FC2ブログ

これがティファニーの進む道!かも?

2019.05.25.22:24

明日(月曜日)は午後用事があり、ブログアップができないので、今日アップすることにしました。よろしくお願いいたします。

私が大好きなドラマ、Peaky Blinders.(ピーキー・ブラインダーズ)

PB2.jpg
(https://www.thetimes.co.ukより抜粋)

このドラマについては後日書くとして、登場人物のPolly(ポリー)がこう言う場面があります。

PB 1
(https://www.magicalquote.comより抜粋)

わかるわ。

一度死にかけてますからね、私もポリーと同じで。

これはユニバースから与えられた、2度目の人生だといつも思ってるんです。

だから今度はもうちょっと有意義に使いたいわけ。

そう、魂をフリーにしたいんです。

なんかやりたいことがあったらやろうという気が、一度目の人生よりも強いんです。

ただ、一度目は自分のことしか頭になかったけど、今回は自分のやることで、人に喜びを与えたり、助けることができることをしたいと思ってるんです。

前にも言ったと思いますが、入院中、医師や看護師の方々がすごかったんですよ。

皆さんが一生懸命私を助けようとしているのが、ひしひしと伝わってくる。

見ず知らずの人間(私)なのに。

仕事とはいえ。

自分も何かできないかな、と入院中からずっと考えていたんです。

看護師になるには年を取り過ぎている。ケアラーの仕事はどうか?とか考えたのですが、ケアラーの仕事をしている兄嫁Uさんから過去に、

「お姉さんみたいな人には無理。」

とはっきり言われたことがあるんです。優しすぎる人はダメとのこと。

あらっ、私ってそんなに優しいんだ~!褒めてくれてありがとう、でしたけど。

仕事を休んでいる間も、何かできないかと一生懸命考えていたわけです。

そこで思いついたのが、

レイキ。

ネットではレイキとカタカナで書かれていることのほうがほとんど。

霊気

と漢字であまり表記してないようです。

とにかく、レイキは日本人の臼井甕男氏が始めたもので、要は宇宙エネルギーを使った、誰にでもできる簡単なハンドヒーリング。

日本人の方が始めたけど、広まったのは海外から。

霊気は臼井の弟子の林忠次郎から日系アメリカ人ハワヨ・タカタに伝えられ、レイキとしてアメリカで行われ、タカタとその弟子によって世界中に普及した、とウィキペディアは書かれています。

日本でレイキ、というと、変な宗教だ、怪しいぞ!と思う人が多いみたいですね。

イタリア人の友達ASちゃんがレイキの講座をイタリアで受けたことがあると数年前に私に言った時、私はレイキに対し、

「ふ~ん。」

で終わりでした。

要は何の関心もなく、レイキってちょっとねえ。。。なんて思っていたのです。

それくらいの感覚でしかなかったレイキ。

しかし、なぜか、レイキをやろうと思ったんですよ。

それはやはり数年前、ASちゃんが受講したことがあると私に言った時のことが、潜在意識にこびりついていたんだと思います。

ちょっと調べてみたら、レイキは人を癒せると同時に、自分も癒やせることがわかりました。

しかも結構簡単!

資格を取るのも言っちゃ悪いが簡単だと思ったのです。

これだ!

と思ったんです。

手術してから、やはり傷跡がくっきりで、自分が思うようにヒーリングしてくれてないのですよ。

おかげで落ち込む。

いまだにだ。

嫁入り前なのに、こんな傷!

これのおかげで嫁にいけない、と友達に愚痴をこぼし、逆に友達に怒られたことがどれだけあったか。

そこで思ったんです。

人を癒したかったら、自分が先に癒されてなければいけないと。

人の体って、自分で癒す力があるんですよね。

不思議。

医者からさじを投げられても、その後オルタナティブの治療方法で、癌や傷が治ったとか、たくさんそういう話があるじゃないですか。Netflixに、そんなドキュメンタリーの番組があったんで、見たしね。

とにかくエネルギーはみんな持っているわけ。特別に誰々だけってことはない。

その力を自分で大きくし、それを人にも使えるって、素敵じゃないですか?とも思ったわけ。


レイキをやろうと思う、と同僚や友達に言うと、

「あら、私のおばさんがやってるわよ~。」

とか、

「私の友達がやってるわよ~。」

と言われることが多々あったのですよ。ちなみに彼らは日本人ではないです。

レイキはヨーロッパの方が日本より広まってる感じがするわ。


ということで、実は早速週末、二日間のコースに参加してきたんです。

レイキのコースはReiki 1,2、3とあります。

1は家族や友達に使えるようになるレベル。

2はPractitioner(開業)のレベル。

3はマスターレベルということになっています。

私が今回講座を受けたところは、1レベル、二日間ずつのコースになっています。


私が参加したところではレイキ+エンジェルさんを使ったヒーリングも教えてくれるんですよ。

私、エンジェルさん好きなので、このコースは私にとってもってこいだったのです!

レイキのやり方やエンジェルさんだけでなく、ネガティブな自分を捨てて、ポジティブな、自信をもった新しい自分になる、要はライフコーチ的なエクササイズもあり。

人を癒すのに、癒やす人がネガティブでは元も子もないですもんね。


もちろん今回私が参加したコースはReiki 1.

2は夏までコースがないので、その間、友達やペットを練習台にする予定です。

そして、将来的にはビジネスにしたいと思っているのですよ。

他にもいろいろ考えておりますけど、レイキはいろいろの中の一つなのです。


ティファニー、頭おかしくなった!

もうティファニーブログなんて読んでられん!

そのうち壺買えって言われる!


そんな風に思っている方、いらっしゃいますよねきっと。

壺買えなんて言いませんからご安心を。

ブログは読みたい人だけに読んでもらえたら本望だと思っていますし。

頭がおかしいのは前からですし。


とにかく、人の役に立てて、自分も楽しめるものが見つかったということ。

現在の私はまだ病み上がりな状態ですが、レイキでいい気を自分で送り込んで、将来に向け、頑張っていこうと思っております。

そう、これがティファニーの進む新しい道!

かもです。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト



Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.