FC2ブログ

面白い⁉ 「北アイルランド」という国

北アイルランド。

私は首府ベルファストが結構好きです。

年に1回は行く都市。ダブリンからバスや電車で約2時間。Brexitはまだなので、パスポートコントロールなしで入国できるので楽チン。私にとっては、気軽に行ける海外なのである。海岸線の方へ行くと、本当に綺麗だしねえ。もっとベルファストの外を旅行しなきゃと思っているところです。

そんな北アイルランド。

私はこんな印象も持っています。

過去にThe Troubles(ザ・トラブルズ)がありましたが、現在はテロもなくて、穏やかな国です。何度も行っていますが、そんなに嫌な思いをしたことはないし、お店の人はダブリンよりフレンドリーで礼儀正しいので気持ちがいい。とは言え、正直行って、それは表面だけで、一発触発な感じはするんですけどね。(あくまで個人的意見です。ご了承ください)

そしてこの国は、「どっちつかずの国」という印象を私は持っています。

例えば。。。

アイルランド(ROI)に戻りたい人もいれば、UKのままでいたい人もいる。

紙幣を独自で発行しており、貨幣はポンド。しかし、イギリス本土では使えない。

イギリス本土と北アイルランドの祝日は同じでない。(もちろん南(ROI)とも違います)


UKに入ってるんだから、一緒にしたらええのに~と思うんですけどねえ。その辺はいろいろ政治的な絡みがあってやらないんでしょう。

そして。。。

イギリス本土ではSame-sex marriage(同性愛者結婚)が認められていますが、北アイルランドでは認められていない。(Civil partnershipという形で認められているのみ)

だから、アイルランドが国民投票で認めたとき、北アイルランドも認めるべき!という人がたくさんいたんですけど、何も起こりませんでした。

そしてもう一つ。

月曜と昨日と書いた件について。

イギリス本土では中絶が認められていますが、北アイルランドでは認められていないので(先日までのアイルランドと同じ。よっぽどのことがないとできない)、違法。先日、ピルを使って中絶しようとした女性が執行猶予付の判決を受けたんだそうな。(ハウスメイトが警察に通報したらしい!なんでも人に言うもんじゃないなあ、と思った私)そんなこともあり、先日ベルファストでプロテストがあったんです。

NI 1
(www.prospectmagazine.co.ukより抜粋)

つまり、法律もかなり違うということなんです。北アイルランドの政治家は独自で法律を決めてるんで、例えば同性愛結婚や中絶といったことは盛り込んでないそうなんですよ。それを本土が指摘しないようですわ。

「どっちつかず」というより、「特別扱い」

といったほうがいいのかしらね。こんなこと言ったら北アイルランドの人に怒られるかもだけど、イギリス本土にとっては、腫れ物に触る感じなのかしら???

北アイルランドという国は、結構面白い(大笑いじゃなくて、興味深いという意味で)国であると、つくづく思います。

そんな北アイルランド、最近観光客が増えてるようで、特にベルファストでホテルを探すのが一苦労。しかもものすごく値上がりしちゃって、探すの大変なんですよ。

そのためでしょうか、最近新しいホテルが何軒も建ってるんですよ。ジョージ・ベストホテルがベルファストの街に9月にオープンするそうですし、港の方にも大きなホテルが建っており、もうすぐオープンするそうだし。タイタニックホテルもあるしねえ。

9月のロンドン行までホリデーなしだから、ベルファストへまたちょっくら遊びに行こうかな、と思っています。いや、今度はベルファスト以外の街に行かないと!

それでは今日はこの辺で。来週月曜はバンクホリデーでお休みですので、火曜日にお会いすることになります。よろしくお願いいたします。それでは皆さん、楽しい週末を!ダブリン、今、夏来てます。ダブリンはいい天気!ゴールウェーのほうは20度越えの気温です。多分来月に夏は終わるでしょう。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ベルファスト、一日旅行 2016-後編

"Belfast's economy picks up."

