Raveするぞ!! Morning Gloryville Dublin - モーニング・グローリーヴィル-ダブリン

皆さん、週末はいかがでしたか?

ダブリンの土曜日の天気は微妙で、雨も降りましたが、日曜日は雨の予報が出ていたのが嘘のようにすっかり晴れました。雲一つなしの晴天というわけではありませんでしたが。16度ほどあり、暖かかったです。だんだん夏が近づいてきてます。

そして。。。今回ティファニー・カイリーはあることを書いていません。そうです。ユーロビジョン・ソングコンテストのことを!

アイルランドは決勝にも行けず。42か国中31位という、不名誉な結果に終わりました。曲が弱すぎ!全然印象に残らなかったもの。もう、いい曲がないのなら、出ないほうがいいと思います。今年は話題にほとんどなっておらず、会社でも予選があることすら話題にならなかったんですよ。私も知らなかったし。それくらい、こちらでは盛り上がってなかったということです。結果はこちらからどうぞ。http://eurovisionworld.com/?eurovision=2017

今日のネタは4月に行ったイベントについてです。土曜日に行ったところと関係があるので、遡りたいと思います。

4月15日、日本帰国の前日、タイトルにもある、「Morning Gloryville Dublin」 - モーニング・グローリーヴィル-ダブリンにAちゃんと参加しました。前日の14日はアイリッシュの友達LEちゃんの家にお泊りした私たち。翌日はこのイベントのためにちょっと早起きし会場へ。結構強行スケジュール。日本に行くための準備もありましたが、ゆっくりしている時間なし!

さて、このイベント。ロンドンで2013年から行われている早朝イベント。ヨガ、マッサージもあれば、早朝DJもあるんです!朝からRaveするわけです。

ニューヨークやカナダ、ドイツなど、大きな都市でも行われており、014年&15年は東京でも行われていたそうです。ダブリンは2015年に初めて行われました。去年はやらなかったようですけど。

そして今年。。。

IMG_0920.jpg

場所はNumber Twenty Two。 22 Anne St S, Dublin 2。グラフトンストリート、横道を入ったところにあります。

IMG_0977.jpg

ここは昔、McGonaglesという有名なライブハウス(地下)でした。U2も若い時に何度かここで演奏したことでも有名。しかし私がダブリンに初めて来た時には、もう閉鎖してましたけど。しかし去年、レストラン&ライブ、エンターテイメント、ナイトクラブの場所として新しく生まれ変わりました!

午前9時から12時までのイベント。午前9時ちょっと過ぎに会場に到着。まだまだ人が少なかったです。チケットはほぼ完売していたはずなので、これから人が来るんだろうな~とは思いましたが。

IMG_0919.jpg
早起きしてきた皆さん。

IMG_0921.jpg
受付を済ませる。

受付の場所の右手奥にはバーがあるんです。本棚とかたくさんあって、お金持ちの家の小さいリビングみたいになってました。ここでヨガが行われました。ちなみにこの日の皆さん(男女)の服装はほとんどレギンスにTシャツ。ヒール履いて、ナイトクラブに来るような格好の女性も数人見かけましたが、彼らの方が場違いな服装になっていたのが面白かったです。早速私たちも目的、ヨガへ直行!

IMG_0927.jpg

マットは安物PVC加工だったので、ちょっと滑る。しかもフロアーが平坦になってないところもあり。カーペットの上にマット引いてるし。やりにくい。しかし、こういうイベントで真剣にヨガをやろうと思っている方が間違いだろう。ヨガ初体験の人も参加者にたくさんいましたし!20分くらいのレッスンを、ヨガのインストラクターさんたち3人で回り持ってました。とはいえ、結構この早朝ヨガレッスンが意外とよかったんですよ~。ヨガ初体験の人にはちょっときつかったと思う。

二階には席があって、舞台が見れるようになってるんです。ヨガ前の写真。DJ(一階)はまだいませんでした。

IMG_0923.jpg

しかしヨガ終了後には人が集まり出し、踊り出しました!

