FC2ブログ

118年続くファミリー雑誌、Ireland's Own(アイルランズ・オウン)

2020.11.24.21:14

12月2日にレベル5の規制の期限が来ます。

レベル3に戻るようですが、

現在キャビネット(大臣たち)の話し合いが行われているところ。

パブやレストランは今年は閉まったままになると言う噂。

たぶん明日夕方以降か明後日には詳しいことが発表になると思われるので、

発表になればまたアップいたします。

ということで今日はこちらの雑誌のご紹介です。

昨日も載せましたけど、こちらの雑誌です。

IMG_8909.jpg

Ireland's Own(アイルランズ・オウン)と言う名の週刊誌である。

アイルランドにお住まいの方なら買ったことはなくても、見たことはあるはず。

1902年の11月26日に初版が発行。

アイルランド一古い、そして今でも続いてるすごい雑誌なのである。


実は私も先月まで買ったことがなかったこの雑誌。

21年もアイルランドに住んでいるのに!

知ってはいましたよ、この雑誌のことは。

Bさんがしょっちゅう買うし。

Bさん家にあるのを見るたびに、

「読んでるの?」

と聞いてしまう私。

「意外と読むところが多くていいのよ~。でもほとんど読んでない。」

と言うBさんに苦笑いするティファニーと言う構図ができてしまう。


この週刊誌、ちょっと普通と違うのですわ。

ターゲットが「家族」。

家族雑誌なのである。

だから日本の某週刊誌のようにヌードが載っているわけでもないし、

政治問題や政治批判が載っているわけでもない。

芸能人ゴシップもない。

カラー雑誌ではあるけれど、

正直紙質はそんなに良くない。

だからだろうか、値段は1ユーロ90セント!!!

安すぎる。

ではどんな内容が載っているのかというと。。。

歴史、
IMG_8929.jpg

お話、
IMG_8917.jpg

子供用のクイズや絵の描き方の紹介、(クロスワードやぬり絵もあり)
IMG_8918.jpg

有名アイルランド人のお話、
IMG_8919.jpg

レシピ、
IMG_8922.jpg

お化けの話、
IMG_8923.jpg

建物の歴史、(カイルモア・アビー、行ってみたいわ!)
IMG_8924.jpg

ペット、(Q&Aあり)
IMG_8925.jpg

ガーデニング、
IMG_8927.jpg

歌詞も載ってるから一人で家で歌える!
IMG_8921.jpg

ペンパル募集!(年齢は50歳以上の人がほとんどだが)
IMG_8926.jpg

ここで紹介したのはほんの一部ですけど、

こんな感じで結構たくさん、いろんなことが書かれておるのですよ。

ね?家族雑誌でしょ?

その週の特集だと4ページくらい書かれていて長めですけど、

大概の話は2ページまでの話がほとんど。

それに結構読みやすい。


特集になるともちろん分厚くなるので値段も高くなる。

先日購入したハロウィーン特集は3ユーロ10セント。

IMG_8920.jpg
(ルーク・ケリーのことはまたの機会に書きます)

今日出た毎年恒例クリスマス版は4ユーロ25セントだ。

IMG_8916.jpg

おお、ボノ!
IMG_8930.jpg

もちろんクリスマスネタで一杯である。


日本ではこんな感じの雑誌って意外にないのでは?と思っていますがどうでしょうか?

私はこのIreland's Ownが意外と好きです。

毎週は買わないですけど、

いい特集があれば買わせていただきます。

今後もず~っと出版が続きまように。。。

Bさんも購入してるから大丈夫かしらね。

ほとんど読んでないらしいけど!


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



マッシュルームは?

2020.11.10.19:46

イタリア人のG君が私によく言っていたことがある。

なぜBさんはどんな料理にでもすぐにマッシュルームを入れたがるのか?

という疑問だ。

彼がパスタをBさん宅で作るとBさんが必ず、

マッシュルームを入れるんでしょ?

と聞いてくるらしく、

それがかなり好きじゃないと言うんです。

マッシュルームを入れないと、

何故入れないのか?

と言われてこれまたかなり好きじゃないらしい。


イタリア料理にもキノコ類を入れる料理がある。

でもすべてと言っていいほどの料理にキノコ類、マッシュルームを入れることはない。

しかしBさんはラザニアを作るにも必ずマッシュルームが入っているし、

パスタソースを買って使うけれどそれにもマッシュルームが入っている。

もちろんアイリッシュシチューにも入っているし、

ヒヨコ豆のカレーにも入っているし、

ピザをオーダーするにもトッピングには必ずマッシュルームを乗せる。

最近オープンしたBさん宅近くの美味しいピッツェリアがあるんです。(近くご紹介します)

初めてオーダーしたときにマッシュルームが乗ってないし、

トッピングとしてもなかったのでなぜないのか?あるのが普通だと不満を漏らしていたのだ。

ピザにはマッシュルームでしょ、というわけだ。

No mushrooms = No life


なのだろうか?


