FC2ブログ

今年は一人自宅でCulture night (カルチャー・ナイト)2020

2020.09.17.12:59

明日の金曜日は、

毎年恒例のCulture night (カルチャー・ナイト)の日。

アイルランド中の美術館やらミュージアム、

アートギャラリー、教会、図書館やらシアター、

政府関連の建物などなど、

この日の午後5時頃から午後10時時頃まで一斉に無料開放する日。

毎年すごい人気で、

ものすごい人出!

この日にディナーに出たらカルチャーナイトの人たちに巻き込まれれて大変!

ツアーは事前予約がいるところがほとんど。

要らないところだとものすごく長い行列に加わらないといけないことも多い。(ツアーでなくても)

ダブリンではダブリンバスが無料シャトルバスを出してイベント開催場所間の移動をしやすくしてくれていて楽です。

しかし!

今年はコロナ蔓延してる。

開催はされますけど、

オンラインでトークのところもかなり多いし、

ツアーをキャンセルしてしまったところもある。

ツアーはやってくれるところは意外とたくさんあるように思いましたけど、

たぶん人をそんなに取られないこともあってか、

Bookd out!

ネット発表が8月上旬くらいなはずなので、

去年から行くところを狙っている人は、

発表と同時にさっとウェブサイトで確認して予約する。

9月にチェックしてる時点で遅いんですけどね。

ダブリンバスもさすがに今年は無料シャトルバスはない。(私の知る限り)


今年は全く盛り上がれないカルチャーナイトですけど、

悪いことばかりではないかな。

いつも並んで見に行っていたところとか、

トークに参加するにも並んだり、

席がなくて座れなくて立って聞いてたなんてことがよくあったし、

トーク中に喋るやつとか途中でバタバタと入ってくる奴とかいて集中できないこともあったけど、

今年は自宅でオンラインで聞けるし見れるから、

楽っちゃ~楽ですわ。


来年はいつも通り開催されるとは思いますけど、

それでもオンラインでトークを見れたり、

ヴァーチャル・ツアーをそのまま来年もやってもいいんじゃないかと思いますね。

病気で行けないとか、

足が悪くて歩けないけど見たいって言う人にはとってもいいもの。

私は明日は最近できた新しいアイリッシュの友達と、

とあるところで飲むんです。(お酒とちゃいます)

どうせ長居はできないから早く自宅へ帰って、

"一人カルチャーナイト"

しようと思います。

興味のある方はこちらからどうぞ。たくさんイベントがやりますよ。
https://culturenight.ie/events/dublin

後ほどランニングシューズのネタの続きをアップします。

えっ?うざい???すみません。興味のある方だけ読んでくだされば光栄です。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



50手前で初体験!Chanting & Chai(チャンティング&チャイ)

2020.02.03.14:06

皆さん、週末はいかがでしたか?

1月31日、ブレグジットでしたね。

イギリスでは喜んでいる人たちをたくさんテレビで放送していたし、

各新聞社の一面記事はポジティブだったようですが、

スコットランドは嫌がってるし、(独立してEUに入りたいようです)

北アイルランドの問題もある。

ブレグジットだからってすぐにビジネスが変わることはまだないんですよ。

これからが本番、EUとの話し合いでいろんなことが決まっていくので。

でももう大きい会社なんかはずっと前からブレグジットの為の対策を取っているようで、

アイルランドに会社を移したところも結構多いようですしね。

12月31日までは今までと一緒ですが、

それをすぎると下手すればイギリスが私達と一緒のNon-EU扱いになる可能性があるので、

銀行のサイトにもその件についての注意書きがありますしね。

これからもっといろいろ詳しいことがわかってくるでしょう。

初めてのことだから誰も100%こうなるなんて言い切れない状態ですのでね。

今後の情報に注目ですな。


初めてのことと言えば。。。


土曜日、こちらのイベントに行ってきました。

IMG_7477.jpg

マントラ(サンスクリットで、「文字」「言葉」「祈り・呪文」を意味する)にメロディーを付けて歌うんです。

神々への賛歌を歌うようにして口に出して唱えます。

チャンティングとは聞くけど、

それがどんな感じなのかよくわからずだったティファニー・カイリー。

相変わらず無知である。

無知ついでにこのイベントに参加してみることにしました。

このイベントは無料!!!

