FC2ブログ

Dog behaviourist - ドッグ・ビヘイビアリストとリリー・メイの新しい名前-後編

2020.01.23.14:05

プーカが他の犬に吠えるのは、

他の犬が怖いからだそうだ。

「Aちゃんに近づくな!」
「Bさんに近づくな!」

と、ヤキモチを焼いて吠えているのとばかり思っていた私達。

実際は違いました。

ドッグ・ビヘイビアリストのSさんいわく、

プーカが吠えてしまうのは、

実はリリー・メイがプーカに悪影響を起こしているからだというのです。

まさか、あのリリー・メイが???

IMG_7273.jpg
こんなかわいい顔してるのに。3歳です。


リリー・メイはすぐさま散歩中他の犬を見つけると、

挨拶に行くんです。

でも、相手側が挨拶をし返さないと、

Snap Snap!!!

噛み殺さんばかりの鳴き声で相手の犬に怒るんですわ。

相手の犬に噛み付くんじゃないかぐらいですよ。

この日、私まず最初にリリー・メイを散歩させていたんです。

この時もやりそうだったのですが、

私がさっとリードを引いて相手の犬から離したので、

リリー・メイは怒っている暇なしだったとドッグ・ビヘイビアリストのSさん。

しかしSさんがリリー・メイを散歩させた時、

2度怒ったんです。

それを見ていたこっちもびっくりよ。

リリー・メイの前の飼い主は、

面倒見ている時間なしという理由で彼女を手放したんです。

だったら最初から犬を飼うな!と言いたくなる理由だけど。

それはともかく、前の家はゴールウェーに近い田舎。

ソーシャライズしてそうだけど、

Sさんいわくソーシャライズしてないという。

だから初めて会った犬にそういう態度を取るらしいのだ。

これにはびっくり!

しかもリードをグイグイ引っ張るし、

自分勝手に動きまくるので、

前から両膝が悪いBさんがそのうちリリー・メイに引っ張らられてコケて大怪我するんじゃないかと、

私は心配だったのですよ。

この機会にリリー・メイをトレーニングすることになってよかったのです。

とにかくだ。

このリリー・メイの他の犬に対する態度が、

プーカを不安にさせてしまい、

ストレスになり、

プーカが吠えるということだ。

リリー・メイが他の犬に挨拶に行くから、

プーカも挨拶に行かないといかんのか?とも思うらしい。

リリー・メイの行動にむっちゃつられてるし、

彼女のエナジーにもつられてる。

そしてストレスが溜まるのだ。

それにプーカはもともとナーバス犬だとSさん。

だから散歩中もAちゃんの顔ばかり見るんです。

Validationを求めているらしいのだ。

だからAちゃんが、声掛けをして大丈夫だよと優しく言い、

リードしてあげないといかんらしい。

なるほどね~。

ということで、散歩中他の犬にあった場合。。。


Strategy one:

When you spot a dog, stop and prepare yourself.

When Puca spots the other dog immediately lure his head (eyesight) towards you and reward him.

Allow Puca to look back at the dog and repeat the lure.

Strategy two:

If Puca cannot eat because he is so stressed then do try to move him away without pulling
to an out of sight area until he is calm and start again. Encourage him by moving fast and being upbeat.

If you use strategy two (moving away) only move as far as you need to start the reward training again.

Give him freedom to make some choices, but getting him to listen to you when needed.


これは一部ですが、こういうトレーニングをするよう言われました。

もちろんリリー・メイも同様。

昨日書いていませんでしたが、もう一つプーカには問題が。

散歩に行くと、途中で歩くのの拒否する

特に私が連れて行くとやるんですわ。

私のことを自分より下だと思ってるから。

私が食べてるものを欲しがるしね。(食べれへんのですけど)

餌を食べないと、私がプーカの前で食べるふりをしてやると、

そんな私を見て餌を食べるんですよ。

I'll have what she's having.

ここまでではないとしても。。。笑!




この日、SさんにAちゃんの代わりに私がプーカを連れて少し歩きだしてくれと言われたのです。

しきりに止まって後ろを振り、Aちゃんを見つめるプーカ。

不安丸出しであった。

しかし私が、

「Let's go, Puca! Good boy!!! You are OK!」

とかなんとか言いながら、ちょっとリードを引いて歩いたら、

ちゃんと途中でプーカが私と歩き出したんですよ。

あら、びっくり!

Sさんいわく、私はナチュラルらしく、褒められました!!!

初めてやわ~犬の散歩で人に褒められたの!

Aちゃん、悔しがってたわ~。


この日、AちゃんはSさんにプーカは不安症だけど、とってもいい子だと言われ、

Aちゃんは嬉しいとともに驚いていた。

しかしリリー・メイに原因があると言われ、

それを聞かされたBさんは受け入れず!!!

