Yogific-ダブリン・ヨガ&ヴィ―ガン・フェスティバル-2018-トーク

トークもヨガについてだけではなく、健康について、食について、そしてメンタルヘルスについても話されていました。

アイルランドは天気が悪いせいもあるのか、うつになる人がたくさんいるんです。自殺者も多いしね。日本人の人で、こちらに来てからうつになった人もいました。だから、メンタルヘルスについて話があったことはいいことだと思いました。

ヨガクラス同様、朝9時から午後5時まで訳45分のトークが用意されていました。ちょうど午後4時から5時の1時間が空いていたので、Greg-Plant Based Dietという話を聞きに行きました。

左の方がGreg(グレッグ)さんです。まだ若いですよ。多分28歳だったはず。ダブリナーです。

yoga 1
(https://plantbased.ieより抜粋)

彼のウェブサイトはこちらです。去年9月に開設したばかりだそうな。https://plantbased.ie/author/admin/

Plant Based Dietとはなんじゃい?な人も多いでしょう。私も知りませんでしたから。まずは、軽くベジタリアンとヴィーガンを説明しておきましょう。

ベジタリアン・・・文字通り野菜を食べる人たち。魚や肉は食べませんが、乳製品は食べます。チーズ、卵、はちみつOKです。

ヴィーガン・・・乳製品もダメ。もちろんはちみつもダメ。牛製品など、動物を使って作られた商品や衣服を身に着けることもありません。

そして、

プラント・べイースト・ダイエット・・・野菜、フルーツ、穀類、ナッツを食べます。ヴィーガン同様、動物を使って作られた製品や衣服は身に着けませんし、食べません。

ヴィーガンと同じやん!

と思うんですけど、ヴィーガンはパスタやライスは食べるんですよ。クリスプスやチップスも大丈夫。砂糖や塩も取りますからね。でもプラント・べイースト・ダイエットは、パスタやライスは食べませんし、クリスプスも食べません。チョコレートも食べません。精製されてないものを食べるんです。塩や砂糖も使いません。中には料理しないで、生の状態で食べることしかしない人もいます。

グレッグさんは、プラント・べイースト・ダイエットの人ですが、Fruitarian、つまり果実食主義者だそうです。文字通り、果物を食べるわけです。野菜は食べません。トマトなど、スーパーでは野菜置き場に置かれているものでも、実際はフルーツに属するものは食べるそうですよ。あとナッツも食べると言っていましたし、レンズマメやキヌアも食べることがあるそうです。

朝、何を食べてるの?と言う質問がりました。興味ありますよね?何を食べてると思います?

バナナ。

一本じゃないですよ。

15本!!!


ベリーも食べると言っていました。だけど、朝からバナナ15本って何?ですよ。一本で十分やわ、私なら。どうしてもこのダイエットだと、プロテイン不足になるんですって。(だろうな)そのため、不足分を補うため、バナナをたくさん食べるんだそうですよ。ほかに足らないものはサプリメントで補うらしい。ちなみに血液検査ではいつもいい結果が出てるそうですよ。申し訳ないけど、偏って食べてるとしか思えないし、、不足してる部分とかありそうですけどね。

ベジタリアンやヴィーガンの人って、

肉や魚を食べてない=健康

とすぐ思うらしい。でも、実際、揚げ物を食べたり、クリスプ食べたりしてるんで、実際はそうでもない人が多いんだそうな。確かに、うちの同僚のブラジル人の子はヴィーガンですが、なぜか太ってるもんな。しかも肌は悪いし、目の下にクマができてる。ベジタリアンの子は前より痩せたけど、彼女も肌が悪いんですよね。かえって不健康に見える。グレッグさんの方が全然健康に見えた。

健康で言えば、水を2リットル毎日飲まないといけないと言うのがありますよね?同僚もやってます。でも、グレッグさんいわく、食べた野菜や果物がジューシーなら、それも2リットルのうちに入るんで、無理に水を2リットル飲む必要はないらしい。水を飲み過ぎると、トイレに通い過ぎて大変なんですよ。Aちゃんも前にやっていて、トイレに行く回数がすごく増えて困っていました。喉が渇いた時だけに水を飲めばいいと、医者に言われて辞めましたけど。