だから行きやすかったのもあります。

場所はダブリン・ノースサイドにあるドラムコンドラ(Drumcondra)という街です。

Croke Park(クローク・パーク)があることでも有名ですし、

俳優のエイダン・ギレン(Aidan Gillen)の出身の街としても有名です。

ドラムコンドラを走るメイン道路、ドーセットストリート(Dorset Street)沿いにあるこの建物で行われているイベントです。

IMG_7476.jpg

1890年に建てられた建物だそうだ。

昔は学校だったそうですが、(建物にSchoolと書いてあるし)

1970年に閉鎖し、

1982年にコミュニティーセンターとしてオープンしたそうです。

午後2時少し前に会場に着いたら、もうたくさんの人でびっくり!

このイベントをオーガナイズしている方Shay(シェイ)さんがたまたま私の目の前にいらしたので、(ネットで写真見たのでわかってた)

自己紹介。

「何かよくわからんけど来たんです。」

と私が言うと

「それでいいんですよ。」

笑顔でと言ってくれました。

なんてええ人なんや!!!

ちなみに歌を歌うのと瞑想をやるくらいはわかってましたよ。

あほはあほやけど、そこまであほではないことだけここに記しておきます。

結構大きいイベント会場で、

前にステージが用意されていました。

その前には絨毯が引かれており、

そこに座ってもOK。

その周りにはたくさんに椅子が置かれているので、

椅子に座ってもOK。

私は初めてということもあり椅子に座って参加することにしました。

IMG_7471.jpg

インドっぽくていいじゃない~!

あれよあれよという間に人が続々と集まり、

会場に置かれた椅子にはほぼ全員が座るという状態。

たぶん参加者は85人くらいはいたんじゃないかと思います。

椅子の上にはこちらが置かれていました。

IMG_7481.jpg
このイベントのソング集本です。

中にはたくさんのマントラや歌が載っていました。

IMG_7479.jpg

アイルランド語の歌もあるし、

IMG_7480.jpg

英語ももちろんありました。

IMG_7478.jpg

どれも歌詞が短い。


歌うって。。。そんな感じなんだろう~???


私は一人で今回参加しましたけど、

一人ででも平気。

そういう人もたくさんいるので、

友達がいない寂しい人と思われるのが嫌だなんて思わなくて大丈夫。

私の場合、大概目についたイベントには一人で行くのでもう慣れっこなだけですけど!

とにかく会場内がハイバイブレーションで一杯だった!

エネルギーがちゃうんですよ。

いや~、むっちゃワクワクしてきた!!!

ちなみにイベントの予定はこうなっています。

2時:OM(オーム)Chanting

2時15分:Mixed Indian Kirtan and Western Spiritual Singing

3時30分:Sitar and Silent meditation

4時:Chai and Chats!


OM(オーム)とは、一番短いマントラ。

余談ですが、アシュタンガヨガではヨガを始める前にオームを歌うんですよ。
(終わりにも歌があるようですが、私が言っていたところは初めだけ歌ってました)

アシュタンガヨガやってたときはどんな意味があるのかわからず歌ってましたわ。

とにかく午後2時はオーム。。。。と言いながら目を閉じて瞑想。これを約7分やりました。

私はなぜか瞑想中、

涙が出る出る!!!

止まらへんがね!!


涙は心が浄化された印って言うけれどどうなんかな。。。

後、本当の自分に触れたときなんてことも聞くけど。。。

そう言えばReikiのクラスのときも瞑想して涙出てたわ。


涙を拭った次は歌。

舞台に上がったオーガナイザーさんやグループの人達がギターやらを演奏し第一節を歌うので、

それを真似て次は自分たちが歌うというやりかた。

歌う前に何ページの何番の歌というアナウンスがあるので、

そのページを開いて歌う準備に入るのだ。

マントラはすごく難しくないし、

歌詞は短いし、

本はあるし、

メロディーが簡単だからフォローしやすい。

これは歌いやすいわ!!!

しかしそれを何度も何度も繰り返し合唱するのである。

この歌、いつまで歌うんやろ。。。

という疑問はあったけど、

疑問を持ちながらもず~っとみなさんと一緒に歌い続けた私。

そのうちトランス状態に入るんと違うかっぽい人を数人発見することになるのですが、

それはそれでいいではないか!

しかも本には全部ではないですが訳も少しされているので、

自分が何を歌ってるのかわかってよい。

みんなと歌うって。。。なんかむっちゃ楽しいやんか!!!


小学校の頃の合唱を思い出しました。

歌の次は瞑想だ。

最初の10~15分くらいはシタールの演奏があり、

それを聞きながら瞑想。

その後は全くサイレント!!!の中で10~15分瞑想します。

このときは涙は出ませんでしたが代わりに咳が出ました。

年の性もあって喉がドライになることが多いのよ。

次回来るときは水筒持ってこようと思いました。

そして次はChai and Chats!!!

