GPO WITNESS HISTORY ‐1916 エキシビジョン-後編

それではさっそく続きといきましょう。

この部屋にはスクリーンの映像の他にも5つほどブースがあり、テーマ別に(たとえばイースター蜂起は正しかったのかそうでなかったのかとか)ヒストリアンの皆さんがお話している映像を見ることができます。このあたりもイェーツのミュージアムとつくりが似ています。しかし人が多くて、落ち着いて見てることもままならなかったのか、途中で見るのを辞める人もいました。

DSCF1039.jpg
暗くて見にくいですが、ブースがあるんです!

他にはこちらのように、どれだけの人々が亡くなったのかという数字もあらわされていました。485人の一般人の方々が亡くなったと言われています。そのうち40人は子供。右端下の男の子はJohn Francis Fosterといい、当時2歳。銃で頭部を撃たれ即死。4月27日にはすでに埋葬されたそうです。

DSCF1033.jpg

こちらも当時の服装。横にはマイケル・コリンズの写真が飾られていました。彼も当時はこういう恰好をしていたわけです。ちなみにかれもイースター蜂起時GPOにいました。目だった役目はしていませんでしたが。
DSCF1035.jpg

エイモン・デ・ヴァレラの逮捕時の写真。印象的ですね。ちなみに彼も深く関わってはいたのですが、イースター蜂起のトークに行ってもあまり彼の名前が出てこないんですよ。なんででしょう?彼のことを嫌いだという人も結構いるみたいだし。
DSCF1040.jpg

こちらはGPOの歴史が紹介されていました。
DSCF1041.jpg

この地下の部屋を出てグラウンドフロアーへ。とその前に。こんな展示もありました。亡くなった方のお名前も両横のスクリーンに映し出されていました。指を指している人がいたので、きっと亡くなられた方の子孫でしょうね。

DSCF1046.jpg

階段の上にハたくさんの旗が。これはすべてアイルランドに関する旗です。

DSCF1050.jpg

グラウンドフロアーはかなり明るく、こちらには年表と1916年以降の式典当時の写真パネルや記念切手が展示されていました。

DSCF1051.jpg

DSCF0975.jpg

DSCF1055.jpg

DSCF1053.jpg

DSCF1054.jpg

DSCF0977.jpg

中庭にも出れます。ガイドの説明を聞き入る皆さん。

DSCF0967.jpg

DSCF0970.jpg

この様に書いてありました。
DSCF0971.jpg

スパイアが見えました。GPOに掲げてあるトライカラーの国旗もちらりと見えました。
DSCF0973.jpg

ここで展示は終わります。ここにはカフェとお土産コーナー設置。かなり充実していました。この後友達と会う予定をしており時間もなく、カフェに寄ることは出来ませんでした。残念!

DSCF0983.jpg

DSCF1056.jpg

DSCF0979.jpg

マイケルの額入り写真。いかがですか?
DSCF0981.jpg

GPOチョコレート!しかし一枚5ユーロもして高かったんで買うのはやめ。
DSCF0980.jpg

キーホルダーもいっぱい!
DSCF0984.jpg

GPOではこちらを買いました。

DSCF1078.jpg
アイリッシュじゃないんですが買ってしまった一品。こちらはお土産屋キャロルズでも買えます。ジェームスコノリーがGPOで怪我したところの絵が載っています。デザインがとてもいいと思います。

これはGPOだけで買えるものではないかと思われます。中に磁石が挟まっています。
DSCF1073.jpg

DSCF1075.jpg
裏もGPO。

そして定番のポストカード。1916年当時がよくわかる一枚。
DSCF1080.jpg

Civil War物ポストカードも買いました。
DSCF1084.jpg


写真が暗いなど、いまいちの出来で申し訳ないのですが(フラッシュが使えない上に写真の腕がないので)、GPO WITNESS HISTORYの中の様子が少しでもお分かりいただけたのではないかと思います。なかなかよくできているのですが、私が気になったのはやはり前にあったAn Post Museum。どこへ行ったの???長年GPOで働いているスティーブンさんが監修してたミュージアム。お土産を買うついでにティルのお姉さんに聞いたら、