グレッグさん、上の写真からもお分かりの通り、細いです。でもちゃんとジムに通って鍛えているらしいですよ。健康にしか見えないので、きっとこのダイエットは体にいいのであろう。しかし、私にはちょっとハードなダイエットで、マネはできないと思いました。私はそこまで果物好きではないんで。でも、話を聞けただけでも、私が知らない世界が覗けて面白かった。

そして思いました。

色々なダイエットに挑戦して、自分に合うのをやればいい。

ダイエットをして痩せる目的でも、長生きする目的でも何でもいい。好きな目的でやればいいと思います。

おせっかいな人がいて、○○ダイエットやるべき!とか言う人いますよね?そんな意見は聞かないことです。自分で決めて、自分で実行してみればいいと思います。それにいつも思うけど、痩せてることを自慢する人っているでしょ?だから?と思います。痩せてる=健康と違うもん。私は痩せてなくとも、引き締まった体づくりを現在目指しております。

いつもこういった、「体にいい」ものにすぐ感化されるAちゃん。今回も案の定でした。

「私、せめてベジタリアンにはなるわ!」

もう肉は食べないといっていました。日曜日から肉は一切口にしていませんし、魚も食べてません。

余談ですが。。。魚も結局養殖が多いですよね。例えばサーモンやシーバス。最近パッケージの裏をきっちり見るようになりました。どこで取れたか、養殖されたものか気になるんで。

ワイルドサーモンの切り身はスーパーではほとんどお目にかからない。魚市場に行くとあるらしいけど、かなり値段がするので、手がなかなかでないと友達が言っていました。

じゃあ海で取れた魚なら大丈夫か?と言うとそうでもないですよね。最近、魚がプラスチックを食べているというニュースが流れているくらいですから。汚染された海で取れた魚を食べていることになる。だったら養殖のがいいのか?と思うけど。オーガニックと書いてあっても養殖だしなあ。どんな餌を食べて生きてきたのかわからないところがちょっと怖い気がするし。Pescetarian(ぺスカテリアン)になりたいとは思うけど。。。ちょっと考えてしまうな。でもマグロの刺身は大好物だし。。。

話をもどして。。。「感化」されたAちゃん。月曜日に大量の野菜と果物を買い込み、ランニングを復活させました。(5分走っただけらしい。顔を真っ赤にして、ゼイゼイ言いながら帰宅しました)

いつまでこの「感化」が続くのでしょう?

とは言え、Aちゃんのことは言えません。私もちょっと感化された一人ですから。と言いつつ、日曜日、グレッグさんの話の後、日本から持ってきた某お菓子会社のスナックを頬張ってしまいました。しかもBBQ味!だったら肉食べた方が健康やわなあ。

と言うことで、最後に、Yogific-ダブリン・ヨガ&ヴィーガン・フェスティバルの総評といきましょう。

ええイベントやった。

勉強になったし、楽しかった!ヨガ好きが一同に同じ場所に集まるのって面白いわ。次回は、Bigger & Betterになっていることを期待したいと思います。絶対また参加やわ!


それでは皆さん、良い週末を!ちょっと早いですが、月曜日にお会いしましょう。天気が悪いですが、(急に寒くなった)体に気を付けていきましょう!楽しい週末をお過ごしください。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

Yogific-ダブリン・ヨガ&ヴィ―ガン・フェスティバル-2018-ヨガクラス

3クラスのヨガクラスのチケットを購入した私たち。

一つ目のクラスは午後2時から。でもなんのクラスやったか覚えてない二人。私たちのような人が他にもたくさんいたはず!(と思いたい)そんな私たちのような人のために、タイムテーブルが所々に貼られているので、覚えてなくても大丈夫!