IMG_0930.jpg

2階ではマッサージも行われていましたが、予約が必要。私たちは予約してなかったので、やってもらえず。

IMG_0932.jpg

早朝、マッサージしてもらっている横(一階)ではDJが音楽をガンガン流し、踊る皆さんがいるという光景がすごく変ですが、これもありな早朝イベント、Morning Gloryville Dublin。

IMG_0934.jpg

ナイトクラブ、いいえ、モーニングクラブもおもろいやん!上から吊り下げられた訳の分からない飾りを使って踊る人。朝からハイパーよ。お酒飲んでないのに!

IMG_0936.jpg

ミラーボールの下で早朝ダンス。うん、これもありよ。

IMG_0938.jpg

4月15日はちょうどイースター真っ只中。ということで、イースターバニーも登場!舞台で踊ってました。バニーの飾りを頭につけてる人もたくさんいたし、ヘンパーティーで来てる皆さんもいた。小さい子供を連れて来てる人もたくさんいました。イースターエッグハントのイベントがあったからでしょう。そんな子供たちも大人に混じって踊っていました。ほぼ、

なんでもあり状態。

IMG_0948.jpg

早朝イベントなため、お酒は買えません。しかし、朝食は買えました。地下にある小さなバーで女性が一人で切り盛りしていました。おかげで行列!

IMG_0950.jpg
並ぶ皆さん。

IMG_0954.jpg
一人で頑張っていました。

Number Twenty Twoはレストランでもあるのですが、彼らが食事を出していたわけではなく、ダブリンにあるお洒落なカフェの一つ、LOLLY & COOKS が出店していました。http://www.lollyandcooks.com/

こちらはバナナとココナッツのグルテンフリーケーキ。確か3ユーロほどしてた気がする。
IMG_0952.jpg

チョコボールも、チリが入ったりしてました。普通のチョコボールではありませんので、好き嫌いがあるでしょう。一つ2ユーロ。
IMG_0957.jpg

ブレックファーストボウルの中身。ギリシャヨーグルトにフルーツやグラノーラを乗っけてくれます。4ユーロほどしてました。
IMG_0956.jpg

結構なお値段がするのが玉に瑕。紅茶以外、食べ物はAちゃんと分け合って食べました。
IMG_0959.jpg

ちなみに、ネットではこの日、スムージーを売ると書いてあったのですが、お店は見当たらず。Aちゃんがえらくがっかりしていました。

私たちが食べている間も音楽は鳴りやまず、踊る皆さん。ステージではその間に、フラフープを使って演技をする女性が2度登場し、エンターテイメント!

IMG_0967.jpg

IMG_0972.jpg

無事に(?)午後12時にイベントは終了いたしました。

こちらのイベントは無料ではありませんので、お金がかかりますけど、大して何もすることがないイースターにこのイベントは良かった!来年も参加しようと思います。

ちなみにこのイベントは年に1回ではなく、度々行われるそうなんです。今年は来週20日の土曜日に行われます。場所はOpium roomカムデンストリートにあります。ここもレストランが一階。2回がライブハウスです。https://www.facebook.com/events/118617175364493/
チケット販売中。https://www.eventbrite.com/e/morning-gloryville-weekender-festival-mode-tickets-34030770952

明日は土曜日に行ったNo. Twenty Twoについて書きます。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Darkness into Light 、チャリティーラン/ウォーク017-後編

昨日の続きです。

午前5時20分を過ぎました。

それにしてもフィニックスパークは広いから、自分がどのあたりを歩いているのかさっぱりわからず。Great Ireland Runとは違うコースを歩いているのだけはわかりましたけど!フィニックスパークの地図はこちらからどうぞ。地図からは大きさがわかりませんけど。1,752 acres (707 hectares) で、ヨーロッパにある大きなシティーパークの一つです。https://marla.ie/illustrated-maps/

4k超えたところだったでしょうか?こちらにもステージが用意されており、コーラスの人たちの演奏がありました。もうすぐゴールとあってか、立ち止まって見ている人が何人かいましたが、私たちはそのまま歩きました。

IMG_1039.jpg

おお、Papal Cross(教皇十字)が見えてきた!もうすぐゴールか?

