FC2ブログ

度胸ある!トリビュートバンド・Absolute Bowie-後編

2019.09.18.12:41

午後7時45分に演奏スタート!

出た!ジギー・スターダスト!!!山本寛斎の衣装で出てきた!(もちろんフェイクよ)

RSKJ3916.jpg

結構似てるのよ、デビッドに!痩せぐあいが。かつらもいい!

XGBA9642.jpg

しかもかなりなりきっている!

いいじゃん!見た目、超合格やん。


余談ですが。。。彼らはUKバンド。

昨日の記事でもちらりと書きましたが、アイルランドにも、デビッド・ボウイのトリビュートバンド、

Rebel Rebelというバンドがあります。

このバンドのボーカリストはかつらかぶってまではやってないんですよ。

全然似てないしね。

痩せてもない。

歌や演奏はうまいですけどね。

彼らのサイトから彼らの様子が見れますので、興味のある方はどうぞ。http://www.rebelrebeltribute.com/


Absolute Bowieに話を戻して。。。

ボーカルはあんまりだなあ。

音がちょっと外れてる。

演奏は上手やけどねえ。

歌唱力がいまいちでしたので、Aちゃんがしかめっ面をしてきました。

ヤバい、責められるわ。。。

「30ユーロも払ったのに!金返せって!」って言われるわ~~~。

でも、なりきっている彼を見るのはむっちゃ楽しい。

それで勘弁してくれないかしら???


山本寛斎の衣装(フェイク)の下には。。。この衣装。

JJIF6277.jpg

DPBX7813.jpg

キラキラやん!!!

Bさん、こういうキラキラしたやつ大好きなんですよ。

きっと来てたら大喜びしていたに違いない!


この時点で、音を外さずに歌えるようになってきており、

歌い方もちょっとだけデビッド・ボウイに似てきだした。

おかげでAちゃんのしかめっ面が消えた。

ティファニー、命拾い。

観客も喜んでいる!

ちなみに客層は50代半ばが中心でした。

1時間ほど、ジギー・スターダスト時代+ちょっと前の歌を歌い、大合唱!

私の大好きなStarmanもギターを引きながら歌ってくれた。そして大合唱となった!(ビデオは本物です)



盛り上がったところで20分の休憩。

衣装替えです。


そして再登場!

80年代のスマート・ボウイに変身!

VUEG8533.jpg

TJIY2132.jpg

IMG_6467.jpg

レッツ・ダンス+それ以降+それ以前(ジギー・スターダスト時代を除く)の有名な曲を1時間披露。

曲の中にはすごく上手に歌っている歌もあったんですよ。

特にこの曲は上手に歌ってた。歌いやすい曲ってのもあるかもだけど。(ビデオは本物。デビッド、痩せ過ぎやけどね。クスリやってた時期やから)



あの名曲、「アンダー・プレッシャー」をギターリストと歌ってたのも良かった。ギターリスト、歌上手いからいいわ~。

IMG_6471.jpg

はっきり言って。。。

デビッド・ボウイの歌って、歌うのはかなり難しいと思うんですよ。

特に特徴ある歌声。

真似はまず無理。

しかも音程がガラッと変わったり、変な動きをしますよね。

普通の人がもっていかない音のもっていき方をする。(と、ドキュメンタリーで言っていた)

それを彼のように歌い真似するのは大変だと思う。

私はAbsolute Bowieを見て、ボーカリストはかなりデビッドを見て研究して、

彼の動きを真似していた。

きっと彼になりたくてやっているのであろう。

もうステージではなりきってる。

はっきり言ってなりきったもの勝ちや!


なかなかできないですよ。

こういうアイコニックな人を真似るって。

かなり度胸がいるもの。

実際、Youtubeに彼らのビデオがいくつか出てますが、コメントに散々悪いことが書かれてるの。

当たり前やん。

デビッド・ボウイの真似なんて完全にできるわけない!

だって、彼はGod、神よ!!!(言い過ぎか?)

わかっててビデオ見て、偉そうに文句言っている人たちは、あほやなあと思うわ、私は。

それを読んでしまった自分もあほなんですけど!