「どうしたのかしら。。。わからないわ。」

1916年エキシビジョン+An Post Museumが私の理想でしたが。。。

私が行った日が土曜日の昼間ということもあって人が多くてゆっくり見ていられませんでした。イースター蜂起熱が冷めたころにもう一度訪れてじっくり展示物の説明を読みたいと思います。皆さんもお時間があればぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

イースター蜂起で破壊されたGPO。外見はびくともせず残っているのに、中はボロボロな姿がとても印象的ですね。
DSCF1083.jpg
当時のお金で50,000ポンド、現在のお金に換算すると約65,000ユーロかかって建てられたそうですが、当時の年収が60ユーロほどだったそうですので、かなりの大金をかけて作られたということですわ。そのためこんなに頑丈なんだそうな!

それでは皆さん、よい週末を!月曜日にお会いしましょう。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

GPO WITNESS HISTORY ‐1916 エキシビジョン-前編

最近の記事はイースター蜂起か食べ物関係しかない気がしますが。。。まあ気にせずに今日もいます。

GPO、General Post Office.日本語では中央郵便局と訳されています。

DSCF1060.jpg

ダブリンに来たらまずこの前を歩かない人はいないでしょう。ダブリン・ノースサイドにあるオコンネル・ストリートのど真ん中に堂々と建っているこの建物は1916年、イースター蜂起時、ここはリーダーたちのHQでもあった、歴史的にも大変重要な場所です。

私が来た当初は期待をして中に入っても、郵便業務を行っているだけでみるところはなし。中のインテリアは少し見えますが、写真撮影ができないのでがっかりした覚えがあります。(中から外への撮影ができますが)

しかしその後、An Post Museumが完成。2013年に阪急交通社さんのブログでご紹介させていただきました。私の写真がいまいちですが。。。http://blog.hankyu-travel.com/kaigai_archive/europe/ireland/2013/128895.php こちらからもまだアクセスができ、バーチャルツアーができます。http://www.anpost.ie/AnPost/History+and+Heritage/Home/

このミュージアムはかなり小さく、イースター蜂起のコーナーも小さかったのですが、スタンプが一杯見れるし、スタンプから歴史も覗けてとても面白かったんです。個人的にはかなり気に入っていました。しかし、イースター蜂起100周年ということでこのミュージアムが大きく、新しくなったんです。

DSCF0987.jpg

まずは地下へ。

DSCF0988.jpg

かなり暗くてびっくりしました。写真撮影は許可されていますが、フラッシュ仕様は禁止なため、すべての写真が暗いのでご了承ください。

DSCF0990.jpg

昔の自転車ですね。後ろのパネルの一番左の子供がかなり私には印象に残りました。
DSCF0992.jpg

当時の服装などの展示もたくさんありました。
DSCF0994.jpg

こちらはタッチスクリーンです。イェーツのミュージアム同様、タッチスクリーンが展示品のところに設置され、すべての説明が読めるようになっています。
DSCF0995.jpg

こちらはイースター蜂起当時のGPOの様子を再現してありました。子供たちが触りまくっていました。
DSCF0993.jpg

こちらはパトリック・ピアースが書いた本。あるサイトで780ユーロで売られているのを見ました。買えなくはない値段!
DSCF0997.jpg

女性の軍服ですね。旗はSunburst と言われるもので、深いアイルランド&ゲーリックの伝統を表すものと聞いています。
DSCF0999.jpg

こういう医療道具を昔使っていたのですね。
DSCF1001.jpg

当時の広告がたくさん貼られていて、当時の雰囲気づくりに一役かっていました。
DSCF1008.jpg

当時の女性の服装ですが、こちらはお金持ちではなく、貧しかった人たちの服装。コートは高くて買えなかったので、ショールで冬を過ごしていたわけです。貧しい人がかなり多かったですからね。
DSCF1009.jpg

