デュラン・デュランが遠のいた。。。エレクトリック・ピクニック-後編

デュラン・デュランが遠のいた、その1。

EPのチケットを持っていなかった私たち。しかし、Oさんは私たちがチケットを持っていると思っていたのですよ。だから明日会おうとまで言ってくれたんです。しかし、私たちが持ってないと言うと、えらく驚き、

「なぜそれを早く言わないの!」

普通の彼ら主催のコンサートなら問題はないのですが、主催が全然違うし、サマーフェスティバル。むつかしいと言われたのですが、何とかするから、明日まで待ってくれと言ってくれたんです。

その後、Oさんには、今後はリクエストするように、口が酸っぱくなるほど言われました。特に私は過去に大ファンだったため、ティファニーは特に!と言われてしまいました。ちなみに中学生の私はドラムのロジャー・テイラーのファンでした。みんながサイモンだのジョンだの言っていたのに。自分でも渋い趣味だと思う。

ちなみにAちゃんはOさんに、もっとまともなバンドの仕事に付いてほしいと、デュラン・デュランに失礼なことを言っていました。まともってなんやって話ですよ。彼らは立派なバンドやん。ヒット曲、どれだけあると思ってるん?と、デュラン・デュランに代わりに、Aちゃんを叱っておきました。

とは言え、私も出来ればU2の仕事についてほしいといったんですが、彼らはキーボードはほとんど使わないから、無理ということが発覚しました。ちなみに、彼のような仕事って、やっぱり結構口利きらしいですよ。


ということで、Oさんが言った通り、日曜日は彼の返事を待ちました。

しかし。

日曜日の午後3時に無理だっという連絡が入り、超がっかり。

私、行く気満々だったんですよ。Aちゃんと私がチケットを手にし、踊りながらデュラン・デュランのステージを見ている。。。そんなビジョンを見ていたんです。ここぞとばかり、Law of attractionを実行!でも、Law of attractionって、そういう使い方しても叶わないのがよくわかりました。すぐには無理ってことですよ。

私はあまりのがっかりさから、一連のデュラン・デュラン・ヒット曲をYoutubeで流し、ちらちらと見ながら、阪急交通社さんのブログを書いておりました。なんか涙出てきた。。。チケットを買ってなかった自分が一番悪いんですけど。と、ここで、私が聞いていた曲の一部をご紹介しましょう。20代の人は知らんよな、彼らの昔の曲とか。

Aちゃんのお気に入り。ええ曲やよね~。本当、彼らのミュージックビデオは素晴らしい!お金かけてる。


デビュー曲。みんな男前やわ~。彼らのおかげで、イギリスに行きたいって当時は思ったものですよ。


私のお気に入りはこの曲。中学生の頃、死ぬほど聞いたわ~。クラブさぼって、家に帰って、ラジオ聞いて、カセットに録音したしね。


この曲のときにはオリジナルメンバーが3人となってしまいました。キャッチ~な曲よね~。ええリズムが入ってるわ。


これがラップ・リミックスされると。。。


Aちゃんはこの曲も好きです。私も好きやわ~。


このビデオを見るたびに、サイモンが気の毒になる。



そんな私の姿を見たAちゃんが一言。

"Why are you torturing yourself!?"

自分でトーチャーせなあかんくらい、落ち込んでたって事よ。

デュラン・デュランが遠のいた、その2。


その上、彼らが日本に来るんですが、今月!私が日本に帰るのは来月!もし、同じ時期なら、東京の友達を誘ってコンサートを見に行ってたのに!舞台袖でたぶん見させてもらえるはず。も~。

デュラン・デュランのファンクラブに入らなあかんか?(ツイッターはフォローしてるけど)

私のがっかりさをよそに、彼らのコンサートは良かったようです。ゴスペル合唱団も舞台に上がったのですね。デュラン・デュラン・は彼らとの仕事があるから、前日はダブリンにいるってOさんが言ってたのは、このことだったようです。

http://www.dailyedge.ie/duran-duran-dublin-gospel-choir-3580026-Sep2017/

http://www.irishexaminer.com/breakingnews/entertainment/electric-picnic-review-duran-duran-804540.html

そして思った。ラインナップなんてどうでもええ。

来年はEPへ行く。3日間。たぶん泥にまみれるだろうが。


それでは皆さん、ちょっと早いですが、良い週末を!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

デュラン・デュランが遠のいた。。。エレクトリック・ピクニック-中編

昨日の記事の最後にお知らせした「すごい人」。。。この人と30年仕事をしたという、Kさんとお話することができたんです!

