FC2ブログ

ロンドン旅行2018-Ceremony of the Keysへ行ってきたで!

皆さん、週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?

アイルランドはだんだん寒くなってきていますよ。今日はじめて黒の冬用タイツを履きました。バスも朝は先週からヒーターが入ってます。アイルランドは去年のように冬は雪がたくさん降るという予想がています。さて、どうなるでしょうか?去年の大雪のようになるんでしょうかね。そんなことにならないことを願います。

さて、今日もロンドン旅行の続きです。

今回のロンドン旅行の本当の目的はTower of LondonのCeremony of the Keysを見ることでした。ビデオをご覧ください。



Sトラベルさんに教えてもらったんですよ。しかもチケットまで予約してもらったんです。ありがたいこと!

皆さんのほうがお詳しいでしょうが、一応説明を。。。こちらは無料で見ることができるんです。毎晩行われるので、毎晩見れます。

しかし!

超人気のため、現在2019年の11月までSold out! 昨日の時点では2019年の12月が二日分だけ買える状態!


2019年って何???

1年先までチケットが売り切れってすごいですよね!そんなイベントはアイルランドにはないわ~と思っていましたが、似たようなレアなのがあります。ニューグレンジの冬至のチケット!朝、チェンバーに行って見れるんです。今年は28,525人が応募したそうです。抽選で当選した人50人しかチェンバーに入って見れないんです。しかも12月18日から23日まで。このブログでも前にご紹介しましたけど。

話を戻して。。。Ceremony of the Keysは一度に約25人ほどしか入れないのですよ。(40人は入れると書いてあるサイトもありましたのでどうでしょう?私が参加したときは、私達約25人+特別ツアーの方20人ほどがいました)そんなチケットが運よく取れたんです。(勿論Sトラベルさんに取ってもらったんですけどね)本当、ラッキーやったですよ、私達。ちなみにSトラベルさんは前にも見たことがあるそうです。さすが、ロンドンに詳しいだけのことはある!

Ceremony of the Keysは長い時間やるわけではありません。儀式自体はすぐ終わるんですが、その前後に説明があるので、トータル約30分ほどで終わります。

人がほとんどいない、夜のロンドン塔って、いいですよ~。一味違います。私達が訪れた日(23日日曜日)はほぼ満月、中秋の迷月が翌日だったんですよ。だからお月様がいつもより、数段綺麗だったんですよ。その上、衛兵の皆さんがまだあの赤い服を着ていたのですよ。ちょうど上のビデオのようにグレーのコートを着る前だったんです!まあ、なんてついていたのかしら、私達!

衛兵さんたちの家族も合わせて訳130人ほどが住んでいるロンドン塔。このCeremony of the Keysは700年以上も行われており、タワーの安全を確保しているのである。しかし週に1度は誰かよそ者が侵入しようとしたりするらしい。酔っ払いとかね。そのたびに警察を呼ぶんだそうな!

それにしても夜のロンドン塔は素敵やわ~。ロンドン塔だけじゃない、周りの景色も本当に素敵なんですよ。近代的な建物+昔の建物がうまい具合に融合していて、全く違和感がない!その上夜はとてもロマンチックでございました。来年は彼氏と来てね、とSトラベルさん。もちろん!!!Ceremony of the Keys、お勧めです。 https://www.hrp.org.uk/tower-of-london/explore/ceremony-of-the-keys/#gs.dOQ883Q

IMG_4334.jpg

IMG_4331.jpg

IMG_4332.jpg


明日、明後日、ブログをお休みさせていただきます。木曜日&金曜日にアップする予定です。よろしくお願いいたします。

ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

ロンドン旅行2018-Ichiba、ShoryuとJapan Centreへ行ってきたで!

ミシュランスターレストランで食べるのも目的でしたけど、もっとメインの目的があったのです。それは月曜日にアップすることにして、まずは。。。

ヨーロッパで一番でかい日本食マーケットがロンドンにオープン!ということで、Sトラベルさんに連れて行っていただきました。
場所はアンダーグラウンド、Wood Laneを出たら目の前に聳え立つ、でっかいショッピングセンター、Westfield Shopping Centre内にあります。大きなショッピングセンターなんですよ、これが。1日遊べます。https://uk.westfield.com

Ichibaといいます。
IMG_4295_2018092706220752b.jpg

お酒の種類もいっぱい!ダブリンのアジアンマーケットとはやっぱり違うわ。あそこは日本食以外もいっぱい置いてるからね。
IMG_4289_201809270622102a4.jpg

