RIP, George Michael (ジョージ・マイケル)

皆さん、楽しいクリスマスをお過ごしでしたでしょうか?

今年のクリスマスは人生の中でも忘れがたい日となってしまいました。

「ジョージ・マイケル、突然の死」がクリスマスの日に訪れたからです。誰が一体予想していたでしょうか?ノストラダムスやババ・ヴァンガですら予想できなかった彼の死。

IMG_0093.jpg

午後11時6分、Whatsappにアイリッシュの友達のANちゃんが、

"Mad News.. George Michael has died!"


私はちょうど携帯を手元に持っておらず、このニュースを知らず。リビングでテレビを見ていたんです。チャンネルを変えたら、ジョージの死のニュースをやっていてびっくり。友達がWhatsappしたかなり後に知ったのです。

みんなAちゃんを心配していました。彼女がジョージの大ファンというのは周知の事実。彼女の理想の彼はジョージ。Whatsappに"I'm devastated. Just heard"と書いてから、こんなこと書いてました。

"Well I was slightly obsessed with him and was convinced he'd be mine one day. How wrong was I!? I was thinking of the night we were all watching him on Parkinson coming out when we were in Edinburgh. What a singer though."

Aちゃんの思い出ですね。。。

ジョージは私の青春の思い出でもあります。Wham!は私が中学生のころ、むちゃくちゃ人気がありましたから。でも私はDuran Duran派でした。とは言え、彼らの音楽は好きでした。彼らの2枚目のアルバムはカセットで持ってますしね。アルバム、The Finalも持ってるわ。実家にしかないけど。

GEORGE 3
これこれ!これのカセット版持ってたのよ。(eil.comより) 

日本ではWhamのコンサートに行ったことはないし、ジョージがソロになってからも見たことがありませんでした。しかしアイルランドに来てくれたのでその時に3度見ました。

1度目はRSDで。2007年6月。25 Live Tour。この時は確かAちゃんと見に行ったんですが、コンサートは二日間あったので、Aちゃんは2回見てます。この時、日本人の友達と旦那さんも来てたんですよ。会場で会ったんですが、旦那さんがジョージ嫌いで、ゲイやとか友達の横でぶつぶつ言っていたのを思い出しました。友達が可哀想やな、と思った記憶があります。まさか、ジョージにやきもち焼いてたのかしら!?

2度目はThe Pointで。(現在の3 Arena)この時も25 Live Tour。2007年8月。この時は確かAちゃんとTちゃんと3人で行ったんですよ。

Tちゃんの横のアイリッシュ女がTちゃんにぶつかって踊っていたらしく、Tちゃんが突然、彼女の後ろで見ていた私の腕を掴み、
「場所変わって!」というんです。理由も言わずに。そしたら私にぶつかりまくってくるんでなぜ私に場所を変わってほしかったのか理由がわかりました。でもTちゃんが失礼やとその時思いましたわ。一言言ってくれりゃあええのにさ。

結局私も隣の女にムカついてきたんでわざと大袈裟に踊り、隣の女が地面に置いていたバックを思い切り何度も踏んづけてやりました。やめてよ!とその女が言ってきたけど、英語がわからない振りしました。外国人カード使っちゃったわ。ふふふっ。

そして最後。2011年11月。The O2で。(現在の3 Arena)その時の記事はこちらです。http://inutomchan0105.blog127.fc2.com/blog-date-201111-8.html

その後ジョージがアイルランドに来てコンサートをすることはありませんでした。2012年10月17日を最後にコンサートでは歌っていなかったジョージ。

ヘロインやってるって言われてるし、お酒もかなりやってたっていう話。プライベートでいろいろ問題を抱えていたと言われていますね。亡くなる前に撮られた写真ではかなり体重が増えて、オーラが無くなった上に健康そうに見えないジョージが写っていて。。。悲しくなりました。Aちゃんも「どうせヘロインのせいで死んじゃったのよ。」と昨日ポツンと言っていました。まだ死因が発表になってないので何とも言えませんが、ドラッグのせいでとかお酒のせいでなんて言う死因じゃないことを願っています。

とにかく彼はやっぱり素晴らしいシンガーだったと思う。音域が広いね~。いい声してるし。VH1やMTV Classicでは彼のミュージックビデオが流れていました。26日から。昨日も一日中流れてたしね。さすがに見すぎて飽きたわ、ファンのみなさんテレビ局の人には悪いけど。

皆さんは彼のどの曲が好きですか?

