Mr.Tayto(ミスタ-・テイトー)のポップアップ・ショップ、Arnottsに現る!

アメリカの大統領選挙関連のニュースで盛り上がっている現在。

日本でも大ニュースになっているでしょうね。一体誰になるのか。。。どちらも嫌という人も結構いるみたいですけど。

アイルランドとアメリカは強い絆で結ばれておりますが、トランプ氏が大統領になったら情勢は一気に変わると思いますがどうでしょうか?

さてさて、そんなアイルランド。こちらは急に冷え込み、思い切り冬が来ています。まだ雪は降ってませんけど。

昨日も今日の朝も、オフィスのヒーターのスイッチが入っておらず、みんなコートを着込みながら仕事をする始末。小学校のころヒーターなしの教室で勉強し、体育の授業は半袖&ブルマ姿。それから比べれば天国ですけどね。

そしてもうすぐクリスマスですわ。早いもんです、一年過ぎるの。年取ったせいよね。

そんな中、11月5日から12月24日のクリスマスイブまで、ダブリン・ノースサイドにあるヘンリーストリートにがっちり構えたデパート、Arnottos(アーノッツ)のショーウィンドーにこちらのお店がまたオープン!

tayto 7

そうです。あのクリスプでお馴染み、テイトーのお店がまたダブリンにオープンしたんです!

tayto 17


去年の3月に、ダブリン、サウスサイドのウィックロー・ストリートにオープンしたMr.Tayto(ミスタ-・テイトー)のポップアップ・ショップ。このブログでも御紹介しましたが、覚えていらっしゃいますか?それが今回ノースサイドに来たのである!

ぬいぐるみのMr.Tayto (ミスター・テイトー)がお出迎え。あんまり似てないけど。。。

tayto 15

Mr.Tayto (ミスター・テイトー)・ツリーか?
tayto 16


クリスマス用にギフトボックスもあり。これは確か20ユーロしてたはず。

tayto 14

私はこっちのクリスマスギフトの方が好きでした。(いない)子供に買う振りして買おうかと一瞬思いましたが、思いとどまりました。

tayto 8
クリスプ、マグカップ、ペン、キャンディーがかわいいテイトー・サンタの袋に入っています。14ユーロほどだったと思います。

もちろんメインで売っているのはこちら。

アイルランド人の心の食、クリスプ・サンボ(Crisp Sambo)!

tayto 10


今回は一つ3ユーロ。高いです。だって、パンにバター塗って、クリスプ挟んだけですよ。しかも前回のようにチャリティーに一部寄付されるのかどうかは不明でした。聞けばよかったわ。

チーズ&オニオンが一番人気なので、買いたいところであるが、今回はちょっと変わった味で勝負してみた。

tayto 13
Prawn Cocktail Tinsel (プラウン・カクテル・ティンセル味)テイトーサンタのステッカーがかわゆい。

売ってますけど、お店に必ず置いてある味ではない。この味はメジャーじゃないんですよ。(と私は思う)実は私、この味は食べたことなし。クリスプ・サンボを購入し、すぐ帰宅して食べるつもりが、色々予定を思いつき。。。自宅に持って帰ったころにはクリスプが

完全にしけってた。

わかってたけどね、そうなることは。

中身はこれ。ちゃんとカットしてあります。
tayto 26

半分に切った断面。
tayto 27

ちなみにサンボはすべてこの店の中で作っています。

前回のチーズ&オニオン味はケチャップが欲しいところでしたが、こちらは。。。ケチャップいらん!クリスプ自体の味がかなり濃いではないか!
意外と美味いやん!

チーズ&オニオンよりパンに合う気がするわ~。

お店に週末のお昼過ぎに行けばひょっとしたらぬいぐるみではない(着ぐるみの)Mr.Tayto (ミスター・テイトー)に会えるかも!