ああ、日本!って感じやわ~。鍋の時期も近いしね。
IMG_4293_201809270622197c4.jpg

見ると買いたくなるわ~。
IMG_4292_20180927062455847.jpg

お値段はかなりします。やっぱりロンドン価格やわ。ダブリンも高いけど、ロンドンの方がずっと高いと思う。ここで日本ビールと肉まんを食べました。(Sトラベルさんに買ってきていただきました。おんぶにだっこやろ~、48歳にもなって!)フードホールにもなってるんです。様子はこちらから見れますのでどうぞ。https://www.ichibalondon.com/

やっぱりロンドンやなあ。日本人も多いから、需要があるんよ。ダブリンとはえらい違い。ダブリンも日本人増えてる。ロンドンにワーホリで行けなかった人が流れて来てるらしいですから。でもまだまだ、ロンドンと比べたら!

それが証拠に、ラーメン屋の多いこと!寿司や日本食やなんてそこら中いあるもんな~。ダブリンも増えてきてるんですよ。ラーメンを出す店も増えたし。でも、日本にあるお店がアイルランドに進出して出してはないんです。そこまではまだまだ行ってないのが現状。だからやっぱりロンドンへ来たら、日本のラーメンが食べたいし、食べなあかん!ということで、日曜日、一人で行ってきました、Sohoにある、Shoryuさんへ。https://www.shoryuramen.com/stores/11

定番を頂きました。
IMG_4309_20180927064755312.jpg

ついでに餃子も。
IMG_4310.jpg

How would you like your noodlesと聞かれて。。。?????

そう、麺の固さを聞いているわけです!焦ったわ。Wa?と言って聞きかえしてしもたし!この日はミディアムをお願いしました。焦ったわ。私が普段食べに行くラーメン屋は、麺の固さなんて聞かないところばかりやから!!!(安いところに行ってるのがバレバレ)

おいしくて、あっ!!!という間に食べてしまったんです。私、噛んでなくて飲み込んでたと思う。いかんね、食べ方が貧乏くさくて。おかげでお腹にまだまだ余裕が。替え玉もらえばよかったわ。餃子も3つだけにしてしまったんですよ。7つのを頼めばよかったと後悔。私にとっては餃子が小さかったのですよ。自分で作る餃子は肉たっぷりででかいんで。結局、Wasabi Sushi & Bentoというお店でで2ポンドのおにぎり(Tuna & Mustard) を買い、歩きながら食べて空腹を満たしたのである。https://www.wasabi.uk.com/

その後、Shoryuの直ぐ側にあるJapan Centreへ行き、パンを買ったんです。Ichibaでも同じパンが売っているんですけど、これを火曜日の朝ごはんにする予定だったので、買うのを諦めたんですよ。ほら、賞味期限が。。。なのでJapan Centreで翌日買ったんです。

レジで払う際、パンを入れる袋をどうするか聞かれたので、ほしいと言ったら、お金がかかるという!そうやん~アイルランドと一緒やんね~。忘れてたわ!ということで、袋は買わず、カバンに無理やり突っ込むことに。するとレジの男性が、

「値段が安くなった、同じパンがありますけど?」

と聞いてくれたんです。でも私はわざと値引きしてない、新しい日付のを買ったのですよ。火曜日の朝ごはんにするから。なので、「ええ、わかってますが、これで。」と彼に言いました。私、

せこい人

と思われたようですね。袋代をケチったから!!!別に彼に対して怒ってませんので大丈夫です。わざわざ気をきかせてくれたことに感謝しておりますよ。

イギリスのワーホリが2年間。そりゃ人気になるはずやわ。2年でしかも、ロンドンには日本がいっぱい!楽しすぎやもん!ダブリンもこんなんやったらな~と思いました。


それでは今週のブログはここまでです。来週月曜日にお会いしましょう。何も無ければ続きをアップします。皆さん、良い週末を!

ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ロンドン旅行2018-ミシュランスターレストラン「Murano」でランチ

皆さん、週末はいかがでしたか?と、聞くのも遅いですけど。もう水曜日だし!