神に近づこうとする者。

神に近づく者を許さない者。

いろんな人が世の中にいる。

私はデビッド・ボウイのファンの一人として思う。

覚悟を決めて神に近づこうとしている彼らはすごいなと思う。

度胸ある。

しかもただの真似ではない。

お金をとっている以上、ちゃんと演奏する。

実際バンドの演奏がすごく上手だった。

特にドラマー!ものすごくうまかったのですよ。

久々聞いた、こんなにすごい上手なドラマーの演奏を!

トリビュートバンドを舐めてはいけないのだ。

むっちゃ盛り上がったし、楽しかったAbsolute Bowie。

次回は来年7月、こちらのイベント参加のために、アイルランドに来るそうです。https://www.facebook.com/ForeverYoungFestival.ie/
80年代の音楽のイベントなんです。EP(Electric Picnic)の中年バージョンと申しましょうか。

トリビュートバンドが本物に混じって出演するんだ!

すごい!

むっちゃ行きたい!

いや、見に行かなくっちゃ!


それでは今週はここまで。

来週月曜日にお会いしましょう!

ちょっと早いですが、皆さん、良い週末をお過ごしください。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



度胸ある!トリビュートバンド・Absolute Bowie-前編

2019.09.17.12:48

ダブリンがケリーとファイナルを戦っていた(昨日の記事)14日土曜日、

私はAちゃんととあるライブに行っておりました。

正直、二人ともゲーリックフットボールにあんまり興味がないんですよ。

Aちゃんはこちらのライブイベントにもあまり興味がなかったのですが、

私が一人で見に行くと言ったため、

一人は良くないと思ったらしく、

当日行く決心をして来てくれたんです。

ありがたいねえ~。

そのライブで演奏したバンドはこちら。。。

IMG_6463.jpg

デビッド・ボウイのトリビュートバンドなんです。

ベスト・デビッド・ボウイ・トリビュートバンドと、ベストトリビュートバンド・イン・UKを獲得してるそうな。

場所は。。。Voodoo Lounge. 40 Arran Quay, Smithfield, Dublin 7.https://www.facebook.com/vldublin/

IMG_6474.jpg

ダブリン北側、スミスフィールドの近く。Quay(キー)沿いです。

オコンネルストリートからルアスでスミスフィールドまで出ていって、数分歩くか、

オコンネルストリートからQuay沿いに約20分ほど歩くかすれば着きます。


ええ、真っ黒なんですよ、建物が。Voodooですから???

名前の表示もないでしょ?

一応時計には表示がしてあるけど。。。

IMG_6476.jpg

入口は、左側のシャッター。

一見、むっちゃ怪しいんです、ここ。

中に入ろうとしたけど、一瞬間場所が違っている気がしたもん。

入り口で立っていたバウンサーに念の為聞いた。

「David Bowie, here?」

すごい不親切な顔でうなずかれてた。

今思えば、

場所も怪しかったけど、私の英語も怪しかったわ!!!


実はここは昔、普通のバーだったんです。

でもいつの間にかライブ・べニューになったんです。

でも午後10時過ぎからはバーになるらしいですけど。


今回の入場料は27ユーロ。(ネット販売)

でも、当日券は30ユーロ。

Aちゃんは当日、ぎりぎりまで迷っていたので、ネットで買えず、ドアで30ユーロ払ってました。

「もしバンドが良くなかったら、あんたのせいよ!」

とAちゃんから言われ、私は始まる前から脅されておりました。


Bさんは私同様、デビッド・ボウイが大好き。

昔一緒に行ったことがあるんですよ、本物のデビッド・ボウイを見に!

彼が亡くなる前には、Rebel Rebelという、

アイルランドのデビッド・ボウイのトリビュートバンドの演奏も一緒に見に行った事があるんです。

このライブにも行きたいと言っていたのですが、

ライブ会場には椅子があるかどうかが疑問だったんです。

Bさんは膝が悪いので、立ちっぱなしは無理なのですよ。

AちゃんがFBで彼らに椅子の件を聞いたのですが、返事なし。

電話しても留守電メッセージがマンパンのため、メッセージが残せず。

念の為、Bさんは行くのを断念したのです。

実は断念して正解。

壁側に腰掛けるスペースが儲けられていたのですが、

ここへ座ると、鉄柱でステージが全く見れず。

それだけではない。会場は、

KIP!!!

汚いんですわ。

床が歩くとペチョペチョするんです。

お酒が床に溢れても拭いてないっていう感じ。

誰かが濡れた床で転んで怪我したら、訴えられるのにねえ。

そんな心配はご無用なのかしら???

