魚がうまい!Matt the Thresher (マット・ザ・スレッシャー)-前編

金曜日のブログアップをしませんでした。申し訳ありませんでした。

ここず~っと仕事で忙しかったんですよ。本社の人やベルファストオフィスのTさんが来てたりで接待が続いたり、遅くまで働いたり。。。

本社の人が来るとなると、やはり聞きたいのは本社事情。そして将来何らかの形で本社行きなんてことになった時、自分の顔を売っておけば役に立つという邪な思いもあり、会計士に誘われれば夕食や昼食に行きまくったんです。

お蔭で胃袋が肥大しました。

現在どれだけ食べても食べたりませんもの。

SAP(会計パッケージ)も火曜日から導入。手探り状態なので毎日どっと疲れるんです。その疲れが昨日どっと来てしまったうえ、お昼も接待だったため時間がなくブログアップ不可能でした。すみません。

疲れがどっと出た理由の一つ。。。木曜日の夜。会計士、男前の同僚Eくんそして同僚Aさんの都合が悪く、本社から来てたイタリア人ITコンサルタントのMさんとベルファストオフィスのTさん(女性。お友達でもあります)を接待するものがおらず。

私は木曜の夜はピラティスだから無理と断ったんですが、接待するものがおらず、仕方なくピラティス終了後、街でお二人を接待することに。


どこへ連れて行こうか。。。連日ステーキやらイタリアンやら濃いのを食べていたお二人。この辺でちょっとあっさり行こうかということで、私の超お気に入りのフィッシュ・レストランへお連れすることにしました。

魚が食べたい!となったらここにしか来ない最近の私だ。

IMG_4113.jpg
  Matt the Thresher (マット・ザ・スレッシャー)31&32 Lower Pembroke Street, Dublin 2 http://www.mattthethresher.ie/

IMG_4115.jpg
                 正面からどうぞ。

こちらのレストランは大変有名。そして人気なんです。それはフィッシュレストランの割にお手頃でとてもおいしいからというのもあるのですが、

IMG_4109.jpg
               ミシェル・オバマさんがここで食べたから。

レストラン奥にあるこの部屋で食べたそうです。

IMG_5122.jpg
        写真ボケ!すみません。

IMG_5124.jpg
           二階にはピアノも!夜になるとピアニストが演奏してくれます。


IMG_5133.jpg
              入口左手奥にはバーもあり。                    

IMG_5127.jpg
                 ライトがすごい!

バーが立派なのはここが元パブだからでしょう。昔はペンブローク・バーと言うバーだったんです。日本人の友達がよくここでバースデーパーティーやってました。懐かしい~。

その後パブは閉まり、3年ほど前でしょうか?このレストランがオープンしました。

私はこのレストランの存在をTaste of Dublinで知ったんです。その時試食しましたが、あまり覚えがなかったんです。

しかし同僚K君がここがおいしいことを教えてくれて、やたら勧めるため行ってみたら。。。

美味い!!!

ということでそれからお世話になっております。Taste of Dublinの試食だけでお店の良し悪しを決めてはいけないいい例です。

            
そんなレストラン、マット・ザ・スレッシャー。バーの横には。。。

IMG_5132.jpg
                ロブスター・タンク。

IMG_5128.jpg
         スモークサーモンとコークのグービーン・チーズ!おいしいのよね、このチーズ。

そして。。。

IMG_5129.jpg
               魚が見つめる。
   
アップでどうぞ。          
IMG_5130.jpg

IMG_5131.jpg


このレストランには2週間前日本人の友達3人と来たばかり。先々月にも2度来ているためか、「この間も来てたよね?」と言われる始末。ちょっとこっぱずかしい。

しかもこの日はピラティスの帰りだったため服装がピラティス用である。いくらここがカジュアル系レストランだとはいえちょっとみっともない。


このレストランはいつも雰囲気がいい。本社のMさんやTさんも「いいね~ここ!」と笑顔で言ってくれた。取りあえずほっとする。

後は食べて「いいね~ここ!」と言ってもらえれば本望だ。



それでは肝心のお食事の紹介だ!と行きたいところですが、続きは明日に。。。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.