微妙だった日本滞在 2015・秋-後編

今回微妙だったのにはいくつか理由があります。

まずハロウィーンで盛り上がり過ぎだと思う。まあいいですよ。でもどこもかしこもハロウィーンで本来の意味とは全く関係のないところでうまいいこと商売している感じがしてならなかった。とは言え、何でもありの日本、私は好きですよ。この数年でえらいにんきになっちゃったなあ。そして特に何でもありやな~と思ったのがこちら。

HALLOWEEN.jpg

とある日本のホテルに飾られていたのですが、クリスマスツリーにハロウィーンの飾りを付けてあるんです!何でもありやん~!と笑うしかありませんでしたが、よく考えたら画期的であります。でも微妙でもある。


最近フレンチトーストが流行ってるようで、この日彼女に会う前に3人の友達とたんまりお昼を食べた後に、彼女とうどんと餃子を食べ、この後にこれ。辛かったんですが、友達のが勧めるんで食べたら、

FRENCH.jpg
微妙やなあ。

店が閉まる1時間前というのもあったのでしょうが、とにかく液がしみ込んでないため中は固いフランスパンのまま!友達が謝ってましたが、彼女のせいじゃないから。。。


微妙なフレンチトーストなんて大した問題ではありません。私の微妙な日本滞在の最大の原因を見事に作ってくれた大事件がありました。長いですが、お時間あったら読んでください。

この時期いつも地元の病院で乳がん検査をしています。2006年からずっと行っているので、今回も同様に行ってもらいました。しかし、いつもの外科の先生ではなく、見たことのない若い30代前半くらいの先生が触診し、マンモグラフィーとエコーの結果を診断してくれた。

医師:「(触診中)どこか気になるところは?」
ティ:「特にありませんが。」
医師:「それはどういうことですか?」
ティ:「は?」
医師:「今回はどういう目的でここへ来たんですか!(怒りながら)」
ティ:「定期検査ですけど。来てはダメなんですか?」

触診終わり、席について万もマンモグラフィーとエコーの結果を診断に移った。

医師:「あたなみたいな人に来てもらうと困るんですよ。」
ティ:「は?」
医師:「何もないのに来てもらうと困るんです。」
ティ:「検査に来ては行けないということですか?」
医師:「何もない人は市町村でやってもらってください。あなたみないな何もない人に来てもらうと困るんですよ。」
ティ:「2005年から(本当は2006年)毎年来てるんですよ。45歳で子供も産んでない人は(乳がんに)なる確率が一番高いんですよ。だから来てるんです。それなのに定期検査には来ては行けないんですか?」
医師:無言
ティ:「私はここに住んでないんです。海外に住んでるんです。市町村のに(毎月車で回ってやってこない。年に一回来るか来ないか。マンモグラフィーが普通の町医者には置いてない)予約するなんて無理なんですよ。来たいときに簡単に会社で休みとって帰ってこれないんですよ。だからここへ直接2005年から毎年ずっと来てるんですよ。今まで一度も先生に来るなって言われたことはないんですよ。それなのに定期検査に来てはいけないんですか?(怒りを抑えながら冷静に)」
医師:無言ー「それでは検査の結果を見ましょう。。。。」

そのまま診療費を払い、病院を後にし、近くのスーパーへ。ついでにお昼を食べようと思ったんです。しかし怒りがあふれ出て来て止めることができず。あの医師の物の言い方はない!しかも、

超不細工。

人の容姿でどうのこうの言ってはいけないのはわかる。自分だって超不細工デブである。しかしここははっきり言いたい。いかにも親に持ち上げられて、おだてられて育てられて、女も自分の顔でカバーできないから外科医というのでカバーしてモテてただろうタイプ。だから人の心がわからいのだ。だからどこも悪くないとはいえ、診察してもらいたい患者(癌じゃなかったから患者というのはおかしいかもだけど)にこんな風に物を言ったわけだ。でもそれはおかしいやろ!!!医師やったらなんでも言ってええんか!?そんなことはない!