GEORGE 5
OMG! George! (Youtubeより抜粋)

もうAちゃん、超大喜び!「ひゃ~~~~!」なんて言ってましたもん!Aちゃんの心の恋人、ジョージと働いていた人と、まさかポートリーシュで会えるなんて、夢にも思ってなかったですからね。しかも、Kさんがバーにたまたま現れたので、お友達のOさんが、私達のテーブルに来てくれるよう、お願いしたんです。もう、Oさん、本当に素敵な人!

Kさん、別に断っても良かったんですけど、わざわざテーブルまで来てくれて。。。私たちのような一般人から、同じような質問されるのわかってて来てくれたんですよ。彼もフレンドリーでいい人でした。BBCの楽屋で初めてWhamに会った話までしてくれて。。。彼も現在デュラン・デュランとお仕事をしているわけです。もう2年になるそうです。彼が一番偉い人で、その下に12人のサウンドエンジニアや舞台設定の人やらが働いているそう。

Aちゃん、ちょっと緊張しながら、ジョージがダブリンにコンサートに来た時の話を彼にしていたんです。25 Liveのコンサートツアーがむっちゃ良かったけど、こちらは好きじゃなかったと言ったんです。私も同意見でした。

GEORGE 6
(www.pinterest.ieより抜粋)

しかし、Kさんはこちらのコンサートの方が、ジョージの歌声がものすごく反映されていて良かったというんですよね。ファン的には往年のヒット曲を披露してくれると思っていたわけです。オーケストラバージョンで。でもそうではなかったので、がっかりしたわけですよ。ヒット曲を歌わない訳はないと思っていたら。。。でしたので。しかしKさん、やっぱり30年も働いていた人の意見はちゃうわ~と思いました。

そしてどうしても私が聞きたかったこと。ワム・イン・チャイナ。



当時、ものすごく話題になったんです。このブログを読んでいくださってる人で、どれだけ当時のことを覚えていらっしゃる人がいるのか不明ですけど!http://shanghaiist.com/2016/12/26/george_michael_wham_china.php

こんなドキュメンタリー映画もあったんですよ。実はKさん、3分間映ってるって言ってたんですけど、全然わかりませんでした。



中国は共産主義ですから、何時には照明を消さないといけないとか、決まりが厳しかったそうです。コンサートでは、照明を担当している中国人の方が一人。しかし彼は英語がわからない。通訳が付いているわけではない。コンサート中の照明の指示を英語で言っても通じない。さて、どうする???

トイレに行って、トイレットペーパーを二つちぎり、そこにペンでOn・OFFという中国語を書いてもらい、それで照明の人に指示を出したらしいです!

とにかく、ジョージが亡くなったことをものすごく残念がっていました。いい人だったそうですよ。でなけりゃ、一緒に30年も働かないわよね。

日本にももちろん行ったことがあります。日本人の女の子たちが、「あんどりゅ~」と叫ぶんですけど、最初、何を言ってるかわからなんだそうです。発音が日本語発音だから!Andrewと叫んでいることに気が付くのに時間がかかったらしい。

とにかく貴重は話が聞けて、本当に楽しかった!これもOさんのおかげ!

ところで、タイトルにもなっているデュラン・デュランはどうなった???と思っていらっしゃる方、多いでしょうねえ。しつこいですが、続きは明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

デュラン・デュランが遠のいた。。。エレクトリック・ピクニック-前編

はっ。。。

ため息が止まらないんです。ため息の数だけ、幸せが遠のくっていうけど。。。遠のいた後だから、何回つこうが、つもういいんです。


ご挨拶がまだでしたね。皆さん週末はいかがでしたか?こちらでは最大の音楽イベント、Electric Picnic (エレクトリック・ピクニック、EPとこのブログでは書きます)があったんですよ。金曜日から昨日の日曜日の3日間。場所はPortlaoise。(ポート・レーイシュとWIKIではなっていますが、ポート・リーシュと言わないと、通じないと思います)イベント的には、イギリスのグラストンべり-の小さい版と思っていただいたらいいのではと思います。って、イギリスのにも行ったことないけど。

IMG_2224_20170904065057523.jpg
土曜の夜は大雨やったで~。

Aちゃんは2年前に行きました。このブログでも書いたと思いますけど、アイリッシュの友達CMちゃんがトイレに行ったきり戻ってこずで、テントで待っていたAちゃんはものすごく心配してたんです。明け方でしたか、ひょっこり戻ってきたCMちゃんに聞いたら、トイレで寝てたって言うんですよね。酔っぱらって。それで二人は喧嘩してましたわ。今はもちろん大丈夫ですよ。でも二度と一緒に行かないと、お互いに言ってましたけど!