会場内はただただ真っ黒で殺風景だし。Voodooですから???

トイレも汚かったわ。

毎日掃除してへんやろ?みたいな。(ここでは詳しく状況説明しませんが)

毎日開いてないみたいだから、しゃあないのかもだけど。

ちゃんと流れるだけましやったですけどねえ。


Aちゃんは車で来ていたので、

とある超有名ではないビールのノンアルコールのビールを飲んでいたのですが、

そのビールのくそまずいこと!

なぜハイネケンゼロが置いてない???とAちゃん。

HINEKEN 1
ハイネケンゼロ、うまいよね~。(amazon.comより抜粋)

ノンアルコール・ビールの話はさておき、

トリビュートバンド、Absolute Bowie、そろそろ登場だ!!!

すんごい似てるんだろうか?

歌はちゃんと歌えるのだろうか?

演奏は上手なんだろうか?

Aちゃんに責任を取らされるのだろうか?

いろんな疑問が頭をよぎる。


続きは明日に。。。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

P!nk(ピンク)- Beautiful Trauma Tour 2019 @ RDS ダブリン

2019.07.07.13:34

またまたコンサートネタです。

6月はThe Cureの後、P!nkに行ったんです。

夏はコンサートの時期。

アイルランドでは各地でコンサートが開かれております。

ダブリンは首都なんで特に。

そのうちの一人がP!nk。 

ダブリン4にある、RDSという、野外のコンサート会場で6月18日火曜日に行われました。

余談ですが、P!nkの前に、ボンジョヴィがここで、コンサートをしていました。

しかし、彼らのコンサートの二日目の日曜日はどしゃ降りだったんで、コンサートに行った人たち、可哀想でした。

P!nkのコンサートの当日の天気は。。。曇ってるように見えますが、

IMG_5610.jpg

天気よかった!

IMG_5613.jpg

ちょっと暑かった!

さすがにP!nkなんで、女性が多かったです。

The Cureの時に薄着をしてしまったので、今回厚着で行ったら、大間違い!

暑かったので、こちらを飲みました。

IMG_5612.jpg

お気に入り、ゴードンズのピンクジン&トニック。

これ、売ってのは250mlの缶入りのミクスチャーだったんですよ。

スーパーで一本2ユーロで売っているものですが、ここではなんと

8ユーロ

上の写真はもちろん250mlではなく、500ml。2缶。つまり、

16ユーロ!

ぼったくりもいいとこですよ。

でも250mlじゃ足らないから500mlにしたんです。

わかってました、高いことは。


高いドリンクを片手にAちゃんとアイリッシュの友達Tちゃんの到着を待ちました。

会場はたくさんの人。

IMG_5615 - Copy

私達チケットはゴールドサークル。

舞台に近いんです。

ピッチのチケットト10ユーロくらいしか違わなかったので、ゴールドサークルにしました。

野外コンサートの時は買えるのであればちょっと奮発してゴールドサークルのチケットを購入しましょう。

舞台に近いし、人はピッチより少ないので居心地は悪くないですよ。買う価値ありです。

さて、P!nkが舞台に上がってきました!午後9時ちょっと前でした。

IMG_5619.jpg

IMG_5621.jpg



前からずっと思ってたけど、やっぱり歌がうまい!

ダンスも素晴らしいし、何より体が鍛えられているのがすごくわかる!

IMG_5624.jpg

IMG_5632.jpg

彼女のコンサートは一生に一度見に行かないと行かないと、友達が言っていました。

それはなぜ?

これです。

IMG_5638.jpg

アクロバティックな動きを必ずステージでやるので有名なんです。(ビデオは音声が悪いし、途中でかいので、耳に気を付けながら見てね)



すごいでしょ?やるだけじゃなくて、同時に歌うから!

あり得へん!!!

しかも音を外さず歌うんですよ。すごい腹筋力!

歌はまだまだ続く。。。

IMG_5647.jpg

IMG_5654_20190704032658055.jpg

IMG_5660.jpg

アクロバティックは動きもまだあり。

IMG_5658_2019070403270004b.jpg

そろそろ終盤。。。

IMG_5662.jpg

そしてやはり最後は。。。

IMG_5666.jpg

IMG_5671.jpg

写真ではわかりにくいですね。こちらのビデオでどうぞ。ちなみに私のインスタにもアップしてあります。



そして本当にお終い。

IMG_5673.jpg

いや~すごい!とにかくすごい!

