FC2ブログ

また行きました、デリー・ロンドンデリー - 宿泊先-

2019.08.15.12:58

そうなんです。

8月のバンクホリデーで、あほみたいにまた行ったんですよ、デリー・ロンドンデリーに。

2ヶ月しか経ってないのに。

AちゃんもBさんも、

「何でまたあんなところへ行くの?」

「何があるの?」

中には、

「素敵な彼がいるのね。」

という人までいてワロてしまった。

素敵な彼がいれば、もっとせっせと毎週通ってますよ。

前回時間があまりなかったので、やり残し感があったため、また訪問したわけだ。

天気予報では朝は晴れてても、昼から雨になると出ていた。

しかし、デリー・ロンドンデリーに到着したら。。。

IMG_6163.jpg

あら、いい天気!


天気予報(iPhoneの)、大外れ。

城壁から眺める景色は最高ですな~。(ボグサイドより)

IMG_6160.jpg

前回6月の大雨のことを思えば、今回は素敵に晴れてくれて、大感謝!

でも、左手奥に見えてるのは、デリー・ティー・セメタリーですが。。。

IMG_6161.jpg

結構暑かったんで、半袖で歩いてました。

今回は8月=ホリデーシーズンということもあり、アメリカ人団体ツアー客がかなりいて、城壁を歩く人も、6月より多かったのがちょっと嬉しかった。

IMG_6155.jpg

と言っても、写真からは数人しか見えませんけど!

ホリデーシーズンだからでしょう、こんなことも!6月はなかったな。

IMG_6165.jpg

IMG_6166.jpg

今回は、城壁をぐるっと歩く(前回雨だったし、時間もなかったので、ぐるっと歩いてない)、ピース・ブリッジを渡る、お目当てのところへ食べに行くなどでした。

そして今回は、別のところに宿泊。

前回のブリッジB&Bは良かったのですが、値段が前回より20ユーロも高くなっており(シーズンだからでしょう)、もうちょっとお値打ちなところで、評判がいいところを探してみたら。。。こちらが見つかりました。

Number 8 The Townhouse.
8 Artillery Street, Derry BT48 6RG.

IMG_6150.jpg

ゲストハウス。

5部屋しかありません。

外見はいまいちな感じですけど、中はいいんですよ。

しかも場所は城壁内、フェリー・キー・ゲートすぐ近く。

むっちゃ便利なのである。

目の前はもちろん城壁だしね。

IMG_6151.jpg

数秒歩けば、大砲に当たる。

IMG_6152.jpg

写真等はグーグルって見てください。

ただ、私の部屋は一人部屋だったので、

超狭い!!!

IMG_6145.jpg

スーツケースなんて、大きいのを持ってきてたら、床では広げられません。

テレビはバスルーム(バスタブ無し)の扉の上に設置。。。服なんかは壁につけられたハンガーに掛けたりするわけよ。

IMG_6147.jpg

でもすごく掃除がしてあって、ピッカピカなバスルーム。

IMG_6149.jpg

これで日曜日宿泊、56ユーロ(税込み)は良いと思う。

しかし、私的にちょっと問題があった。

朝食はコンチネンタルのみ。

温かい、アイリッシュブレックファーストは出てこないのだ。

昔は出してたみたいですけどね。

私的にはそこが超残念だった。

やっぱりアイルランドで宿泊したときの楽しみはアイリッシュブレックファーストよ。

でも、朝食を食べない人や、そんなもんどうでもええわ!という人にはもってこい。

ちなみに、朝食を食べるのは地下の部屋です。

もう一つの気になる点がある。

ちょっと同しようもないことですけど。。。

部屋の横が空き家になっており、鳩が住んでいるんです。

ポーポー鳴いているのが聞こえてちょっと気になった。

夜は土砂降り&雷雨でしたが、そっちの音のほうがすごかっったし、夜は休息しているので、静かなので大丈夫ですけど。

親切な、男性のオーナーさんが一人で切り盛りしてました。

奥さんは耳が聴こえないそうです。

だから二人の会話は昔から手話。

そのため、彼が話す時、手が必ず動いてて納得であった。


B&Bのチェックアウトは午前11時。

私は翌日のバスが午後5時半だったので、それまでスーツケースを預かってもらったんです。

しかし、彼は午後からはでかけていないというので、私が勝手に入って、荷物を持っていけるよう、鍵を貸してくれました。

だから自分の好きな時間に来て荷物を持っていけたのだ。

むっちゃお客さんを信用してるわね~、このオーナーさん!