私は去年同様、こちらに住む日本人のお友達で、ロンドンに超詳しいSさんにロンドンに連れて行ってもらいました。本当に詳しいんですよ。歴史にも強いし、なんか聞いたら大概知ってる。知識が豊富な人なのです。

私は毎度のごとく、おんぶにだっこ状態。私は相変わらずぼさ~と、適当に予定を組んで、適当に時の流れに身を任せる。私のようなタイプではないSさん。去年同様、きっちり予定を組んでくれるし、予約も取ってくれるし、ホテルのチェックインまでしてもらった。私と違って行く場所やお店の下調べを事前にびっちりする。その上、ここへ行くにはこれくらいお金がかかるまで教えてくれるんです。プライベートツアーですわ。なので旅行中は彼女のことを「Sトラベル」と呼んだりしてます。

結果から言うと、「Sトラベルで行くロンドン」は去年同様、最高でございました。

そして今回。どうしても行きたかったところがあり、こちらは私の提案で一緒に行ってもらいました。

ロンドンに行ったら、どうしてもしたいこと。それは、セレブレティーシェフが経営している、ミシュランスター・レストランでランチをするである。

ジェイミー・オリバーなど、テレビに出演することによって、有名になったシェフがたくさんいるイギリス。もちろんアイルランドにもいますよ。でもイギリスに比べたら、人口も規模も違うんでね。特にロンドンにお店を持つ有名人シェフは多い。BBCで放送している料理番組が大好きで、よく見ているので、セレブレティーシェフの顔や名前を覚えてしまいます。

そのうちの一人で、好きな人がいるんですが、その人のお店は日曜&月曜おやすみ。Sトラベルさんも行きたいということだったので、空いている日は月曜のランチのみ。さてどこにするか。。。Sトランベルさんからもミシュランスターレストランの一覧リンクを送ってもらったのですが、私の独断と偏見でこちらのお店にしました。

IMG_4338.jpg

MURANOという、メイフェアーにあるレストラン。1つ星です。こちらのシェフの方のお店なんです。

angela 1
Angela Hartnett。Taste of Dublinにも一度いらしたことがあります。彼女を見に行きまた!(www.bbc.co.ukより抜粋)

私、アンジェラさんが好きなんですよ。彼女もよくBBCに出演しているので、こちらにお住まいの方なら名前は覚えてなくても、顔は見たことがある人も多いんじゃないかと思います。彼女の祖父母が確かイタリア人なんですよ。だからイタリアンがメインです。

このお店は元々ゴードン・ラムジーのお店だったそうで。彼女は彼のもとで働いていたんですけど(彼女の師匠がゴードン)、その後彼女がこのお店を買い取ったそうです。

見た目は普通のカフェっぽいんですが、(彼女はCafe Muranoという、カジュアルバージョンのお店もオープンしてます)、お店の中はポッシュでした。

murano 1
(www.tripadvisor.ieより抜粋)

午後12時開店。開店と同時に予約を取りました。この日は私達がお客さん第一号でした。その後、たくさんの人が続々といらしていましたので、後半はお店がちょっと賑やかでした。うるさいわけではありませんよ、念の為。

ランチセットメニューは2コースで28ポンド。3コースで33ポンド。12.5%のサービスチャージがかかります。(なのでチップは置かなくてもよし)ランチでこの値段で、メイフェアーならいいほうなんじゃないかしら?と勝手に思っていますが、どうでしょう?

ということで、早速頂いた料理をご紹介します。

ちょっといいレストランに行くと、普通は小さいパンが2つくらい出るだけなのですが、(おかわりできるところもあり)こちらはこんなふうに出されてびっくり!

IMG_4339.jpg

WOW!生ハムまで出てきた!(一人1枚だけど)しかもピクルスも!これがおいしかったのよね。どうやって作ってるのかレシピを聞きたいところでした。(聞いても教えてくれんだろうけど)クロスティーニとフォカッチャもいいじゃん。手作りですよ、もちろん。しかもオリーブオイルをたっぷりくれたことにもびっくり。東京なら、オリーブオイル代を取られるところがあるって聞いたことがありますけど???

さすがSトラベルさん。行く前にワインメニューもちゃんと下調べし、アンジェラさんの名前のワインがあることを教えてくれたのですよ!ということで、彼女はアンジェラワインの白、私は赤で。1グラス7ポンド。高っ!しかも量入ってへんしね。まあ、こんなんどこでもこんな感じやけど。

IMG_4340.jpg


スターターは二人で同じものをオーダー。Tagliatelle, Scottish girolles, porcini。

IMG_4341.jpg
いい味出てた。うまかったわ~。この味なら、大量に食べれるわ!お兄さん、もっと持ってきて!


