アイルランド人は本当に失礼なのか?

アイルランド好きの方からむかつかれそうなタイトルですが、今日はこのトピックで書いてみたい。

ダブリンのショップ・アシスタントの客に対する対応については前に少し触れましたよね?ショップアシスタントだけではない。アイリッシュの客、意外と失礼だったりする。

先週末、町のDunnes Storeのレジで前にいたおばちゃんが服のことでレジのアイリッシュお姉ちゃん一人とマネージャーらしきアイリッシュお姉ちゃん二人の合計3人を相手に相談をしていた。

レジに並んでいたのは私だけ。数分後、後からきたアイリッシュおばちゃん、私が並んでいるのを無視。私の目の前を右側から通り、私の前に並ぶのである。

むかついたので、「私、並んでるんですけどね。」と言ったら、「そこは列じゃないわ。ここからよ。」と左側を指して言い張る。

その前にあんた、私の目の前をわざわざ通り越しておいて「ここからよ。」はない。それに私が先に並んでいるのは一目瞭然じゃないか。

むかついたので、「違うわよ。列はここからこうなってるのよ。」と後を指して冷静に説明。たぶん英語が話せないアジア人だから順番抜かしてやれくらい思われたかもしれない。

しかし私が言い返したため、あきらめて私の後ろに並んだアイリッシュおばちゃん。こういう失礼なアイリッシュの客がたまにいるので私はビシっと

「私、(あんたより先に)並んでるんですけど。」

と言い返すことにしている。それで見知らぬアイリッシュ男と喧嘩したこともある。 アイルランド人って意外と順番抜かすよな。

話を戻して。そのアイリッシュおばちゃん、私の後ろに並び、こう話しかけてきた。

「一人の客に3人で応対しなくてもいいのにねえ。」

まあ、ここで無視するのもどうかと思ったので同意する。するとおばちゃん、このような状態をアイルランドではこう言うと教えてくれた。

「Too many chiefs, not enough indians」 

まさか、順番を抜かそうとしたおばちゃんからイディオムを教わるとは!(爆)。


思うに、なんだかんだ言ってアイリッシュはフレンドリーな人がまだいる国ではないだろうか?

先週末イタリア人の友達Fちゃんが出張でダブリンに来ていた。彼女いわく、イタリアでは基本知らない人には話しかけないらしい(変な男は別)。だからフレンドリーなアイルランド人が好きだ、と言っていた。

最近アイリッシュのショップ・アシスタントの態度がフレンドリーになった気もする。声も日本のようにではないがかけてくることも多くなった気がする。不景気だから何とか買ってもらいたいからであろうが気持ちがいいわねえ、こういう応対は。


しかし!!!!


なんだか最近思うのが、ヨーロッパ人が以外に失礼であることだ。男性ではない、女性が問題だ。(差別してるつもりは無いんですけど。。。)

先日同僚と行ったうちの会社の近くのレストランのウェイトレス、どうもリトアニア人らしいのですが、スマイルなし、ドリンクは捨てるようにテーブルに置くし、食事が出てくるのが遅いことを言うと(40分待たされた)誤りもしない。結局同僚が苦情メール送ってました。

先週末行ったパブ(このことは明日にでも)でも同じようなことがあった。

そして昨日のイタリア語クラスでも同様であった。

30分ほど遅れて登場したこの女。どう見てもアイリッシュではない。ヨーロッパ人だ。この女は昨日から授業に参加した女である。

今のクラスはアイリッシュ男二人、女4人、日本人一人、どこかのヨーロッパ人女性が一人だ。そしてみんな和気藹々と授業をやっている。みんな言い人たちばかりなのだ。

しかし、昨日参加したこの女は遅れて来たくせにすみませんもないわ、むす~っとしてクラスに入ってきて、ドアの近くの席が数個空いているにもかかわらず、一番前の席までずたずたと行き、どさっと座る。先生に名前を聞かれて答えたけど、みんなに「チャオ」も無い。

むかつく、この女。。。

もうこの行動だけで一気に嫌いになった私。

しかも私が簡単な文だったのに答えられなかったら、「こいつ、あほっちゃう!」とでも言いたそうな目つきでじと~っと見られた。隣に座っているアイリッシュの女の子が間違えたときも同じであった。

間違えたらあかんのか???え???


である。

どうも前にも勉強していたのか、結構単語や文法を知っている。そして発音はぴか一。たぶん母国語と似ているのかもしれない。だから私のようなできない人を馬鹿にしているのかもしれない。


授業中、クルーズという単語をイタリア語ではなんというか聞かれた私たち。ちなみに単語はcrociera。するとこの女、即座にこういった。

"Costa Concordia"
coasta 1 亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

しかも言った後に含み笑いしているではないか!おいおい、人が亡くなってるんやで!(25人ほどの遺体が発見されてますよね?)なんていう笑いのセンスや。最低やわ、こいつ!もちろんみんな、

無言。

先生は違うよ、と言いながら苦笑いしていた。


前の学校で一緒のクラスだったポーランド人は人が間違えるとクスっと笑ってたし、現在も一緒に勉強しているアイリッシュ女性Lさんの前の学校のクラスのポーランド人二人も人が間違えると笑ったりして、むちゃくちゃ失礼だったらしい。

私はポーランド人同僚たちがいい人なんでこういう連中がいることが信じられなかったのですがこういういやなのもやっぱりいますね、残念ですが。


とにかくだ。最近こういうヨーロッパ人女性が目に付いてしまい、彼女たちと比べるとアイリッシュは100倍良いではないか?そして実は失礼ではない、やはりフレンドリー人種ではないかと思うのである。(Scumbagsは除く。笑)


皆さんはどう思われますか?

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.