私はWham!時代はやっぱりこれ。ジョージの白のスピード(Speedo)が目に焼き付いて。。。これがなかなか似合う人はいないのよね。



ソロになってからはこの曲。Freedom '90。オリジナルのミュージックビデオは有名モデルたちが出てくるだけのやつです。



でも一番好きなのは実はこの曲。Mary J Brigeとコラボのこの曲、AS。実はクリスマスの日までこの曲のオリジナルがスティービー・ワンダーだとは全く知りませんでした!本当、何も知らんなあ~私。情けない。



ネットにはたくさんジョージのニュースが載っています。かなりジェネラスな方で、テレビのクイズ番組でもらった賞金などを寄付しているのは周知の事実だったようですが、クイズ番組に出ていた人に寄付したり、バーの女の子にお金をあげたって話もあるし、曲の売り上げ(確かDon't let the sun go down on me。2ミリオンパウンドとか?)が寄付されていたそう。そういうのは公表しないように周りに言っていたそうで。。。

私、そういう人って品があると思う。寄付を自慢する人や、してやったりの顔の人は好きではありません。品がないと思うもの。ジョージ、さすがやと思うし、人間性が出てると思う。

今年のデビッド・ボウイやジョージの死で特に思ったんです。

これはあくまで個人的意見ですし、負け惜しみでも何でもありませんが。。。結婚しているかしてないか、子供がいるかいないか、金持ちかどうか、いい仕事をしているかどうか、いい家に住んでるかどうかで勝ち組・負け組なんて分けている世の中の人がたくさんいると思う。いい大学出てるとか良い就職先かどうかなんてことでも勝ち組・負け組って分ける人がいますよね。そして自慢する。私もそういう目にあったことがたくさんある。

私は本当の勝ち組っていうのはそういうことではなく、亡くなった時に「あの人いい人だったね。」と言って家族や多くの友人に(有名人の場合はファンにも)惜しまれて送り出してもらえる。こんなに幸せなことは人としてないと思うし、そういう人が本当の勝ち組なんじゃないかと思うのです。そして自分もそういう生き方がしたいと思う。デビッド・ボウイやジョージのような才能はないけどね。

RIP, ジョージ・マイケル。素敵な音楽をありがとう。安らかにお眠りください。

GEORGE 4
さて、久々CD聞こうかね。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

ゴールデン・グローブ、ノミネーション発表!アイリッシュ輝く

ゴールデン・グローブのノミネーションが発表になりましたね。

最近アイルランド人やアイルランド人が手掛けた作品もいろんな賞にノミネートされるようになってきました。

2017年のゴールンデン・グローブのノミネーションの中に、映画The Lobsterに出演したコリン・ファレル(Colin Farrell)はコメディー&ミュージカルのカテゴリーのベストアクターにノミネートされました。あんまり賞にノミネートされている記憶がない彼ですが(私の中では。すみません)取れるといいなあ。



そしてこちらの映画も。ミュージカル&コメディー部門のベスト・モーション・ピクチャーにノミネート!

sing 1
(trilbee.comより抜粋)

日本でも公開になったので、たくさん見た方も見えるでしょう。このブログのコメント欄にもコメントをいただきました。ありがとうございました。

おもしろかったですよね、この映画!Bさんが2回も見に行った映画ですからね。なかなか2回は見に行かない人ですから。よほど気に入ったということです。曲もよかったし。80年代は自分の青春と重なっているので、当時の曲やファッションを見ると懐かしくなりますわ。ああ、あの頃に戻りたい。。。学校は行きたくないけどね。



そしてこちらの女優さんもノミネート。ご存知ですか?

ruth 2
(www.nytimes.comより切り抜き)

Ruth Negga(ルース・ネッガ)さんと言います。リムリック出身の34歳。ハーフアイリッシュ(母)&ハーフエチオピアン(父)だそう。上の写真の抜粋は彼女が出演した映画、Lovingの一場面。ドラマ部門のベスト・アクトレスにノミネート!

彼女はこちらではちょくちょくドラマに出ていたので、知っている人は多いです。あの有名なRTEの大成功ドラマ、LOVE/HATEのシーズン1&2に出てましたしね。ニール・ジョーダンの映画「Breakfast on Pluto」にも出てたとか?映画、まだ見てないから覚えてるとかいうレベルではないですが。

そして実は彼女、こちらの雑誌の表紙を飾るんです、来年の1月号で!

ruth 1
(www.eonline.comより抜粋)

ま~Vogueの表紙飾るなんて。。。すっごいことですよ!なかなか飾らせてもらえないじゃいですか、この雑誌では。映画Lovingのおかげでしょうかね、アメリカでは知名度がぐんぐん上がっているんでしょう。でもVogueは彼女をイギリス人だと思っているらしいですけど!よくある思い違いやけどね。