当時の様子。一つの家に100人近く住んでいた家もあったんです。このブログでも前にご紹介しましたが。。。
DSCF1012.jpg

リーダー以外のイースター蜂起に関わった方々の遺品もいくつか展示されていました。
DSCF1003.jpg

壁には年表と人物の説明書きがありました。
DSCF1020.jpg

奥には劇場もあり、当時のGPOの様子を俳優&女優さんが演じている映像が見れます。
DSCF1021.jpg

画像が迫ってくるのでちょっとめまいがしましたが。。。
DSCF1023.jpg

こちらにもやはりアイルランド樹立宣言がありました。左上に鉛筆で何かが小さく書かれていたのですが、人が多くて読んでいる時間がありませんでした。
DSCF1024.jpg


まだまだあるのですが、長くなりますので続きは後日。。。という明日のブログは長いです。

ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  

4月24日、イースター蜂起からちょうど100年―後編

メリオン・スクエアーへ行くのを辞めた理由。それは、

パレードが来るから。

DSCF1162.jpg

DSCF1171.jpg

DSCF1166.jpg
イースター蜂起に参加した女性たち、Cumann na mBanになりきっていると思われます。

DSCF1173.jpg

DSCF1178.jpg

DSCF1187.jpg

DSCF1161.jpg

DSCF1210.jpg

DSCF1195.jpg

DSCF1198.jpg

DSCF1204.jpg

午後3時20分ごろに最初のマーチングバンドが来て、4時20分ごろに終わりました。結構長かった!

最初はみんな写真が撮りたいんで、パレードに群がるわけですが、パレードの邪魔までして写真を撮ろうとしていた外人女(たぶん東ヨーロッパ系と思う)がいたんですよ。三脚もってパレードが通るところを(道の端ではありましたが、どう見てもパレードが通る場所)陣取ったんですよ。すると、パレードをしていたおじちゃんがその女の前に立ち止まったんです。そこを女が写真を撮ろうとしたんです。おじちゃんが写真を写して欲しいのだと思ったのでしょう。しかし、

「そこ、どきなさい。パレードがここを歩くんだ。パレードのが大事だ。」


とおじちゃんに言われてたんです。当たり前!でも、謝罪もせずどいたんですよ。ま~失礼!!!ちなみに友達曰く、この女は他の場所に移っても同じことをしていたらしい。注意されても無視してたらしいですよ。最低ですね。どこかのジャーナリストではないはず。だって何のネームカードを首から下げてませんでしたらか。こういうのって必ず一人はいますよね~。自分がいい写真を撮ることに必死になって、迷惑になってることなんて気が付かないし、自分さえいい写真が取れれば後はどうでもいいって思ってるやつ!

ちなみにこのパレード、シンフェイン党がオーガナイズしてやっていたものです。シンフェイン党がGPOの前でイベントやるのは知っていたのですが、パレードまでオーガナイズしてるとは知らず。

なので(?)周りにはたくさん北アイルランドのアクセントを喋る人が見ていました。ちょうどオコンネルストリートの、ルアス路線の近くで見てたんですよ。ルアスが通るたびにこのあたりで見ていた人は移動させれてたんです。するとそこで見ていた、むっちゃごっつい、見るからに喧嘩売ったらやばそうなおっちゃんが北アイルランドアクセントで横にいた警官にこんなことを言っていました。

「今日はルアスを運行させるべきではない。」

警官は、「でも移動しないといけない人もいるからそれは無理です。」と言うも、「いや、ルアスを運行させるべきではない。」とまた言わい、警官がちょっと困っていました。このパレードがとても大事だと思っている人がいるってことですよ。イースター蜂起が始まった日でもありましたからね。真剣に受け止めている人がいまでもたくさんいるわけです。

確かにルアスが通るから危なかったから、おっちゃんの言うことも一理ある。その後おっちゃんが笑顔で何か警官に言い、二人とも笑っていたので一件落着したようでしたが。

それにしてもたくさん小さなグループが一杯存在するもんですね~。もう何が何だかわからない状態。旗の意味もわからん。マーチングバンドがかなり多かったので、見学者は満足してたと思いますよ。シンフェイン党がどうとか言う前に。