アクロバティックな動きをむちゃくちゃやりながら、その上歌う!しかも音は外さない!

もう、感動しますよ、生で見たら。

コンサートが終わって、みんな大満足の様子。

Tちゃんなんて、涙ぐんでたもん。

私なんて、"I LOVE P!NK!"と思わず言ってしまった。

私、ストレートでございますが、レズビアンの気持ちがわかると思った瞬間でございました。

思わず惚れるよ。

すんごいかっこいいもん~。

こんなにかっこいい女性シンガーは他にはおらんと私は思う。

余談ですが。。。

観客は子供が多いと勝手に思っていたんです。

子供とはいえ、20代前半ね。

私の年齢から言ったら、自分の子供くらいですよ。

しかし!

会場にいたのは、40代前半からが大半!

50代だろうな~と思う、私とほぼ同年代もたくさんいたため、会場にいても浮かずにすんだ。

そうよ。よく考えたらP!nkって、2000年から活動してるやん。(その前はバントとして90年代後半から活動してたらしい)

芸歴結構長いじゃない?

当たり前なんよね、年齢層が高いってのは。

P!nkって、歳取ってないよね?だから新しい人って感じがしてたのよ。錯覚もいいとこ!

今の若い人は知らないだろうけど、彼女はR&Bシンガーだったのよ、ソロデビューした時は。

こちらがデビュー曲。大好きですよ、この曲。コンサートで歌わないみたいだけど。

このころのP!nkの方が好きという人も多いようです。Aちゃんはそのうちの一人です。



話を戻して。。。とにかく、P!nkのコンサートは最高でした!

絶対また見に行きますよ、ダブリンに来たら。

そして、皆さんにもぜひお勧め!です。

それでは今週はこの辺で。月曜日にお会いしましょう。

最後にダブリンでのコンサートの映像をどうぞ。音とアングルがいまいちですけど。。。



ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

The Cure(ザ・キュアー)マラハイドキャッスル2019!

2019.07.02.20:32

さあ、今日はコンサートネタですよ。

と言っても、アイリッシュバンドや曲を紹介するわけではありません。

私はアイリッシュバンドはU2以外、あんまり興味がないのです。曲もしかり。

アイリッシュバンドや曲のことを知りたい人は、このブログでは何の情報も得られませんのでご了承ください。

他のアイルランド・ブロガーさんたちの方が断然詳しいんで、彼らのブログを読んでくださいね。


興味ない人がほとんどかもしれませんけど、The Cureがダブリンに来たんですよ!

マラハイドキャッスル(野外)で、6月8日土曜日に行われました。

最近夏はここで数回コンサートが開かれるんです。

80年代を生きた私の年代の人たちで、知らない人はいないはずなバンド、The Cure。懐かしいですね~このビデオ!



今年のグラストンベリー、日曜日(6月30日)にも出演してましたね。1995年以来の出演だったそうで。

日本でも今月28日のフジロックフェスティバルに出演する予定!

イギリスはもちろん(地元だし)、アイルランドでもファンが多いThe Cure。

去年チケットが発売になったんですけど、即完売!

私はAちゃんの友達に取ってもらい、無事行くことができました。

天気がいまいちだった週だったんですが、この日は雨が降らず!

でも念のため、長くつ履いて行きましたけどね。

数人しか履いてる人を見かけなかったけど!

昼までは暑かったんですよ。

なので、ちょっと薄着して行ったら、大間違い!夜、寒かったんです!!!

マラハイドまでDart(電車)で行ったのはいいのですが、街から大量に人が乗ってきており、電車はイワシの缶詰状態。

無理やりAちゃんと乗り込みました。

今回は、私がいつもつるまさせてもらってる友達&友達の友達、家族など、総勢20人で見に行ったんです。

もう、遠足ですよ、ほぼ。

一人引率者がいて、みんなで一斉に移動ですからね。笑うよ~。

マラハイドの駅から会場まではちょっと歩くんです。15分くらいかかるかな?

会場に到着!

IMG_5500.jpg

IMG_5502 - Copy
奥に見える建物がキャッスル。

8時25分ごろ、The Cureがステージに!

IMG_5504.jpg

IMG_5507.jpg

IMG_5508.jpg

IMG_5513_201907020425301ad.jpg


昔と比べると、ロバートがかなりお太りになられました。

ちょっとふぐっぽくてかわいい。

声ですが、レコードと同じ!(レコードって古いかしら?)