久々訪れて、そう思いました。実際同僚のTさんもそう言っていましたし。

過去2年は空き店舗が目立っていたのに、かなり埋まっていました。でもここはその逆でした。

41.jpg
BHS。がら空き店舗を見るのは寂しい。

今年8月に88年の歴史に幕を下ろしましたね。このお店はベルファストに来るたびに覗いてはいましたが、買ったことは一度もありませんでした。ちょっと田舎のおばちゃんな感じがしてたんですよ。店舗自体が。若い子の服も置いてはいたけど、店舗がそんな風だと服が映えないですよ。

BHSはともかく、なんだか新しい店が結構できていてびっくり!去年はなかったわよ、奥さん~。

1)KIKO Milano http://www.kikocosmetics.com/en-ie/
42.jpg

このお店は南には私に知る限りありません。北にも今までなかったはず!Hotel Chocolatのすぐ横に開店していてびっくり!今年、イタリアはベルガモにAちゃんと行ったときにここの商品を買ったんですよ。ちょっとお値打ちで、色が鮮やかで、若者向きだけど、なかなか良いんですよ。ネットでも買えるけど、やっぱり店頭で色を確かめたいですよね?今度からベルファストに来て買えばいいんだ~。うれしいわ!

2)Greggs https://www.greggs.co.uk/
39.jpg

私、本当に何も知らないと思ったのが。。。このお店。イギリスじゃあ有名なチェーンのベーカリーさんなんですね。イギリスに住む日本人ブロガーさんがこのお店のことを書いているのをネットで見ました。そんなに有名なんかあ。ソーセージロールが有名とこちらのネットニュースには出てたけど?こちら方面に住んでいて、このお店のことを聞いたことなかったのは私くらいでしょう。情けないわ、私。

グレッグスはベルファストの街に数店舗ありましたよ。郊外にも店舗をいくつか出しているようです。去年の終わりごろに開店したようですわ。ここもお店によっては行列してました。そんなに有名なら入って食べてこればよかったわ。南にも開店してくれんかなあ。流行ると思うよ。イギリスで流行ってるのはだいたいこちらでも流行るから。

3)Patisserie Valerie https://www.patisserie-valerie.co.uk/cafes.aspx

このお店もなかった!今年の5月にオープンしたばかりだそうな。街に2店舗ありました。

43.jpg

47.jpg
お持ち帰りも出来るよ。

こちらのお店も私は全く知りませんでしたが(情けなさすぎです。すみません)、イギリスの有名チェーンだそうですね。まずは北でお店を構えて、それから南へ南下するらしいです。

クリスマスマーケットへ戻ってパエリアを食べて帰る予定でしたが、急遽変更し、お茶しながらケーキを食べて帰ることに。ミックスベリーのムースを頂きました。

44.jpg
店内で食べると3.95ポンド。お持ち帰りは少しお値打ちとなっております。

ティーポットを見てわかった方もたくさん見えるでしょう。ここのティーはSuki Teaです。https://suki-tea.com/tea
45.jpg

ベルファストのお茶の専門店。M&Sでも買えるし、ダブリンなら北にあるLemon Jellyという、ダブリン北のアビーストリートの裏にあるクレープが美味しいお店でも出しています。他にも出しているカフェとかあったはず。どこかで数回見た記憶がありますので。ここのお茶はお値段します。

今回のお茶はオーガニックのカモミールティー。
46.jpg
2.85ポンドでした。

ご覧の通り、ふんだんにカモミールが入っており(ふやけてるから余計多く見えるが)、美味しかったんですよ~これが。うちにも同じようなカモミールがあるんですけど、感動するほどではない。それはカモミールをたくさん入れて飲んでないからというのがわかりました。要はケチってたわけです。(スプーン一杯でいいと言われたから)これくらいたくさん入れないと美味しくないということがわかりました。もちろん品質も良いというのもあると思います。