IMG_3626.jpg

こんなサービスもあり。初めてやる人には特にいいと思う。
IMG_3628.jpg

それでは3つのクラスの説明といきましょう。

午後2時のクラス。Vedic Meditation for All with Andre Berry。Aちゃんがやりたいわ~と言ったため取りました。男前のインストラクターさんでした。UKから来てました。

IMG_3635.jpg

しかし。

マイクを使って話すんですが、彼の声が小さい。メディテーションのインストラクターはそうなのか?メディテーション中にでかい声で"Forget about what you did today. Let go! No judgement."とか言うことはないですもんねえ。その上、会場のエコー効果がすごくて、余計聞こえず。

会場はだだっ広い、バスケットボールの試合用の場所だったんです。だからエコーがすごかったのだ。このクラスには約200人ほど入っていたはず。(定員一クラス200人)満員だったんです。そんななか、小さい声で話されたら、後ろの方に座っている人は彼が何を言っているのか聞こえてなかったはず。しかもDartが建物の横を通っているので、余計。

私たちは真ん中くらいにいたんですけど、それでも聞こえなかったですからね。私は自分が耳が遠くなったんだと思い、ちょっと焦りましたもん。でもAちゃんが、「何言ってるか、聞こえへん。」と私に言ってきたので、耳が遠くなったわけではないことがわかり、ほっとしたんです。

続々と人が入ってきて、会場はアッという間に満員御礼!メディテーションに興味ある人がたくさんいることがよくわかりました。私も毎晩やってるんですよ、実は。やりながら寝てしまってるけど。寝ると言えば、Aちゃんの隣にいたおっさんが、メディテーション中、いびきをかいていたらしいです。(よくあること)一瞬私がかいていると思ったらしいです。失礼しちゃうわ!

IMG_3634.jpg

IMG_3633.jpg

IMG_3637.jpg

IMG_3636.jpg

最後に、インストラクターが、「何か質問は?」と聞いたので、後ろにいた女性の一人が手を挙げて、「聞こえません!」と言ったのには、みんな苦笑い。しかも、メディテーションしている間、彼も横になりメディテーション。なんのガイドもない。これがVedic Meditationというやつなのか?45分後、あっさり終了。Aちゃんは私にこんな一言を私に投げかけました。

「このメディテーションのクラス、やる意味が全くないわ。」

同感であった。私達にとってはちょっと無駄な4ユーロでした。


次のクラスは午後3時から。Gentle Vinyasa Flow Yoga for Ultimate Relaxation and Stress Relief with Sophia。

写真を撮るのを忘れたので、ありません。申し訳ないです。アイルランド人の女性インストラクターさんで、ダンドラム(Dundrum。ダブリン南)にあるHot Yoga Studiosからいらしたそうです。

Vinyassa(ヴィンヤッサ)はやったことがないなあ~と思っていましたが、やってみると、「あれ?これいつもやってるやつやん!」どうも私が通っているヨガはヴィンヤッサとハタヨガのコンビネーションのようです。(ハタヨガからいろんなスタイルのヨガが生まれたので、ハタヨガをやっているわけですが)

Aちゃんなんて、ヨガは2年ぶりくらいなんですけど、結構ちゃんとポーズが取れていて、素晴らしかったですよ。自分でも驚いていたAちゃん。

私の後ろにいた外国人の女の子は、ヨガをやってる話をしていたにもかかわらず、ダウンドッグポーズを長くキープできず。私の隣の子はクラスの様子をスマホで録画!!!(違法っちゃうんかい?)インストラクターさんを撮るならわかるけど、なんで???しかも、やったことがないのか、いろんなポーズをすることができない、あるいは長くキープできず途中で止めるわ、みんなが右を向いているところを一人左を向いてやってるわで、大丈夫かな?と思いました。彼女たちに比べたら、ほんとうにAちゃんは素晴らしかったので、生意気でしたが、Aちゃんを褒め称えました。

とにかくこのクラスは参加者もかなり多く(メディテーションほどではなかったけど)、「ヨガやった感」がありで、とても良かったです。マイクにもあまり問題はありませんでした。しかもクラスが終わった時、出口で彼女のヨガスタジオの一回無料クラスチケットをもらい、超お得感が!