でも何故マッシュルーム???



どうもBさんはマッシュルームを入れることによって料理をかさましできると思っている節がある。

マッシュルームを入れないと料理が寂しげに見えると言うのだ。

しかも入ってないと退屈な料理に見えるとも言う。

ともあれBさんはマッシュルームが好きではある。

実はAちゃんもだ。

サラダに生でマッシュルームを入れて平気で食べている。

私は生でマッシュルームを食べることはしないし、サラダには入れない。

入れるなら調理したものを入れるであろう。


マッシュルーム好きなのはBさんとAちゃんだけなのか?



と思ったが。。。実は違うと言う事実を発見!!!

先週ご紹介したパスタのお店Fasta。

ブログにアップした新聞記事に実はこんな一文が書かれていていたんです。


"My mum's 'carbonara' contains mushrooms, cream and bacon."


出た!マッシュルーム!!!

この一文で確信したんです。

マッシュルームを料理に入れたがるのはBさんやAちゃんだけではないと。

そういえばBさんの親友Cさんも先日ピザのトッピングにマッシュルームを選び、

マッシュルームが乗ってないのはおかしいと言ってたのを思い出したのだ!

It's an Irish thingやん!!!

アイルランド人はマッシュルームを料理に入れたがるという結論に達したのだ。

いや、そんなことはないと言う人もいるであろうが私はそう思う。

その証拠に、新しくオープンしたピッツェリア。

2週間後にはマッシュルームがトッピングとして加わっていました!!!

どうもBさんの近所の女性が、マッシュルームをトッピングに入れてほしいとお店にリクエストしたらしいです。


G君がダブリンに戻ってBさん家で「マッシュルーム」という単語を聞いたら今度こそ気が狂うかもしれない。

今年はダブリンに戻らずサルディーニャ島でマッシュルームのことを忘れてゆっくりして欲しいと思うが、

相変わらずお母さんと二人きりのサルディーニャ島生活で、

お母さんと毎日口喧嘩しているらしい。

「マッシュルームは入れないの?」

とBさんに言われていた方がまだましのようだ。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

25周年記念スタンプ-Father Ted (ファーザー・テッド)

2020.09.11.21:45

この件をすっかり書くのを忘れていました!

超面白いコメディーで、

アイルランド人に超愛されている、

Father Ted (ファーザー・テッド)。



テレビ放送25周年記念を記念して、

先月27日にAn Post(アイルランド郵政事業)が記念スタンプを発売したんです。

すっかり記事にするのも、

自分で買いに行くのも忘れておりました。

相変わらずあほですわ~。

すみませんでした。

近所の郵便局へ買いに行ったらもうこちら(下の写真の物)しかありませんでした。

もうちょっと高い(8ユーロ位してた)ブックレットがあって、

それが欲しかったのですが。。。

まあいいです。

こちらのブックレットは5.70ユーロ。

IMG_8575.jpg

中を見てみると…

IMG_8576.jpg

アップで見てみましょう。

ファーザー・テッドファンなら笑いますよ、これ。

IMG_8577.jpg

IMG_8578.jpg

そう、彼らのクオートがスタンプになっているんです!

さすがにファーザー・ジャックの "Feck, arse, drink, girls."は切手としては使えなんだのでこちらになったのかしらね。

でもこれも面白いからいいわ~。





" That money was just resting in my account."なんてむっちゃいいクオートが切手に使われたと思うわ~。

ちなみに下の写真は海外用の切手(W)でございますので貼り間違えないように!"Careful now" 🤣

IMG_8579.jpg



ブックレットの裏は。。。

IMG_8580.jpg

番組内の他の面白いクオートが載っており、

読みながらもう一度笑えます。

そしてもう一面にはファーザー・テッドの説明が載っております。

IMG_8584.jpg

25年経った今でも、

アイルランド人の心のよりどころとして存在し続けているコメディー、ファーザー・テッド。

コロナで時代が変わっても、

人々はこのコメディーを見続けることでしょう。

余談ですが、An Postの調査では、以下4つのエピソードが人気があるんだとか!

‘Hell’ (“Small … far away”) (21%)
‘Speed 3’ (Dougal on the milk float) (18%)
‘Kicking Bishop Brennan Up the Arse’ (17%)
‘A Song for Europe’ (My Lovely Horse) (16%)

う~ん、どれもむっちゃ面白いエピソードやから選ぶの難しいけど。。。

私は‘A Song for Europe’ (My Lovely Horse)が一番好きなエピソードかな?

スタンプはまだ売っておりますよ。オンラインでも購入可です。https://www.anpost.com/Shop/Special-issue-stamps


土日、時間があればウイスキーの記事をアップする予定でございますが、

明日も2時間だけですがオフィスへ行って仕事なのでどうなるか。。。

ということで、念のため、皆さん良い週末を!



