう。

NI 6

デリーのリパブリカンからしたら、彼はヒーロー。デリーではプロテスタントのほうが人数が多く、カトリックは弾圧されていたそうです。でもそれに彼が立ち向かっていったから。しかし、ロイヤリストから見たら正反対。彼が亡くなったことで、ロイヤリストはボンファイヤーやったらしいです。いくら憎たらしい奴が死んだとはいえ(彼らから言わせれば)、死のお祝いをこういう形でするのは、私的には好きじゃないです。

NI 7

昨日、たくさんの人が集まりました。お棺が家(Bogside。ボグサイド。彼の生まれ育った町)に帰ったのです。

NI 8

北アイルランドの平和に一役買いましたね。彼の行いが、Good Friday Agreement(聖金曜日協定)に繋がりました。

NI 10

ダークな時代もありました。

ちょっとびっくりしたのが、このタブロイド紙は、マーティン・マクギネスの指示の下で殺されたとされる、50人の名前を挙げていること。昨日も言いましたけど、彼は認めてはいません。

NI 9

お葬式は明日、デリーで行われ、The City Cemeteryというところに埋葬されるそうです。ダブリンでは弔問者芳名録がマンション・ハウス(Mansion House. Dawson St, Dublin 2)に今日と明日、午前10時から午後4時まで置かれます。

R.I.P, Martin McGuinness (マーティン・マクギネス)。

こちらの2枚が私が撮影したマーティン・マクギネスの写真です。誰かわからんと言われたらおしまいですが、彼です。去年の9月18日撮影。この時、彼は元気でした。

IMG_9321.jpg

IMG_9322.jpg

それでは皆さん、良い週末を。来週月曜日にお会いしましょう。セント・パトリックスデーでやったことが全然アップできてませんので来週はそちらをアップする予定でいます。


ポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

セント・パトリックスデー・ウィークエンド-2017

皆さん、今年のセント・パトリックスデーはいかがでしたか?

パレードを見に行かれた人、参加された人、私のように、ぼさ~っとテレビでパレードをいた人、いろいろだったと思います。

今年は(も?!)天気が悪くて。。。ダブリンでパレードを見ていた人は、最後の方で雨に降られてしまったことでしょう。しかも寒いわ、風がきついわで、残念な天気でした。

IMG_0573.jpg
プレジデントの髪の毛も~~~という、強風でございました。

それでもたくさんの人がパレードを見に、オコンネルストリート周辺に集まりましたね。大概の人は海外からの観光客という感じでしたね、テレビのインタビューを見ていた限りでは。小さい子供ちゃんがいるご家庭は、家族連れで見に行かれたことでしょう。

IMG_0574.jpg

私は今年も家で見ることにしました。どうする!?とAちゃんとは言っていたのですが、夜に3 Arenaで行われた、コメディーのイベントに行く予定だったので(このことは明日書きます)、午後までゆっくりすることにしたんです。

セント・パトリックスデーのパレードはニューヨークは一番大きくて、歴史も一番古いパレードだと聞きました。今でも大きなパレードだそうですが、アメリカのパレードは大概マーチングバンドばかりがパレードに出てるのが普通だそうで。アメリカ式らしいですねえ。マーチングバンド、好きだけど、ず~っと出られると飽きるな、私的には。

アイルランドは、ダブリンのようにマーチングバンドも出ますけど、フロートがたくさん出るのが普通。ダブリンの場合、テーマが毎年決まってて、それに沿ってフロートを出しているはず。アイルランドの神話からヒントを得たりするわけです。だから神話がわからないと、フロートの意味も分からない。でも意味が分からなくても、見ているだけで楽しいです。

田舎に行くと、地元の子供が踊ってたり、トラクターがフロートの代わり(?)に出てるんで、とても地元感が出ていて面白いから好きです。パレードは短いですけどね。

それにしても、毎年思いますけど、パレードが年々良くなってる。フロートが素晴らしいですわ。お金かかってる!(テレビの映像を映した写真で失礼いたします)

IMG_0578.jpg

IMG_0598.jpg

IMG_0591.jpg

IMG_0608.jpg

IMG_0610.jpg

来年はテレビで見ずに、オコンネルストリート周辺へ繰り出して見ようかなあ。

というのも。。。

毎年同じこと言ってると思いますが、テレビで見ていても、すべてのパレードが見れないのですよ。ちなみに放送しているのはRTE One。実はRTEはパレードの途中で放送を必ず切るんです。といういい方は誤解を招きますね、すみません。つまり放送時間が1時間10分くらいしかないので、すべてのパレードを放送しないわけ。インタビューとかもあるので、パレード自体をちゃんと放送していないこともある。

Absolutely crap!

と、放送を見終わったAちゃんが言っていましたが、なぜRTEはパレードが終わるまで放送しないのだろう。毎年ですよ、毎年。

こちらは毎年テレビ代払っているのよ。RTEはそのお金で放送しているわけですわ。だったら、こういう、世界も注目するお祝いの時のパレードは、最後まで放送するべきやと思いますね。きっとパレードに参加している人たちの中には、

「テレビの放送録画して!私が映るかも!」

と、ワクワクしていた人が絶対何人かいたはず。しかし、放送見たら全然自分のパレードは放送されてなかったなんてことがあり得るわけですよ。毎年、RTEには文句のメールや電話が入ってると私は思っている。

これを読みながら、「最後までパレード見たかったら、外に出て、みんなと同じように見に行け!」という返事を頭の中で用意した人がたくさんいることでしょう。

でも、よく考えてみてくださいよ。病気で入院中の人は、病院からしか見れない。家の事情で外に出ていけない人とか(子供が小さすぎて連れて行けないとか)いう人が絶対たくさんいるはずですよ。だから、そういう人の為にも、ちゃんと最後まで放送すべきやと思うんですよね。例えば、病気で入院してる子供たちなんて、絶対パレード楽しみにしてるはずだもの。RTE的には、番組枠やお金の問題もあるんだろうけどね。

とは言え、きっと来年も最後まで放送しないであろうセント・パトリックスデーのパレード。来年はダブリンでより、アイルランドの田舎でパレードを見たいなあと思っています。トラクターで参加するパレードが見たいんですよ。

ちなみに、翌日の夜のテンプルバーでは、ドイツのマーチングバンドがテンプルバースクエアーで演奏していたんですよ。えらい人だかりになってました。そんな中、私の左斜め前に立っていた男の人の左横で、思いっきりゲロッている、酔っぱらった若い男がいて、大顰蹙を買ってました。本人は酔っぱらっていたので、ゲロッて気分良かったと思いますけどね。お食事中の方、汚い話ですみません。

IMG_0706.jpg

言い忘れていましたが、最近インスタグラムを始めました。t.kylieroiの名前でやってます。ブログに載せた写真もありますが、載せてないのも載せていますので、よければ見てくださいね。週に1回くらいしかアップしてませんけど。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.