チケットは3日通しで250ユーロとかそんなんでした。友達が前日、205ユーロで売っていたので、行きたいな~と思いましたが、犬のプーカちゃんを預かることになっていたので、無理でした。

チケットは、3日間通しで買うか、最終日の日曜の一日券を買うか、という選択しかないのですよ。キャンプも場所によっては値段が違うしね。安い場所だと、自分たちでテントを張らないといけませんけど、値段がいい場所だと、トイレもちゃんとしてるし、シャワーもあるし、テンとはすでに用意されていたり、バンだったり。


毎年行きたいとは言いながら、毎年チケットを買わず。そして、そのツケが今年やってきてしまいました。

3日目、最終日の土曜日のヘッドラインにデュラン・デュラン(Duran Duran)が出るっていうんですよ!!!

ブログに前に描いたと思いますけど、U2が好きになる前は、デュラン・デュランの大ファンだったんです。

Duran 1
(Youtubeより抜粋)もうアンディー・テイラーはいないけど。(右から二人目)

初期の3つのアルバム(Duran Duran/Rio/Seven and the Ragged Tiger)は持ってました。腐るほど聞いたしね。シングル集めたビデオも買ったし。(DVDなんてなかったのよ、当時!)雑誌もいっぱい買ったし、切り抜いてたし。

何の縁かわかりませんけど、Aちゃんが2000年にたまたまナイトクラブで会った男友達Oさん(ロンドン出身)が、現在、彼らのサウンドエンジニアなんです。そのことも、前にブログに書いてますけど。とにかく、彼らとともに、世界中を渡り歩いてるんですよ。彼はキーボードのニック・ローズのサウンドエンジニアなのです。もう10年やってるって言ってたかな。

2000年にダブリンに来た時はFiveという、イギリスのボーイバンドのサウンドエンジニアをしてたんです。こういう歌を歌ってたバンドです。売れたんですよ、当時は。



おかげでAちゃんと友達3人とも、翌日のコンサートに招待されて、見に行ってたんです。私は当時、Aちゃんとはにつるんでなかったんで、誘われませんでしたけど。

他にもウェストライフ(Westlife)でも仕事してたし、ゴリラズ(Gorillas)でも仕事をしていたので、ダブリンに来た時にはチケットを無料でもらったり、ゲストとしてして入れてもらったんです。

とにかくだ。デュラン・デュランが来るってことは、彼も来るわけ。前回アイルランドに来た時は、フィニックスパークでのコンサート。ご招待してもらいました。でもさすがに、今回のイベントに招待してとは言えず。彼に会うのは、コンサートに行くためみたいに思われるのも嫌やというので、Aちゃんが何も言わんかったんですよ。

ということで、とにかくチケットのことは言わず、連絡を取り合い、土曜日から、彼らエンジニアやら、ツアーマネージャたちのクルーが泊っている、ポートリーシュのホテルで会って、向かいにあるステーキハウスでご飯を食べようということに。ホテルはこちらでした。https://www.midlandsparkhotel.com/

ちなみに、デュラン・デュランの皆さんは違うホテルだそうで。いつもそうらしいです。ちなみに彼らがどこに泊っていたのかは聞いてないので不明。たぶんダブリン市内じゃないかと思います。ダブリンで仕事してたらしんで。

ステーキハウスは予約が一杯で入れず。ホテルで食べることになりました。(ホテルとステーキハウスは、オーナーが同じだとか)

IMG_2230.jpg

ちなみに、ほかのクルーの人たちも、ホテルで食べていました。私たちは、彼らから少し離れたテーブルに座り、3人ともステーキヲオーダー。ステーキハウスに行く予定だったからです。肉は食べないようにしていますけど。。。最近食べに行くとなると、肉が多いわ。気を付けなきゃ。野菜不足になってる。

