NAMAGEDDON (ナマゲドン)-その1-

今日のアイルランドのホットニュースはこれ。昨日の夜からニュースはこればっかり。

NAMA

写真に写ってるのはFinance MinisterのBrian Lenihan。
NAMAGEDDONという見出しです。NAMAとARMAGEDON(ハルマゲドン)をかけています。ではNAMAとはなんぞや?ですが、実は難しくて詳しく知りません!が、知っている範囲で簡単に説明してみるとこうです。

National Aseet Management Agencyの略。政府のBad Bankです。この組織、去年発足。なぜ発足か、といえばIrish Financial Crisis(アイルランドの財政危機)と土地や建物がバブルがはじけて値が下がりが原因。銀行があまりに馬鹿みたいにアメリカ、イギリス、ポーランドなどに土地や建物を投資したため、こちらの6銀行はどこも

巨額負債!

を抱えてにっちもさっちもいかない状態に。そのおかげで中小企業への貸し出しを渋り、そのおかげで中小企業が潰れて経済が回らないのです。ようは銀行のマネージメントのやつらの乱雑経営の結果です!

額があまりに巨大で銀行だけではどうもこうもいかないため、NAMAが彼らの負債となっている土地や建物を平均47%ほどのディスカウントで買い取り、それを売って利益が出たところで6銀行にお金を貸して銀行再建させる、そしてアイルランドの経済も活性化させる、という感じでしょうか。でも銀行は巨額負債を抱えたまま。銀行を再建させるには政府的にはもっとお金がいるんです。ではどこから出せばいいか、というと、
税金。(Tax Payer's money)

そうです、私達一般庶民が払うんです。あほみたい!!!あほうな銀行を救うためですよ~。もう!!!
実は去年も銀行に税金投入してるんですけど足らないんです。昨日はそのコストが発表され、思っていた以上に最悪の事態、ということが発覚!!!

AIBというアイルランドにある大きな銀行は7.4Billion Euroの資金が再建に要るらしい。そのうち、Financial Regulator(日本語では財政管理局でしょうか)が決めた、ある一定の%を期間までに達成してないと「これはだめ!」と判断され、国営化となるようです。となると、銀行お金をもうけないといけない。どうするか、というと、家のローンの貸出利率を大幅に引き上げ!とか、個人の投資家に頼る!ということになるようです。

政府もお金が要りますから多分税金上げるのでは?と思います。

それではこの原因を作った中心人物はだれ?ということになりますが、代表的なのがこいつらです。

BANK

見事な見出し(爆)!
Anglo Irish BankのChief, Seanie FitzPatrickとIrish Nationwideのボス、Michael Fingletonですわ。この人たちがこぞってあほうみたいに土地や建物などに乱雑投資したおかげでこの事態。本当に拳銃で撃たれたほうがいいです、こいつら!

アイルランド人、Celtic Tigerと呼ばれた超好景気時にへたにお金持っちゃったんですよね~。そして、お金を持つと買いたがるものは家やアパートなど。みんなこぞって投資したんです。投資すれば儲かってたんですよ、当時。そしてみんなは土地や建物の値段は下がらない、と思っていたのです。そんなことありません!!!日本人の皆さんならよく知ってる。土地や建物の値段はいつかは

さがることもある。

ということを。何で日本から学ばなかったかな~。

と、こういった感じです、アイルランド。アイルランドに住みたい、と思えないでしょ?やめたほうがいいです!!!
住んだら税金たんまり取られて馬鹿銀行を救うために使われるだけです(怒)!!!

ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.