まあ、お金や貴重品は目の見えるところには置いてはないはずだけど。

それにしても、鍵を貸してくれるなんて、素敵じゃないか!


ブリッジB&Bのほうが部屋も広かったし、アイリッシュブレックファーストがあったけど、その分金額も少し高かった。

でも今回のほうは値段はお値打ちだったし、何より城壁内でアクセスがむっちゃ楽。

どちらを選ぶかは難しいところ。

どっちも総合的にすごく良かったので。

とにかく、皆さんが行かれるときの参考になればと思います。


旅行記、もう少し続きますので我慢してくださいね。

それでは今週のブログはこのへんで。来週月曜日にお会いしましょう。

皆さん、ちょっと早いですが、良い週末を!



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



うまいぞ!The Grill - Made in Belfast

2019.07.23.12:33

Made in Belfastと言う名前のレストランがベルファストにあるんです。

場所はキャシードラル・クウォーターとシティーホール。

私は自分がそこへ行くまでここの存在は知りませんでした。

Aちゃん曰く、ここはベルファストではかなりトレンディーな場所なんだそうですわ。

また何も知らずに行ったわ。。。

ブリット・ホテルと同じやん!


土曜日の午後、バスに乗る前に夕食を食べてダブリンへ帰ることにしたんです。

食べるところはブリット・ホテルのレストランと前日から決めていました。

しかし、午後5時少し前に行ったら、一度店を閉め、10分後にオープンすると言われ、座ることができなかったんです。

レセプションの女の子に、ルーフトップバーに行くように言われたんで行ったけど、予約で一杯でこちらも違う理由で座れず。

ああ、どうしよう。。。

と思い、ホテルを出ることに。

外の壁に貼ってあるブリット・ホテルのメニューを見たら、結構高い!座れなんで良かったわ。https://bullitthotel.com/eat-drink/taylor-clay/

IMG_5683_20190718035750d8d.jpg

というか、行く前にちゃんとメニュー見ろって話ですけど。

午後5時前からすでに人々がバーでお酒を飲んでおり、キャシードラル・クウォーターは若者で一杯!

特にこの日は天気が良くて、暑かったから余計。

IMG_5757_2019072204130102d.jpg
午前中。

IMG_5859.jpg
午後5時前。

取りあえずこのあたりで食べて、帰りにホテルでスーツケースを受け取って、バス停へ向かうという予定だったので、無理にでもこのあたりで食べるぞ!と思い、こちらへ。

IMG_5755_2019072204203302d.jpg

Bunsen!!!

ダブリンで一番おいしい(と思う)バーガー屋さんです。

ベルファストにも進出していたんだ~と感心。

感心したけど、ダブリンでも食べれるよな。。。でも、面倒くさいんでここにしようと思ったんですけど、店内には行列が!

や~めた!

この時点で5時10分前くらい。

6時までには食べ終わって、バス停へ向かわなくては、6時半のバスに乗り遅れる!!!やばいやん~。

諦めて、この先をちょっと歩いたら。。。

IMG_5857.jpg

The Grill - Made in Belfast


そうそう!すっかり忘れてた!前日から気になってたのよ、ここ。

それにお腹はバーガーが入ってくることを期待している。

メニューを見たらバーガーあり。

まあ、The Grillって店名がなってるだけあって、バーガーはあるわなあ。

店内へ入り、テーブル一人用をお願いした。

店内はこの時点でガラガラ。

しかし、予約でいっぱいと言われたんです。

そう、またすっかり忘れていました。

北アイルランド人の夕食の時間が早いことを!