瞑想後すぐに帰る人をあまり見ませんでした。

なぜって。。。

IMG_7474.jpg

サンドイッチ出るし!!!

サンドイッチは全粒粉パンの中にチーズのスライスが一枚とレリッシュが挟んであるだけのもの。

ちなみにレリッシュはここのやつだと思う。むっちゃうまいんよ、ここの!https://ballymaloefoods.ie/our-products/

このサンドイッチがうまかったんですわ~!

パンやチーズも食べてるのをやめている私。

しかもその後は友達とご飯という約束までしていたくせに、

思わず誘惑に負け食べてしまいました。

それだけではなく、コーヒーや紅茶、水は無料だし、

みかんやぶどう、誰かが焼いてきたビスケットもテーブルに置かれてあり、

みんな喜んで食べていました。

お腹が膨れればバイブレーションも上がる。

そして新しく出会った人たちとの話も弾む。

こんないいイベントはない!!!

ちなみに募金は受け付けており、

サンドイッチを食べたこともあり少しですが寄付してきました。

おそらくその募金からサンドイッチやらコーヒーを代を出しているのであろう。


イベント中に電話してきたAちゃんに電話。

このイベントの話をし、サンドイッチが無料でびっくりやったと話すと、

「あんた好みのイベントやん。」
「そんなイベント、あんたが見逃すはずがない。」

と言うではないか!

私がいかにも食べもの目当てに行ったみたいで嫌やわ~。

とにかくむっちゃ楽しかったChanting & Chai(チャンティング&チャイ)イベント。

しかもお腹も心もいっぱいになった。

来月も行くつもりだ。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

一人・Dublin Bowie Festival 2020 (ダブリン・ボウイ・フェスティバル)の夜

2020.01.20.14:03

皆さん、週末はいかがでしたか?

今日は先々週に行ったDublin Bowie Festival 2020 (ダブリン・ボウイ・フェスティバル)の話です。

Bowie = David Bowie

でございますよ。

彼が亡くなってから早くも3年が経ちます。

亡くなってからも彼の人気は衰えておりません。

私もしょっちゅう彼の曲を聴きますし。

そんな人気のあるデビッド・ボウイ。

ダブリンでも人気があるんですよ。

彼のフェスティバルがダブリンで毎年開かれております。

今年は今月8日から12日まで開かれていました。

IMG_7351.jpg
今年のリーフレット。

いいデザインと違います?

ボウイファンならすぐわかりますよね?

どのアルバムのジャケットからこのデザインが来てるか。。。

The Man Who Sold The Worldのジャケット。

このアルバムがリリースられてから今年で50年!!!

いやん、私と同い年やん~~~。


BOWIE 1
(Googleより抜粋)

リーフレットの中は。。。

IMG_7352.jpg

IMG_7350.jpg

IMG_7353.jpg

いろいろやっていたのですよ、いろんなところで。

IMG_7355.jpg
去年の様子の写真もありました。

展示やったり、トークやったり、ミュージックやったり。

力入ってますよね、イベントに。

彼はアイルランド人ではないんですけどね。


ということで。。。今年、私はこちらへ行ってきました。

IMG_7354.jpg

Rebel Rebelというアイルランドのデビッド・ボウイのトリビュートバンドです。

http://www.rebelrebeltribute.com/

こちらのバンドは前回私が見に行ったAbsolute Bowieの記事の時にもちらりとご紹介しました。



Rebel RebelはAbsolute Bowieと違って身なりまでなり切ってステージには上がりませんが、

歌は上手だし(デビッド・ボウイの歌は歌うのが難しいと思う)、演奏も上手。

ただドラマーはAbsolute Bowieの方が断然上手だったけど。

見に行こうかどうしようか、当日まで実は迷っていたのですよ。

Aちゃんはあまりボウイファンではないので、

誘っても来る確率は低い。

Bさんはファンなのですが、

膝が悪いので立ったまま2時間も見てられないので無理。

一人で行くしかないか~。。。

と思ったのですが、

私が入っているとあるグループがみんなで見に行くことにしていたので、

彼らと一緒に行くことにしました。


言い忘れていましたが場所はThe Academyという、アビーストリートにあるヴェニュー。
https://www.theacademydublin.com/

ネットでは一階は650人収容可能、

2階のバルコニーは200人収容可能だそうだ。

いいサイズのヴェニューですよ。

私は一階で見ました。

結構ステージの近くで見ました。

IMG_7311.jpg

IMG_7312.jpg

IMG_7315.jpg

2時間びっちり演奏してくれました。

演奏した曲は全部知っていました。

すべて有名な曲なので、みんな一緒に歌っていていい雰囲気!