Aちゃんはこの日を堺に、

Lily May(リリー・メイ)と呼ぶのではなく、

Lily Savage(リリー・サベージ)


という名前に呼び変えました。

Savageってかっこういいと言うスラングもあるとネットでは書かれていますが、

基本の意味は獰猛やら残忍ですよ!!!

余談ですが、有名なイギリスのコメディアンでドラァグクイーンでもあったPaul O'Gardy(ポール・オガディ)。

彼は大の動物好きでもあることでも有名。

テレビ番組もあるんです。こっちでも放送されてます。いい番組ですよ。https://www.virginmediatelevision.ie/player/show/499

彼のドラァグクイーン時代の芸名が実はLily Savage(リリー・サベ-ジ)。

Lily 1
(bbc.comより抜粋)

ちょうどいいとAちゃんは言う。


Dog behaviourist - ドッグ・ビヘイビアリス。

すごいと思った。

お願いして大正解でした。



それでは今週はこの辺で。来週月曜日にお会いしましょう。

皆さん良い週末を!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



Dog behaviourist - ドッグ・ビヘイビアリストとリリー・メイの新しい名前-前編

2020.01.22.13:56

今日の記事はアイルランドに関するものではないのでつまらないと思いますが、

興味がある方は読んでくださいね。


日本でも最近よく見かけるのでは?と思われる、

Dog Behaviourist. (ドッグ・ビヘイビアリスト)

犬の行動と心理のスペシャリストです。

こちらはネットから探した日本のサイトですが、ご参考にどうぞ。勝手に載せているので、意義のある方はおっしゃってください。https://www.j-dba.com/professional-education

アイルランドにも何人かいらっしゃいます。

なんでいきなりこんな記事になってるの?と思われるでしょう。

一昨日と昨日とは全く関係のない記事ですしね。

前にもこのブログに書いたかもしれませんが、

プーカ(Puca)はメタルをかじり、食べる悪い癖があるんです。

OETQ0101.jpg

前にも書いたかもですが、

イタリア人G君がたたんでソファーの上に置いておいたジーンズのファスナをかじってたんです。

G君が朝、ジーンズを履こうとしたらファスナがかじられており、一部なくなっていたらしい。

飲み込んでしまっているのであろう。

おかげでファスナが閉まらなかったんですよ。

でもジーンズはちゃんと自分がたたんだときと同じ状態でたたんであったらしく、

G君はは履くまで全く気が付かなかったんです。

食べた後、プーカがジーンズをたたんだ???

前足二本を使ってたたんだのか???

プーカがジーンズをたたむ姿を想像するとオモロイんですけど。。。意外と正座してやってたりして!

とにかく謎の事件なのですわ。


メタルの匂いがわかるのか、

袋に入れて床に置いておいたセーターに着いた安全ピン付きの値札のタグを取ってかじってたこともあったんですよ。

私が偶然現場を発見し、

安全ピンをすぐ取り上げたのですが、

むっちゃカミカミしてあった。

安全ピンは絶対に袋から出てなかったし、

たたんで入れてあったので見えてなかったはず。

しかしあんな小さい安全ピンを、

どうやってセーターから外した???

前足二本使って外したのか???

プーカが安全ピンを外している姿を想像するとオモロイんですけど。。。正座してやってたりして!

こちらもちょっと謎の事件だったのだ。


他にも問題がある。


月曜から金曜の朝はBさんが自分の犬でビションのリリー・メイと共に、

プーカをお散歩に連れて行っているのですけど、

他の犬に道で出会うとすごく吠えてBさんが困っているのだ。


そしてもう一つの問題。

こちらはもうどうしようもないんですけど。。。

2年前、メタルを食べてしまい、

うんちと一緒に出てこなかったため、

取り除く手術をしてもらったのです。

その際、動物病院の先生が麻酔のチューブを気管挿管した際に、

気管を傷つけてしもたんですわ。

それからプーカは自分ではご飯が食べれない状態。

私達が手で、

柔らかいご飯をあげないといけないのですよ。


色々問題があるプーカ。


そのため、ドッグ・ビヘイビアリストに来ていただいたというわけ。

リリー・メイと一緒に散歩に行くこともあり、

Bさん宅に来ていただき、私も参加しました。

40分ほどお話をしたでしょうか?

興味深かったのが、

Aちゃんに質問するときも、

こういうときはプーカはこう考えているとすぐ回答をしないで、

こういう時、あなた(Aちゃん)はどういう気持?どう考えますか?

と聞いていたこと。

Aちゃんはそんなふうに聞かれると思ってないので、

「Un......」

といいながら、ゆっくり考えて答えてたけど。

むっちゃ心理学的な、そしてカウンセリングを受けてるような聞き方をするなあ~と思って見ていたのですよ。

犬は飼い主のバイブレーションをさっと読み取れるからでしょうかね?