メインですが、彼女はラムを。むっちゃ柔らかそうでしたよ。美味しいと言っていました。よかったわ~。

IMG_4342.jpg


私はヘイクで。分厚い切り身が出てきました。完璧に調理してあった。さすがだ!しかも美味しかったし。

IMG_4343.jpg
Hake, San Marzano salsa, seaweed emulsion。

Sトラベルさんはデザートをあまり食べないらしいのですよ。なのでオーダーしませんでしたが、私はオーダーしたんです。しかしその前に、こちらが!

IMG_4345.jpg
ティラミス!

On the houseでした。いや~嬉しいやないの~。こういう、ちょっとした驚きっていうんですか?はお客にとって嬉しいもので、覚えているもんです。かなり黄色かったのですよ。イタリア人に作ってもらうと、白いんです。マスカルポーネだけっていうんですか?でもこちらのはカスタードが混ざってる。(それが普通みたいだけど)それも量が多目。これがまたうまかった!これなら問題なく大量に食べれるわ!

そして。。。パンナコッタ評論家としては(勝手に名乗っている。ただ生意気にもパンナコッタの味にうるさいだけ)メニューにパンナコッタがあれば食べるしかない!

IMG_4346.jpg
Buttermilk pannacotta, poached plums, hazelnut brittle・

プラムはSトラベルさんに食べて頂きました。そんなにファンじゃないので。こちらはまあまあ。バターミルクだからね。普通にクリームが入っていたほうが好みでした。でもプルプル感はさすがでしたよ。ゼラチンの量、バッチリ!さすがでした。

コーヒーを飲んだら、お口直しが出てきました。

IMG_4347.jpg


これにてランチコース、終了!

この日のダメージ、二人で96ポンド68セント。(12.5%サービスチャージ込)


昨日アイリッシュの同僚に言ったら、「えらい払ったね~。」と言われましたが、価値ありでしたよ、価値あり!しかもお得感もあったから、言うことなし。大満足のミシュランスターレストランでのランチでした。Murano、ほんと良かったわ~。

リピ決定!

っていつ行くんや?という話ですが!ロンドンに行って、ちょっとポッシュにお昼をしたい方にオススメ。しかもお昼はカジュアルな服装でオーケー。ジーンズとスニーカーでも入店は断られません。夜はどうかわかりませんけど。今度は彼氏と行くわ、マジで。Sトラベルさん、Muranoに一緒に来てくれてありがとう!
https://www.muranolondon.com/food-and-wine/

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

Bさん暴走!?ティファニー激痛との闘い-クルーズ旅行2018-その3

もうクルーズ旅行ネタが古臭くなってしまいましたわ。。。すみません。でも、書きますね。

クルーズ船の中では、特別商品がお値打ちに売り出すんです。日替わりなので、次の日にはお安くなくなるわけです。

Bさんは大の買い物好き。私の何十倍もすごいんです。しかも、すぐ人にお土産を買うんですが、もらったことがない人にまであげるんです。今回も同様。

もう目に入るものすべてに興味を持ち(それはいいことですが)、もらったことがない人に買おうとするんですよ。だから、その人からもらったことがなければ、買う必要はないとAちゃんと一緒に言ったんですけど。。。「70歳の誕生日プレゼントもらったお返しだから。」と言うんです。でも、誕生日は別ですよ。Bさんだって、その人の誕生日にはプレゼントをあげているわけですからね。

とにかく。。。

ある日、香水&アフターシェーブローションが2つで149ユーロだったんですよ。だから買うといだした。それも息子B君とその彼女に。でも、彼らがその匂いが好きかどうかもわからない。しかも、彼女は妊娠中。香水とかより、お金か赤ちゃん用品のほうが欲しいはず。そう言ったのですが、

They deserve it!

といって言うことを聞かず。しかし、クルーズ中の支払いは私のクレジットカードでしかできないように登録したので、自分のクレジットカードで買おうとしたBさんはもちろん自分で買うことができない。私はあまりに言うことを聞いてくれないBさんに苛立ち、Aちゃんに相談。

「買い物の時は、ママに何を言っても意味ないわよ。誰も止められないから。」

Bさん、暴走してるわ。。。

仕方なく、私のクレジットカードで払うことになったわけです。(もちろんお金は返してもらっています)こんなことがほぼ毎日続いたのです。

初日、親友二人にプロセッコをお土産に買うと言い出した。船の中は一応Duty Freeなので。今から買う!と、初日に言い出したBさん。これからいろんな街に行くから、その時にいいのもがあったら、そっちを買ってあげなよ、とAちゃん。しかもお酒は重いしね。スーツケースは20KGまでだし。