もしかして、Mr.Tayto (ミスター・テイトー)?
tayto 20

ああ!!!いる!!!
tayto 22

きゃ!!!!!
tayto 18

おっちゃんも一緒にパチリ。もちろん私もおっちゃんの後で一緒にぱちりしてもらいました。FBに載せました。反応大きかったです。
tayto 19


アーノッツの地下にはMr.Tayto (ミスター・テイトー)の小物ショップもオープン!サンドイッチ以外のものが買えます。

tayto 3
お店はあまり大きくはないですけど。

tayto 4

写真を撮るだけに行ったのですが、閉店間際だったため店内誰もおらず。店員がわんさか。さすがに写真だけ取って逃げるわけにもいかず。小心者なのよ。結局小さいMr.Tayto (ミスター・テイトー)を購入。無駄遣いしてしまいました。小心者は損するわ。

tayto 1
46歳なのにこんなものを。。。と言われそうですが。

帰宅し、Aちゃんに見せたら大笑い!「あんた、それいくらしたん?」といかにもそんなもんを高い値段でどうせ買ったに違いないと言わんばかりの口調で聞かれた。(普段の私がそうだから)私が7.95ユーロだったと言うと、

Ah, that's OK。


AちゃんからOKをもらいました。、OKもらった=それ以上文句は言われないというだけです。ほかに何も出ません。

テイトーのポップアップショップ(Tayto Christmas Workshop)。

クリスプ・サンボ3ユーロはやっぱり高い。でもノベルティー物だし、12月24日までの期間限定オープンだし。ちょっとした話のネタにはなります。まだの方は一度お試しあれ!

tayto 2
ちなみに手はマジックテープでくっつくようになっています。結構ミスター・テイト―ぬいぐるみ、かわゆい。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

ハロウィン🎃と言えば。。。Barmbrack (バームブラック)

皆様、お久しぶりでございます。お元気でしたでしょうか?

日本、暖かかった、いいえ、「暑かった」ですわ~。偽物皮のライダージャンパーを持って行ったんですが、一度も着る機会無し。着たのは日本に帰る時とダブリンに帰るときに着ただけ。

25度とかでしたからね。この気温はアイルランドじゃあ真夏の気温ですから、私としては暑いという表現を使っていたわけです。しかし家族や友達はやはり「寒くなってきたよ~。」という表現を使っていました。感じる体温がやはり違うわけです。

自宅でも暑いからノースリーブのパジャマ(タオル地)を着て寝てたら、「お姉さん、おかしい!」と兄嫁に笑われましたしね。自宅でも半袖で過ごしたこともあり、余計おかしいと思われたようです。わからんでもない。私は元々おかしい人ですから。


さて、話を変えて、昨日はハロウィンでしたがいかがでしたか?日本も六本木がえらいことになっていたようですね。

日本ではほとんどしないと思いますが、やはりこちらではハロウィンにボンファイアーをやるんですよ。(このブログでも毎年言っていますが)やるのはいいけど、大火事になることがあり、消防員の出動回数がやたらに多くなる日でもあります。

出動したらしたで、消防車に卵投げたり、石投げたりするあほも多いんですよ。(これは毎年。普段から少なからず起こっているらしい)Dublin Fire Brigadeはライブツイッターしてます。興味のある人はどうぞ。https://twitter.com/DubFireBrigade/with_replies 

どこかのあほが猫をエアガンで撃った事件もありました。(毎年ハロウィンに起こるらしい)それと比べると日本のハロウィンが問題(ゴミ、暴力や痴漢)にされてますけど、まだまだ平和でみんなが楽しんでいるからいいと私は思います。ちなみにうちの野良猫ちゃん一家は昨日の午後から行方不明になってました。花火がバンバン近所で打ちあがっていたので怖かったからどこかで隠れてたんだと思います。今朝は2匹だけ現れましたけど。


それはさておき、アイルランドでは特に子供ちゃんがいるお宅は子供たちのパーティーやラなんやらで大忙しだったことでしょう。子供ちゃんたちが仮装できるからハロウィン・ハイパーになってたみたいだし。

私の友達も仮装してパーティーに行った人がいましたが、私は今年は全くしませんでした。でも週末はちょっと忙しかったんですよ。それはまた明日以降ご紹介するとして、今日はこちらをご紹介します。

このブログではご紹介してなかったと思うんですが。。。アイルランドブロガーさんたちが散々ご紹介しているので、今更な話題ですが、まあ今日は復帰初日ですから軽く読んでください。

ハロウィンに食べるものとして、子供は家を訪ねてもらったお菓子。しかしもう一つ、自宅で食べる伝統的なものがあります。

HALLOWEEN 5
Barmbrack(バームブラック)。Barm BrackやHalloween Brackと表記しているところもあり。フルーツブレッド(ケーキとも言う)。