怒り爆発の状態で病院に戻り、窓口いる女性に聞いた。

ティ:「すみません。ちょっとお伺いしたいことがあるんですが。。。もう検査は終わりましたが。。。この病院は乳がん検査の定期検査の人は受け付けていないんでしょうか?先ほど外科で乳がん検査をしてもらったんですが、医師にそういわれました。」
受付:「いえ、そんなことは。。。どの先生でしたか?」
ティ:「うっかり名札を見なかったので名前はわかりませんが○○時にいた、若い医師です。」

受付の女性が私がどのように医師に言われたか聞いてきたので事実を言いました。あわてて外科に電話する女性。その後外科の看護婦長さんが来て事情を話してくれましたが、やはり人前での苦情はやばいというので、外科にある部屋に連れてかれることに。しかし歩きながら彼女に事情を話していたら怒りと悔しさで涙がぽろぽろ落ちてくる。涙を止めることができなかったのです。

彼女が言うには新しく入った先生で、他の先生とは考え方が違うらしい。私が帰った後、先生がちょっとひどいことを言ったと後悔していたと言われましたが、それは

絶対あり得やん。

私に対する気休めの言葉であろう。婦長さんがとても言い方だったので、病院への直筆直接抗議をすることは辞めました。そのおかげで婦長さんのほうに迷惑がかかる可能性があるから。彼女は何も悪くないのにこの不細工医師のために私に謝罪しているのである。そんな人を苦しめてはいけないのだ。ここはぐっと我慢するしかない。でも言いたいことは言った。看護師さんの話では私みたいな人はこの病院に何人もいるそうで、カルテに事情を書いておくというので私は引き下がった。

結局北斗さんの乳がんのことが公表になってから検査に来る人がどっと増えたらしい。実際いつもマンモをやる人は私ともう一人だけであったが、この日は椅子に座り切れないほどいた。エコーも30分待ちであった。だから何にもないのに来る人が増えて、不細工医師はうんざりだったのであろう。ようは何でもない人を診たくない。なんかある人を診て、腕を見せたいと思ったのであろう。しかしそんなことは私には関係のないことだ。


帰宅後両親にこのことを話す。

「来年またあの不細工男がおったら戦うよ。もう準備は出来てる。」

私的には今回武装せず相手の領土に行った。いつも仲良くしていたから武装は不要だったからだ。しかし新参者が現れ、領土に入ったとたんいきなり鉄砲を打ってきた。それを慌ててよけたけど、かすって怪我したという感じだった。だから次回はフル装備で行くぞ!であった。

すると父がこう言った。

「来年そいつは病院におらへんわ。」

何か拍子抜け。。。

この事件のお蔭で日本滞在はちょっと微妙になりました。しかし、10人の友達と会い、食べるだけ食べ、父にはもう食べるなといわれ。。。しかし友達や家族に頼れることが出来る自分はラッキーだと改めて思った。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

微妙だった?日本滞在 2015・秋-前編

皆様、ご無沙汰しておりました。お元気でしたでしょうか?

日本へ2週間帰国しました。そして今日から仕事。アイルランドは寒いですわ。今日も昨日も雨ですしね。風もきついから荒れてる。仕事始めの日にこれだと本当に気落ちします。

さて、日本ですが。。。暑かった。

私にとっては暑かった。毎日23度から25度ほどありましたからね。アイルランドじゃこの気温は真夏。こちらの気候にすっかり慣れた体の私にとってはこの気温が暑くて仕方がありませんでした。

家族はカーディガンなど長袖のものを着ているのに、私一人半袖姿。兄嫁Uさんから「寒くないの?」と言われる始末。「8月に日本に帰ってきたらティファニーは死ぬ。」と友達。まんざら嘘ではないかもしれない。

2週間、雨が一日も降らず。お蔭で日焼けしました。日・焼・け。10月で日焼けですわ。

血液検査をこちらでここ数年、年に2、3回やっているのですが、去年からビタミンD不足と言われているんです。

「ビタミンD不足」

アイルランドは日照不足の国。そのためアイルランド人に多いんですよ。

ビタミンD不足=アイルランド人

と言えなくもない。しかし日本人である私がビタミンD不足!?思考や言動意外に血液までアイルランド人に染まりつつあるという事実に笑ってしまいました。お蔭でサプリメントを飲むように言われている。そんな私が日本で日焼け。日本の天候のお蔭でビタミンD不足を(一時的に)解消したのではないでしょうか。ありがたや、日本!