IMG_1040.jpg
1979年、教皇ヨハネ・パウロ2世がダブリンを訪問した際に建てられました。

かなり明るくなってきました。

IMG_1041.jpg

フィニッシュラインが見えてきました!

IMG_1046.jpg

ゴ~ル!午前5時35分くらいでした。

IMG_1047.jpg

ゴール付近はえらく混んでおり、なかなか前に進めず。係りの人たちも、「立ち止まらずに歩いてください!」としきりに言っていました。立ち止まって喋ってる人とかいるんですわ。自分はゴールしたからホッとしてしまい、周りが見えないのでしょう。って、続々人が押し寄せてくるんで、見えないはずはないけどねえ。自分勝手な人ってことかしら。

ちなみにマイクを持った女性がいたんですが、この人がえらいハイパーでした。Wow!!! とやたらに言っていたんです。大変な仕事してるわ~、朝の5時半からと思いました。

写真写りが悪いですが、どんどん人々がゴールを目指して歩いていました。黄色いTシャツの波!素晴らしい光景でした。

IMG_1048.jpg

スタートとフィニッシュラインの写真を見てお気づきでしょう。

Hope stars here.

Hopeに終わりはない。まさにその通りです。フィニッシュラインが終わりではない。

IMG_1049.jpg

ということで5K歩き終わりました。右膝と腰が痛かったですけど、何とか歩ききりました。おかげで(?)今も腰が痛いので、走るなんてとんでもない状態であります。

歩き終わった人たちのために、ボトルの水とシリアルバーが配られていたんですが、もらおうとする人たちが行列し、えらいことになっていたので、私たち3人はもらわず。でもこちらは人がほとんどいなかったのでもらえました。

IMG_1226.jpg
結構すぐに濃い紅茶が出ます。ミルクを入れて飲むのにぴったり。

ソーセージロールと紅茶(ティーバックでなく)も無料で配られていたんですが、並んでもらっていると、先にゴールしていたAちゃんを含む4人に申し訳ないので、そのままもらわず帰宅しました。

IMG_1051.jpg
ソーセージロールが配られていた場所には大勢の人が順番待ち!えらいことになっていました。

IMG_1050.jpg
紅茶のテントも同様。

実は歩きながら、「お腹が空いた。」としきりに言ってたんですよ。喋りながらも頭の中は食べ物のことばかり考えていました。マックのエッグマフィンが頭の中を駆け巡ってました。だからソーセージロール、食べたかったんですけどね。(今週からは肉を食べる事を避けます)結局、途中でマックにも寄りませんでした。お金を一銭も持ってなかったからです。代わりに日本で買って持って帰ってきた東京バナナを自宅で一つ頂きました。

ちなみにこのイベントのために、ダブリンバスがシャトルバスを出していました。

IMG_1052.jpg
素晴らしいですね。

IMG_1054.jpg
帰宅する参加者の皆さん。


今回はGreat Ireland Runと違い、チャリティー目的であったため、タイムはなし。でもタイムなんてどうでもいい。参加して、参加者全員が歩ききることの方が大事ですから!

今回初参加して思いました。アイルランド人ってチャリティー精神が旺盛。本当に頭が下がる。ジャガイモ飢饉で苦労したり、イギリスに支配され制圧され、苦労した経験があるからではないでしょうか?苦労した人ほど人を助けるということ、サポートするということに惜しみなく力を貸すんだと思う。日本とはえらい違いやなと思いますね。日本って、本当にチャリティーイベントが少ないもの。こちらはしょっちゅうチャリティーイベントやってますよ。こういった大きいものから、ローカルでやる小さなものまで。イギリスも同様です。

とにかくだ。今回のイベントで集まったお金で、一人でも多くの人たちを助けられ、自殺を考えている人を一人でも多く救えるといいなと思います。http://www.pieta.ie/

来年もまた参加したいと思います。Aちゃんは来年はもっと早く家を出て、スタートライン近くを陣取って走ると言っています。来年は私も走りたいです。

それではちょっと早いですが、今週のブログはこれで終わりです。来週月曜日にお会いしましょう。皆さん、良い週末を!ダブリンは今日もいい天気です。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Darkness into Light 、チャリティーラン/ウォーク2017-前編

皆さん、週末はいかがおすごしでしたでしょうか?