ここではサンドイッチなどの軽食も出してます。ケーキの味は普通でした。ちょっと大きめなのはうれしいけど。やっぱり日本のケーキの方が美味いと思う。ああ、クリスマスケーキ食べたいわ~。

4)Belfast Biks

32.jpg

去年からあったかな?乗っている人を見かけませんでしたが。

5)外国人


歩いているとたくさんの国の言葉を聞くようになりました。ダブリンじゃあ普通なんですけど、ベルファストって外国人が少ないからそういうことがほとんどなかったんですよね。

今回は特にたくさん中国人の学生さん風の子たちを見かけました。Patisserie Valerieにも4人いたしね。いつも本当に見かけないんですよ。私が一人アジア人みたいな時がほとんどでしたから。なんかうれしくなりましたよ。

同僚Tさんいわく、ベルファスト郊外に大きな中国人のコミュニティーがあるそうです。だからだろうと言っていましたが、私はそれだけじゃないと思いましたね。気軽にパスポートなしで南から渡れるから、ひょっとしたら南から来た可能性もあると思う。

とにかくアジア人にもメジャーになってきたって証拠じゃない?ゲーム・オブ・スローンズのお蔭とちゃう?な~んて思いながら街を歩いておりました。もちろんイタリア語やドイツ語、フランス語も聞こえてきましたしね。

いよいよ国際色豊かになってきたか?ベルファスト。景気もよくなってるって感じもした。

ちなみに、ケーキなどの食べ物は安くないなと思いました。洋服もさほど変わりないと思ったし。結果、ダブリンとそんなに変わらないという印象を受けました。同僚のポーランド人Kちゃんの言う通りだったわ。でも現在為替レートがいいんで、南から北上して買い物している人はたくさんいるようですけどね、やっぱり。

いつも思うけど、ベルファストの印象は、

超小さいロンドン。

道にあんまりゴミが落ちてないし、ちゃんと平らに道が舗装されてるし、街並みもいい。やっぱりどこかロンドンの雰囲気がある。だから好きというのもあるのだ。ダブリンはゴミはたくさん落ちてるし、歩道がおしっこくさい時もよくある。道路はがたがたやしねえ。歩くと足首くじきそうになるときがあるもの。

帰宅し、Aちゃんにベルファストの旅の話をしました。前にも言いましたが、Aちゃんはベルファストが嫌いなのです。そのため私がいいことを言うといつも、「ベルファストはKip!」と私に言うんです。ちなみにKipとはこちらのスラングで、汚いまたは魅力的ではない場所という意味。だから私はいつも言うんです。

Dublin IS a kip.

この国から今すぐ出ていけ、とAちゃんに言われました。

まだ出ていきません。

それでは皆さん、良い週末を!そして楽しいクリスマスをお過ごしください。ブログ再開は12月29日。そして30日を最後に今年を締めくくる予定でおりますのでよろしくお願いいたします。 Ho Ho Ho!



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ベルファスト一日旅行記2016-中編

昨日書き忘れましたが、マーケットを出る前にシティーホールが開いていたので、ちょっとお邪魔しました。

無料ツアーをやってるんですが、やっている時間がなかったので次回ということに。1999年にやったけど、英語がわからなんだし、アクセントもわからんくって、なにもわからんまま終わってしまったのでね。

入口すぐ。。。でっかいツリー!

17.jpg

でかすぎてすべてを写すことができませんでした。それにみんなツリーの前で写真を撮っているので、ツリーだけの写真というのがなかなか撮れないわ~。

そして買い物へ。

シティーホールを出て、道路を渡るとDonegall Place(ドニゴール・プレイス)という道路が真っすぐ伸びています。その両側にはショップが一杯!どこにはいろうかな~と迷ってしまう。月曜日だけど結構人が歩いていました。時期が時期とはいえ、絶対2年前より人が増えてる!

