UK, Article 50にサイン!EU離脱開始。どうなる?アイルランド

昨日のブログで今週のブログを終わりにする予定でしたが、大事なことを全く書いてなかったので、緊急にアップさせていただきます。

大事なこと。。。Brexitのことです。

とうとうイギリスの首相、テリーザ・メイが28日にArticle 50にサインしましたね。

BREXIT 2
にこやかに。

BREXIT 3
これを封し、欧州理事会のドナルド・トゥスク議長に午後12時20分ごろ渡したそうな。2007年まではArticle 50は存在しなかったらしいですねえ。Accidentally createdだったと、France 24のニュースで昨日の朝言ってましたけど。

5月終わりころから7月にかけて、EUとの話し合いがもたれるそうな。2年以内にEUと交渉して、加盟国27か国との合意も取らないといけない。取れないと、何の利益もないままEUを去ることになるかもしれません。いいようにはさせてもらえないと思いますよ。私ならしないもん!UKはEU離脱するのに、60ビリオンユーロ払わないといかんらしい。すっと払えるのかしら?これからもっといろいろ出てきますよ。目が離せません。

目が離せないのはアイルランドも同様。Brexitのおかげで、北アイルランドとのボーダー(Hard Borderと呼ばれてます)が復活する可能性が無きにしも非ずだから。テリーザ・メイは先の手紙で、今まで通り二か国の関係を保ちたいようなことを書いたそうですけど、政治家の言うことなんて信用できない!という人がネットニュースにコメントしてます。わかるな、それ。一番信用できんのは政治家と泥棒よ。それは言いすぎだったですね。すみません。

80年代は北アイルランドのTroubles(トラブルズ)のおかげで、軍のチェックポイントがたくさんありました。税関もありましたし。写真はその頃のかしら?IREが何度も税関や軍のチェックポイントを狙って攻撃してたらしいです。ちなみに、今でもイギリスの軍が、道路でチェックしてることがあります。銃持ってるんで、かなり威圧感あります。何にもしてないけど、なんかしでかしたかも??みたいな気分になるから気持ち良くない。

BREXIT 4
BREXIT 5

1988年のGood Friday Agreement (聖金曜日協定)のおかげで、チェックポイントが無くなりました。(税関は1993年に無くなった。EU加盟国だから)自由自在に北と南が行き来できる。おかげで、南からのバスツアーで北へ行っても、電車で北へ行っても、パスポートを見せなくていいわけです。長楽ちんなのですよ。それが、Brexitのおかげで、昔のようになるんではないか、と懸念されています。

BREXIT 6
そうなったら面倒くさい!

私のようにたまに北に行く人はいいですよ。でも南から北へ、北から南へ働きに行く人もたくさんいるわけですよ。そういう人にとっては、ハードボーダーがまた出来たら毎日税関を通らなくてなならない。どうせ並ぶだろうしね。朝からそんな時間はないわ~ですよ。ビジネスにも悪影響ですよ。通るだけでえらい時間かかるだろうし。ボーダーの街、モナハン州(南)では90ほどある道路が全部ハードボーダーによって封鎖されるかもとニュースで言ってましたしね。

ボーダーだけではない。BrexitのおかげでAmazonで買ったら、関税がかかるようになるのが私は嫌だ。かなり自己中な意見ですが。今は20ポンド以上ならアイルランドに送ってもらうのでもフリーデリバリーが選択できるんですよ。関税もかからない。だから、買った物の値段だけがユーロに換算されて請求されている状態。おかげで結構Amazonで買ってるし。アイルランドに配達できないものもあるけど(バッテリーが入った時計とか液体などはだめよ)。それもあと2年間だけですわ。今のうちに欲しいもの、買っとかなあかんわ!