土曜日は曇りで寒かったんですが、昨日、日曜日は晴天!17度ほどあって、暖かかったんですよ。これが毎日だったらな~と思います。ちなみに今日も晴れていますが、昨日ほど暖かくはないです。

さて、曇っていた土曜日の早朝、先週お話していたDarkness into Lightに参加しました。

ダブリン市内でも何か所かで行われていたのですが、私たちはフィニックスパークで行われるものに参加しました。

今年の参加者はアイルランド中で150,000以上。フィニックスパークの参加者は12,000人とニュースでいっていました。去年よりも参加者が増えています。毎年増えていくんだろうと思います。始めたころは400人ほどだったそうですから、本当にポピュラーなチャリティー・ウォーキングイベントです。

それだけPieta(ピエタ)Houseをサポートしようとする人が多いということでしょう。自殺した人や、自殺未遂をした人を知っているという人が多いからではないでしょうか。誰か一人はそういう人を知っているのではないでしょうか?私の場合、従兄が自殺しています。アイルランドでも自殺者は多いのですよ。特に男性。田舎の方は特にだそうです。

午前3時30分過ぎにフィニックスパークに到着。車を止め、他の友達と待ち合わせ予定であった場所はすでに警官が立っており、満車。もちろん入れてもらえず。近くに路駐しました。その後みんなとは3時40分くらいに会い、友達からこのイベント用のTシャツをもらい、スタートラインへ!

Tシャツはこちら。

IMG_1225_20170508042013d05.jpg

ネットで登録するのですが、その際にサイズも登録します。ちなみに今回はグループとして登録。5人以上でグループとして登録すると、参加料が少しお値打ちだったんです。確か個人では25ユーロだけど、グループだと20ユーロ。

Tシャツは会場でその日に受け取れます。でも友達は数日前にショップでみんなの分ももらってきてくれました。(Tシャツが貰えるショップが決められている)。サイズは登録の際に指定します。

中には自分たちで作ったTシャツを着ている人もいました。家族のどなたかかが自殺したようで、その人の顔つきのTシャツを着ている人たちがいました。素敵なアイディアだと思いました。中にはTシャツを着ていない人もたくさんいました。誰もチェックしないんで、参加費を払ってなくても公園に入って、スタートラインに並べますからね。Tシャツを忘れたのか、締め切り後に参加しようと決めたからかもしれません。もしその人がケチだから払わず、こっそり来て参加しているのだったら嫌だなと思いました。

Tシャツにハート形のが付いているのがわかりますか?当日会場で無料でもらえるバッジなのですが、ハートの色により、亡くなった方が自分とどういう関係にあった人かがわかるようになっているんです。私はそれを知らず、ピンクのをもらってしまったんですが、これは自分の旦那やパートナーが亡くなった方用のでした。まあいいや、ということで付けて歩くことにしました。

午前4時前なので外は真っ暗!たくさんの人が黄色いTシャツを着て歩いてるから、彼らの後をついて行けばいいのですが、足元は真っ暗で何も見えず。懐中電灯が要ります。持参してよかったです。

スタートラインに到着。

IMG_1023.jpg

とは言え、スタートラインからかなり離れた後ろの方にいました。人が多すぎてびっくり!小さな子供もたくさんいましたし、ティーンエージャーもたくさんいました。わんこもたくさんいましたよ。大きな犬はTシャツ着てました。むっちゃ可愛かったですよ。

IMG_1024.jpg

人が集まるイベントに無料で、とりあえず、面白そうだから参加してますみたいな悪ガキ8人ほどが、私たちの後ろからえらい勢いで来て、並んでスタートを待っている人たちを押しのけて、前に行くんですよ。Tシャツ着てたのは二人だけ。着てるだけましでしたけどね。とにかくすんごい迷惑でした。どこにでもこういう迷惑馬鹿はいるもんだ。

とにかく暗いので、こういう人達もたくさんいました。来年は私もライトアップしたいです。

IMG_1029.jpg

4時15分、予定通りスタート!