今回の帰国で初めてフィンエアー(Finnair,フィンランド空港)にお世話になりました。ヘルシンキ経由で。今日はそのことについてちょっと書かせていただきます。

FINNAIR.jpg

もう何年もルフトハンザ(フランクフルト経由)にお世話になっていたんです。しかし今回友達がフィンエアーのほうが乗り継ぎが良いというので選んだのです。しかもルフトハンザは朝超早い便でダブリンを発たないといけないのですが、こちらは朝10時ちょっと前。とても楽である。値段はさほど違いはありませんでした。少しフィンエアーのほうがお値打ち程度。飛行時間も少し短いだけ。

ルフトハンザはやはりドイツ。何年もお世話になっていますが、遅れることはほとんどなし。予定より早く到着することもざら。さすがであった。

しかしフィンエアー。。。超遅れ。ダブリン発が1時間ほどの遅れ。ヘルシンキに到着したのはいいけど、ゲートに到着しないので、いったん降りてバスで移動してゲート到着だったんですが、そのバスが来ない。なかなか来ない。その後日本行の便も30分ほど遅れた。慌てる様子もなし。

何かいきなり微妙やなあ、このエアライン。。。

ダブリン-ヘルシンキで飲み物、食べ物が有料だと言っていた。しかしヘルシンキ-ダブリンではコーヒーと紅茶、ブルーベリージュースは無料だったのです。私の英語の聞き取りに問題があったのであろうか?この日フィンランドでサッカーの試合のため、北アイルランド人がどっさり乗っていましたが、隣に座った来たアイルランド人のおっちゃんも何も飲んでなかったし、周りの人も飲んでいなかったので、ひょっとしたらエアーホステスさんが言い忘れた可能性もありだ。

ヘルシンキ-日本でも飲み物は同様。お蔭でルフトハンザで無料でいただくウォッカとコーク割りが飲めませんでした。値段的にはダブリンで飲むのと変わらなくなりますからね。そしてスナックは一切出ず。有料だと言われましたが、日本-ヘルシンキではアイスクリームが出ました。ルフトハンザはいつもおにぎりかケーキでしたが。とにかくスナックが食べたい人は購入可能です。

出されたミールにも違いがあった。ルフトハンザはサラダやフルーツ、ケーキが夕食に出て来るんですがフィンエアーでは一切なし。その分品数が少ないということだ。だから少しお値打ち?日本-ヘルシンキでは焼きおにぎりが出てきました。最後に日本を味わえてうれしかったです。ヘルシンキ-日本ではラム・ミートボールが出てきました。なかなか美味かったですよ。

フランクフルトの空港は大きいので乗り継ぎにちと時間がかかる場合があるんです。それに人も多いので、セキュリティーチェックが異常に混んでいることもある。乗り継ぎの時間があまりない人はFast laneに行けますけど、そこを通れる便は決められているのでそれ以外の人はみんなと同様、並ばないといけないんですよ。でもこれが時間がかかることがあってハラハラするときがありました。

しかしヘルシンキの空港はかなり小さいので乗り継ぎに時間を取られない。セキュリティー検査も人が並んではいますが、さっさとやっていましたのでかなり良かったです。乗り継ぎに約35分ほどだとうたっていましたが、15分ほどで完了しました。

今回このセキュリティーでちょっとしたことがありました。

セキュリティーのお兄さんが英語で私の前にいた日本人男性にiPadやLaptopがカバンの中に入っているか、入っていたら出してくださいと言っていたのです。しかし日本人男性が英語がわからなかったらしく、Yesと言ったり、NOと言ったりしていたので、お兄さん困り顔に。私は乗り継ぎまでの時間があまりなかったので、急いでいたため、日本語で彼に説明したのです。するとセキュリティーのお兄さんが私にThank youといった上に、Have a nice tripとまで言ってくれてかなり好感度高かったです。フランクフルトでも同じことがあったけど、セキュリティーのおっちゃんが英語で文句いってただけだったもんなあ。

フィンランド人ってのんびりしてる。だからフィンエアーものんびりエアライン???だけど、感じは良かったです。それにしても空港で売っていた小さいサーモンのサンドイッチ、10ユーロしてた。さすがスカンジナビア。高いわ~。ぼったくりダブリンがお値打ちな街に思えたもんね。

フィンエアー、ちょっと微妙なこともありましたが、乗り継ぎ楽だし、これからはお世話になろうかなと思っています。お気づきでしょうがタイトルと今日のネタ内容がちょっと違っていますが、明日は本心に迫ります。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