デリーで学んだはずなのに!あほもええとこ。

もっと早く来て、食べてしまわなくてはいけなかったんです。

しかし、運よく一つだけテーブルが空いているとのこと。

いい席ではないと言われたんですが、トイレの横でなければええ。

テーブルは他のテーブルからは隔離された場所にあり、キッチンのすぐ横であった。

むっちゃOKやで、この場所!

キッチンの様子が見れるからおもろいもん。

早速席に着いてバーガーと地ビールをオーダー。

ストーモントで飲んだベルファスト・ブロンドはないと言われたので、こちらを。

IMG_5854.jpg

こちらの方がビールの味が少々きついが、これはこれでうまいじゃないか!

ベルファストの地ビール、うまい。


そしてオーダーしたバーガーが出てきた。

IMG_5855.jpg
CHEDDAR CHEESE, HOUSE PICKLE & ONION RINGS 12ポンド。

このバーガー、むっちゃうまいやん!!!

Bunsenのように、肉汁が滴ることはないのですが、ぱさぱさでもない。

いい味付けがしてあるんですよ。

お店によってはちょっと塩が効きすぎてるところもあるバーガーパテですが、ここのはそんなこともない。

また食べたくなる味付け!

ちなみにオニオンリングが乗っかっているんですけど、私はこれはなしでもOKでした。

美味しかったバーガー。

全く期待しないで入ったから余計だったのだろうか。

えらくここのバーガーが気に入ったティファニーでございました。

ちなみにキッチンを見ていたら、バーガーよりステーキの方が出ていた。

10ポンドステーキってのがあるからです。

次回はステーキでもいいかも!


トレンディーで美味しいMade in Belfast。

私もまたここへ行くわ!やっぱりベルファストのご飯はうまかったし、ハズレ無しやった。

http://madeinbelfastni.com/about-us/


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

ホテルが高い!ベルファスト

2019.07.22.12:19

皆さん、週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?

毎日かなり湿気が高いダブリン。

しかし、天気自体はいまいちのことが多いんです。

土曜日はまあまあでしたが、日曜日は夕方から雨。

でも今日はむっちゃ晴れて、ダブリンは24度~26度くらいらしいです。

この気温は結構夏日なんですよ、アイルランドじゃ。

とはい、今年は去年に比べていい夏じゃないダブリン・アイルランドです。


さて、天気の話はこれくらいにして、今日もベルファストネタです。


私が宿泊したブリットホテルが133ユーロだったことは先週書きましたね。

そう、結構ホテルが高いんですよ、最近のベルファストは。(ダブリンもだけど)

例えば。

2014年あたりにヨーロッパホテルに数回宿泊した際、料金が確か一部屋89ユーロで朝食が付いていたんですよ。

IMG_3659.jpg
2014年4月撮影。写真は古いですが、ホテル自体、変わってませんので。

その後、年々宿泊代が高くなりましたが、朝食は付いていたんです。

当時は朝食が付いているホテルが多かったんです。

しかし。

最近は宿泊代だけでも140ユーロを超えるのは当たり前。

その上、朝食別料金。

朝食別料金が当たり前になっているのだ。

週末は特に高い。

普段100ユーロ以下のところでも、週末は150ユーロを超えるところも多々あるんです。

びっくりしちゃうわよ~。

あんで、あんな小さな街なのに!?

タイタニックのおかげでしょうか、旅行先としてポピュラーなのである。

だからホテル不足らしくて、結構ホテルがこれみよがしな値段をつけている感じなんですよね、私から言わせていただければ。(超生意気だけど)

なので、最近は土曜日泊まるのをやめて、金曜日か日曜日に泊ることにしたんです。

部屋にほとんどいないのに、140ユーロも払うのはもったいないやん!


例えば、南がバンクホリデーウィークエンドだけど、北はカレンダーが違うんで(国がちゃうし)普通の日だったりするわけ。

そういうときに北へ行き、日曜日に宿泊すると、料金はやっぱりお値打ち。

そういう日を狙って行くとか、有給を取って行く方法が良いと思うのである。

でも、安くなっても、朝食がついてないところがほとんどだけど。

とにかく、そうやって、宿泊代を少しセーブして、買い物に費やすのが私のやり方。

結局お金使ってるやん!