でもどうなんだろう。。。UK's 1949 Ireland Actには、UKに住むアイルランド市民は外国人として扱われないって書いてあるそうなんですよ。それもあって、アイルランドとUKの行き来がとても楽だったのですよね。それなのに、ハードボーダーができるのかしら???EUとの交渉もこれからですし。。。どうなるか、見守るしかありません。

そんな中、こんなメールが昨日届いていました。

BREXIT 1

ライアンエアー、何でもビジネスにするわね~。素晴らしいマーケティング力!

そしてこちら。アイルランド人が気分を害しました。

BREXIT 1(www.thedailyedge.ieより切り抜き)

イギリスの新聞、Guardianの新聞の一面に問題あり。ドネゴールとキャバン州の一部がUKになってるから!ドネゴールとキャバン州、返せ!と言われていました。パズル上、しょうがなかったんでしょうけどね。それにしても、みんな細かいところまで、ちゃんと見てるねえ~。と私は感心しました。


それでは今度こそ。。。来週月曜日にお会いしましょう。ちなみに、間違いがあれば、コメント欄にご指摘願います。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

ダークな過去を持つ男、Martin McGuinness (マーティン・マクギネス)、亡くなる

セント・パトリックスデー週末のことを書くつもりでしたが、急遽変更します。

今朝、France 24(ニュース番組)を見ていたら、元IRAの司令官&元北アイルランド(自治政府)副首相のMartin McGuinness (マーティン・マクギネス)が亡くなったというニュースが流れました。66歳でした。

Sky Newsにチャンネルを変えたら、時間を割いてこのニュースを放送していました。

NI 1

昨日の夜亡くなったそうで、新聞の印刷には間に合わなかったようで、どの新聞の一面にも彼のことは載っていませんでした。

亡くなったと聞いて、とうとう亡くなったか。。。というのが私の感想。

病気だったんです。遺伝性疾患、アミロイドーシスだったようです。(タンパク質が臓器の細胞外に癒着する)

病気で副首相を辞任したわけではありません。実際にはCash for Ash scandal (The Renewable Heat Incentive scandal (RHI scandal))と呼ばれるスキャンダルのために辞任したんです。と書くと、彼がスキャンダルを起こしたみたいですが、そうではありません。

元北アイルランド(自治政府)首相 (DUP, Democratic Unionist Party。民主統一党)のArlene Foster (アーリーン・フォスター)が起こしたスキャンダル。Renewable energy incentive scheme (日本語で再生可能エネルギー奨励制度でよいでしょうか?間違っていたらご指摘願います)を、自分がEnterprise, Trade and Investmentの大臣時代に作ったんですよ。その制度をオープンにしていたんですねえ。しかしこの制度に北アイルランドの税金400ミリオンポンド(それ以上ともいわれる)が使われていたというんです。

そのため、彼女は辞任を迫られたのですが、辞任しない!と拒否。彼女を辞任させるにはマーティン・マクギネスが辞任するしかなかったのです。北アイルランドはPower Sharing Governmentですから、どちらかが辞任すれば、片方も辞任というわけだと思います。

その後は選挙だ!となったわけです。しかし、マクギネスは選挙には出ないと発表。健康上の理由でした。この時点で、かなり病状が深刻なんじゃないかと言われていましたが、そうだったようですね。ちなみに選挙では彼の所属するシン・フェイン党がかなりの議席を獲得。DUPと1議席差まで迫ったんですよ。このスキャンダルの影響は大きかったと言えるでしょう。


彼は北アイルランド、デリー(Derry)生まれ。7人兄弟の長男。カトリック。カトリックとプロテスタントのいがみ合いをずっと見てきた人です。21歳までにはセカンド・コマンダーにまで上りつめたやり手。しかし、母親は彼がIRAに入るのを嫌がったそうです。

彼はイギリスの地で、最も危険な男とも言われた時代もありました。IRA時代、1973-1974年にはアイルランド(ROI)の刑務所に入っていたこともありますし、イギリス人兵士を殺した疑いがあるんです。これは数回調査されてましたねえ。でも彼はIRAにいたことは認めても、殺したことは認めてませんでしたけど。