「海外で暮らすティファニーはすごい」ということはない


「一人で海外行ったんやもんねえ。働いとるんやもんな。すごいなあ~。」

日本に帰ると必ず一人はこう私に言う。日本を離れて15年以上であるが、いまだにである。

今回もまた言われたのであるが、言った人というのは高校のときの同級生Cちゃんである。

Cちゃんとは8年ぶりくらいであろうか。私がこちらに来ていることは知ってるという程度である。私も彼女の状況をまったく知らないのでキャッチアップするのがとても楽しみでした。

帰るたびに会っている高校の同級生のHちゃんもこの日は同席。3人で午後5時半から、Hちゃんが予約してくれたベビーフェイスというところでご飯を食べることに。ここは量が多くてお値打ち。しかも個室なのでキャッチアップにはもってこいでした。

一人1900円ちょっとで食べれるセットメニュー(サラダ1品、メイン一人ずつ、デザート一人ずつ)、飲み物付きを頼みました。

JAPAN 1
シザーサラダ・生ハムと半熟卵乗せとオムライス。そのほかにピザと和風パスタも頼みました。めんどくさくなったのですべての料理の写真は撮っていません。

久々ミックスジュースを飲みましたが。。。むちゃくちゃうまいね~。これを飲むと日本って気がするなあ。小さいころしょっちゅう喫茶で飲んでたなあ。

JAPAN 2
デザートも山盛り。最後は満腹で死にそうでした。こちらも日本って気がする、私の中では。


みんなの話を聞いていたけど。。。いろいろあるわ、やっぱり。

Hちゃんはお姑さんがかなり意地悪で苦労してるんです。お姑さんはこれは前から知っていましたけど、状況変わらずでした。まだ(おばあさん)生きとるんやね、と言ってしまいましたが!子供の養育費にやはりお金がかなりかかるた、がんばってパートにも出てます。

そしてCちゃん。彼女は若いころ、子供がない親戚のご夫婦のところへ孫娘として養子に入っているんです。そのため、結婚した後はこのご夫婦の家の敷地にある離れの小さな家に住むことに。

数年前おばあさんが亡くなったので、おじいさんの食事と洗濯を毎日しているそうである。おじいさんは田んぼや畑も持っているのでそのお手伝いも必ずしているらしい。やはり子供が二人いて、養育費がかさむのでパートに出ているそうだ。

高校時代、Hちゃんは数学が、Cちゃんは英語が大得意で、私よりずっと成績も良かった二人。そのことを言うと二人に言うとCちゃんが、

「え?私ってそんなに英語よかった?うれしい~!ティファニーちゃん、もっと言って~!ほかに何かない?もう誰も褒めてくれやんで褒めてもらいたい~!」


これだけ毎日家事や仕事をがんばってこなしているのに、誰からも褒められず、「当たり前」として彼女の普段の行いが闇に葬られているのが現実。そしてそれは彼女たちだけではなく、ほとんどの主婦がそうであろう。そんな状況と私がいる状況を比べたらやはり私のほうがすごいと思ったのではないだろうか。それに私たち世代では、やはり仕事をやめてまで海外へ行き、英語習得というのは普通ではなかったというのもあるだろう。

しかしだ。

彼女たちの家事や仕事をがんばって毎日こなし、子供たちを一人前にするというのも実はすごいと思うのだ。なんだか自分が独身という立場をいいことに、毎日ちゃらんぽらんで過ごしている気がして実は恥ずかしかった。私のことをすごいといったCちゃんと同意したHちゃんにこう言った。

「私はぜんぜんすごくない。ただ運がよかっただけやよ。二人だってすごいやん。毎日大変屋と思うわ、家事と仕事の両立してるしさ。」

海外にいるからって、夢のような生活をしている人はほんの一握りだと思う。それに海外にいるからこそ嫌な目にもあう。どこの世界にいてもいいこともあれば悪いこともあるのである。海外在住者がすごいということはない。住もうと思えばお金がある程度あれば誰でも(短期間でも)住める時代。住んで何をしているかのほうが重要ではないかと私は思う。