60歳だけど、声は昔と全く変わってない。

と、友達にいったら、

「ボノと違って、そんなに歌ってないから当然だ。」

と言われてしまいました。

いやいや~、年齢とともに声の質が落ちる人って結構いると思うけど???

淡々と歌ってました。

バンドの演奏も上手ね。さすが。

ギターのReeves Gabrels(リーヴス・ガブレルズ)はデビッド・ボウイのバントとして演奏していた時期があった人。ティンマシーンのメンバーでもあったそうな。

実はロバートとデビッド・ボウイは仲が良かったそうなので、その関係もあるのかもしれませんね。

ということで、コンサートの様子はこちらからどうぞ。



セットリストはこちらから。Youtubeのコメント欄にも載ってますけど。
https://www.setlist.fm/setlist/the-cure/2019/malahide-castle-and-gardens-malahide-ireland-2b918ce2.html

ちなみに私のお気に入りはIn Between Days。




面白かったのが、観客。

年齢層が高かったんですよ。私同様!

40代以上ばかりといったところ。

なので、酔っ払いはほとんどおらず。

バーは並んではいましたけど、すぐに順番が来て、さらっと買えてしまう。

なので友達が何度もバーに行っていました。

ぶつかってもすぐに謝るし、後ろから押してくる奴なんて一人もいませんでした。

Civilizedである。

踊ってる人もあまりおらず。

友達に言ったら、

「Their songs are like "slash your wrists", No one would dance.」

まあね、まあね。

歌詞はともかく、アップテンポな曲もるし、野外コンサートだし、少しぐらい踊りそうなもんやけど?

結局私の周りでむっちゃ踊っていた人たちと言えば、友達くらいなものでしたけどね。

彼らは3時間コンサートをやるのでも有名。

今回はどうかな?と思いましたが、2時間ちょっとで終了でございました。

でもかなり黙々と演奏していたので、曲数はこなしてた。(セットリストを見ればお分かりになるはずです)

でもLovecatsを歌ってなかったなあ。。。なんでやろ?歌って欲しかったわ。


帰りもDartで。

もちろんイワシの缶詰状態。


行きはおもろなかったのですが、帰りはおもろかった。

というか、アイリッシュっておもろいんですよ。

帰りはお酒も入っていい気分。

だから歌うことは多いし、むっちゃ冗談言うてるし。

電車の中は大概うるさいです。(いいうるささね)

私はドアの真ん前にいたんです。(缶詰め状態の中、無理やり乗り込んだため)

後ろにアイリッシュ男性軍と、スコットランド人男子一人がいて、大きな声で冗談を言い合っていました。

余談ですが、アイルランド人とスコットランド人って仲がいいのです。(歴史上の関係で)

そのうち、アイルランド人男性軍がスコットランド人男子に、電車に乗る方向が違うと言い出したんです。

街へ行くのとは反対方向に乗ってると言いだしたわけ。

実は街行の電車だったので会ってるんですけど、わざと惑わせようとしてたわけ。

もう笑えてきた!!!Aちゃんとクスクス笑っていたんですよ。

ちょうどドアの上には路線図があったんです。

スコットランド人男子が、「今どこにいるの?」

と路線図を指して言い出したんで、みんな「マラハイド!」と嘘ばっかりついたわけ。

可愛そうになって、私が「違うよ、今○○駅だよ。」

と言うと、「どこ?」と聞いてくる。

「ここ!」

と言い、指で指そうにも、背が小さいので路線図に届かない。

飛び跳ねて、「ここ!」と言うと、

「どこ?」

とまた聞いてくるではないか!

「ここ!」

とスコットランド人男子の腕をつかんで指しても、

「わからないよ。どこ?」

完全にわざとである。

もう、何度も飛び跳ねて教える羽目になった私。

横で笑うAちゃん。

もっと笑うアイリッシュ男性軍。

途中で駅を降りたAちゃんと私に、

「え~?降りるの?エンターテイメントしてよ~。」

と言うスコットランド人男子とアイリッシュ男性軍。

あれはエンターテイメントだったのか???

結局、The Cureのコンサートより、電車の中で飛び跳ねた私でありました。


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ぼったくられた!?-Spice World Tour Dublin (スパイス・ガールズ・コンサート)

2019.05.25.22:36

皆さん、週末の予定はいっぱいでしょうか?