そして最後のクラス。Iyengar Yoga: Learning Body Alignment in Yoga Poses with Pavara。

アイアンガーヨガなんて、聞いたこともないわ~状態。ヨガ初心者なんで。すみません。インストラクターさん(男性)はダブリンでは、アイアンガーヨガの指導者として有名らしいです。ヴィンヤッサのような動きはないので、初心者でもすんなり入れるかな?と思いました。ただ、ここでもマイクが問題に。聞こえないんですよ。そのため、他の人の動きを見て、それを真似するしかありませんでした。、

実はもう一つ問題が。参加者の女性一人が、子供を二人連れて来てたんです。上の子は5歳くらいの女の子で、大人に混じって一生懸命ヨガをやっていました。(子供クラスがあったんですけどねえ)

しかし。

2歳くらいの女の子も連れて来ていたんですよ。クラス中に子供がワーワー言いだし、うるさいったらありゃしない。また声が会場に響き、インストラクターさんの声と重なってるんです。ハッピーチャイルドでいいんですけど、さすがにメディテーション中は気が散る。しかも、子供が騒いでも外に連れ出さないんですよ。やっと連れ出してくれたか~と思ったら、すぐまた戻ってきて、子供がワーワー言いだした。睨んでる人もいましたよ。

このイベントは子供を連れて入ってもいいんです。でもやっぱりコントロールが難しい3歳以下の子供は、大人のクラスに連れて来てはいけないと私は思いますよ。この子たちが大人に混じってヨガをやるわけでもないんだから。(やるならまだしも)

しかも4ユーロとはいえ、お金を払って来ているんですから、ちゃんとやろうとおもっている人ばかり。彼女にしてみれば、「私にだってやる権利あるわ!」なんでしょうけど、考えたらわかるよねえ?私が彼女の立場なら、小さい子供は置いてくるか、無理ならもうイベントには行きませんよ。ほかの人の迷惑になる可能性が予想できるから。

イライラしましたが、このヨガのクラス中、笑いをこらえないといけないことがありました。Aちゃんの前でやっていた女性。

足の裏が真っ黒!

さすがにヨガの最中の写真撮影は無理なので、こちらの写真はありません。すみません。とにかく彼女は裸足で会場内を歩いていたのでしょう。(ヒッピーやなあ)それにしても真っ黒過ぎ!炭付けたみたいでしたもん。Aちゃんが、自分の足の裏が黒いから見られたくないといっていましたが、「あんたの方がましやで。見てみ?」と言って教えてあげたら、Aちゃんも、その女性の足の裏の黒さに驚き、笑っておりました。


ヨガクラス。

やったことがないスタイルのヨガに挑戦できるので、どれが自分に向いてるか、好きかわかるのでとてもいい機会だと思いました。とにかく4ユーロという破格には頭が下がります。

友達と来ている人が多かったのですが、一人で来ている人もかなり見ました。なので、一人で行っても気兼ねすることはないです。

大好評だったので、今年中にまたダブリンでやるかもらしいんです。次回はメディテーションクラスは取らず、ヨガクラスだけを取ろうと思います。

まだこのイベントのネタは終わってませんよ~。トークもあると言いましたね?そうなんです。1時間、時間が空いたので、とある人のトークを聞きに行ったんです。おかげでAちゃんが。。。!!!その件については明日に。。。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

Yogific-ダブリン・ヨガ&ヴィ―ガン・フェスティバル-2018-ヴィ―ガンショップ

皆さん、週末はいかがでしたでしょうか?