29.jpg
写真からは人の多さがわかりませんが。

ダブリンにもあるイギリスのお店もあるし(例えばM&SやBoots)、アイルランドのお店もある(Dunnes StoresやEasons)。北アイルランドはUKなんですけど、Carolls Irish Giftの店もあるんですよね。UK物もアイルランド物も両方買えるわけです。そこからも北アイルランドの歴史が見えますよね。

今回の買い物の目的はヨガ用のスポーツウェア―とバッグ、そして同僚Aさんに頼まれたチョコレートだ。取りあえずTK Maxxに行ってスポーツウェア―を探そうと思い、直行するつもりが。。。

33.jpg
寄ってしまったHMV。ちなみにTK Maxxは同じビルに入っています。

HMVはもうアイルランドにはないんです。7月に閉店しました。(ネットでは買えますが)現在はアイルランドの会社Golden Discsがその後に入ったりしてます。なので思わず入ってしまったんです!

月曜日の昼午2時ちょっと前くらいだったでしょうか。お店は人がかなりおり、しかもレジは買い物客で行列しておりました。ちょっとびっくり。Golden Discsでレジが行列なんて見たことないしね。DVDをちょっと見てからTK Maxxへと思ったら。。。

36.jpg
大島渚監督映画、メリー・クリスマス・ミスター・ローレンスやんか!!!

買うしかない。

実はほしかったんです!3つで20ポンドなんて大して安くないんですが、ついでなのでこちらも買ってしまいました。いきなり生活必需品でない、あっても無くてもどうでもいいものを買ってしまった。まあクリスマスに一人で全部見るとするか。

37_201612220713305ad.jpg

そしてTK Maxxへ行き、欲しいと思っていたスポーツウェア―の上を発見し購入。次は頼まれものを買わねば!それはこちらにあるお店。正式には中にはないけど入口通路にあるお店です。

38.jpg
Victoria Square Shopping Centre.

お店はこちらよ。何度もご紹介してますが。

34.jpg
http://www.hotelchocolat.com/uk/chocolate-shops/belfast

これを頼まれていたのです。すんごい美味いらしいんですよ、このフルーツが入ったチョコレートのセットが。旦那さんが大好きなんですって。ちなみにこちらは12.50ポンド。高い。ここのチョコレートは本当に高いわ。私もクリスマスに自分一人で食べる用に真似して買いました。25日に開けるの楽しみよ。

35.jpg

そしてついでにヨガに持っていく時に使う、タオルなどが入るような、大きすぎない、軽くてかわいいRadleyのバッグをHouse of Fraserhttp://www.houseoffraser.co.uk/で購入。99ポンド。予算越え。買うまでに悩みまくり、買うのに1時間以上かかりました。一度店を出て、他の店でもバッグを見て、頭を冷やしてからよ~く考えてもう一度店を訪れて、結論出したんですよ。結果、買って大正解でした。ArnottsにもRadleyは売ってるんですが、売り場が縮小されてしまってるんで、あまり商品が置いてないんですよ。北へ来てよかったわ。

余談ですが、ベルファストでは買い物したときに、紙袋やプラスチックバッグがほしい時、購入しないといけません。5ペンスでしたけど。南だとプラスチックのバッグは22セントなんですが、紙袋は無料なんですよね。

ダブリンのTK Maxxは紙袋でくれるんですけど、ベルファストはプラスチックのバックのみで、、購入しないといけませんでしたのでちょっとびっくりでした。HMVなんて、何も聞いてこず、素でDVD渡してきたし。一瞬戸惑ったもん。南なら袋がいるかどうか聞いて、いると言えば紙袋に入れてくれるんですけどね。

それにしても思ったより人が多かった19日、月曜日のベルファスト。同僚Tさんいわく、2週間前の週末はベルファスト郊外から車でクリスマスの買い物に来る人が多かったらしく、道路が大渋滞だったらしい。おかげでバスも大幅に遅れてたらしい。

ベルファストで大渋滞?