The New York Times Magazineの表紙も飾っていたそうで。は~すごいなあ。
ruth 3
(www.limerickleader.ieより抜粋)

ルースはこれからどんどん活躍するんじゃないでしょうかね?演技もうまいし。

どんどんアイルランドから世界に向けて活躍している姿を見るのは一住民としてもうれしい限りだ。これで賞を取ったらもっとすごい!期待したいと思います。ちなみにThe LobsterとSing StreetはIrish Film Boardがかかわっているそうで、彼らはものすごく喜んでいるそうです。

映画Lovingのトレーラーはこちらより。本当の話がもとになっているそうで。この映画、見たいわ。



ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

RIPーフォルティ・タワーズ(Fawlty Towers)のマニュエル役、アンドリュー・サックス氏

また訃報です。

日本でもテレビ東京で放送されていたそうですが、どれだけ有名なのか定かではありません。

しかしアイルランドではBBCで何度も何度も放送されていたので知らない人はいません。アイルランドに留学したことのある人の中には見たことがある人も多いでしょう。

フォルティ・タワーズ(FawltyTowers)という、ホテルを舞台にしたイギリスのコメディーで、スペイン人ウェイターのマニュエル(Manuel)役を務めていたAndrew Sachs(アンドリュー・サックス)氏が11月23日に亡くなり、昨日埋葬7されたそうです。

tower 1
I know nothing!!! (www.thesun.co.ukより)

tower 2
86歳でした。(www.rte.ieより)

4年前からvascular dementia (脳血管性認知症)と戦っていたそうです。亡くなる一週間前から言葉も話せず、文字も書けなかったそうです。イギリスでは135,000人以上の人が患っており、一般的なタイプの痴呆症のとしてはアルツハイマーの次に多いそうです。診断からの平均生存期間は約4年だそうだ。ちなみにアイルランドでは痴呆症を患っている人は約33,000人で、大半の人はアルツハイマー病だそうです。

アンドリュー。サックス氏に話を戻しましょう。代表作はフォルティ・タワー (Fawlty Towers)。面白いんですよ。見てるとイライラすることもありますけど。







Youtubeでほかにもいくつかのビデオが見れますので、興味のあるかたはどうぞ。

実は先週、HMVが潰れた後も頑張っているアイルランドのCD/DVDの店、Golden Discに行ったんですよ。ダブリン1のヘンリーストリートにあったHMVの後に入ったんです。

ちょうどブラックフライデーでセールをしていたので立ち寄ったんです。ちょうどフォルティ・タワーズ(FawltyTowers)のDVDセットが安くなっていたんで買おうかな~と思ったんです。でも、その横にFamily Guyのシーズン16のDVDが出てるのを発見!結局Family Guyを買っちゃんたんですよ。今から思うと、虫の知らせだったのかしらね。

それにしてもコメディーに出演している俳優・女優さんたちは本当に演技が上手い。アンドリューさんなんてスペイン人と違いますよ。ドイツ生まれ、ロンドンに移住したそうですけど。でもスペイン人なんだと見ている私たちが思い込んでしまう演技をしますものね。さすがです。

今週末はDVDセットを迷わず買おうと思います。

RIP, Andrew Sachs。

それでは皆さん、良い週末を!月曜日にお会いしましょう。

ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

RIP. Leonard Cohen (レナード・コーエン)

やっぱり2016年はいろんな意味でまったくいい年じゃない。狂った年だと思う。個人的にもあまりいいことがなかったし。。。

デビッド・ボウイに始まった2016年、有名人の旅立ち。。。また一人、旅立たれました。

Leonard Cohen (レナード・コーエン)。82歳でした。
leonard.jpg
(www.billboard.comより)

日本にも熱狂的なファンがたくさんいらしゃるでしょうが、アイルランドも同様、たくさんの熱狂的なファンがいます。彼のコンサートはいつもソールドアウトでしたから。

私はまったくファンじゃないので、彼の歌をほとんど知らないんです。申し訳ないです。なのにブログに書いているのでどえらい怒られそうですが。。。

数年前にもこのブログで彼がコンサートをするときに書いたと思いますけど、熱狂的なファンが多いLeonard Cohen (レナード・コーエン)。そんなファンの皆さんが選んだ10曲がローリングストーンのウェブサイトに載っておりましたのでリンクを載せさせていただきました。興味のあるかたはどうぞ。http://www.rollingstone.com/music/lists/readers-poll-the-10-best-leonard-cohen-songs-20141126