ダブリンの土曜日は天気がものすごく良く、その上暑かったですよ。天気が良かったので、イタリア人の友達ANちゃんと、スペイン人CAさんとホウスへ行き、その後車でイタリア人の友達G君が住むドーキー(Dalkey)まで、イタリアン・ジェラートを食べに行きました。その前の週末にもG君と食べたんですけど!北から南へ大移動しました。天気も良くて、暑かったんですよね。ダブリンは23度あったはず。

そして昨日。これまたいい天気でした。

金曜日にも書いたヨガ&ヴィーガンのイベントに、Aちゃんと二人で行ってきました。Yogific-Dublin Yoga and Vegan Festival(ダブリン・ヨガ&ヴィ―ガン・フェスティバル)です。https://yogific.org/dublin/

今年初めてダブリンで開かれたんです。それまではUK,北アイルランドとインドで行われていたそうですが。場所はトリニティー・カレッジ・スポーツセンターで開かれました。トリニティーカレッジと言えば、「ケルトの書」があるので有名ですが、ケルトの本がある本校でなく、数分歩いたところにスポーツセンター(ジム)があるんです。ちょうどダートのピアース駅の真ん前です。ここはプールもありますよ。(プールがあるジムが普通ではないので)

最近のダブリナーは健康に気を使っている人が多いので、ヴェジタリアンやヴィーガンになることがちょっとしたトレンドになっているのです。それも手伝ってか、ヨガも人気なのでしょう。このイベントはえらい人気だったようで、お見事、

チケット完売。

イベントはヨガレッスン(有料)、健康や、幸せになるため、そして食生活などのトークショー(無料)とヴィーガンのストールが出るフェスティバルでございました。

ヨガレッスンは朝9時から5時まで、9つのレッスン(メディテーションも含め、すべて違うスタイルのヨガのレッスン)が45分行われました。チケット代は1クラス4ユーロと超お値打ち。(手数料が13セントほどかかりますが)

ヨガレッスンがあまりにお値打ちだったから、私のようなヨガド素人で、「ちょっと試してみようか」という人にはもってこい。そのためもあったのでしょう、チケットが前日には完売!Health and Safetyの問題もあり、チケットがない人は全く入れてもらえないという状況に。主催者側は、

Overwhelmed

だとFBにコメントを載せていました。こんなに人気があると思ってなかったようですね。同僚のスペイン人Mちゃんと、ブラジル人のDちゃんが行きたいといっていたのですが、チケット完売のため行けず。Aちゃんと2週間前にチケットを買っておいて大正解でした。


午後12時半ごろに会場へ到着。まず入り口を入り、一階へ。ここにヴィーガンフードのお店(お茶のお店や、ヨガグッズのお店もありましたが)がいくつか出ていました。ここに受付があり、受付を済ませ、ヨガレッスンのチケットをもらい、お店を見て回ることに。

たくさんの人がおり、賑わっておりました。でも、思ったより出店していたお店は少なかったのが、少し残念でしたが。。。

IMG_3620.jpg

地面に座って食べる人たち。テーブル&椅子が置いてないので。ヒッピーになった気分で食べるわけです。
IMG_3639.jpg

ランチを売っているストールが2軒しかなかったんです。一軒はアフリカの食べ物。マメとライスだけという感じで、ちょっと興味がなかったので、こちらのお店にしました。

Blazing Salads(ブレージング・サラズ)というお店です。ダブリン、Druery Street(Dublin 2)にあります(テークアウェーのみ)。日本人のお友達で、ヴィーガン(であろう)の人がいるんですが、彼女に教えてもらったお店です。いつも人で賑わっています。お店では、サラダ以外にもケーキも売っています。もちろんヴィーガン用!昨日もサラダを買い求める人で行列ができていました。はっきり言って、ここくらいしかなかったのもあるけど!昨日だけで、かなり儲かったと思いますよ。

yoga 1

肉や魚はもちろん一切使っていません。
IMG_3621.jpg

サラダの彩りが綺麗!
IMG_3622.jpg

こちらはAちゃんオーダー。そばと野菜のバーガー。サラダはカレー味のカリフラワーとヒヨコマメのサラダ、人参のサラダと、ビートルートのサラダ。
IMG_3625.jpg