私の週末も相変わらず予定がいっぱいなのですが、その一つがこれでした。

spice 1
(https://www.last.fmより抜粋)

ツアーの初日がダブリン!

ちなみに1998年時のツアーもダブリンが初日だったようですね。

もちろん今回のコンサートチケットはソールドアウト。

日本で爆発的な人気はなかったかもですけど、こちらじゃやっぱりすごかったらしい。

そしていまだに人気があるのです。

というか、リユニオンなのですが。。。ノスタルジーに浸りたいという思いもファンの中にはあるでしょうね。

ヴィクトリアは参加せず。

はっきり言って、彼女は要らないと私は思うのですよ。(ファンの方、申し訳ない)

超金持ちだから、ツアーに出て稼がなくてもいいじゃないですか?

それに彼女はNo personality。

歌もダンスもむっちゃうまいわけではない、正直言って。私よりは断然うまいけど。

だから他のメンバーの強い個性に押しつぶされてたと思うんです。

前からパッとしないな~と言う印象しか私にはありませんでした。(ファンの方、申し訳ない)

だから4人になったSpaice girlsでも十分機能してると思うのですよね。


私が日本帰国中にチケットが売り出しになり、あっという間にソールドアウト。

私はそんなにファンではないので、行かなくてもいいや~と言う程度でした。

しかし、Aちゃんが、

行きたいなあ

と最近になって言い出した。

でも100ユーロ近く払ってまでは見たくない。

ということで、数日前からチケット・バイ&セルのサイト、Toutlessにアクセス、いくらで売っている人がいるかAちゃんがチェックしていたんです。

そしてコンサート当日、24日金曜日のお昼。

座席のチケット2枚を一枚50ユーロで売っている人にAちゃんが連絡。(ちなみにオリジナルのチケットは一枚100ユーロ以上)

そして見事購入!

Aちゃんはこの日、在宅勤務だったのですが、このサイトにアクセスばかりしていて、全然仕事をしてなかったらしい!

チケットはペーパーなので、売りてから送ってもらったものをそのままプリントアウトして持っていけばいいので、売り手に会うことはない。

そして午後6時半、二人で会場であるクローク・パーク(Croke Park)へ。

チケットを出し、スキャンしてもらった。すると。。。

「このチケットは使用済みですよ。」

そう、もう誰かが先に来て、チェックインしていたのである!

つまり、売り手が他の人に売り、Aちゃんにも売ったという二重売りであった。

ゲッ、やられた!50ユーロぼったくられたやん!

奥からもう一人、係りの人が出てきて、誰から買ったのかAちゃんに聞いた。

「友達から買いました。」



嘘である。知らん人からネットで購入したのだ。

結局チケットは取り上げられ、私達は会場に入ることができなかったのである!!!

別にファンではないが、スパイス・ガールズが遠のき、がっかり。


こんな経験は生まれて初めてである。


知らん人から購入したチケットが偽物だったという話はちょくちょく聞く。

今回は偽物ではなかったが、売り手が他の人にも売っていたパターン。

いや~ん、ぼったくられた!

Aちゃんは売り手の携帯番号を知らないので、Toutlessにアクセスして、購入した人にメッセージを送ろうにも、ネット環境が悪くてログインが全くできず!

超焦るAちゃん!

Bさん宅はクロークロークパーク裏にあるんです。

なので、すぐクロークパークへ行って、すぐ帰ってきたのであるが、もしこれがキルケニーあたりに住んでいて、やっとこさ到着したのに、チケットが使えないとなったらどうする???である。

私達はまだましな状況だったのだ。(と考えて納得するしかない)


Bさん宅に戻り、やっとこさでToutlessにアクセス。

念のためAちゃん、メールを確認。

すると、売り手さんから2重売りになってしまったから(他のサイトでも同じチケットを売り、そっちが先に売れてしまったのに気が付かず、Aちゃんにも同じチケットを売ってしまったのが原因)チケットを使わないように、そして返金をすぐしますという謝罪のメールが午後3時に入っていたのである!

返金は午後6時半にAちゃんのPay Palアカウントにされていた。

ぼったくりやなかった!!!

それだけでもホッとした。


しかし、Aちゃんがメールを早くに見ていれば、他の人からチケットが購入できたはず。

I'm so sorry!!!