悪いけど、イメージないわ。

去年来た時よりも街の様子も少し変わっていたベルファスト。いくつか気が付いた点がありましたので、明日の後編でお送りし、数日クリスマス休みをいただく予定でいます。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ベルファスト一日旅行記2016-前編

昨日の夕方から今朝にかけて雨でちょっと風もきつくて天気悪かったんですよ。現在お昼ですが晴れてます。

しかし金曜日にStorm Barbaraが来るんです。友達とクリスマス前のディナーに行くっていうのに!

金曜日はどうもかなりワイルドな日になるらしくて。つまり暴風雨ですわ。でもそのおかげであまり街に人が出ないから、どこも空いてるか混んでることはないでしょうけど。

さて、話を変えてベルファスト一日旅行記2016年とまいりましょう。

久々のベルファストでした。

いつも行くたびに同僚で友達の北アイルランド人TさんとDOさんに街で会うんですが、今回は月曜日なので会えず。なのでオフィスに押しかけようかとも思ったんです。でも朝早くGPに行くことになり、ダブリンを遅く出てしまったので時間的にきついので諦めました。

今回の目的はクリスマスマーケットとショッピング。

Tさんいわく、クリスマスマーケットは年々Bigger and betterらしい。同僚のAさんも11月終わりに行って、Bigger and betterだと言っていたので楽しみにしていました。

ベルファストへはお馴染みのAircoachのバスhttp://www.aircoach.ie/で。たくさんの人が乗り、ほぼ満席でございました。やっぱりこの時期は混んでる。ちなみにダブリンからはたくさんの学生風の人たちが乗りました。日帰り旅行かしらね。ベルファストへは2時間ちょっとで行けちゃいますから。

ベルファストには午後12時過ぎにつきました。そしてクリスマスマーケットが開かれているベルファスト・シティー・ホールへ直行!バスを降りてから数分歩けばいいだけなのでバスはとっても便利なのです。

21.jpg

ベルファストのクリスマスマーケットはシティーホールの中、と言っても建物の中ではなく、外ですが、入口の前には広いスペースがあり、塀で囲まれているんです。つまりは敷地内で行われています。2014年はそうでした。でも今年はちょっと違いました。敷地内だけでなく、外の歩道にまでお店が出ていたんです!Bigger and betterやったわ~。

2_20161221073939b86.jpg
この写真では見にくいでしょうかね。

3_20161221073917034.jpg
これでどうでしょう?

月曜日だったんで空いてましたね。でも午後1時過ぎから混みだしてきました。こちらのお昼の時間と言えば1時ですからね。

でもさすがに子供はまだ学校へ行っているので、メリーゴーランドとかが全く動いておらず、ちょっと寂しげでございました。これが週末なら大行列なんだろうなあ。

8_20161221073824500.jpg
さみし!

7_2016122107382231d.jpg
こちらもさみし!

16.jpg
サンタのゲットーに入る子供もおらず。

でも私のような旅行者とか(予想)、地元の大人は意外とたくさんいましたね。思ったより人はいました。もっと少ないかと思っていましたけど。ということでどんなお店が出てるかな~。お腹空いた。何食べよう?ということで見て回ることに。

9_20161221073825877.jpg

これ、怖い!ロビンはかわいいけど。
10_2016122107382731c.jpg

甘そうやわ~。
25.jpg

えらいカラフルですなあ。お子ちゃまが着たら絶対かわゆい。
11_20161221073828d04.jpg

イタリアのお菓子のお店。お兄ちゃんがCiao!と声を掛けてましたが、無視して通り過ぎるふりして写真を一枚。
12_20161221073846457.jpg

リアルツリーも売ってる。
22.jpg

ハーブティーやフレーバーティーとコーヒーのお店。私が欲しいフレーバーティーは残念ながらありませんでした。
24.jpg

カンガルーバーガーの店。そういえば、ダブリンのポート―フェスティバルで数年前にワニのバーガーっていうのを食べたことがあるけど、高いだけでうまくなかったのを思い出したわ。

23.jpg
カンガルーはパスやわ。

ソーセージやサラミが山積み!でも全然売れてませんでしたわ。
13_2016122107384787b.jpg

そしてその横では。。。

14_20161221073849feb.jpg
ソーセージ焼いてるやん~!