私のオーダー。豆腐とヒヨコマメのパイの豆腐ソース掛け。ちゃんと豆腐の味がしてました。サラダはそばとロースト・カリフラワーと枝豆のサラダ、カレー味のカリフラワーとヒヨコマメのサラダとブルグルのサラダ。
IMG_3624.jpg

メインとサラダ3種類で9ユーロ。値段はお安くはないです。サンドイッチ食べた方が安いから。でも、健康にいいですからね。Aちゃんオーダーのバーガー、肉っぽい色ですけど、肉じゃない。食べるとちょっと肉っぽいけど、肉じゃないんですよね。これがすごくおいしかった。このお店は特にサラダが本当に美味しいです!近く、お店の方にもお邪魔しようと思っています。

お腹が結構一杯になった二人でしたが、こちらのケーキを見て、ケーキを食べることにしてしまいました。別腹です、別腹!ヨガレッスン前だというのに、こんなに食べても大丈夫なのか?レッスン中にげろっとやっちゃうかも~と二人で話してはいましたが。。。食欲には勝てず。

Bliss Bites Bakeryという、ゴールウェーにあるお店です。ダブリンにもお店を出す予定だそうですよ。
IMG_3630.jpg

普通のケーキより、ずっしりと重いので、見た目はさほど大きくなくても、結構胃にきます。Aちゃんはヌテッラのケーキ、私はバナナとピーナッツバターのケーキを食べました。2人で一つにした方が正解でした。こちらのお店のケーキも美味しかったです。早くダブリンにこないかしら~。一つ4ユーロ50セントでちょっと高いけど、たまになら買えるわ。

IMG_3629.jpg

Yes, we are!
IMG_3638.jpg

昆布茶発見!レモンとか入ってますけど。昆布茶もちょくちょく見かけるようになりました。
IMG_3631.jpg

その後、コーヒースタンド、Marco's Signatureで抹茶を頂きました。ドラフトで!Nitro Matchaです。コーヒーの4倍のカフェインが入ってるとお店の人が言っていましたが、4倍も。。。体にいいのかしら?大量のカフェインが入っていても、夜はちゃんと寝れるからいいけど。ちょっと泡が立ってていいわ~。これが意外とおいしかったんですよ。一杯3ユーロでした。

IMG_3640.jpg

さあ、お腹が一杯になったところで、次はメインのヨガクラスに参加だ!ちょっと食べ過ぎのお腹が気になるけど!

続きは明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

オーラとサンダルが輝いた土曜日の午後

皆さん、週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?

こちらはバックホリデー週末でした。私が働いているところのように、3日間会社がお休みの人は、天気が良かったので、小旅行に出かけたり、ハイキングに行かれた人も多かったでしょう。ダブリンではいくつかイベントがありましたので、それに参加した人も多かったと思います。

そんなバンクホリデーの週末、土曜日のお昼。こちらで、あるイベントが行われました。

IMG_3588.jpg

アイリッシュのデザインを中心的に扱っているキルケニーショップ。https://www.kilkennyshop.com/?gclid=CjwKCAjw6djYBRB8EiwAoAF6oV_8FBYhooBc1V8LUKCWARnjmuIvybvn96vcBc3n52sbGtkiiB9r8hoCMaoQAvD_BwE

こちらでは大変有名なお店です。連日、アイルランド土産を買うツアー客で賑わっています。ガイドブックにも載っているショップなので、知っている方も多いでしょう。私は観光客ではありませんが、ちょくちょく覗きに行っています。2階にカフェもあって、なかなかいいですよ。お昼時に行くと満席ですけど。

こちらにあの!アイリッシュデザイナー、オーラ・カイリーさんが来店!本のサイン会のイベントが開かれました。

IMG_3586.jpg

ショーウィンドウもオーラ・カイリーさんのバックなどで埋め尽くされておりました。現在もかしら?