IMG_2225.jpg

もちろんワインも。私はマルべック・ワインで。好きなんですよ、マルベックが。

IMG_2229.jpg

午後8時だったからか、みなEPへ行ったからか、ガラガラでした。かえって良かったですけど。たくさん話せたしね。それに、ステーキが意外においしかったんですよ。サーロインしか選べませんでしたけど。付け合わせのソースがえらく美味しかった。サラダもいい味のドレッシングがかかってたし。ステーキの上に、オニオンリングとポートベロマッシュルームまで乗って、23ユーロ。ダブリンじゃあ、この値段でこれだけは食べれないですよ。やっぱり田舎はお値打ちやわ~と思いました。

すると、ほかのクルーが二人来たんです。一緒に食べようと、Oさんが誘ったんですが、さすがに私たちがいたので遠慮し、食べ終わってから、二人のうちの一人、Tさんがテーブルに、ワインを持ってテーブルに来てくれたんです。

「俺、もう少しでアイルランドに移住するところだったんだよ。」

という彼。アイルランドがかなり好きらしい。実は赤毛の女性のファンらしいんですよ。友達のTちゃんがまさに赤毛なので(染めてますが)、Aちゃんが、明日彼女を連れてこようか?なんて言ったら、大喜びしてました。しかし、実はそんな彼は奥さん&子供持ち。テキサス出身だそうな。Tちゃんを紹介してくれと言っていましたが、もちろん冗談でした。彼は、ジョン・テーラーのベースのサウンドエンジニアだそうです。

彼は、ブルース・スプリングスティーンが、2013年にキルケニーでコンサートをした時にも、サウンドエンジニアとして来たそうで、(私たちも行ったで!)サポートアクトの一人、ジョシュ・リッター(Josh Ritter)をえらく褒めていました。私は彼のことは全く覚えてませんけど!アメリカ人ンのシンガー・ソングライターです。君は絶対売れる!と言ったら、本当に売れたと言って喜んでいました。



サウンドエンジニアの二人を見て思ったのですが、二人ともこの業界ってのもあるのか、クールよ。しかし、えらく落ち着いてるのである。年齢は私とほぼ一緒なんですが、私より落ち着きがあるわ~。なんでそんなに落ち着いてるの?と聞いたら、笑ってたけど。私、浮ついてるな~と思いました。それくらい落ち着いてないと、この仕事はできないのでしょうね。いざ何かの手違いで、演奏ができないとなった時に、私のようにパニックになっていては元も子もないですからね。

Tさんがホテルに戻った後、もう一人、すごい人に会うことになるのですが。。。続きは明日に。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

Rose of Tralee 2017 (ローズ・オブ・トラリー)とメインランド

去年は2度に渡ってご紹介した、Rose of Tralee (ローズ・オブ・トラリー)。

今年は始まってることすら知らず!

ROSE 1
(www.independent.ieより抜粋)

Aちゃんに教えてもらって知ったんです。ああ、そんな時期か~なんて思いました。時が過ぎるのが早すぎます。

ちらりと見たんですけど、なんか今年は番組を最後まで見る気がしなかったです。なので写真はネットから抜粋です。すみません。

そんな私のような人をよそに、毎年恒例行われているRose of Tralee (ローズ・オブ・トラリー)の優勝者が昨日決まりました。

第59回、優勝者、オファリー州出身、Jennifer Byrne (ジェニファー・バーン)さん、24歳。

ROSE 2
(www.irishexaminer.comより抜粋)

Youtubeで優勝した時の様子が見れます。興味のある方はどうぞ。


ブックメーカーのフェイバリットではなかったそうですね。ダークホースが優勝したって感じかしら?

彼女は、ゴールウェーで医学の勉強をし、現在、ジュニアドクターとして、同じくゴールウェーの病院の、 救急救命科で働いてもいるそうです。大変な仕事をしてます。それだけではなく、ゴールウェーのサッカーチームに所属してプレーもしているそうな。アクティブな人ですね。ボランティアとして、ザンビアの病院で働いていたこともあるそうで。オファリー州から優勝者が出たのは初めてだそうです。オファリー州にとっては、歴史的瞬間でもあったわけです。

いろいろハプニングがあるのがこの番組。今年は、カナダ西部の女性(この場合、Rose)、アイルランドはイギリスの一部やと発言したらしいですね。もちろん、Big No, No。私、知識ないです~っと言っているのと同じですからね。これから世界を回る人がそんなんではいけません。だからもちろん優勝しない。まあ、これで一部ではないことがわかって、彼女にとってはよかったと思いますけど。