私の声が届いたかどうかはわかりませんが、Cちゃんからこんなメール届いており、こんな一文が書かれていました。

自分だけが辛い思いしてるなんて考えないでみんなも色々な事情を抱えていることがわかり改めて"頑張ろう…゛って思った。」


次回も必ず会おうと約束して午後11時半にお別れしました。6時間も店にいた私たち。いろいろあるのが普通。私なりにがんばって生きるしかないと思いました。



ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

がんばっとるなあ~

みなさん、 お久しぶりです。

昨日ダブリンへ帰ってきました。

着いたらちょっと曇っていたのですが、自宅に戻るころには青空が広がっており、野良猫たちがのんびり裏庭で過ごして降りました。

3匹だった野良猫ちゃん一家に一匹新しい雄の黒猫が去年加わり、たまに見かけてはいました。しかし昨日は平気でうちの裏庭でくつろいでいました。そしてえさも奪っている。しかしそれをどの猫もとがめていないところがなんだかな~である。

アイルランド人は猫嫌いが多く、猫はあまり人気がないので、えさを与えてくれるところは貴重なのであろう。いったん食べに来た猫はなかなかよそへは行ってくれない。(そういう習性でもあるけど)これで4匹にえさを与えている状態である。家計がひそかに苦しくなる。。。かもしれない。

それはともかく、この黒猫のことをIntruder(侵入者)と私は勝手に名づけて呼んでいますが、たまにしか見かけないのでレア猫と呼んでもいい。

猫と言えば、兄一家がこぞって行っているアプリのゲームがありました。日本にお住まいの方にはお馴染みらしいが。。。

neko 1
ねこあつめ。(ネットより)

えっらい人気らしいですね~。

7歳の姪っ子ちゃんに薦められて始めたのですよ。私のはこんな感じに近いです。まだ模様替えにまでいたってません。ストーブもまだ買ってません。

neko 2
(ネットより)

これ、楽ちんゲームですよね。育てるゲームとかだとず~っと毎日やらないといけないんで大変。忙しい人にはもってこい。ほおっておいてもいいから。勝手に猫が来るだけだし!しかも猫がかなりかわいい。そしてなんだかうちの裏庭のように、猫があつまりだす。来た猫の写真を撮って保存。いや~ねこあつめ、やり始めたらすっかりハマった。

そしてこのねこあつめをやりながら思った。この猫さんが黒なら、うちに来るIntruderである。

neko 3
まんぞくさん。(ネットより)

「まんぞくさんに気をつけないと、いいえさを置いておくと全部たべられちゃうよ!」という7歳の姪っ子ちゃん。まさにいいえさを置いておくと、がさ~っと大人食いするIntruderさんと同じであるが、気をつけようもない。勝手にこっそ~り来ては食べているからである。まんぞくさんと同じよ。

とにかくだ。次回の帰国時にはすっかりはやってないかもしれないこの「ねこあつめ」。とにかく全猫ゲットして7歳姪っ子ちゃんに「おねえさん、がんばったね。」と言って褒めてもらおうと思っている。


しかしその前にもう褒めてくれた家族がいた。


朝、仕事中にこっそり抜け出して自宅に無事にダブリンに着いた旨の電話を入れたんです。いつもは母が電話に出るはずが、家の中で行方不明になっていたらしく(あんなに狭い家やのに)、父が仕方なく電話に出た。


「おお~お前か。」

と言う父。昨日ダブリンに着いたと報告。すると、

「おお、そうか。がんばっとるなあ~。」

と言う父。ただぼさ~っと飛行機に乗ってダブリンに着いただけである。それのどこががんばっているのか私にはさっぱりわからない。わからないという私に笑う父。

まあ内容はともかく、父から褒められれば一人前やな。明日からもがんばってダブリンで生きようじゃないか。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ティファニー生声披露-J-Wave Gratitude

急遽お知らせです。

私事ですが、私ティファニー・カイリーが東京のラジオ番組にちょっぴり出演し、ダブリンの様子をティファニーなりにちょっぴり語ります。

J-Wave Gratitude のWorld City Call

3月4日(水曜)・5日(木曜)の二日間

時間:14時40分頃〜14時47分頃


ティファニー・カイリーの生声が聴けます。

聴いて損した~と思うかもしれません。ちゃんと語ってない~と思うかもしれません。どもってる~と思うかもしれません。まあそのあたりは時間制限もありますし、生まれて初めてのラジオのお仕事だということで大目に見ていただけるとありがたいです。

声の質は母親譲りなのでどうしようもありません。文句があればうちの母にでも言ってください。

詳しくはこちらより。。。http://www.j-wave.co.jp/original/gratitude/index.html#area-worldcitycall

ちょっと聴いていただけるととても嬉しいです。よろしくお願いします。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.