と言われそうですが。。。まさにそうです!!!


先程も書きましたけど、現在のベルファストってホテル不足になっているらしいんですよ。

そのため、ここ数年、ベルファスト市内には新しいホテルがバンバン建っているんです。

もうすぐオープンするホテルがこちら。

IMG_5749.jpg

写真が小さいんで見えないかもですが、ザ・ジョージ・ベストホテルがオープンします!

あの、伝説のフットボーラー、ジョージ・ベストですよ。

場所はシティー・ホールのちょうど裏側。

むっちゃシティーセンターなのです。

ここ、昔何だったんだろう。。。銀行やったんかな?

全く覚えてませんけど、とにかく新しいホテルが建つんです!

£15millionのお金がかかってるらしい。

トータル63部屋だそうだ。

本来の予定では今年2月にオープン予定が、ずれて6月オープンだったそうですけど、ずれにずれているらしい。

建築規制問題があるみたい。

なので、いつオープンなのかはっきりしないみたい。

すべての問題が解決して、早くオープンするといいけど。

オープンしたら泊まりたいわ~。

でも、一部屋の値段は高いだろうなあ。


とにかく、旅行先としてポピュラーになってきたベルファスト。

ホテルが増えて、選択が増えて、良いじゃあないですか!

これで料金が少し下がるといいけど。。。まあ、それはあり得なさそう。


ポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

"The hotel" to stay!-The Bullitt hotel (ブリット・ホテル)ベルファスト

2019.07.18.21:26

Wow!!!

とベルファストのマネージャ&同僚に言われました。

何がWow!って、予約したホテルがWow!だったんですよ。

知らないでネットで予約したんですけどね。

The Bullitt hotel (ブリット・ホテル) 

ここはベルファストではトレンディーなホテルらしいんですよ。

AちゃんのマネージャーOさん(女性)も、仕事のたびにここへ泊まってたそうです。

Oさん、結構こだわりが強いんですよ。

だから彼女がいいといえば、かなり良いのである。

余談ですが、私が通っている美容院はOさんの紹介。

さて、ホテルに話を戻して。。。

いつもならヨーロッパで一番爆破されたホテル、Europe(ヨーロッパ)があるGreat Victoria Street(グレート・ビクトリア・ストリート)あたりに宿泊するんです。

しかし、去年から新しい地域へ足を伸ばすことに。

去年はQueen's University Belfast(クイーンズ大学・ベルファスト)の周辺地域、南ベルファスト、つまりQueen's Quarter(クイーンズ・クウォーター)にしたんですけど、やっぱりちょっと街の中心からは離れている。

買い物帰りには辛いんで(買い物しないのならいいんですが)、今後はこのあたりでは宿泊はしない予定。

今回はガラッと変えて、Cathedral Quarter(キャシードラル・クウォーター)へ。

ここからならタイタニックミュージアムもそう遠くはないのですよ。(地図右手、川を超える)

ちなみにタイタニックミュージアム周辺はTitanic Quarter(タイタニック・クウォーター)と呼ばれています。

CATHEDRAL-QUARTER.jpg
(http://www.prettyusefulmaps.com/cathedral-quarterより抜粋)

しかもCathedral Quarter(キャシードラル・クウォーター)はバーやレストランがたくさんあるんです。(もちろんホテルも)

なので、かなり賑やかではありますが、地元の若者がわんさかいるんです!

地元の人たちと話したければ、この地域が一番だと私は思います。

そんな中にThe Bullitt hotel (ブリット・ホテル)があるんです。

入り口がすんごくわかりにくいんですけどね。

IMG_5746_201907180359162f2.jpg

ほら、見逃しそうでしょ?バーかレストランの入り口にしか見えへんもん~。

この入口を入る。。。

IMG_5684.jpg

むっちゃおしゃれ。

IMG_5682.jpg

目の前には。。。

IMG_5681.jpg

レセプションは右手奥。

IMG_5680.jpg

レセプションと書いてある入り口はバー&レストランと共有。

横がバーやレストランになっているので、本当にホテルらしくないのである。

おしゃれというより、Quirkyかな。

レセプション右手奥にエレベータがあるのでこれに乗って部屋へ。

部屋は一階から三階のみ。四階はルーフトップ・バーになってるんです。

エレベーターに乗るときは、カードキーをスキャンしないと1階から3階までは止まらない仕組み。

4階jは誰でも行けるから。関係ない人がホテルの部屋の階には行けないようになってるのです。

実は4階のルーフトップ・バー、Babel(バベル)これがまたおしゃれで、地元ではMUST GO PLACEらしいのです!