イギリスの一部と言えば。。。

同僚のD君が2週間ホリデーなんですよ。イギリスへ行くんだそうな。それを聞いた、南アフリカに住んでいた同僚ANさんが一言。

「メインランド(Mainland)に行くの?」


周りで聞いてた私たちは大爆!D君、笑ってたけど、目が笑っていませんでした。Big No, Noだったのでしょう。もちろんANさんは冗談で言っています。


それでは皆さん、良い週末を!月曜日にお会いしましょう。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

National Heritage Week&来月だよ!Culture Night- 2017

先週19日の土曜日から27日の日曜日まで、ナショナル・ヘリテージ・ウィーク(National Heritage Week)が、アイルランド中で開催されています。

National Heritage Weekの日本語直訳だと、国家遺産週間となりますでしょうか?私がここで勝手に直訳してますけど、そんな重苦しいものではありませんので。日本語で言うと、えらく固いですよね。要はアイルランドの文化、歴史、建物、ランドマーク、ガーデン、ワイルドライフなどのセレブレーションの週。

毎年アイルランドでは、この時期にナショナル・ヘリテージ・ウィークが開催されてます。ヨーロッパ文化遺産の日の一部として開催されているそうな。ヨーロッパ50の国でも行っているそうなんで。勝手にアイルランドがやってるもんだとばかり思っておりました。ここでも無知が大爆発よ。しょうがないおばはんで、すみません。

この週だけ特別に一般公開される建物が結構あるし、特別ツアーも組まれる。または普段有料なミュージアムなどが無料になったりもする。有料だけど、特別安くなることおあるんです。そのため、私はこの週を毎年楽しみにしているんです。

毎年こんなガイドブックが出ます。無料ですよ。アイルランド中のイベントが載ってるんです!その数、2,000を超えるそうです。

IMG_2180.jpg
だから厚さは1センチにもなっている。

こちらはダブリン用パンフレットから抜粋しておりますが、結構街の中だけでもたくさんのイベントがやってるんですよ。

IMG_2181.jpg

もちろんこのイベントはアイルランド中ですから、ダブリン郊外でも行われています。

IMG_2184.jpg

ただ、行きたいイベントが昼間だったりするんですよ。会社が~~~。ということで、会社をちょっと早退して行ける時間帯のツアーや、週末に行われるものを探すんです。昨日はMedieval Dublin Walking Tourに参加。1時間の予定が、結局1時間50分のを―キングツアーになりました。35人くらいいましたよ。無料なんで、途中から黙って混じっていた人を6人ほど見ました。(こういうやつ、多いよな~。無料ツアーだからいいけど、お金払ってたらムカつき)このツアー、むっちゃ良かったです。そして、土曜日は朝から3つツアーを入れています。それが終わったら、一日中開催している建物にもお邪魔する予定なのですよ。

You are crazy.


とAちゃんに言われましたけど。まあ、Crazyやわな。私自身、こんなに一日に入れて大丈夫なんか?と思いましたから。老体に鞭打ってます。右膝痛いんですけど。

興味のある方はこちらから検索してみてくださいね。http://www.heritageweek.ie/whats-on/events


そして、9月22日の金曜日は、毎年大人気のカルチャーナイト(Culture Night)。

IMG_2185.jpg

一昨日サイトを見ていたら、ウォーキングツアーはほぼすべてソールドアウト!ギネスやティーリングのウィスキーミュージアム、ゴーストバスツアーはやっぱりあっ!という間にソールドアウトですわ。それにしてもみんな、いつからサイト見て予約取ってるの?7月から?みんな準備がいいわねえ~。イタリア人の友達G君なんて、2週間前の予定を立てるだけで、「早すぎて決められない。」って言うわよ。こういう人とは、このイベントには参加できませんわ。https://culturenight.ie/

カルチャーナイトはものすごくポピュラーなんで、人が多すぎて嫌になることがあるんですよ。ただ、夜のダブリンの街を、たくさんの地元民に加え、観光客も歩いている様子はなかなか良いですよ。雰囲気いいんですよね~、この日は。みんなハッピーなのですよ。

今年はBさんの膝の調子が悪いので、一緒に行こうと思っていたけど無理そう。取りあえず一人で、ちょっと珍しい建物を覗いてくる予定でいます。このブログまたは阪急交通社さんのブログで紹介できるかどうかはわかりませんが。(写真撮影禁止かもなので)

そういえば、この時期に日本から友達が息子さんとお友達を連れて来るかもしれないんやったわ。いや~、ぜひこの日に来て、一緒に回りたいです。このイベントは年に一回、一度きりですからね。

後でもう一つ、ブログをアップする予定です。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.