1916 - イースター蜂起100周年記念式典

皆さん、イースターはいかがでしたか?

私はえらいこと忙しかったでですよ。グッドフライデーは半日仕事。その後キャバン県に住むTちゃんが遊びに来てたんです。今朝帰りましたけど。

先日お父様が亡くなってしまったため、現在犬と暮らしているTちゃん。イースターは一人で過ごすって言うんでそれはいかん!と犬と一緒にうちに遊びに来てもらうことになりました。ちょうどダブリンでは1916イースター蜂起のイベントが一杯やってましたし、一緒に楽しめますからね。

dog 1
遊びに来たTちゃんの犬、ブラッサム君。写真を撮る私を怖がっているわけではありません。

イースターサンデーは1916 Easter rising-Commemorationでした。このブログではイースター蜂起100周年記念式典と訳させていただきます。ご了承ください。

GPOでの式典は招待者のみでしたので、私のような一般人は参加できませんでしたが、パレードが行われ、そちらは見ることができましたし、数か所に大スクリーンも設置されていたし、RTEでも生放送されていたので見れました。こちらでその様子が見れます。興味のある方はどうぞ。



写真だけでええわ~という方はこちらをどうぞ。
http://evoke.ie/news/irish-news/easter-rising-centenary-commemoration-pictures

パレードは南のセントスティーブンスグリーンから北のブルトンストリートまで約4.5キロを歩くものでした。イースター蜂起が起こった場所や道を歩いたわけです。(すべての場所ではありませんが)

朝10時にセントスティーブンスグリーンをパレードが出発すると聞いていたので、朝から見に行こうかと思っていたんです。しかしTちゃんとAちゃんが国主催だから国防軍、警察やら消防員の皆さんのパレードで、セントパトリックスデーのパレードとはまるで違うため、見ても面白くなさそうだから、朝からなんて行きたくない、テレビで様子を見てから行くかどうか決めたいと言いい、まあそれも一理あるしと思い、彼女たちに従うことに。

しかしやはり祝賀気分を味わいたいとパレードが終わる前に北側へ急遽見にいったんですが、途中突然の大雨にも見舞われ、びしょ濡れになりながら最後のマーチングバンド二つを見てパレード終了。あちゃ~終わっちゃったやん~。その後私は他に行くところがあり、家へとんぼ返り。いったい何をしに行ったのだろうか?こんなことなら一人ででも先に行ってパレードを見てればよかったと後悔。

DSCF0728.jpg

DSCF0731.jpg

DSCF0733.jpg
パレードの一番最後の皆さん。ああ~終わってもた!!!!

Tちゃんはパレードにはアイリッシュダンサーやらがいないので何のエンターテイメントにもなってないと言ってました。でも国主催でしょ?別にエンターテイメントしなくてもいいと私は思ったんですよね。これはこれで国らしくていいと思ったし、こういうのもありだと思うけど。

そして。。。ちょっとネットで話題になってたこちらの件。たぶん他のアイルランド&ダブリンのブロガーさんたちがすでに書いていらっしゃるでしょうが、書きますね。うざいでしょうが。

私たち3人は自宅でGPO前の式典までテレビで見ていたんですけど、その間ある人を画面で見つけたんです。

「この人、ええんか?こんな大事な式典で携帯電話して笑ってて。しかも大統領の後ろで。」

と3人で笑っていたんですよ。そしたらやっぱり他に気が付いた人がたくさんいたらしく、のちにネットで話題になっていたんです。

1916 12
この人。(www.irishexaminer.comより)

どうも個人的なことを話していたのではなく、メディア担当の人で、プレスの人と話してたらしいけど。だから彼は仕事をしていたという記事を見ましたけど。でも式典中話すことはないよなあ。これが日本なら彼は即除隊させられるんじゃないですか?その後彼が叱られたのかどうか知りませんけど、何気に過ぎ去っていくところがアイルランドらしい。

昨日のイースターマンデーもダブリンでRTEの大きなイベントがございまして、いろいろ書きたいのはやまやまなのですが、その件等は金曜日にアップさせていただく予定でいます。明後日はイタリア語の授業なんで勉強しないといけませんのでね。すみません。

それでは金曜日お会いしましょう!

ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.