イギリス人兵士だけでなく、過去にIRAに殺されてる人がたくさんいるんです。だから彼が自分で手をかけてなくても、コマンダーだったのだから、指示して殺してるはずだという見解がこちらの人にはあります。

その後はシン・フェイン党所属の政治家となりました。

NI 3

政治家になってからは、平和に貢献もしました。この写真は今までには考えられなかった一枚。握手しましたからね。

NI 2

とは言え、やはりダークな過去は消しきれなかったマーティン・マクギネス。

去年のある日、たまたまウォーキングツアーに参加してたんです。ちょうどパーネル・スクエアーにいたんです。すると、男3人が、私たちの前を歩いて通り去ろうとしたんです。

すると、ツアーガイドの男性が、「Hey, Martin! Howya?」と声をかけたんですよ。手をあげて、こちらを向いて、にこっとして歩き去ったんです。ガイドの知り合いかと思ったら、実はマーティン・マクギネス!まさかパーネルスクエアーで会うなんて思っていなかったので、カメラの用意もできず、慌てて後ろ姿だけ写真に収めたのです。誰が見てもこれがマーティン・マクギネスだとはわからない写真を。。。

そのことをAちゃんに言っても、「ふ~ん、だから?」という、薄い反応。Tちゃんに言ったら、「大嫌い!人殺しよ、あの男は!」と言ってえらい怒ったのですよ。予想外の反応でした。その後、彼女たちの前では彼の名前を出すことはやめました。

こちらでは彼のことを、好きな人と嫌いな人と真っ二つに分かれるんじゃないかと私は思います。やっぱりIRAの元コマンダーですからね。RIP (Rest in peace)と言わない人もいっぱいいると思う。かなり複雑な心境なんじゃないでしょうか。彼の指示で殺されてしまった人がたくさんいると言われてますしね。事実は闇の中ですけど。。。

私は日本人ですし、長く住んでいても、やっぱり北と南、カトリックとプロテスタントの根深い感情は、私には一生かかっても理解できないと思う。理解したと言ったら絶対うそにしか聞こえないだろう。。。

いいこともしてきたけど、やっぱりダークな過去は消せなかったのがマーティン・マクギネスではないかと思う。


ちなみに、ここに書いたことが間違いであるときは、コメント欄にご指摘願います。慌てて書いたので。。。すみません。


ポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  

It is what it is...トランプ大統領誕生後

今日もブログのアップの日ではないのですが、イタリア語の宿題そっちのけで書いております。今日の授業で怒られるわ~。

日本はどうかわかりませんが、まだまだショックが隠せない、私の周りの人たち。

今朝の新聞の一面はこうなっておりました。

TRUMP 1

アメリカではプロテストしてる人がたくさんいたそうですね。しかも泣いてる人もいて、テレビに映ってた。マイリ―・サイラスまで泣いてたしね。まあアメリカ国民&住民じゃないから言えることではあるけれど、

It is what it is.

誰が何を言おうが、決まったものは仕方がない。Cop on!だと私は思う。まだトランプ大統領による政治が行われてもいないのに悲観的になっても仕方がない気がするんですけどね。嫌だ!という気持ちはすごくわかる。移住したい人でできる人はすればいいと思うし。彼の指揮下での政治が始まってから文句を言ったほうが説得力あるとおもうけど。もう今更何ってもトランプ氏が大統領という事実は変わらないですしねえ。(あくまで私個人の意見です。念のため)


さて、日本ではトランプ大統領の三男坊が男前だと話題になっているらしいですが、アイルランドでは私の知る限り話題にはなっていません。それよりも、今後アイルランドの関係はどうなるのか?経済はどうなるのか?という事の方が重要であるようだ。アイルランドでは昨日の夜、早速TV3がトランプ大統領誕生に関した討論番組を放送していました。それだけアイルランドでも関心が高いということです。