この時期になるとスーパーマーケットでたくさん売られるんです。今年はダンズ・ストアーでこちらの会社の物を購入しました。

HALLOWEEN 4

640gもあって、結構大きい。これを私は何日かかけて一人で食べるのです。残念ながらAちゃんはこういうものは食べないので。

HALLOWEEN 6
ここの会社のは一杯フルーツが投入されていました。

ハロウィンに食べられるバームブラック。一つユニークな点があります。

このパン(ケーキ)の中に指輪やボタン、硬貨などを入れるんです。占いのようなものです。お店で売っているものにはおもちゃの指輪が入っていることが多いのですが、最近はHealth & Safetyのため、何も入れずに売っているところもあります。入っている場合は上の写真の会社のように入っていることがきちんと書かれておりますので、

指輪が入っている

と思いながらスライスして食べます。かぶり付き食いは避けた方が賢明でしょう。

指輪が入ったスライスが当たれば、その人は1年以内に結婚する、硬貨(6ペンスのシルバーコインがオリジナルらしい)が入っていれば幸運が訪れる、または金持ちになると言われています。

他には布の端切れが入っているスライスが当たれば貧乏になる、マッチ棒が入っているスライスが当たればそれで奥さん、または旦那さんをを叩く(なんじゃそれ!)つまり、不幸な結婚生活が待っている。エンドウ豆が入っているスライスが当たればその年には結婚できないと言われています。

自宅で作る場合も指輪を入れることの方が多いようですが、やはり指輪が入っているスライスが欲しいので取り合いになる家庭も多いらしい。


私が買った、指輪が入ったバームブラックは???


一生懸命食べてますけど、まだ指輪に到達していません。

なんか私の人生を物語っている気がする。。。


ハロウィンで食べるものですが、ハロウィン以外の日でも売られれいることもあるんです。なのでたまに買うことがあるんですが、私のお気に入りは北アイルランドの有名シェフ、Paul Rankin(ポール・ランキン)のバームブラック。スーパーでよく売ってたんですが、なぜか最近私の行きつけのスーパーでは見なくなったのですよ。彼のは美味いんですよ。また売り出してくれないかしら。http://www.rankinselection.com/

自宅でも作れるバームブラック。一度挑戦してみてはいかが?(レシピはこちらから)
http://www.rte.ie/lifestyle/food/recipes/2013/0308/744506-halloween-barm-brack/

ドナル君のレシピもいいんじゃない?


来年からは日本でもバームブラックを作って(または売っていたら買って)食べて、血だらけになりながら指輪の取り合いをしてハロウィンを祝って欲しいなあと思います。


ポチっとクリックお願いします!



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ワインとアイルランド

アイルランドに来たことがある方へご質問です。

物価が高いな~と思いましたか?それとも日本より安いやん~と思いましたか?

15年以上住んで思いますが、年々物価が上がってる。ひどい時なんて数ヶ月で数十セント値上がりしてる時もあります。その中でもタバコの次に高いな~T思うのはお酒。その中でも高いな~といつも思うのが、

Tesco 3
ワイン。(テスコの店頭より)

Bさんが好きなフランスワインがあるんです。ダンズストアーにしか売ってないんですが、これが数年前の安売りでは7ユーロ50。そうこうしているうちに8ユーロになり、数ヶ月前は8ユーロ50。9ユーロになる日も近いであろうと思っていたら今日の値段は9ユーロ!それもセール価格として出していた。おい、何がセールや!と思いましたわ。

そんな中、8月31日にThe Irish Wine Association(IWA)がアイリッシュ・ワインマーケット2014年の報告をしました。

アイルランドはワインにかかる税金がヨーロッパで一番高いそうだ。

だからこの国はワインが異常に高いのか!


2012年から比べると62%もワインにかかる税金が高くなっているそうだ。

そのおかげで値段にも反映して売り上げも落ちているそうだ。お蔭でワインを扱う小さいお店は経営難だそうだ。そのため2016年度の国家予算ではワインにかかる税金をかげないように政府に訴えたいとのこと。実は2014年から今年にかけて税金は上がってないんです。でもまた上げる可能性が無きにしも非ずですからねえ。

最近では8ユーロのワインなんて見つけるのが大変。9ユーロから10ユーロなら一杯ある。もちろんもっと高いのもありますよ。5ユーロくらいで売っているのもたま~に見かけますけど、味の保障は無いかもです。昔そういうのを買って失敗しましたから。

イタリア人の友達ANさんいわく、LidlやAldiで買えるワインはお値打ちなのがあるんですが、いい味のものを求めると最低でも10ユーロは出さないとだめだとのこと。たしかに8ユーロほどのを買ったけど、味がいまいちやったわ。