IMG_1027.jpg

私たちのグループで歩いたのは私とCちゃん、彼女の友達のLAちゃんの3人。Aちゃんを含む4人は走りたいからと、スタートラインの近くまで行ってスタートを切っていたんです。しかしあまりにも人が多く、しかも歩く人がほとんど!ということで、歩く人をよけて、暗闇の中を走るのが難しかったらしく、Aちゃんは走るのを途中で断念し、歩いたそうな。ほかの3人も走ったり、歩いたりしたそうで、5K完走はしてませんでした。

スタートライン近くのステージではコーラスグループの演奏もありました。

IMG_1028.jpg

とにかく暗い。でも、暗い中を大勢で歩くのって、不思議な感じです。こんなのは人生の中でやったことがない!初体験!CちゃんとLAちゃんとペラペラ喋りながら歩きました。右膝が痛かったので、早歩きも出来ずだったので、ちょうどよかったです。


あっという間に、午前5時前。ちょっと明るくなってきました。

IMG_1033.jpg

道路があるんですが、芝生の上を歩く人も多くいました。芝生を歩いてショートカットしている人たちもたくさん!私たちはショートカットはせず、道路を歩きました。

IMG_1034_20170508050431050.jpg

どこを見ても人、人、人!みんなサポートしたいという気持ちは一緒です。大勢で一つのことをするって素敵やなと思いました。

IMG_1037.jpg

続きは明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

2017・Japanese Film Festival (日本映画祭)始まる!

4月1日からアイルランドで、Japanese Film Festival (日本映画祭)が開催されます。

JF 1
毎年4月に開催。今年で9回目だそうです。(filmireland.netより抜粋)

始めた当初は4本の映画を3回所で放映していただけだそうですが、(間違っていたら訂正願います)今年はダブリンはもちろん、ゴールウェー、コーク、ダンダーク(Dundalk), メイヌース(Maynooth), スライゴ、リムリック、ウォーターフォードで開催!46スクリーニングだそうな。大規模になりましたねえ。

アイルランドにお住いの方は、ちゃんと事前に情報を得て、見に行っていると思います。在アイルランド日本大使館からも情報が来ますし、毎年4月に開催ですから。

しかし私はあんまり日本映画が好きではないのですよ。なのでいつもふ~んという感じで、わざわざ見に行くことはありませんでしたし、皆さんにお知らせすることもありませんでした。

しかし!

今年は絶対に見たいと思っていた映画があったんですよ。だから注意していたつもりが。。。ダブリンでの上映は26日の日曜日にすっかり終わってしまっていました。何が見たかったって、これですよ。すごく人気があったんですよね?日本で。

JF 2
「聲の形」。英語のタイトルは、「A Silent Voice」。(thingstodoindublin-ireland.comより抜粋)

昨日知って、超がっかりでしたよ。

日曜日は朝から、AちゃんとBさんと3人で、キルケニーまで行ってたんです。最近保護された、可愛いメスのわんこ(多分1歳)がおうちを探しているってことで、わんこに会いに行ったんですよ。それで1日が潰れてしまったんですよね。映画見るとか、全然頭になかったですよ。

ああ。。。見れなんだのは本当に悔しいわ。「君の名は」は見に行ったのに!といっても、この映画も上映するのを友達から聞いて初めて知っただけでした。

とにかく、日本映画、アイルランドでも人気出てきてる!「君の名は」(英語のタイトル「Your Name」)が上映した時は、チケットが売り切れてましたからねえ。事前に予約しておいて助かりました。

この時はイタリア人の友達ASちゃんを連れて行ったんですよ。あの映画は田舎と都会でわかりやすく表現されてたじゃないですか?画像もきれいだし、手が込んでる。だからえらい喜んでましたよ。日本に絶対行きたい!と言っていましたし。(来年行くらしい)

アニメ文化というものは、オタク文化であり(特に、今のきれいな、目が大きくて、8等身の絵。日本人にはあまりいない系)日本の文化とは違うという人もいて、「君の名は」に悪評を付けてた人もたくさんいたみたいですね。私はこの映画、大好きでしたけど。

でも外国人にとっては、私たちが思う以上に、日本のアニメはすばらしい存在のようです。イタリア人やスペイン人、ブラジルでもそうだと思いますけど、小さい時から日本のアニメを見て育っているので、日本のアニメにはたくさんの思い入れがある。ストーリーに夢があると言いますしね。