アイルランドとアメリカには太いパイプがあるからです。つまり、強い絆がある。それをず~っと大事にしてきています。ティーショックがパトリックスデーにホワイトハウスにシャムロックを持って訪れますしね。それに現在、たくさんのアメリカの大企業がアイルランドで事業を展開しているのもその影響でもあるといえよう。(法人税が安いというのもあるけど)

太いパイプのおかげでアメリカのビザが取りやすいため、若者が夏休みを利用してアメリカへ旅行ついでに働きに行くことも多い。Aちゃんも若い時2か月ほどボストンへ行き働いていた。しかしひょっとしたらそれも無くなるのではないかと言う心配をしている人もいるそうだ。下手したらトランプ大統領が、「アイルランド人はポテトだ!全員入ってくるな!」などと言いかねないですもんね。

私に意地悪した同僚のポーランド人M。

来年アメリカに行く予定をしているらしく、「私、入国できるかしら?」と言ったので、

「不可能だね。あなた、ポーランド人だから。出てけって言われるよ。」

と言ったら本人大笑いしていた。ポーランド人だからという前に、性格悪いからあんたは入国できないのよ!と心の中で思っておりましたが。でもあり得ない話でもない。日本人なんか入ってくるな!とも言いかねない。彼は日本人が好きじゃないみたいだしさあ。

まだまだこの話題は当分尽きませんけど、昨日はFBにこんな写真がアップされました。友達5人がシェアーしていたので5回も同じ写真を見る羽目になりました。でもWell said!ですけど。

TRUMP 1
(Positively Irish FBより抜粋)

ちょっと気になって、現在まだAちゃん家に居候しているイタリア人G君にこの件について聞いてみた。イタリアではどう言われているのか気になったのである。すると彼はこう言いました。

「さあどうかな。イタリアの政治なんてもっとひどいから。ベルルスコーニだろ。今の奴だってとんでもないんだよ。トランプと同じだよ。」

BERLUSCONI 1
ほう。。。同じか。。。(www.telegraph.co.ukより)


「でもベルルスコーニはでもいいこともしたんじゃないの?あの人が首相の時はサルディーニャに飛行機一杯発着してたよ。(豪邸もあるしね)今なんてぜんぜんじゃん。」と私が言った。すると、凄い嫌そうな顔をして、

「ベルルスコーニがいいことした???」

その発言、ムカついたよトーンで言い返された。ベルルスコーニはとんでもなく資産があり、(450ミリオンユーロとかわけわからん金額らしい?)、自分の資産を守るためにビジネスマンから政治家になったんだと言われた。

「トランプももしかしてそれが本当の目的なんとちゃう???」

と言ったらさあね、と軽くG君に流されたが、二人が似ていることを何気に指摘したG君。なるほど~と思った。ちょっとグーグルってみたら、二人が似ているという記事が出てきて思わず笑ってしまった。

例えばトランプ大統領はベルルスコーニのことをNice manと言っていた、プーチンと仲が良い(トランプ大統領とはまだであるが、プーチン大統領は彼が頭がよく才能があると言っているらしい)、貧しいところから這い上がって超金持ちになった、ビジネスマンから政治家になった、綺麗な女性好き、オレンジ・タン(Orange Tan。オレンジ色の日焼け)など。似てる部分が何点かあるらしい。


とにかく、ネットではもうすでに2020年の大統領選挙のカウントダウンが始まり、ツイッターでは次の大統領にはぜひ、この人を!と言っていた。ええかも!

michelle 2
(www.dnaindia.comより)

もうこんなものまでできて売っているいるらしいです!がっかりしたのはわかるけど、ちょっと気が早くない?

michelle 1
(www.buxishop.comより)

とはいえ、2020年、またトランプ大統領かもしれませんよ。それもこれも、これからの彼の手腕が物を言いますね。ちなみに明日もブログをアップする予定です。よろしくお願いいたします。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Brexit(ブレグジット)の次は。。。ドナルド・トランプ氏が大統領に!