IMG_3587.jpg
超巨大なオーラ・カイリーバッグ!アメリカ人ツアー団体の人たちが、バッグと一緒に喜んで写真を撮っていました。私は商品だけの写真を喜んで撮っていました。

もちろん店内にも!小さいバージョンが売られていました。このデザイン、好きやわ。

IMG_3582.jpg


お昼前にヨガに行き、その後すぐ、街にある美容室へ。朝からバタバタですわ。美容室を出たのが、午後2時半くらいだったので、きっとイベントにはたくさんの人が集まってるだろうから、見ることもできないだろうな~と思ったんです。なんせイベントは午後12時からでしたから。

しかし!

ラッキーなことに、会場にはあまり人が集まっておらず。みんなバンクホリデーだから、出かけてたのかもしれません。とにかく、商品の棚と棚の間から、オーラ・カイリーさんを見ることができ、これまたラッキーでございました。

IMG_3578.jpg

IMG_3580.jpg

オーラ・カイリーさん、54歳か55歳だそうです。かなり痩せていらっしゃる。そのためか、実際の年齢より上に見える。(申し訳ないけど!)着ていらしたドレスが似合っていました。

さすが売れっ子デザイナー。OBE(The Most Excellent Order of the British Empire、大英帝国三等勲爵士、司令官という訳でよろしいかしら?)も2011に受賞していらっしゃるくらいですからねえ。すごい人ですよ。ロンドンではオーラ・カイリーバスが走ってたそうですが、こちらでもバス・エーランが走らせていました。

orla 1
2015年。見かけるたびに、写真を撮りそこなってたな~、そういえば。(www.irishdesign2015.ieより抜粋)


デザイナーというと、私のイメージでは、近づきがたい、神経質な感じがどうしてもするんですけど、オーラ・カイリーさんは、落ち着いていらしたし、でしゃばることもなく、謙虚で終始笑顔でした。いい意味での貫禄がありました。

観客の質問に答えている最中、商品の棚の間から見ている私と目が合い、微笑んでくださったんです!もちろん即座に微笑み返しましたよ。いや~嬉しかったわ~。アジア人が私一人しかいなかったから、目立ってたのかも!

お店では、インタビューの最中、ストロベリー入りのシャンパン&チョコレートも配られて、ちょうどお昼を食べてなかった私の胃まで笑顔にしてくれました。

IMG_3583.jpg


ドレスがお似合いだったというのは、先ほど書きましたが、このドレスに合う靴は何を履いているのか気になり、足の方に目をやったら。。。

ゴールド&シャイニーなサンダル!


IMG_3581.jpg
これ、絶対Bさんが欲しがるわ。Bさん、大好きなんです、こういうキラキラしたものが。

オーラさんのオーラは輝き、足元のサンダルまで輝き、彼女の笑顔も輝き、集まったお客さんたちの笑顔も輝いていた、とても素敵なイベントでした。ちなみに本は30ユーロ。買おうかどうしようか迷った挙句、先ほど美容室で132ユーロも使ってきたことを思い出し、本を買うのを諦めました。

いいんです。。。遠くからでもオーラ・カイリーさんを拝む(⁉)ことができたので。。。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

裁判後-時代錯誤も甚だしいのかも?

明るい話題は明日にさせていただいて。。。

昨日も今日も、昨日書いた裁判の件のニュースでいっぱいです。

結果に不満を持った人たちが、今日のお昼にプロテストすると、今朝のネットニュースに載っていたんです。場所はオコンネルストリーート、スパイアで。先ほど、ネットニュース見たら、こんな写真が載っていました。

RUGBY 5
(www.journal.ieより抜粋)

#IBelieveHerというソーシャルネットワーキングで集まったようですけど。ほかの街でも行われるそうです。

私個人の意見としてですが。。。(最初に断っておきますが)彼女たちは裁判ですべてを傍聴したわけではないですよね?ニュースで読んでいるのはその一部なはず。女性を軽視するな!レイプだった!と言いたいのはわかる。でも、一部始終を聞いてないのに、断片だけで判断してしまうのはちょっと怖い行為だと思うんですよ。行き過ぎな感じがするのは私だけかしら?