と、何度も私に謝罪するAちゃん。

はっきり言って、私よりも行くのを楽しみにしていたのはAちゃんである。何度も謝罪しなくてもよいのだ。

私はIt wasn't meant to beだった、とすぐに納得し、行けないという歯がゆさはなかった。

でもこれがU2だったら、謝罪どころでは済まんけどなあ!!!(と、Aちゃんに忠告。ビッチなティファニー)

余談ですが、Bさん宅2階から実は少~しだけ観客席が見れるんですよ~。

IMG_5251.jpg
ほら。左上!

ということは、聞こえるんですよ、演奏が。でもやっぱり会場に行って見ないとね。一緒じゃないのよ。

前座のJess Glynne(ジェス・グリン)見たかったわ~。すごい前座ですよね。ピンでも大量の観客を呼べる人ですよ。

ということで、今回チケット購入に大失敗した私達であった。

今回の失敗で学んだこと。

1)相手の電話番号を必ず聞く
2)購入後もメールは必ずチェックする
3)当日にチケットを購入した方が安いが、こういうことがあるのが嫌な人は、前日までに購入することをお勧め
4)やっぱり売り手本人に会った方が確か

今回、不幸中の幸いだったのが、売り手がとてもいい人だったこと。

このサイトToutlessでは、売り手の履歴が見れるんです。(ほかのサイトでも同じでしょうが)

過去に何回チケット売ったか、購入履歴も見れるので、嘘っぱちの人か、そうでないかは一応わかるようになっています。

ただ、サイトでは必ず購入者と実際に会って購入するよう注意書きがされています。

ごもっともやけどね。

会ってないからこんなことが起こったわけですから。


肝心のスパイス・ガールズのコンサートですが。。。

サウンドに問題があったらしいです。

クロークパークはサウンドが悪いんですよね、いつも。またか、ですよ。

スタンディングはいいんですけど、座席の上の方の席はいつもサウンドがあかんのです。

クロークパークでのコンサートの時は、スタンディングか、座席でも、下の方の席のチケットを購入した方が無難です。

まあ、ネットでチケット購入するときに、選んでられないこともあるんで、そんなこと言ってもそうしようもないかもですけど。


余談ですが、アイリッシュの友達がジェリ・ハウエルが例のユニオンジャック衣装を着て登場するかしら?と言っていたんです。

これでしたよね、昔。ジェリのトレードマーク!
spice 3
(https://news.glonaabot.comより抜粋)

ユニオンジャックに一瞬見えるけど。。。デザインが昔とは違いますねえ。
spice 2
(https://www.98fm.comより抜粋)


そう、ユニオンジャックでアイルランドを歩くのは。。。いいんですよ、もちろん歩いても。

嫌な思いをする人はいるとは思いますけど。(威圧感を感じる人もいるかも)

でもだからって何も嫌なことをされることはないと思います。

私もユニオンジャックが載ってるバッグ(小さくですが)を持って平気で歩いてるけど、何もありませんし。

ただ、このクロークパークは、イギリスとの苦い歴史の舞台でもあるわけで。。。まあ、コンサートはコンサート、歴史は歴史ってところですね。


今回は縁がなくて行けませんでしたけど、かえって行けなくてよかったんですよ。

実はこの日はすでにとあるイベントにAちゃんと一緒に行くことになっていたんです。

スパイス・ガールズを見てから、そっちのイベントに行こうとしていたんですが、私、

一応まだ病み上がり。

Technically illですがね。

周りのみんなは私が普通に歩いて、普通に笑って、普通に喋ってるんで、元気な人にしか見えない。

6時間の大手術したことをすでに忘れているんですよ。

自分でも忘れることがあるしね!!!

コンサートに行って、イベントにも行っていたら。。。ぶっ倒れてたかもしれません。

と、思うことにして、行けなかったことを忘れたいと思います。

って、本当は行けなかったことで、落ち込んどるんちゃうん、ティファニー???笑!!!

ちなみに、サウンドが悪すぎて、何を歌っているのかわからなかったファンが、コンサート中、会場を後にしたそうです。

ボったくられた!

と思ったかも。。。

ダブリンコンサートの映像と共に今日はお別れでございます。来週お会いしましょう。(来週も予定がびっしり&仕事が忙しいんで、ブログがアップできるときに頑張ってやります。よろしくお願いします)










ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.