今日はブログの日ではありませんが、アップします。

まさか。。。

でした。朝起きてテレビをつけてびっくりでした。でももしかしてという気がしていましたが。。。でもまさか現実になるとは。

とうとうドナルド・トランプ氏が大統領になりましたね。

私としてはヒラリーが大統領になってほしかったんです。女性初というのもあるけど、経験がある。頭もいい。外交的に無茶はしないと思ったんですよ。それに人種差別主義者じゃない。でもアメリカそうは見てなかったということですね。

結果は皆さんもご存知ですが、一応載せておきます。

TRUMP 1
(www.telegraph.co.ukより抜粋)

大きな都市はヒラリーを、そして経済的にもよくない州やいわゆるRural areaはトランプ氏を支持って感じでしょうか。

うちの会社でも今朝はこの話題でもちきり。みんな顔が曇っておりました。

昨日うちのセールスディレクターが同僚にトランプ氏が大統領になると言い切っていました。かなり自信があり、Bookiesで賭けてもいたらしい。少し儲かったらしく、笑顔でしたけど。

彼が言うには、メキシコからの違法移民が多い地域は違法なのに合法の移民の仕事を取っていくことが鼻持ちならないとか。だからそういう人たちはトランプ氏に投票すると言っていました。要は労働階級の人たちがトランプ氏をかなりサポートするはずだと。まさにでしたね。しかもあのマイケル・ムーア氏もこんなことを言っていたそうで。。。今朝ビデオを見てなるほどと思いました。



それと同時にこちらも思い出しました。まさにこの手法を取ったのでは!?ちなみにヒラリーさんは9/11を使って演説したと聞きましたがどうでしょう。これ見て参考にしたのかしら?



アメリカではカナダに移住したい人がたくさんいるそうですよね。移住に関するウェブサイトがクラッシュしたそうですし。普段カナダを馬鹿にしてるけど、こういう時は違うのね。なんだかBrexitのときと同じやわ。

今朝FB見てたら、ある人がこんなことを書いてたんです。その人があるレストランオーナー(女性)にトランプ氏が大統領になったらどうする?と聞くと、

「私、アメリカを出て、アラスカに行くわ!」


と言ったそうな。アラスカはアメリカですけど???地理に弱いアメリカ人らしいお話しでした。


では、アイルランドにとってトランプ大統領はどうなのか?ということになりますね。

どうなるんでしょう。Brexitの次はトランプ氏大統領ですよ!!!なんだかなあ~。2016年は変な年よ。

とにかく誰もまだわからないというのが現実でしょう。就任が決まったばっかりだし。ただ今までとてもいい関係にあったんですよ、アメリカとは。それは今後なくなるんじゃないかという気が個人的にします。

アイルランド人はオバマ氏やクリントン氏が大好きです。

でもジョージ・ブッシュは嫌いでした。

でもただ嫌いなだけで恐怖感はなかったと思うんです。

トランプ大統領のこともきっと嫌いになると思う。(私も周りは現在そんな感じ)ただトランプ大統領には恐怖を覚えるんではないかとネットで見ましたけど。見くびってはいけない相手ではある。何を言い出すか、何をしだすか予想がつかないもの。アイルランドのインベスターのことを「スモール・ポテト」って言い放った過去もありますからね。

http://www.irishtimes.com/news/world/us/donald-trump-calls-irish-investment-small-potatoes-1.2540342


アイルランド人の不法滞在者がアメリカにはたくさんいると言われています。そんな彼らはアメリカから出るしかなくなります。アイルランドにいる家族は彼らの帰国を喜ぶだろうけど。。。


不法滞在者を追い出すのはすぐやりそうですね。それに法人税や所得税、州税をカットもすぐやるって言ってたけど、すぐやるかな?どうだろう。

とにかくこれからどうなるかわかりません。実は彼自身もわからないんじゃないかと言われてますがどうでしょう。

4年間の天国か地獄か。。。

これから世界ノ人々がじっくり見つめることでしょう。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

アイルランドの名が轟いた-アップルの税金逃れの件

皆さん、週末はいかがでしたか?

