Drink, Feck, Arse, Girls!- RIP、Frank Kelly (フランク・ケリー)

皆さん、週末はいかがでしたか?選挙の件を書く予定でしたが、予定を変更いたします。

今月もまた悲報です。

アイルランドやイギリスでは知らない人はいないであろう、コメディー、Father Ted(ファーザー・テッド)。ファーザー・ジャック役でお馴染みのFrank Kelly(フランク・ケリー)が昨日28日の日曜日、77歳の生涯を終えました。

FATHER TED 1
右の男性がファーザー・ジャック役のフランク・ケリー氏。(meteor.co.ukより)

死因はまだ発表になっていないのですが、去年の10月にパーキンソン病を患っていることを発表しましたし、数年前に大腸がんを患ったこともありましたし、去年は皮膚がんの治療も受けたと聞きました。

ファーザー・テッドで一躍有名になったそうですが、その前には映画The Italian Jobにクレジットのない警官役でも出演していたそうですし、現在も放送されているイギリスのソープオペラEmmerdare(エマデール)にも出演していたことがあったそうです。こちらでは舞台にも出演されていたそうです。7人の子供建ちと19人のお孫さんがいらっしゃるそうです。

実は18年に亡くなったファーザー・テッド役のダーモット・モーガン(Dermot Morgan)と同じにに亡くなったことになるそうです。何か不思議な縁を感じます。

Aちゃんを2007年に日本に連れて行った時、とある街にあるアイリッシュバーに寄りました。そこの壁の一部は誰でも一言書けるようになっていました。アイリッシュが書いたと思われる言葉もたくさん見ることができました。その壁にAちゃんが書いた一言は、

Drink, Feck、Arse, Girls!

RIP, フランク・ケリー。あなたが亡くなってもファーザー・テッドは永遠に不滅です。安らかにお眠りください。







ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.