超有名な彼の歌ですから、ほかのミュージシャンがたくさんカバーを歌っているわけです。その中でもベスト10が同サイトに載っておりますのでこちらもリンクを載せておきます。http://www.rollingstone.com/music/pictures/10-great-leonard-cohen-covers-w449848/tori-amos-famous-blue-raincoat-1995-w449850

その中で私が知っている曲はこの曲。



ブログにも書きましたけど、実は私は彼が歌うこの曲より、ジェフ・バックリー(Jeff Buckley)のほうが断然好きなんです。これまたファンの方に怒られそうだけど。。。ジェフが歌ったことにより、この曲が有名になったらしいですわ。そしてその後はいろんな人がこの曲のカバーを歌っていますが、ジェフ以外のミュージシャンが歌って一度も「素晴らしい!」と思ったことはないです。ジェフを超えられないと今でも思っています。(ジェフ自身も1997年に亡くなっています)



また素晴らしい、みんなから愛されていたミュージシャン(詩人・ソングライター)が他界されました。

RIP. Leonard Cohen (レナード・コーエン)。

もう今年はこれ以上悲しいニュースは聞きたくないです。


それでは皆さん良い週末を!月曜日にお会いしましょう。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

メル・ギブソンとショーン・ペンはどこに?

ちょっと寒いダブリンですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

とうとう分厚いコートを着ている人を街で見るようになりました。といっても着ている人はどう見ても外国人。暖かい国から来ているでしょう、寒~く感じるんではないかと思います。

日本も寒くなってきていますか?来月、どんな服持っていったらいいんでしょう?誰もショートブーツは履いてないですよね?

それはさておき。ダブリンバスのストライキの件。

すべてキャンセルになりました!

よかったわ~。またやるなんて言わないことを願うばかりです。


今日はちょっと軽~いネタで。でもちょっとネタが古いですが。すみません。先週ニュースで、タイトルに書いたお二人がダブリンに来て、映画の撮影をすると言っていました。

GIBSON 1
(www.breitbart.comより)

今月終わりから8週間かけてダブリンで撮影するんだそうです。

先々週はメル・ギブソンがシェルボーンホテルに入るのを見た人や、ペンブロークストリートにあるステーキハウス,F.X.Bucrkeyのツイッターに、お店の人とツーショットの写真が載りました。

GIBSON.png
(entertainment.ieより切り抜き)

映画はこちらの小説が元になっています。1998年に映画化の権利を持ったそうです。長年の企画ですね。

GIBSON 2
(literaturerun.wordpress.comより)

日本語では「博士と狂人―世界最高の辞書OEDの誕生秘話」となっています。サイモン・ウィンチェスターという人が書いた本。オックスフォード・英語辞典の作成の裏側と、ミステリーが書かれた本だそうだ。。私は恥ずかしながら読んだんことがないので、話の筋がわかりませんけど。メル・ギブソンが本に出てくるSir James Murray(エディター)という人物を演じるそうだ。

映画の撮影がダブリンで行われるため、地元の俳優さんたちも何人か出演することになっているらしいです。この間この映画のエキストラを募集してましたしね。

応募しようかどうしようか迷ったんですが、10月は日本に帰るんでいないんで、お呼びがかかってもいけないからやめましたけど。そういえば2年前にコマーシャルののエキストラの募集があったんで応募したけど、見事に落選やったわ。エキストラでも取ってもらえない容姿な私って一体。。。

とにかくだ。これから街のいたるところで映画撮影があると思います。大きいトラックが何台もいたら、そのすぐそばで撮影しているということ。そのあたりをわざとらしくうろうろしてみてください。きっと彼らに出会えますよ。

例えば。。。ブログに書きましたか?2012年の6月にこちらの映画の撮影がダブリンであったんです。映画公開前は話題になってたけど、いつの間にか映画が公開されたって感じでした。



たまたま通りかかったフィッツウィリアム・スクエアー(Fitzwliliam Square, Dublin 2)で撮影してたんですよ。主演のAndré Benjamin (アンドレ・ベンジャミン。アメリカ人ミュージシャン)が見たくて、ちょっと粘ったんですけど、ちらっと見えただけ。そのうえこんなショットしか取れませんでした。パパラッチにはなれないわ、私。

film_201609292157221f9.jpg

ダブリンの街でのメルとショーン目撃情報、お待ちしております。多分トリニティーカレッジで撮影するんとちがうかな?(勝手な想像です)

それでは皆さん、良い週末を!月曜日にお会いしましょう。私は週末、ちょっと旅に出ます。友達との約束をキャンセルしてまで行ってきます。友達、むかついてるだろうな、今頃。。。ごめんよ。お酒おごるから許してね。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.