第34回、ダブリン・シティー・マラソン2013

今年で34回目を迎えたダブリン・シティー・マラソン。

毎年10月のバンクホリデーに開催されます。今年は14,600人が参加したそうだ。

月曜日は天気が良かったので絶好のマラソン日和でした。


MARATHON 2
               毎年多くの人が参加します。(ネットより)


お馴染み、同僚D君はこの日のためにお昼休みや会社帰りに毎日走ってはトレーニングを積んでいました。

しかし前日までバリへ一週間出張に行っていた彼。出張に行く前に出張が嫌だとぶつくさ言っておりました。彼にとってはマラソンのほうが大事だからだ。


来月2週間ほど日本へ帰国するため、お土産を買いに街に繰り出したのですが、トリニティーカレッジ前の沿道がえらい人でびっくり!そうです。私、マラソンのことをすっかり忘れておりました。現在自分のことで精一杯なのですよ。

IMG_6596.jpg
               沿道で応援する皆さん。拍手で一杯でした。

IMG_6597.jpg
            スポンサーのFM104のトラック。ラジオ放送してました。

IMG_6600.jpg
              がんばれ~!と拍手を送られ走るランナーたち。

二人に抱え込まれて倒れるように走っていた男性ランナーを見ました。今朝の新聞で心臓発作に見舞われた人がいた書いてあったのでもしや?と思いましたが。。。


とりあえずコースはこうなってます。

marathonmap.png
                 42.2キロメートル。

ちなみにD君はこの距離を完走してました。すばらしいです!しかし優勝はしてませんでした。

今年の優勝者は、

MARATHON 7
                Sean Hehirさん。2時間18分19秒。(ネットより)

MARATHON 6
                Maria McCambridgeさん。2時間38分51秒。(ネットより)

MARATHON 78
               Paul Hannanさん。 2時間34分48秒。(ネットより)

アイルランド人男性としては1993年以来優勝、アイルランド人女性としては2000年以来の優勝だったそうだ。

そうなんです。いつもケニヤやエチオピアの選手に優勝を奪われていたこのマラソン大会。

今年は彼らを一切見なかった。つまり、参加してなかったんです。

優勝者には15,000ユーロが渡されるんですが、噂ではどうも今年はこの賞金が減ったため、わざわざダブリンにまでマラソンをしに来なかったというんです。

でもD君に聞いたら、彼らにスポンサーがなかなか付かず、やっと付いたと思ったら、こちらに来るときに間違ったフライトを予約したとか何とかで参加できなかったらしいです。

賞金には関係なかったらしい。しかしだ。アイルランド人が優勝してくれた方がやっぱり街も盛り上がるってもんですよ。

いつも彼らが優勝をかっさらうから、アイルランド人としては走る前から勝負が見えてるレースなんて走っても面白ないでしょうしね。


話は変わり、毎年必ずいるコスチームランナーたち。ハロウィーンの仮装のアイディアにいかがですか?もう遅いですかね。

MARATHON 4
          ハロウィーン、近いしね。(ネットより)

MARATHON 3
           ああ、ビッグバード!(ネットより)

でも私はこれが一番好きです。            
             
MARATHON 5
               爆!!!(ネットより)


来年もアイルランド人が優勝するといいですね。そして上の宇宙服コスチュームを超えるコスチュームを期待したい。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.