レストランやワインバーに行くとワインが高いのがよ~くわかる。グラスで出している種類が少なくなった気がするし。昔は1グラスで5ユーロちょっとで飲めていたのに最近はそんな値段で出しているところはたぶん少ないであろう。最近見る値段は安いので約6ユーロ50ほど。種類によっては8ユーロはしますもん。だったらボトル買った方がお値打ちやんという気になる。まあレストランで一人で1本飲むのは私の場合つらいけど。

一時イタリア人の友達G君がワインの輸入をやろうとしていたのでうちの会社の不倫セールスディレクターに話したら「やめとけ。」と言う返答が帰ってきた。税金が高いから。それに輸入した後倉庫に保管しますよね。そのそ倉庫代も馬鹿にならないから、結局そんなに儲からないらしい。この話は5年くらい前の話。今なんてもっと儲からないということですよ。そういえば2年位前にたまたまあった60代のアイリッシュのおっちゃんが、ワインを生産販売してたけど儲からなくって辞めたっていってましたわ。

ま~とにかくワインに限らず一般に酒が高いわ、アイルランドは。

余談ですが、報告書によるとアイルランド人は赤より白を好んで飲むし、チリワインが一番売れているそうだ。私はいつもイタリアかフランスを買います。いいのがなければチリへ走るパターンがほとんどだ。フランスは特に当たり外れがあるけど、チリは当たりはずれが少ない。だから一番売れてる!?とは私の勝手予想です。
詳しいことはこちらの報告書をご覧ください。http://www.abfi.ie/Sectors/ABFI/ABFI.nsf/vPagesWine/Home/$File/IWA+Report+2014.pdf


「高いのわかっとるんやったら飲むなよ!買うなよ!」と思っているそこのあなた。言いたいことはわかる。でもこちらでは(と言うか私の周りでは)知り合いの家に夕食をおよばれにいく場合や夜に遊びにお邪魔する場合にはやっぱりボトル一本を持っていくのが常識。手ぶらでなんてとんでもない話。レストランへ行ったらやっぱりワイン飲みながらゆっくり食事したいから一杯は最低でも頼むしね。避けられないことも多いのよ。(言い訳か!?)

ワインがもう少し安くなってくれたら。。。いえ、お酒自体がもう少し安くなってくれたらなあと思いますが、この国はアル中も多いし、14歳くらいから飲むやつもたくさんいるから政府としては税金高く取ってそれを少しでも防ぎたいってのもあるのかもしれないですけどね。まあ16年度国家予算でどうなるか。。。というところです。

それでは今日はこの辺で。来週月曜日お会いしましょう!ちなみに今日はダブリン・カルチャーナイトの日なので、そのご報告を来週する予定でいますhttp://www.culturenight.ie/。それでは皆さん良い週末を!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Of course!? マックのアイルランド限定「McMór(マックモア-)」バーガーを食す

予告通り行ってまいりましたよ、マックにMcMór(マックモア-)を食しに。

MC 1

‘Limited edition Irish artisan burger’

と当初うたっていたんですが、単語Artisanを使う場合、Food Safety Authority (FSAI)のガイドラインにそぐわないとを単語Artisan使えないそうな。結局McMór(マックモア-)バーガーはガイドラインにそぐわないんでこの単語はのちに外されて宣伝することになったそうだ。ガイドラインはこちら。(ネットから抜粋)なるほどね~。結構厳しいんですなあ。

The food is made in limited quantities by skilled craftspeople
The processing method is not fully mechanised and follows a traditional method
The food is made in a micro-enterprise at a single location
The characteristic ingredient(s) used in the food are grown or produced locally where seasonally available and practical


それではLimited edithion Irish burgerのお味の方に話題を移しましょう。今回はグラフトンストリート(Dublin 2)にあるマックへお邪魔しました。McMór(マックモア-)Meal(ミール)をオーダーするとレジのお姉さん、

「Of Course!」

ときたか。えらく張り切ってるな。そりゃこの日から発売だもんね、張り切るはずよ。

「Large?」

最近アイルランドでもLarge?って聞くんだよな~。アメリカ化してるよ。私はミディアムで十分。笑いながら断りミディアムをオーダーする。お姉さんもクスっと笑う。あんたがラージを頼むはずはないわな、聞くだけむだやったなくらいな感じだったのだろう。ここでまさかのラージを頼んだほうが面白かったかも。

McMór(マックモア-)Meal(ミール)、ミディアムのお値段は7ユーロ85セント。結構する。安くはない。だからか学生風の若者で買っている人を見かけなかった。(レジの近くに座っていたので確認できた)飲み物はお水で。少しでも健康的に!と思った結果であるが、バーガーのカロリーを考えたら付け焼刃である。そしてアイルランド限定発売のMcMór(マックモア-)を手にした!