ここでご紹介したのなんてほんの一部。多すぎてすべて写せませんでした。写すの、疲れてくるんですよ。メモリーも途中で容量いっぱいになるし。。。

このパレードですが、1916に関したグループが参加するのならわかる。でもどう考えてもイースター蜂起には関係ないんと違うか?というグループもいくつかあった。ウォーター・チャージ反対のPeople before profitの人たちまで参加してたしね。確かにシンフェイン党も反対してるけど、イースター蜂起には関係ないんちゃう?うわ~またか~と個人的に思いました。

友達が3月の国の記念式典の時のパレードより長いと言っていました。それとはまた違う、シンフェイン党主催のパレード、これはこれで気合入ってて良かったと思いますよ。シンフェイン党支持者の方には申し訳ないですが、彼らをサポートしているわけではないんですが。。。

でもシンフェイン党って、イースター蜂起には何もかかわってないのですよ。それはこちらでは周知の事実。だからシンフェイン党が乗っ取ってる!と思っている人も実際います。私も実はそう思っている一人。でもまあ真剣に受け止めて、気合入れているのはいいんじゃないかしらと思っています。まあ日本人の私が出る幕ではないですわ。

大きなイベントはこれでひと段落といったところですが、夏ごろまで1916のツアー(ウォーキング&バス)もあるし、エキシビションもあるし、トークやレクチャーもありますので完全に終わってはおりません。まだまだこのブログに載せていく予定でいます。しつこい???我慢していただけるとありがたいです。なんせ100周年ですからね、100周年!200周年には私は生きてませんから!


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  

4月24日、イースター蜂起からちょうど100年―前編

皆さん週末はいかがでしたか?土曜日は天気が良かったですよ。暖かかったし。

日曜はちょっと曇って、ちょっと寒かったですが、GPO前で行われたイースター蜂起100周年記念イベントには悪くない日でした。雨がぽつっと当たったくらいでしたからね。

そうです。日曜日はイースター蜂起が始まった日。日にちで言えば、ということです。ダブリンでも昨日からイベントがありましたし、昨日はニューヨークでも記念式典が行われていたそうです。アメリカはアイルランド人を祖先に持つ人が多いですからね。約3950万の人がアイルランド人を祖先に持つと言ってるそうですからね。

ということで日本人のお友達とお昼をし、一緒にイベントを見ようということにしていたんです。しかし日曜日は私の家の方から街に向かう道が大渋滞!イベントのせいもあったんでしょうが、ちょうどクロークパークで試合があり、試合を車で見に来た人で道路が大混雑!お蔭で待ち合わせが12時半だったのに着いたのが1時15分!普段ならこんなにかかりません!本当、お友達に悪かったです。

お昼は美味しいものを食べ(この件は後ほど)満足なままオコンネルストリートへ。パレードがメリオン・スクエアーから出発してGPOに行くと聞いていたのですが、とりあえず先にGPOへ。

途中で軍服の皆さんに遭遇。友達がお願いして写真を撮らせてもらうことになり、ついでに私も便乗。

DSCF1140.jpg
ええ顔してるな~。

実は私たちがここへ着いたのが2時過ぎ。アイルランド樹立宣言を読み上げたのは12時頃だったはず。。。ということで、イベントは終わりかけのよう。人もちょっとまばら。

DSCF1124.jpg

疲れたのか、オコンネル像の下でくつろぐ皆さん。

DSCF1143.jpg

旗は5ユーロで売っていました。友達が売っているおばちゃんに写真を撮らせてもらっていたんですが、「旗買ってよ。」と言われていました。言われると思ったわ~。

DSCF1145.jpg

軍服の女性もいましたので、みんなが写真を撮らせてもらっていました。ちなみに旗を持ったおばちゃんはタバコ吸ってましたわ。疲れた~って感じで一服してたのがとても印象に残りました。

DSCF1146.jpg

コンサートが始まりました。まだイベントは終わってなかったようです。

DSCF1150.jpg

The Foggy Dewを歌っていました。歌詞はこちらからどうぞ。http://www.allthelyrics.com/lyrics/dubliners/foggy_dew-lyrics-224974.html