土曜日は大量の雨でしたが、日曜日は曇りがちでした。一時晴れ間がでたのでうちの野良猫ベティーがえらい寝相でテーブルの上に寝てました。伸びをしているのではありません。この状態で動かず寝てたんですよ。寝にくくないのかしらん?

cat_20160905211707524.jpg

ということで今日のネタに移りましょう。

先週、「あの件書いてないなあ、ティファニー・カイリー。」と思っていた方も多いでしょう。先週問題になったアップルの税金逃れの件。レストランの件の方が私には重大だったんでそちらを優先したため書かなかったのですよ。

それにしても2016年という年は一体何なのかしら?と首をかしげたくなる。たくさん有名人が亡くなったし、テロも多かった。天気もおかしいし、地震も多かったし。

私にとっても2016年という年はいまいちでありました。(まだ今年は終わってませんけど)細木数子の占いじゃあ今年は大殺界だそうで。0学占いも同様。

この間は会社で仲間はずれにされたでしょ?そしたら金曜日、またですよ。今度は別のポーランド人女が私の悪口をえらく言っていたと同僚から聞いてむっか~~~~でしたわ。普段はニコニコして私に話しかけるくせにね。ムカついたんでマネージャーに告げ口しときました。(小学生か!ですが、友達いわく、日本人は告げ口好きらしい)今年は彼女たちのようなBackstabbing Bitches/Bastardsにやられた年でもあった。

アイルランドにとっても変な年と違いますか?イギリスはEU脱退。先週とあるマッシュルームの会社が倒産とのことでした。アイルランドの名前が世に轟くことがちょくちょくありましたしね。良くない意味で。先月のオリンピックのチケットの件がそうですし。そしてアップルの税金逃れの件。

アイルランドの法人税は12.5%でかなり低い。それを売りとして海外企業に投資してもらおうという狙いがある。これが上がるとこんな小さな国くてじとじと&寒い国に来ませんよね、普通。政府としては雇用を増やしたいですから。この税率は大事なわけです。

でもそれより低い税率だったとネットで見ました(アップルの場合)。特別優遇処置だったとか言われてますが。政府が関与したと言われてますけど、税金のことはIrish Revenue Commissioners(アイルランド国税局とここで訳しておきます)が単独でするそうなので、政治家がどうのとかはないとかいうことも言われています。

アップルの税金逃れの手はこちらのサイトで日本語で上手に説明してありますので興味のある方はどうぞ。http://matome.naver.jp/odai/2136141400127357401


政府としてはアップルと共にEUと戦うといってますけど、どうなるでしょうか。アップルは昔から税金逃れを指摘されてきてたんですけど、今回はなんか思い切りEUから印籠見せつけられたみたいな感じ。EUが本当に水戸黄門なのかはわかりませんけどね。大企業とアイルランドが標的にされただけだと書いてあったネットニュースもありましたが。。。

13ビリオンユーロの支払いか。日本円で1兆5000億以上ですよね?ああ~大金や。もう大金過ぎてかえってどれだけすごいっていう実感がわかないですわ。

これからまだまだごたごたしそうですが、今のところこれ以上のニュースはないので、またありましたらアップします。


ニュースになった次の日、こんな写真がFBに載っていました。これを考えた人、なかなかセンスがある。はっきりいってこれが載せたいから今日ネタにしただけです。

apple 1
ところどころリンゴが突き刺さってないところがアイルランドぽくってまたいい。もしかしたら誰か盗んで食っから刺さってないのか?(FBより抜粋)


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.