MC 5
じゃじゃ~ん!

バーガーの箱の横にはレリッシュとチーズの宣伝がちゃんとしてありました。

MC 4
MC 2

MC 3
MC 8

箱を開けると。。。

MC 7
なるほど。

上から写してもよくわかりませんね。しかし横から~!の写真を撮り忘れたので、中身の写真をどうぞ。

MC 6

バンにはポテトのフレークが乗っているとのことですが、ポテトと言われてもポテト味はしませんでした。でもバン自体は悪くないです。

お肉は2枚。Dawn Meats(ダウン・ミーツ)という会社のお肉だそうだ。http://www.dawnmeats.com/

その間にチーズが挟まっているんですが良く見えませんね。チャーレビレのチーズが一枚だけ挟まってるんですけど。。。

ベーコンも一枚乗っかっています。Dew Valley(デュー・バレー)という会社のベーコンだそうだ。http://www.dewvalley.com/

そしてトマトの輪切り一枚にベイビーケール。生産者はわかりません。ケールはベイビーなのでやわらかいです。それにしてもケールを食べるとはね。。。しかもマックで。

その上には玉ねぎの刻んだものとキャベツの刻んだものが少し乗ってます。生産者はわかりません。

そして私の大好きなバリーマローのレリッシュが!!!

それでは感想。。。お肉は絶対普通のマックのバーガーの物より肉々しさしさがありました。これがもっと分厚かったらと思いました。しかしチーズの味もあまりしなかったのが残念。そしてもっと残念なのは、

レリッシュがむちゃくちゃ少ししか乗っていない~~~~!!!

という事実。全体的な味のバランスから言ったら結構美味しいんですが、ここにレリッシュがもう少し多く乗っていたら味がもっと良くなると思うんですよね。残念!

それに宣伝の写真と違ってバーガーに高さがちょっとない。まあこれはいつものことだけど。食べながらこの映画をまた思い出した。




たまたまこのバーガーがそうだっただけかもしれないので違うところでも食べてみようと思いますが、もしレリッシュが少なければそういうものだということだ。しかし実際どこのマックに行ってもソースが少ない。同僚の旦那さんはいつも「もっとソース乗せて!」といって頼むらしい。この限定物はそれをしてくれるかどうかはわかりません。たとえしてくれたとしても、その文余分にお金を取られるかもしれない。。。でも聞いてみる価値はある。

もし断られた場合は自分でレリッシュを買ってバーガーを自宅へ持ち帰り、たっぷりレリッシュを自分で塗って食べるしかありません。でもレリッシュ、結構お値段するのよね。一瓶3ユーロ80セント近くしてるはず。最近値上がりしたのよ。

とにかくだ。いつものバーガーとは一味違う、アイルランドの生産者が生産した(ケール、トマト、キャベツにたまねぎはアイルランド産かどうか定かではありませんが、たぶんそうだと思っています)プロダクトが一つになったアイルランド限定バーガーMcMór(マックモア-)。もし機会があれば一度お試しになってはいかがでしょうか?6週間の限定らしいです。

え?マックのバーガーなんて食べれないって!?でもまあそんなこと言わずに。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  

McMór(マックモアー)、9月2日発売!

皆さん、週末はいかがでしたか?私のように暴飲暴食しました?

食べると言えば。。。

Aちゃんに「食べたい!」と言わせたこちらが9月2日の水曜日に発売になります。



McMór(マックモアー)というマクドナルドのバーガー。アイルランド限定です。

私の大好きなBallymaloe Relish (バリーマロー)のレリッシュと Charleville Cheddar(シャーレビル)のチェダーチーズを挟んだ一品です。

BALLYMALOE.png
うまいのよ、バリーマローのレリッシュ。(www.journal.ieより)

CHEESE 1
このチーズはスーパーでよく見かける商品。食べたこと無いな。(www.centra.ieより)

Aちゃんが、よくバリーマローがマックにレリッシュを使わせたわね~と言っていました。私もびっくり。だってこのレリッシュ、結構お値段するんですよ。マックのバーガーーに使うとは。。。意外。


水曜日、イタリア語の帰りに買ってみる予定です。上のビデオで見る限り、かなり美味いみたいだから。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.