しかし、そんなことはお構いなし。プロセッコを買うと言ってきかないBさん。しかしAちゃんに窘められるも、毎日お酒が置いてある店に行き、プロセッコを買うと言い出す。「今買わないと、無くなる!」といって慌てるんですよ。大丈夫、誰も買わないから、と私たち!!!とにかくBさんを止める私たち。この構図は風物詩となっておりました。

結局、親友には特別商品で売りに出ていたブレスレットを買うことに。それプラスプロセッコを買うと言い出したので、もちろん二人で止めました。

そうなんですよ。Bさんって、ものすごく懐が広い人。お金なんて気にしない!大丈夫!という人なんです。70代前後のアイルランド人女性がみんなそうとは言いませんけど、プレゼントは数が多いか、高いものがいいと思い込んでいる節がある。

同僚Aさんのお母さんは60代後半ですが、やっぱり旅行に行くと、大量にお土産を買ってくるらしく、いつも「こんなに買わなくてもいいのよ。」と言ってるらしいです。

そんな性格の人なので、ステイしている生徒にも、必ずお土産をあげるんです。それに、家にあるものはすべて食べ放題。数か月前までステイしていた二人のスペイン人男なんて、昼の分はお金を払ってないくせに、思い切り毎日食べてたしね。そんなんだから、Bさんがお金持ちだと思うんでしょう。でも、彼女はお金持ちでも何でもありません。大量に年金をもらってるわけでもありませんしね。だから生徒を取っているというところもあるんです。

船の中でこれですから、ヴェネチアなんて。。。終いには、とある店のショーウィンドーに両手をついて、

「ティファニー!見て!これ!とっても素敵よ!!!」

といって、そこから離れませんでしたからね。私が、

「Yeah, I know. Let's go. Move、Bさん!!」

と言って、手を引っ張りましたがね~。店に入っても出てこないし。これ買うわ!という。買わなくてもいい人にまで買ってたし。親友にネックレスまでまた買ってたしね。ああ、暴走してるわ。。。そう思いました。

とあるお店で、マスクを買うというんですよ。でも値段見てびっくり!900ユーロしたんです。さすがに買えなかった。基本、ヴェネチアは高いからね。観光地だし。もし買える程度の値段なら。。。Bさん、大暴走してたと思うわ。

とにかく私はこの旅行で思いました。

Bさんと私、どっちが子供かわからへんなあ。。。

Aちゃん曰く、Bさんは「イノセント。」まさにでした。

そんなBさんでしたが、今回のクルーズ旅行は、Best holidayだったそうです!クルーズ船のエンターテイメントがものすごく気に入っていました。彼女、大好きなんですよ。彼女はいつも親友3人とで旅行に行くんですが、行くたびにもめて、喧嘩になって帰ってきたこともあるんですよ。でも私たちならそんなこともないので、余計だったんだと思います。

とにかく、そんなこと言ってもらって、ものすごく嬉しかったですよ。Aちゃんと一緒に企画して良かった。今年、もう一度行こうという話も出てるんですが。。。第2の仕事がいるわ。

旅行を通じて、ちょっと気が付いたことがありましたので、またそれは来週にでも。。。

さあ、今日はユーロビジョンセミファイナル2よ。どの国がファイナル行けるのかしら。楽しみだわ!



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 

Bさん暴走!?ティファニー激痛との闘い-クルーズ旅行2018-その2

かすかな望みは絶望に変わり。。。腰&足の痛みが治まることはありませんでした。

仕方がないので、船内のマッサージに行くことに。54ユーロで30分のコースをお願いしたら、間違って1時間やってくれたんです。むっちゃ得!やったんですが、エクスカーションの集合時間ぎりぎりまでやってくれたため、もう少しで行きそびれるところでした。それにしても、動くクルーズ船の中でマッサージって、むっちゃ贅沢!

マッサージのおかげで痛みが少し治まったんですよ。でも翌日は同じく痛みが走る。BさんとAちゃんが誕生日プレゼントにと、もう一度マッサージのコースをプレゼントしてくれたんです。ホットストーンのやつ。ありがたかったです。ええ気持ちやったんですが、翌日の朝もやはり同じく痛みが走る。藁にも縋る思いで船内のメディカルセンターへ。

マッサージは逆効果と言われ、お尻に注射を打たれ(2度、二日に渡り)、高いお金を払う羽目に。やっと痛みが治まった時には、クルーズ船を降りたベネツィア(22日)。もうこれでダブリンに戻っても、カイロプラクティックに行かなくてもいいや~なんて思っていたら、翌日激痛逆戻り。結局火曜日、カイロプラクティックにお世話になりました。

大丈夫、ひどくないからなんて先生に言われたけど、こんなにひどい痛みが長く続くのは初めて。今でも痛いんです。夜寝れないしね。(それなのに、明日ベルファストへ泊まりで行く無謀な私!)