飼い主のバイブレーションに反応しちゃうもんね、犬って。

だからそういう聞き方をしていたのはと思う。

ちなみに、ドッグ・ビヘイビアリストさん(Sさん)の持ってる資格を見ていたけど、

資格だけで30も取っている方。

もちろんすべて動物や犬猫に関するものです。

経験も豊富。

でも人間の心理学の資格は持っていらっしゃらなかったようですが。。。

ひょっとしたら持ってるかなと思ったけど。

彼女はドッグトレーナーでもあるので、

問題のあるワンコちゃんや猫ちゃんを飼い主さんとともに良い方向へ持っていけるよう、

トレーニングの仕方も教えてくれます。

話の後、早速プーカとリリーがどんなふうに散歩をするのか実際に観察していただくことに。


続きは明日。。。

ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

猫力ってあるよね-ほしよりこさんの書いた猫とうちの野良猫ちゃん一家

2019.04.14.21:47

英語のサブタイトルが出ると教えてくれたお友達が、こちらも教えてくれました。(ありがとうね!)

ほしよりこさんとエド・シーランのコラボですって!



今更何言うてる???

とこれを読んで思っているそこのあなた!

ええ、私は情報に疎いんです。ごめんなさいです。

ほしよりこさん、アイルランドとロンドンへ行って、600枚もイラストを書いたそうですね。友達は、彼女はアラン諸島にも行って書いたと教えてくれました。エド・シーランはアイルランドにもルーツがありますからね。

私、エド・シーランは好きじゃないんですよ。ファンの方ごめんなさいです。でもこの曲はグッとくる。


エド・シーラン、来日していたんですね!東京公演は大成功だったようですね。23日は大阪公演だそうで。

え?二都市だけ?

また名古屋飛ばしやね。

それはともかく、ほしよりこさんのほんわかした絵が彼の楽曲にすごくぴったり。

エド・シーランは大の猫好き。

それに来日する!ほしよりこさんの絵が曲にぴったりくる!と思い、ほしよりこさんに話を持って行った方、凄いと思う。


とにかくほしよりこさんの猫が。。。すごくいい!

猫も楽曲にあってるわ。花を摘んでくれる優しい猫ちゃん。いいわ~。こんな猫欲しい!


それに引き換えうちの野良猫ちゃん一家。

雄猫Tupacは縄張り争いに負けたのか、それともうちの犬のプーカに恐れをなしてか、家出をしてしまいました。

1か月前に2か月ぶりに見たきりです。

餌箱に餌がいつも残っているので、夜中にこっそり来て食べていることもなさそう。

戦いでか、左目に怪我を負い、たぶん失明してるんです。

自然界では片目しか見えない猫はジャンプするときや餌をとるのにうまく取れなくて、生き残れないらしいです。

どこかで亡くなってる可能性も無きにしもあらず。

自分の影ですら恐れるような、超臆病な猫だったんですよ。ほとんど触らせてもくれなかった。超ワイルド・キャットだったんです。でも、Aちゃんも私も好きでした。

IMG_8342.jpg
どこに行った?Tupac。帰っておいで!

母猫べティーと娘猫ミッシー・エリオットはまだ家の庭の小屋に住んでいますが、

ゲロゲロ。

1か月半くらい前に、スーパーで見たこともない餌をペットショップで購入。ちょっと安かったんですよ。

猫ちゃんたち、がっついて食べてた。

しかし翌日、母娘共々、

ゲロゲロ。

私の部屋で寝ることもある母&娘猫。夜中にゲロっとやられたし、私がいない間にベッドの上でゲロッとやったし、(猫用毛布の上だったのでOK)廊下でもゲロッとやった。

IMG_0521.jpg
困ったわ~。人のベッドの上で寝るだけならええんやけど。。。


その後猫は家に入れないようにしたんです。

外は寒いから入りたい母&娘猫。

「入れて~!」

という顔で外からキッチンを覗き込む母&娘猫。

かわいそうだが仕方がない。私の家ではないので、掃除が難しいところにゲロっとされたらえらいこと。

リスクはあえて負いたくないからだ。

結局その後も週に1度くらいはゲロッとしていたんです。(外で)そして昨日も。

でもやっているところを見てないことがほとんどなので、どちらの猫がやっているのかわからない。だからどちらかだけを入れてあげるということもできないのだ。

リスクはあえて負いたくないからだ。

猫はよくゲロッとするらしいですけど、それまであまりなかったので、最近頻繁にやっているのでちょっと心配。近くに動物病院へ連れていく予定です。

とにかくほしよりこさんの描いた猫とうちの猫ちゃんたちはえらい違い。花は摘んでこないからね。ネズミと小鳥は持ってくるけど。娘猫は取ってきたネズミを食べるしね。

それはともかく、ほしよりこさんのイラスト、素晴らしい!

猫力ってあるよね。

家出したり、ゲロゲロのうちの猫ちゃんたちにも、猫力ってある。

おかげで私は退屈しない生活を送れているもの。


ちなみにこちらが前にリリースされたオリジナルビデオのようです。(ファンじゃないから知らんのよ。ごめんなさい)



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.