YOUKOSO IRELAND 。。。E!

YOUKOSO IRELAND 。。。E!

Aちゃんが言える唯一の日本語文章である。

「ようこそアイルランドへ」である。

亡くなったAちゃんのおばさんLさんがWelcome to Irelandを日本語で言いたいというので私が教えた文章である。

教えるときに「ようこそ」「アイルランド」「へ」とぶつ切りに教えたため、最後の「へ」を教えた時に私が強調したのがおもしろかったらしく、それ以来上のようにいつも言っていました。

それをAちゃんも覚えてしまったというわけです。

しかしAちゃん。これをすっかり言い忘れたまま、お客さんが来て、昨日帰国しました

そのお客さんとは。。。


もうかれこれ20年近い付き合いがある、日本にお住いの日本人のお友達で、元先輩のWさんが先週の日曜日からアイルランドに遊びに来ていました。

急遽こちらに来ることに決めたWさん。私は休みが残っていないのと、新しい会計パッケージの導入に伴いトレーニングがあり休日が取れたのが一日だけ。

結局お付き合いできたのが会社が終わってからと金曜日、土曜日のみでした。


アイルランドは今回が2度目のWさん。前回こちらにいらしたときは2002,3年頃だったでしょうか。

前回は二人のお友達を連れて数日間ダブリンに滞在した後、イギリスへ。バースがかなり良かったらしいです。


この時、ダブリンの街を一緒に歩きましたが、別にどこに寄るわけでもなかったため、全く覚えがないと言っていたダブリン。

私自身も当時U2とパブには興味があったものの、ダブリンの街や歴史に全く興味がなかったため、きちんと案内することは不可能ではありました。

しかし今回は前回滞在時よりまともに紹介できたのではと思います。とりあえず、自分の知っている範囲で説明、案内しましたが、時間が足りず、ほんの一部しか紹介できなかったのが残念。


それはともかく、日本からはるばるいらしたWさん。ダブリン空港へ着いてすぐゴールウェー行のバスに乗り、ゴールウェーへ。

翌日、ユー・ツアーズさんで申し込んでいたクリフの断崖と巨人のテーブルツアーに参加。他にお二人の日本人女性と共ににツアーをしたり、Wさんが楽しみにしていたオイスターもたんまり頂いたそうでご満悦。ちなみにツアーは大変良かったそうですよ。http://www.ewe.ie/

ゴールウェーの後はダブリンへ。


ダブリン滞在中はAちゃんの家(私も住んでます)に泊まっていただきました。

毎日外食していたので太りました。Wさんは痩せているので心配が全くないのがうらやましい限り。

しかし、慣れない海外数日間。疲れと、日本の数倍もある量の料理を食べ、お腹が悲鳴を上げていたようで、沢山いろんなところでダブリンで食べられrおいしいものを味わっていただこうと思っていたのですが無理でした。


ダブリン最終日の土曜日はダブリンからバスツアーに私も参加し、ジャイアンツコーズウェ-とベルファスト、ブラックタクシー・ポリティックス・ツアーに参加しました。こちらはまた後日。。。


しかし、ダブリンにに遊びに来ていたのはもちろんWさんだけではありません。

今年は「Gathering 2013」だからたくさんの観光客が来ています。国にとってはうれしいことです。


6月でしたが、この人(?)もダブリンに遊びに来ていたそうです。YOUKOSO IRELAND 。。。E!

karmit 2
     カーミット・ザ・フロッグ。テンプルバーにて。(ウェブサイト、カーミット・オン・ツアーより)

http://kermit-on-tour.com/on-tour/europe/kermit-in-dublin/

土曜日の夜、私もWさんを連れてテンプルバーを歩き、カーミットのようにテンプルバーのテンプルバーの前で一枚撮ってあげました。

でもすっかりここの説明をWさんにしませんでした。ぼさ~っとこの横を歩いてしもた!いかん!いかん!!!

kermit.jpg
 カーミット・ザ・フロッグ。ジム・ラーキン像の前にて。(ウェブサイト、カーミット・オン・ツアーより)

         
ちゃんとダブリンを案内してなかったわ、GPOは説明したのに。

せっかくWさんからダブリン現地ツアーガイドの仕事を勧められたけど、これではもうすでに失格である。


YOUKOSO IRELAND 。。。E!を言うくらいにしておいた方が良さそうだ。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.