肉を食べないようにしています。それにソーセージは塩分たっぷり。GPで気を付けると言われたばかり。でも久しく食べてないし、周りで美味しそうに食べているのを見てると、

人生短いんやし!毎日食べてないし。取材のためということで…

15.jpg
一つ5ポンドで購入。高いなあ。

実はここ、同僚のAさんがこれを2本食べたお店で、私に行くように薦めていたお店でした。彼女はスモークとチリ味が美味いと言っていたんですが、普通のにしました。スモークのがよかったかな、とちょっと後悔。大きそうに見えますが、長いだけで、ソーセージ自体は細い。私は歯ごたえがある、太いソーセージのほうが好きですわ。

最近ソーセージなど食べてなかったからか、または肉をあまり食べないからか、胃にもたれてしまいました。やめとけばよかったです。自業自得か?

そういえば2014年はパエリアのお店があったけど、見なかったねえ~と思いながら回っていたら、ありました。でも食べた後で、しかも胃にもたれているため食べるのを諦め、バスに乗って帰る寸前にもう一度マーケットによって食べることにしました。夕食です。

マーケットは別にほしいものがこれといってなかったので、ここを出て、ショッピングをすることに。

続きは明日へ。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

またトレンドになるか!?南から北へ、ショッピング・トリップ

Rip off Ireland.

先日、同僚が朝8時半からこんなことを社内で言っておりました。

まさに。

物の値段がどんどん上がってるんですよ。ダブリンの家賃と同様に。

ルアスやバスの運賃も12月1日から値上げしちゃった。毎年値上げしてますよ、毎年!会社で買ってもらっている(と言っても給料からちゃんと毎月天引き!)の年間チケットは据え置き。ちょっとほっとしたけど、来年は値上げしそうやわ。本当、給料上がってないのにいろんなものの値段が上がってきついわ。

ご参考にどうぞ。https://www.numbeo.com/cost-of-living/compare_cities.jsp?country1=United+Kingdom&city1=Belfast&country2=Ireland&city2=Dublin&displayCurrency=EUR

先日のブログで友達が北の方が安いからって大量にお酒を買いに行ったことを書きましたが、2009年くらいでしたか?一時アイルランドから北アイルランドへ大量に人が流れ、買い物していた時期がありました。またそういう時期が来ているようです。どれくらいの人が今年は南から北へ買いに行っているのか不明ですけど。

余談ですが、南は何でもお金が必要だ。言い換えればお金があれば何とでもなる。無料って聞いたらかえって疑うもん。北は違うらしいんですよ。南から北へ嫁に行ったアイルランド人の友達MAちゃんは北はいいよ~と言うんです。イギリス本土と同じシステムの部分もあれば、彼ら独自のシステムで住民をサポートしている部分もあるんです。

住民であれば、例えばNHS(National Health Service)。所得に関係なく全部無料!私がよく行くGPですが、これも無料。病院も無料。カウンセリングも無料。処方箋も無料!ホームヘルプも無料。家庭で使用するメディカル機器が無料だし、病院のベッドを家に置くのも無料。

彼女の子供は小学生ですが、すべての教科書は無料!例えばポストイットが無くなったら先生に言えば無料でもらえると言っていました。南なら自分で買え!と言われますよ。というか誰も聞かないでしょう。低所得の家庭の子供たちには学校からディナーが無料で配られるそうです。それは南でもボランティアでそれをやっているところがあるかもですけどね。

