野生の動物を使ったサーカスは禁止です!

やっとです。

月曜日、ダブリン・シティー・カウンシルがダブリンで行われる野生の動物を使ったサーカスを禁止しました。

DSPCA_20160727214919449.png
(UTV Ireland のニュース記事から抜粋)

DSPCA(Dublin Society for Prevention of Cruelty to Animals)というチャリティー団体がダブリンにあり、彼らは動物を虐待から守ったり、救ったり、動物の福祉を行っている大きな団体です。この団体以外にもISPCA(Irish Society for Prevention of Cruelty to Animals)という、国ではかなり大きな団体や、ARANという団体も同様、野生の動物を使ったサーカスの禁止を国に訴えていたんです。

今年3月に野生の動物を使ったサーカスの禁止を訴える団体が、ダブリン南の町にオランダに本拠地を置くサーカスが来たときにデモをして、6人逮捕されたんです。(ISPCAからのデモの要請で約40人が集まったらしい)その際に政府機関であるDepartment for Agriculture(農務省)はこんなコメントをしていたらしい。(以下ネットニュース記事より抜粋)

 “There are no plans to ban the use of animals in circuses in Ireland. The circus has been inspected by veterinary officials and no breach of the Animal Health and Welfare Act was observed.”

国としての禁止の導入はないということで私はがっかりでした。皆さんはどう思われるかわかりませんが、私も野生動物を使ったサーカスに反対です。

野生動物が私たちのためにエンターテイメントしなくてもいい。人間がやれば十分じゃないですか。人だってすごいことができるのに。

小さいときにサーカスを一度見に行ったことがあります。像やトラ、ライオンが出てきた覚えがあります。しかし面白いと思った記憶がない。その後また連れてってくれと言った覚えもない。要はサーカス自体が好きじゃなかったんですよ。

ムチでしばかれたり、どやされたり、檻にずっと入れられっぱなしで、出るときは演技するときだけという場合も多いらしいし、檻に入れられたまま長旅も当たり前。私がもしこの状態と同じことをしろと言われたら???気が狂うと思う。それを野生の動物たちにしなくてもいいと思うのです。

国としては禁止にしなくとも、地方自治体管轄ではできるわけです。そのため、月曜日ダブリンではダブリン・シティー・カウンシルが禁止にしました。実はダブリンが最初ではなくすでにゴールウェー、キルデア、ウォーターフォード、アークロー、そしてモナハンでは禁止にしていたんです。やっとダブリンも加わったと思いました。


サーカスのことばっかり言ってるけど、動物園は?とか言いだすときりがない。


世界中のすべての動物園も100%動物に対して素晴らしいことをしているとは思えない。世界一悲しい(日本では世界一かわいそうな、とも書かれていますが)シロクマとして有名だった、アルゼンチンのメンドーサ動物園にいたアルトゥーロは今月3日、老衰で亡くなりましたしね。動物園側は老衰って言い張ってたみたいだけど、それまでに至るまでに過酷な状況で飼われていて、精神的におかしくなっていることは指摘されていました。彼のコンパニオンはうつになり、結局ストレスと高い気温のせいで亡くなったと言われてますしね。

BEAR.png
(www.care2.comより)

22年過酷な状況で飼われていた彼を救おうと、彼をカナダの動物園に移そうとする署名が500,000以上集まったと聞いています。しかしメンドーサ動物園はこれを拒否。結局亡くなるまで過酷な状況で暮らさなければならなかったアルトゥーロ。改めて人間ほど残虐な生き物はいないんじゃないかと思いました。もちろん自分も人間です。でもこういう残酷な人間にはなりたくないと改めて思う。そして思いました。こういう動物園が世界にどれだけあるのか。。。こういった動物園はいらない。完全閉館してほしいです。(実際メンドーサ動物園はほかにも約60の動物が死んだらしくて現在閉鎖と聞きました)




話を戻して。。とにかくこれでアイルランドという国自体が野生の動物を使ったサーカスを禁止するきっかけになってほしいし、動物を虐待する人間にはもっと厳しい罰則を与えるきっかけにもなってほしい。2014年から新しい法律が導入されて最高250,000ユーロの罰金か5年の刑務所行きですけど、大概課される罰金金額が小さいことが多いしね。お金の問題じゃないけど。。。(動物虐待、多いんです。しょっちゅうニュースになってます)


それでは皆さん、良い週末を!アイルランドは月曜日2日はバンクホリデーですのでブログもお休み。火曜日にアップします。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.