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Only in Ireland - シャトルバス・ハイジャック事件と当たり屋

2020.01.10.14:02

こんな記事を書くと、

愛・アイルランドの方々に怒られかもしれませんが、書きます。


一昨日、Aちゃんと自宅のキッチンで喋っていると、

テレビでこちらのニュースが流れたんです。

"ホテルのシャトルバスがダブリン空港で盗まれる"

あら、えらいこっちゃ!

と思ったけど、

なんでシャトルバスを盗む???

という疑問が私達二人に沸き起こった。

しかもシャトルバスが盗まれたのは、

シャトルバスの運転手が3人の旅行者を乗せ、

もう数人迎えに行くためにちょっとバスを離れたときに盗まれたと聞きました。

旅行者たちはアメリカ行きの飛行機が遅れ、

ダブリンにステイしなくてはいけなくなったためホテル(クレイトンホテル)のシャトルバスに乗っていたらしい。

盗んだのはアイルランド人男二人組。

もう捕まってこれから裁判になるんですけど、

かなりのスピードで運転してたらしい。

ダブリン空港から北へ逃げていったんです。

途中車をボコボコにし、

違う車に乗り変え暴走し、

結局警察に追われ(ヘリコプター出動)捕まったらしいですわ。

しかし、載っていた3人の観光客は、

自分たちの載ったシャトルバスがハイジャックされたなんて気が付かんかったらしいんですよ。

気がついたのは、

車から降ろされてホテルに行ったら、

予約が入ってなかったので気がついたらしい。

旅行者の皆さんには申し訳ないけど、

気がついたのは、ホテルに行って予約がなかったからと聞いて、

思わずワロてしもたAちゃんと私。

こんなことってあるん???

と思いますけど、

ありましたね、アイルランドで。

かえって旅行者のみなさんが気が付かなかったから、

何もされずに済んだと思う。

彼らは不幸中の幸いやったわけですわ。

でも、こんな事件、聞いたことない。


アイランドではいろんなことが起こりますな。


うちの近くの道路では、

走っている車にいきなり歩道を歩いていた男が飛び出してきて、

車にわざとはねられ、

運転手に金を要求する事件が多々起こっているらしい。


当たり屋は日本でもあるけど、

車で当たってくるわけですよね、普通。

自分自身の体で当たってくるやつはなかなかおらんと思うよ、日本では。

自分の体を犠牲にしてまでもあぶく銭がほしいのか???

金欲しさとは言え、

なんか変な意味で勇気ある。

褒めてはいませんよ、言っておきますが。

しかしだ。

自分の体で当たり屋になって車に突っ込んだ様子を、

たまたま車にカメラを搭載していた人に撮られ、

現在FBにアップされてるんですよ。

ちなみに男はカメラが車に搭載されているのにすぐ気がついて、

運転手相手に怒鳴らず、さっさと歩いて去ったんです。

このビデオのおかげで近所の人たちが、

「こいつ知っとる!」

「この道路の前のマンションに住んどる男。」

「私が行っているジムに来てる男。」

「名前知っとる。」

などと言い、身元が完全にバレバレ。

あほよね~。

自分の家の近くでやってたら絶対すぐバレるっていうの!

でもこういう男のおかげで、

この国の自動車保険は値上がる一方なんですよ。

この男が車を持っていたら。。。自分で自分の首絞めてるだけやと思うけど?

この男だけでなく、

おんなじようなことをやってるやつが結構家の近所にいるらしいので、

Aちゃんにカメラを車に搭載するように言ったら、

車を買うのが先!

と言われてしまいました。

Aちゃんの車、もうすぐにもギブアップしそうなのですよ。。。。明日車を買いに行くらしい。

とにかくだ。

結構いろんなことが起こるアイルランド。

Only in Irelandなちょっとおかしな事件があれば、

またアップします。

それでは今週はこの辺りで。来週月曜日お会いしましょう。

皆さん、良い週末を!



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Only in Ireland-あれから10年

2020.01.09.08:59

まず10年前の1月のRTEのニュースを見ていただきましょう。



"The guy who slipped on the ice"



この映像はアイルランドではむっちゃ有名なんです。

RTEもRTEよ。

こんな映像をニュースに使わんでもええのに!!!

でもむっちゃワロタよ、当時は。

今でも笑えるけどね!

男性には申し訳ないけどさ。


あれから10年。。。

10周年を記念して。。。

ひっこけた場所に。。。

SNOW 1

ビールで有名なCoors Lightがお金出して記念プレートを作ったんですよ。

Coors Lightのシニア・ブランドマネージャー曰く。。。

"There are a few key moments on Irish television that are memorable enough to talk about again and again. We felt this deserved a resurgence. We’ve recently completed The Rockies Awards, rewarding victories in life, big and small and we thought this lad definitely deserved some recognition for making it on to RTÉ News, ten years ago today!"

場所はChurch Street (チャーチストリート)、ダブリン北、フォーコーツの近くです。

ちなみに男性の正体は今もわからずです。

こんな事するの、アイルランドだけとちがう?

ワロタわ~。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.