それにしてもGPと処方箋が無料っていうのは凄いわ。南でそれだったら私は一体いくらお金をセーブできる?羨ましいわ~。いい仕事があったら北に住んでもええわ~と思うもん。

それでも北の住民は文句言ってるらしいんですよ。南から嫁に行った彼女にしてみれば、何を贅沢言ってるの!南に一度住んでみなよ!という気持ちになるそうだ。北のどこかの街の駐車場が今まで無料だったのに50セント取るという話になったら、住民が大反対で大モメしたという話をしてたんです。

「ダブリンの街の駐車場なんて一時間で3ユーロ以上取るところあるわよ!」


と教えてあげたいと言ってました。そうなんですよ。南の人たちはそれを皆払っているんです。本当に高いんですよ。Aちゃんも車で街に行くときは長居しないように気を付けています。気が付いたら駐車料金20ユーロ!なんてことになりかねませんから。20ユーロで映画が2回見ておつりくるっていうの。(すべての映画館でというわけではありません)

外に出てみないと、自分のいるとこの良さが見えない事は多いけど、その典型的なお話ですわ。

さて、そんな北アイルランド。

南よりお値打ちなんでバス代払って行っても安いと思ってるんです。なのでヨガで着るスポーツウェア―とか買おうと思い、実は土曜日一人でベルファストに行こうと思っていたんですよ。同僚にダブリンにはない店、Hotel Chocolatでチョコを買うよう頼まれていたし。それにちょうどクリスマス・マーケットもシティーホールでやってるし、週末はセント・ジョージマーケットもやってる。あそこで買いたいフレイバーティーがあるもんですから、ちょうどいいなあと。

BELFAST 1
2014年の様子。

さあバスのチケット予約しなきゃ~と思ってはいました。約3週間前から。しかしいろいろと忙しくてすっかり忘れてしまい、先週金曜日の午後6時半に予約をしようとしたんです。(残業だったのよ)そしたら予約は出発前日の午後5時までしか受け付けないとなっており、予約できず。

予約出来なくても当日お金を払えばバスには乗れる。ただし満員じゃない限り。ネット予約した人がもちろん優先ですから。となると、朝早く起きて早いバスで行き、早いバスで帰らないとまずいかなと思ったんですよ。ちょうど現在はクリスマス・ショッピング真っ只中ですからね。特に週末は。

と、その話をたまたま私同様に残業していた、私の大好きなポーランド人のKちゃんに言ったんです。すると彼女が、

「Tiffany, DON'T GO THERE!」


なんで?人が多いのはわかるけど。ダブリンだってそうだし。詳しく話を聞いてみると、家族でベルファストに12月1週目の週末に行っていたそうなんです。しかしあまりの人で、店に入れない、またはレジで大行列だったらしく、並ぶのも嫌で結局何も買わずぐったりしてダブリンに帰ってきたそうなのだ。Hot Chocolatでは店の中に全く入れなかったと言ってました。

そんなに人で溢れてるの?ベルファストって???

あんまりイメージないなあ。

その上、物はそんなに安くないというんですよ。ダブリンと変わらなかったと。ええ!?と思いましたがねえ。ホテルは確かに最近高い。あほみたいに。朝食が付かないホテルが多くなったしね。でも上のリンクでも違いは明らかやし、他の人はみんな北は安いって言ってるし。同じ頭痛薬買うにも北の方が明らかに安いと同僚が言っていましたしね。掃除のおばちゃんまで話の仲間入りをして、「北に行っても大して安くないわよ~。週末言っちゃだめよ~。」と私に言うんですよ。

半信半疑やわ。なので来週月曜日に行って自分の目で確かめることにしました。その模様はまたブログでお伝えしたいと思います。ということで、月曜日のブログは急遽お休みさせていただきますのでよろしくお願いいたします。

それでは皆さん、良い週末を!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.