ちょっとご飯食べようと思って行ったけど、予約でいっぱいで座れず。

ものすごくポピュラーなのである!

確かこのホテルは2016年にオープンしたはず。

オーナーはベルファストでは超有名で、超お高級なホテルMerchant (マーチャント)Hotelのオーナーさんと同じだそうだ。

ということで、早速ホテルの部屋へ!

IMG_5726.jpg

思ったより部屋は狭い。

かなり狭かった。

IMG_5728.jpg

Quirky。

IMG_5727.jpg

グレー&ピンクの色使いはいいねえ。かっこええ。

IMG_5739.jpg

トイレ&シャワー。バスなしです。

IMG_5734.jpg

IMG_5736.jpg

これはヘヤードライヤーが中に入っているのですよ。

IMG_5735_20190718035842da2.jpg

ホテルの部屋に入って何が楽しみかってこれ。

IMG_5732.jpg

引き出しを開けると。。。

IMG_5738.jpg

もう見たとき感動!

こんなにたくさんの種類をきれいにおいてるところってあんまりない。

多分超お高級なホテルに泊まれば別でしょうけど。

今回のこのお部屋のお値段は133ユーロ。

朝食なし。

部屋代だけ。

高っ!!!

と思ったし、そうベルファストのマネージャーにも言われました。

ちょっと今回奮発したのよ。

病気したからどこにも旅行には行けなかったし、久々のベルファストだったし、新しいホテルだし!

朝食がないと予約したときはなっていたのですが、Complimentary Breakfastが!

そう、無料朝食ありだったんです!(無料というより、部屋の料金に入っていたと言った方が正解)

と言っても、レストランで座って食べれるわけではない。

前日の夜、この紙袋(ブレックファーストバッグ)をドアノブ(外側)にかけて置くと、翌朝、ドアの前に置いておいてくれるんです。

IMG_5740.jpg

翌朝。

IMG_5741.jpg

中身。

IMG_5742_20190718035914bb4.jpg

実はこれが結構いい量だったのですよ~。

前日の昼はストーモントで2コース、夜は同僚のTさんとDさんと3人でインディアンだったんで、結構お腹がパンパンだったんですよ、朝も。

ということで、ホテルの総評。。。

意外と狭かったのにはちょっとびっくりだったけど、お洒落だし、スタッフもフレンドリー。

紅茶の種類もたくさんあったのがとても嬉しかったし、朝食も付いてきたから良かった。

何より良いのがロケーション!

ホテルから徒歩2分くらいでVictoria Squareショッピングセンターだし、カフェ、バー、レストランが一杯!

高いけど、私はまたここに泊まりたいと思いました。

ベルファストネタはもう少し続きます。続きは月曜日に。

皆さん良い週末を!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  

誰もいない北アイルランド、ストーモント・国会議事堂見学ツアー

2019.07.16.13:01

超美味しかったランチの後は、国会議事堂見学。

ちなみに。。。日本語訳は国会議事堂にしてありますが、議会議事堂ともネットでは出ていますが、ここでは国会議事堂で通しますので念の為。。。日本語訳、難しいわ。わからへん!