年齢層はやはり私より上の人がメイン。

おっちゃんが多かったです。

20代半ばの子たちも結構おっちゃんたちに混ざっていました。

とにかくいいライブで、

私はむっちゃ楽しんだんですが、

結局一人で見ることになってしまったのですよね。

私が一緒に行こうとしたグループに問題アリだったのだ。

続きは明日に。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

再発見-REDISCOVERY CENTRE-Health and Wellness Festival-その3

2020.01.15.13:47

2階(1st Floor)には少しですがショップが並んでいました。

このセンター自体、そんなに大きくないので、

マーケットのようにはいきませんが。。。

自転車をリサイクル作業する方が作業をしておりました。

リサイクルされた自転車が並んでいました。値札見てませんので、いくらだったかわかりませんが。

IMG_7331.jpg
自転車欲しいんだよな~。ここで買おかな。

ここでは洋服も作ってるそうなので、やはり洋服が置いてありました。

IMG_7334_202001130749300a1.jpg
ランプなどのリサイクル品もありました。

その他には、

チョコレートのお店が出ていました。Om Nibblesと言います。https://omnibbles.com/

IMG_7325.jpg

IMG_7327.jpg

IMG_7326.jpg

いろんなマーケットやウェルネス・フェスティバルに行ってるから、

お店を見ると見覚えがあったりするんですよ。

でもこのお店は見覚えがなくて、

思わず初めて見るお店だとお店の人に言ったら、

「〇〇のフェスティバルでも出店してましたよ。今年2回ありましたけど、2回出店しました。」

と言われて、

あれ?私もそれに行ったけど???

しかも2回とも行ったけど???

全然店を覚えてないやないか!!!

えらい失礼こいてしまいました。

えらい失礼だったこともあり、

こちらでNatural Hemp Seeds(天然麻の種)を買わせていただきました。

毎朝会社で食べてるグラノーラに入れて食べております。

他にも。。。

IMG_7335.jpg
基礎化粧品関係や、

IMG_7336.jpg
ソープ、

IMG_7330.jpg
エコ商品、

IMG_7333.jpg
アップで。

IMG_7332.jpg
工房で作られたものが置かれていました。


午後12時半からヨガとマインドフルネスクラスがあり、

私が午前10時に参加したヨガの人たちがやっていたのですよ。

5ユーロで!

でもチケットが売り切れで行けず。

次のトークが午後2時。

この時点で午後12時45分。

次のトークがFitness & Nutritionだったので聞きたかったのですが、

午後2時までに中途半端に時間がある。

カフェ(建物にちなんでBoiler house cafeと言います)で食べて時間を潰そうかと思い、

メニューを見たら、

大きなカフェではないので、メニューが少なめ。

食事制限をしているので、

食べれる物がかなり限られている現在のティファニー・カイリー。

私が食べれないものばかり。。。

腹減ったしなあ。。。

残念ながら諦めて帰宅することにしました。

もうちょっと健康になったらここへ来て食べるわ!


小さいコミュニティーセンターでしたが、

とても素敵な場所でした。

そんな小さいセンターで行われたHealth and Wellness Festival。

ヨガもトークもお店も良かった。

半日いただけだけど、学んだ気がした。

ちなみにこのイベントでは1日券が30ユーロで売っていたのですよ。

これを買うと、

ヨガ2クラスとピラテスのクラス1クラス(5ユーロx3=15ユーロ)

そして朝食とランチが付いてくるっていうんですよ。

いいじゃないの~?

やっぱりこちらも売り切れでした。

もっと早くこのイベントに気が付いていたら、

1日券買ってたわ~。

来年もやらないかな。

REDISCOVERY CENTRE。。。小さい場所で大きな発見ができました。


それではちょっと早いですが今週はここまでです。

来週の月曜日お会いしましょう!

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

再発見-REDISCOVERY CENTRE-Health and Wellness Festival-その2

2020.01.15.13:42

ヨガの後は2階(First Floor)で行われました。

まずはPark runのお話でした。https://www.parkrun.ie/

バリモンの近く、Poppintree Parkでやっているんです。

毎週土曜日、アイルランド全土で行われているPark Run.。

5キロを走るんですが、Park runというぐらいなのでパークでやっています。

全部のパークではないので、サイトで場所を確認する必要がありますが。

1月は12月に腹いっぱい食べて太って体に付いた脂肪を落とすため、

ジムに通ったり、走ったりするのが流行ります。

この日の朝もPoppintree ParkでPark runがやっていたそうですが、

参加者が200人いたそうです!