日本のアニメは昔から目がでかいじゃないですか?外国人の友達が必ず言いますもん。日本のアニメの特徴は目がでかいことだって。しかし、それを怒る人はいませんしねえ。アニメが日本の文化になっててもいいと思うけどなあ。そう捉えている外国人は多いんじゃないかなあ。

今思いましたけど。。。今流行りの人物像の描き方って、昔で言ったら、キューティーハニーですよね?今に始まったことじゃないと思うけど。。。まあ、あくまで個人的意見ですので、念のため。

JF 3
大好きでした。レコード持ってます。B面の「夜霧のハニー」は名曲だと思う!(search.yahoo.co.jpより抜粋)

とにかく、こちらに住んでいる人にとっては、ちょっと日本が覗けるいい機会。そういう方の為にも、日本映画好きな日本人以外の方の為にも、これからもっとフェスティバルが大きくなるといいなあと思います。

ちなみに、今回放映される映画の中で、「これだけは見とかなあかんで!」というのがありましたら、ぜひ教えてください。http://www.jff.ie/


それでは今日はここまで。月曜日にお会いしましょう!ちょっと早いですが、皆さん、良い週末を!

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  

2017年セント・パトリックスデー、笑って過ごす

皆さん、週末はいかがでしたか?

ダブリンは天気が最高に良かったですよ。晴天でした。暖かかったですよ。今日もです。でも、明日から雨の予想です。ああ、またいつもの天気に戻るのか。。。と思うと悲しいですよ。それでは、先週書けなかったネタを書きます。

セント・パトリックスデーをどう過ごすか。。。

海外に出たり、ダブリンにお住いの方は、田舎の方へ旅行に行ったりする人も多い。今年は金曜日がセント・パトリックスデーだったので、前日の木曜日から会社を休んだり、月曜日は会社を休んだりしている人もたくさんいました。

去年は何したか思い出せなかった先週でしたが、去年はサルディーニャへ行っていた事を思い出しました。イタリアでは祝わないので?状態でしたけど、それはそれでよし。来年はダブリンから脱出してもいいなあ。

今年は脱出しなかったので、どうしようという話になった。キャバン州から友達のTちゃんが来ることになり、何かしなくては!ということで、どうしようか迷っていたこちらのイベントへ行くことに。

comic.png
チャリ-イベントでもありました。(3 Arenaのサイトより抜粋)

アイルランドに住んでいる方は、名前を見て、知っている人が何人かいることでしょう。有名な(そんなに有名じゃない人も含む)コメディアンの人たちが一堂に会し、舞台に立つんです。Stand up comedy。お笑いです。ちなみにこの日の収益の一部、、250,000ユーロがホームレスの人たちのために使われることになりました。


午後7時からスタートとなっていたので、7時前に入ったのですが、7時10分前でも空席が目立ち、一瞬チケットが売れてなかったのかと勘違いするほどでした。

IMG_0611.jpg

しかしその後、席は埋め尽くされました。

IMG_0614.jpg

セント・パトリックスデーなので、私たち3人は緑色の服着たり、頭につける飾りまで持っていたのに、緑色の服を着てる人がほとんどおらず!みんなお洒落な着こなしで着てました。ちょっと浮いてしまっていた私たち。がっかりもしたけど。

しかもみんな遅れて来るんですよ、会場に。ショウが7時半ちょっと前に始まったのですが、ものすごい数の人が遅れてきていました。時間にルーズなのはアイルランド人の特徴ですけど。

片手にはビールなど、お酒を持っている人が多かったのも特徴。遅れて会場に来ても、お酒は絶対買うという人が多いんですよ。ショーの途中で買いに行く人も多いしね。いつも思うけど、ショーの間はお酒を売るのをやめてほしいですわ。いちいち席を立って、お酒階に行く人のためにどかないといけないのが嫌なんですよ。せっかくこっちはショー見てるのにさあ。

それはともかく。

有名な人たちが何人か出てましたので、何人かご紹介します。今回のステージのビデオはないですが、Youtubeからリンクしてみました。どんな人かこれで一目瞭然でしょう。