私だって、もうすぐ48歳のおばはんだけど、嫁入り前の女性ですよ、一応。だからわかりますよ。女性の立場ってのは。パディーたちの、女性を物としか見てない感じの扱いは許せないですよ。当時19歳の女性とセックスした後に、友達に彼女にたいして失礼な(軽蔑的な)テキストを送ってたらしいですからね。私から言わせてもらえば、彼らは金持ちScumbagsですよ、はっきり言わせていただければ。Aちゃんも同感。彼ら、上手いこと逃げれたな、と思ったもの、正直言って。でも、私はプロテストには参加しようとは思いません。

ベルファストの裁判歴史上、一番むつかしい裁判だったと言われています。それにアイルランドで裁判をやることになれば、彼らの名前は一切明かさずになっていたと、昨日ニュースで言っていました。へ~そうなんや、と思った私。北と南とではシステムがやっぱり違うのですね。国が違うし。因みに訴えた女性の名前と写真はネットに出てるそうです。私は探す気も見る気もしないから、ネットで探すことはしてませんけど。

昨日Aちゃんとこの件について話したんです。今の若い子たちについて。

昨日もちらりとブログに書きましたけど、こちらでは(全員じゃないですよ!)、若い女の子がパブで男の子に会う。そのあとどうするのか、というのが、私たちの時代とえらい違うんです。

私たちの時代。。。男性とパブで会った。結構いいわ~この人!となる。話も合う。じゃあ今度一杯やろうとなる。電話番号を交換。男性側がその日または数日後(3日ルールなるものがあることはある)に連絡して、デートの約束をし、デートする。気が合えば次のデートの約束をする。数回(最低4回かな?人によって違う)デートした後、彼とセックスする。

例えば、1回目のデートで相手の男が「家に来る?」となれば、=セックスするということ。大体1回目で寝てしまう女の子に、男は尊敬しないし、もう二度と会いたくないと思うそうで(実際同世代の男友達に言われました)タブーでした。

若い子の時代。。。男性とパブで会った。結構いいわ~この人!となる。話も合う。電話番号を交換。男が「家に来る?」と聞く。そして女の子が男の家に行くのがノームになっているのである。そこですぐにセックスしてしまうケースが多いと聞きます。セックスする目的でついていったわけではない女の子もいるんですよ、中には。男の家に行って、セックスを断って、逆切れされた子の話を先日聞きました。逆切れされて、レイプされなくて良かったんですけどね、その女の子は。

うちの同僚Aさん(おない年)が、こんなことを言っていました。

「私はNunじゃないけど、さっき会ったばかりの男の人の家に行って、セックスするなんて、考えられないわ!レイピストかもしれないし、病気持ってるかもしれないし!」

むっちゃわかる、それ!だから、今回の裁判で、19歳の子が平気で有名人とは言え、会ったすぐの男の家に行ったのは、今の若い子からしたら普通の行為なのであろう。


こんなんだから、私たちおばはんがデートに行くと、一回目で「僕の家?それとも君の家?」なんて聞かれ、思い切り断るじゃないですか。すると、男から二度と連絡が来なくなるんです!(と、Aちゃんが言っていた)

私もこれ、何度かあったもんな。(自慢してるわけではありません)今の若い子のおかげで、1回目のデートで寝るのは当たり前であると思っている男が増えたと思うんですよ。こんなんだから、私たちおばはんに彼氏がなかなかできない要因になっているのではとAちゃんが言うのである。

納得やわ!

え?そんなんで納得しとったらあかんって?まあまあ。。。

それにしても、時代は変わったと思う。ソーシャルネットワーキングのおかげでしょうね。いいのか、悪いのか。。。でも、今生まれててたら、もっとプレッシャーやったかもね。きれいでいないといけないとか、痩せてないとダメとか、スマホ使いこなせないとあかんとか、早く処女を捨てなあかんとかさ。。。

今回の裁判は、「時代錯誤も甚だしい」かもしれないおばはん、ティファニー・カイリーを浮き彫りにした気がしてなりません。


明日もブログあります!



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.