因みにBさんもずっと膝が腫れ、痛みがあり、クルーズ船旅行中は、二人でペインキラーに頼る羽目に。

ペインキラー(痛み止め)、ウェルカム状態。

Bさんなんて、違う会社のペインキラーの錠剤(二つ)を一緒に飲もうとするんですよ。しかもワイン飲みながら。暴走か!?Aちゃんと二人で止めました。(ペインキラーについては後日記事にします)

余談ですが、実はジンクスがあって。。。Aちゃんと旅行に行くと、相手方が病気することが多いんですよ。Aちゃんは今後一人で旅行に行くと言い張っていました。


「痛い」話はさておき、今回訪れたところを一か所ご紹介しておきましょう。

Lecce(レッチェ)という、イタリア・プッリャ州の小さな古い町。

lecce 5
Old cityの入口。

lecce 1
イタリア!って感じ。

私は建物が古いのが大好きなんですよ。しかもこういう建築ね。あまり私たちのようなツアー客がいませんでしたので、地元の人の姿をたくさん見ることができてよかったです。ガイドさん(Lecce出身)が美味しいジェラートの店とコーヒーの店を紹介してくれたので、ツアーが終わった後の自由時間を利用して訪れました。

lecce 4
Nataleという名のお店。ジェラートやケーキがたくさん店頭に並んでいました。ケーキ食べたかったわ~。ジェラートの味はFrutti di boscoとNocciola。二つの味で3ユーロ。ダブリンなら5ユーロ50セントほど取られます。安いな~イタリア!ダブリンがあほみたいに高いんか?http://www.natalepasticceria.it/

そして地元のコーヒー。Café Cittadino。Lecceのコーヒーを飲んでくださいと言われたので、早速3人でオーダー。https://www.tripadvisor.ie/Restaurant_Review-g194791-d7381105-Reviews-Caffe_cittadino-Lecce_Province_of_Lecce_Puglia.html

lecce 2
Caffe in ghiaccio やCaffe Lecceseと呼ばれるもの。アイスコーヒーで、アーモンドのテイストがするんです。砂糖の代わりに、アーモンドミルクを入れるのが普通だそうですけど、ここのはアーモンドテイストのシロップが入っていたのではと思います。

私たち日本人はアイスコーヒーは普通に飲みますよね。アイルランド人って、寒い国に年中いるから、基本冷たい飲み物や食べ物が好きじゃないんです。だから二人ともアイスコーヒーなんてオーダーしたことがなかったんです。だから半信半疑で飲む二人。その姿を見て、失礼ながらゲラゲラ笑っていたのは私です。

その上アイルランドって、食べ物や飲み物は、量がないと好きじゃない。基本、量が多ければ良しなんです。Bさんは特に、アイスで量が少ないこのコーヒーがあまり好きではなく、結果アメリカーノをその後オーダーしていました。しかもコーヒーはむっちゃ熱いのでないとダメ。私もアメリカーノを頼みましたけど、普通のコーヒーは残念ながらいまいち。このコーヒー用にローストしてるからかも?しれませんが。

こじゃれたカフェで、一口サンドイッチなんかもたくさん置かれていたので、ついつい「ミニクロワッサンサラダ」というのを頼んでしまいました。中にツナとさんドライトマトが入っており、これがむっちゃ美味かった!1ユーロ50セントもしたけど、価値ありました。チョコクッキーはソフトでしたが、これも美味しかったですよ。

lecce 3

イタリアなので、イタリア語でトイレの場所を聞いたり、注文したのに、英語で返答が返ってくる始末。脳科学者の中野信子さんではないですが、

無駄な努力はすべきではない

のかもと思ってしまいました。

これまた余談ですが、自由時間になった際、大概の人は教えてもらったジェラートやカフェに真っ先になだれ込んだんですが、アメリカ人の人たちは違いました。彼らが真っ先になだれ込んだ先は、

マクドナルド。

彼らは愛国心に満ち溢れておりました。とここで書いてますが、見た瞬間、爆笑してしまいました。あまりに絵に書いたようだったので。。。


ところで、「あれ?Bさん、まだ暴走してないよ?」と思っているあなた!これからです、暴走するのは。。。明日もブログアップします~。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.