まず一番手は彼、ダラ・オブリエン。イギリスにお住いの人なら絶対知っているアイリッシュコメディアン。BBCで番組持ったりしてますしね。イギリスで大成功している、アイルランド人のコメディアンです。



テレビではやはりF語は使いませんけど、舞台ではかなり使っていました。彼だけでなく、ほとんどの人が使ってました。使うことが普通なアイルランドではOKですわ。とは言え、年配の人とか、カソリック信仰が深い人にF語はやっぱりいけませんけどね。彼はやっぱり面白かったです。さすがですね。観客も彼のことが好きというのがよくわかった。

そして2番手はこの人でした。知ってます?私はこの人のこと、全然知りませんでした。





舞台ではやはりテレビでは喋れないことをを喋っていて、会場は爆笑の渦!セックスネタはやばかったです。あえて書きませんけど。この人は喋りのテンポがものすごくいいですわ~。かなり笑わせていただきました。この舞台後から、彼は私のお気に入りコメディアンになりました。

数人知らない人が出てきて、まあまあ面白いと言ったところ。この人はNaked Cameraという番組で、こちらでは有名になった人です。嫁とのセックスの話してました。面白かったけど、お気に入りじゃなかった。



彼らのことはこの日まで全く知りませんでした。そんなに有名じゃないと思います。面白いというより、才能あるなあと思いました。この日の舞台も、下のビデオのように、オーディエンスを舞台にあげてました。Aちゃんは彼らが好きらしい。



彼、エド・バーンもイギリスで成功した、アイルランド人コメディアンの一人として有名。期待していたほど面白くなかったので、ちょっとがっかりでした。ちなみにパイプカットのネタでした。



彼も出てましたよ。ファーザーテッドのネタはやりましたが、少しだったので良かったです。



彼女は最近RTEに出演している、アリソン・スピトルさん。今はビデオの時よりも服装がもうちょっと派手です。金曜日はこれとほぼ同じネタやってました。面白かったですけど、涙が出るほど面白いわけではなかったです。


そして彼。デス・ビショップ。アイルランドに住んでいて、彼を知らない人はほとんどいないでしょうね。彼も面白かったんですけど、Tちゃんは面白くなかったと言っていました。人によって笑いのツボが違うからねえ。ちなみに彼は数年前、中国へ行って中国語習っていた時期がありました。RTEで放送されて、話題になっていました。彼は本当にこちらでは人気がありますよ。男前やしね。ネタで一つ、なるほど~と思ったことがありましたので、それは後日に書きます。



最後はこの人でした。ファーザー・テッドに出演していましたが、わかりますか?トミー・ティラン。Tちゃんは彼が大好きだそうですが、Aちゃんは大嫌いだそうです。私はあんまりファンではないですが、面白いとは思いました。




この日、一番がっかりだったのはPanti Bliss(パンティ・ブリス)。

PANTI 1
(irishpost.co.ukより抜粋)

彼女はパブリックで話すのはとても上手だと思います。下のビデオのような場合のね。でも、コメディーとなるとちょっと違う。面白くなかったんですよ。アル・ポーターの二つ目のビデオで、イギリス人とアイルランド人のゲイの違いを言ってましたよね?イギリス人はゆっくり話すけど、アイルランド人は早口って。実はパンティ・ブリスがえらい早口だったんですよ、舞台で。わざとでしょうけど、まあ、早すぎてわけわからんわ~状態でした。TちゃんとAちゃんも、彼女が一番面白くなかったと言っていたので、私だけではありませんでした。



初めてセント・パトリックスデーにお笑いを見に行ったのですが、セント・パトリックスデーに笑うのも、なかなか良いですねえ。パレード見て、昼間から飲んだくれてボロボロになるよりずっと健全!もし、来年、ダブリンからエスケープしてなくて、この企画がまたあったら、行きたいなあと思いました。

コメディーでかなり笑ったのですが、涙が出るほど、ツボにはまって笑ったわけではありませんでした。しかし、この後、涙が止まらないほど、ツボにハマって笑うような事件が起こりました。続きは明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.