IMG_5716_20190716053003481.jpg

歴史好きクループのオーガナイザーさんに、2時の回が最後だと言われていたんで、慌ててレストランから飛び出して見学ツアーに参加しました。

そうなんですよ、本当に政治家が誰もいないんです。

2017年の1月からいないんですよ。

もう2年半以上。

新記録を更新してるんです。

ギネスブックに載ることになるのかどうか知りませんけど。

北アイルランドの政治はちょっと複雑で、政府はDUP(Democratic Unionist Party)とシン・フェイン党がパワーシェアリングし、運営ないといけないのです。(Good Friday agreement)

2017年1月に当時のシン・フェイン党、今は亡きマーティン・マックギネス(First Minister and deputy First Minister of Northern Ireland)が辞任し、シン・フェイン党が代理を立てなかったのですよ。

そのため、パワーシェアリングが成り立たなくなって、政治の運営が成り立たなくなったのです。

と、私は理解しております。

間違っていましたら、コメント欄にお願いします。後に訂正しますので。

なので、政治家が誰もいない。

毎日の業務は公務員の方々が行っているそうですが、彼らに大事なことを決める権限はない。

ということで、決まらぬまま放置されているんだそうです。

予算はイギリスが決めてるみたいですけどね。

そんなストーモント国会議事堂。

1921年に正式にオープン。

ホールが素敵なんですよ。

IMG_5701_2019071605290203c.jpg
James Craig, 1st Viscount Craigavonの像。アルスター統一党のリーダー&北アイルランド首相だった方。

IMG_5689.jpg

IMG_5703.jpg

シャンデリアが特に素敵!

こちらのシャンデリア、確か代金を払ってないらしいですよ。

というか、請求書が来てないんだそうです。それもかなり前から!

請求書が来たら払う用意はあるそうです。

まあ、こうなったら「寄付」されたと思ったほうがいい。

このホールでイベントがいろいろ行われるそうです。演奏とか。

そして、The Senate Chamberへ。

IMG_5704.jpg

IMG_5705.jpg

天井にイタリア産のデザインがされているんです。

IMG_5707_201907160529269c7.jpg

うまく写真に納まりませんでした。すみません。

こちらの壁の端が破れてますね。

IMG_5709.jpg

政治家の方々が縁起担ぎで触るそうです。

みんな触るから破れたんだそうです。

The Assembly Chamberへ。

IMG_5710.jpg

いろいろ議席の話とかしてくださったんですよ、ガイドの方が。

でも全然覚えてません!

覚えているのは、マーティン・マックギネスの名前が出るたびに、歴史クラブの人の何人かがクスクス笑っていたこと。

黙って聞いたら?

と思ったけど。。。いろいろあるんだろうな、アイルランド人の心の中には。

感想は。。。

ホールは素敵だったけど、チェンバーはちょっとだる~い感じでしたね。

それは歴史クラブの皆さんも口をそろえて言っていたことですけど。

とはいえ、ツアーは無料だし、文句はないです。(って、超生意気でしたか?)

ガイドさんがすごく良かったですよ。説明覚えてないけど!

IMG_5717.jpg

IMG_5718.jpg

とにかく気持ちがいい景色!

IMG_5719.jpg

建物は迫力がある。素敵なデザインだと思う。

IMG_5723_20190716053008167.jpg

こちらはエドワード・カーソン像。

IMG_5725.jpg

この方はダブリンはハーコートストリートの生まれで、トリニティー・カレッジで勉強してたユニオニストで弁護士。北アイルランドを作った人でもある。

でもダブリン、南の生まれですよね?

だから南の人の中には彼に幻滅してる人もいるんだそうな。

とにかくこのポーズは独特。

オスカー・ワイルドとはトリニティー・カレッジで一緒だったそうで、彼がホモセクシャル・アクトで罪に問われたとき、カーソンが彼を有罪にしたことでも有名。

昔の友だちなのに。。。って思ってしまうけど、当時はホモセクシャルは有罪でしたからね。

だからオスカー・ワイルドファンの中にはこの像が嫌いな人がいるんだそうな。

わからんでもない。

カーソンのせいで、2年間の強制労働、そのおかげで最終的にはお金もなくなって、パリで亡くなりましたからね。

せっかくの才能を潰した人と思われているのでしょう。

余談はこの辺にして。。。

ツアーの時間はこちらでご確認くださいね。ツアーは6月から9月の間のみ。土日はお休みですよ~。お忘れなく。
https://parliamentbuildings.org/tours/

メンバーズ・ダイニング・ルームでランチをして、見学というコースをおすすめします!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.