Park runと言うからには走らないとと思いますけど、

歩いてもいいんです。

タイムは計りますが、

タイムだけでやっているわけではないので、(そういう人もいるが)

あんまり気にしなくてもいいんです。

私も過去に2回やりましたけどね。

ぜひ参加してみて!とPark runの人が言っていました。

もちろんボランティアでの参加もOK。

知らない人と喋って知り合いになったり、

ボランティア同士でお友達になったりで、

友達の輪が広がるし、

メンタル的にも良いんですよ。

走ること自体、メンタルにもいいですからね。

Park runの係の人のトーク後は、

ダブリン市長Paul McAuliffe氏もトークをし、ParkRunを薦めていました。

Mayor 1
(WWW.journal.ieより抜粋)

ダブリン市長がわざわざ来て話すってすごいね、と思いながら話を聞きました。

その後、Tracey MaCannという女性がトーク。

IMG_7318.jpg

モチベーション・トークでした。 http://traceyellenmaria.ie/

障害があるので、彼女は話せないのですが、

笑顔が素敵で、凄く可愛らしい人でした。

彼女はバリモン出身だそうです。

Ted xにも出たと言っていたので、探してみたら映像がありました。



障害があってもトレーニングして鍛えてるんですって。

アイアンマンレースに出るとか言ってたけど!すごいな。

本も出してらっしゃるので、興味のある方はいかがでしょうか?

詳しくは上の彼女のサイトでどうぞ。


その次はGer Prendergastという男性がトーク。

彼もバリモン出身だそうです。

彼はアイアンマンレースに出た人だそうだ。

IMG_7320.jpg

彼の記事はこちらからどうぞ。https://www.irishtimes.com/sport/other-sports/60-ironmans-in-60-days-meet-ger-prendergast-1.3918186

記事にもありますが、2017年にアイアンマンレース、UK Decaで優勝した人。http://www.decauk.co.uk/

結構細身の人なんで、優勝した人には思えなかったけど。

凄い人なんですよ。

彼もやはりモチベーショントークをしていました。

ちなみに彼はヴィーガンだそうです。

Netflixのドキュメンタリー、The game changersでもやってたけど、

ヴィ―ガンのアスリートが優勝したりするんだよな。

肉を食べないとプロテインが取れないってのはないということらしいですわ。

とにかく、動こう、外に出ようと話していらっしゃった。

ゴールはセットしたほうがいいのですが、

リアリスティックなものにしたほうがいい。

たまには自分自身に休憩を与えることも必要だと話していました。

途中でくじけたりするけど、

そんな自分を受け入れることも大事だと。

確かにね。

自分に厳い人って日本人に多いと思うけど、

そういう人って他人にも厳しいよね。

例えば、日本人の人に目標を決めてやったのにできなかったと話すと、

変に怒ってくる人いますよね?

私はこういう人に対し、昔から

大きなお世話!

と思って聞き流してきたけど。

それでいいやんね、と話を聞きながら思いました。

できなかったら、もっとできそうなレベルに下げてでもやるとか、

自分に向いてないってことがわかったからそれでも良しとし、

他のことに挑戦すればいいから。

まあ私はいつもこうですけど。

私の場合、飽きっぽいだけという話はあるが。。。


だから(ということはないかもだけど)、

つるむ友達も大事だということです。

怒る人じゃなくて応援してくれる人が周りにいるってことですよ。


そして食べるものはやはり自然でフレッシュなものを食べるようにと話していました。

加工品はあまり食べないようにしないといけないということです。

何度も書きますけど、

ヴィーガンが流行っているので、

最近なった人が多いと思う。

しかし、ヴィーガンになったからって、

健康とは限らない


とおっしゃっていました。

例えば、ヴィーガンだからってクリスプスばかり食べててもいいのかというと、

やっぱりそうではないから。

元同僚のブラジル人Vちゃんなんてヴィーガンだったけど、

ビスケットをガンガン食べてたし、(ヴィーガンビスケットじゃないやつ!)

バゲット一本毎朝食べてたから、

太ってたもんね。

フルーツ食べてるところってほとんど見たことなかったし。

Ger さんいわく、

3Vegs : 1Fruit

の割合で食べたほうがいいんだそうだ。

いい話聞けた!

話が午後12時半に終わり。

その後ちょっと周り(2階)・First Floor)を見て回り帰ることに。

最終回は明日です。


ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.