歌が始まり、人々がステージの周りに集まり出しました。ステージ向かって左横はGPO。

DSCF1153.jpg
えらいこと人がいるわ~。

こんな愛国心一杯のおばちゃんもThe Foggy Dewを聞いていました。

DSCF1154.jpg

オコンネル・ストリートはこれだけのようなので、メリオン・スクエアーへ行こうか~と私たち。でも行くのを辞めたんです。続きは明日に。。。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

リバティー・ホール(Liberty Hall)―後編

受付のおじちゃんに言われた通り地下にあるThe Larkinという部屋へ入ると1913年のロックアウトが説明されていました。しかしただパネルで説明されているのではなく、キルトで説明されていました。ほ~手が込んでるなあ。

DSCF0877.jpg
こんな風に作られたそうです。一針一針縫ってます。

この写真からはこれがキルトに見えませんが、キルトです。

DSCF0874.jpg
オコンネルストリートの像と同じスタイルですね。「ジム・ラーキン=両手挙げのスタイル」。

DSCF0873.jpg

DSCF0872.jpg

DSCF0876.jpg

DSCF0875.jpg
これはオコンネルストリートの様子。二人男性が亡くなっています。

DSCF0878.jpg

ちなみに日曜日の早朝行きましたが、お客さんは私とアイリッシュのおっちゃんだけ!1人外国人女性が入って来ましたが(見た目アイリッシュじゃないから外人だと判断)、すぐに部屋を出て行きました。あちゃ~。ネットで宣伝されてなかったので知らなかった人がほとんどだったんじゃないかと思います。私はたまたま前日の土曜日にこの前を通りかかって、ドアに張り紙がしてあったのを見て知っただけですしね。

そして受付のおっちゃんの言われた通り2階(英語では1st Floor)へ。向かって左手には絵や写真、ICA(Irish Citizen Army)の軍服が飾ってありました。思っていたより展示が少なかったです。

DSCF0887.jpg

DSCF0888.jpg
1916年イースター蜂起の時のリバティーホール前の様子が書かれた絵です。

しかしこちらは素晴らしいです。これが見れるとは思ってもいませんでした。

DSCF0883.jpg

こちらはジェームス・コノリーの指示でモリー・オーライリーさんが掲げた旗です。このブログでRevolution 1916で女性が旗を掲げる様子を表した像の写真を載せましたが、その旗がこちらです。4月26日水曜日に旗は降ろされました。

DSCF0371.jpg
この写真を載せましたが、覚えてらっしゃいますか?この時の旗ということです。

奥の部屋には少しですがイースター蜂起に参加していた方々の写真と共に遺品が飾られていました。Countess Markievicz(コンスタンツ・マルキエビッチ)がサインした手紙もありました。

DSCF0894.jpg

DSCF0896.jpg

DSCF0897.jpg

DSCF0901.jpg

DSCF0898.jpg
右のページ上に彼女のサインがあります。

ここで見学していたのは私一人!ちょっと寂しいわ~。横にバーがあり、関係者の方がくつろいでいました。軍服を着た方々がおり、喋っていたので(暇だったため)、お願いして話を中断してもらい、旗の前での写真を撮らせていただきました。

DSCF0907.jpg
この後、私入りでも写真を撮っていただきました。


写真で説明できるところをわざわざキルトで紹介しているところはかなり手が混んでいて素晴らしいと思いました。展示物がかなり少なかったのが残念でしたが旗を見ることができたし、リバティー・ホールの中に入れたし(シアター部分ですが)、悪くはない経験でした。

実際に最上階に上がり、写真を撮らせてもらえたら言うことないんですけどね。。。屋上にカメラが設置されているので、ネットでダブリンの中心地の様子はリアルタイムで見れるんですよ。興味のある方はこちらからどうぞ。http://www.siptu.ie/media/webcam/

まだまだ1916年関係ネタが続きます。さすがにもうええわ~という方は他のアイルランドブログの方の楽しいブログでお楽しみください。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.