ここも緑だったとは!

先日もブログで書いたように、日本から友達Wさんが遊びに来ていたのでお粗末ながらもダブリンを案内していた私。

15年以上ダブリンに住んでいるが、日本人から見て「ちょっと不思議」「変わっている」「アイルランドらしい」ことを指摘され、ちょっと目からうろこでもありました。


そのうちの一つ、Wさんが面白いと言っていたのがここ。

IMG_4355.jpg
        マクドナルド。(オコンネル店)

彼女曰くアイルランドのマクドナルドの看板が、

mc 2
                  緑。(ネットより)

ゴールウェーで見つけて写真を撮っていらっしゃいました。しかし、言われるまでまったっく気が付かず。言われてからも、

「え?そうやった?」

と言って、オコンネルストリートにあるもう一軒のマクドナルドを見たらやっぱり看板が緑!

日本は赤に黄色の字の看板が定番だから目に付いたようです。そう言われればそうよ。


15年以上ダブリンでお世話になっているダブリン・マック。特にオコンネルの店(上の写真。おしゃれな建物で好きです)には良くお邪魔しているのになぜ今まで気が付かなかったのだろう?

ダブリン生活が長すぎて、

緑色=普通状態に陥っているかもしれない。

または

ただのあほ。

後者が有力だろう。


そういえば一番上の写真のマックもよく見たら緑に銀色でマクドナルドと看板がなっている。ネットで探してみたらどうもここ、もっと緑になることもあるようだ。

mc 3
                 ブラインドも緑らしい!(ネットより)


こんなスペシャルバーガーも過去に出ていたようだが、まあこういう広告はよくある。

mc 4
                   やっぱり緑。(ネットより)

でもたぶんどこのマックも看板が緑ということはないはず。。。うちの近所のは緑じゃないしねえ。グラフトンストリートにあるのも確か看板は緑じゃなかった気が。。。


友達は何も言っていなかったがたぶん建物が意外とおしゃれだったりすることもあるアイルランドのマック。前にもご紹介したここは有名ですよね。行ったことありませんけど。

mc 7
      ブレイ・タウンホール店。ウィックロー。(ネットより)

そして、ちょっとマックに見えない建物がこちら。

mc 5
                 マクドナルド・テンプルバー店。(ネットより)

私が夏に見た時はまだ工事してたんですけどね。

mc 9
            それにしても綺麗な建物。19世紀に建てられたものらしい。


マックの前はFrankies Steakhouse&Barだったんです。確か元競馬のジョッキ-がやってた店。   

Aちゃんがここに行ったことがあったんですが、まずいと言っていたんで閉店するやろな、と思ったらやっぱり。


そしてこの後にマックが入ったわけですが、ひと悶着あったんですよ。マックなんか作ってしまったら酔っ払いの大群が押し寄せてえらいことになるし、テンプルバーのイメージが悪くなるとかなんとか。。。

でも結局お客が呼べるマック。確か外観は壊さないという契約でOkだったはず。(まちがってたらすみません)

そして夜中から朝7時半は営業が禁止されているそうで、24時間ではないらしい。これで酔っ払いが押し寄せることはないわな。もちろんWさんにもご紹介しました。写真撮ってました。


アイルランドに遊びに来られる方、「アイルランド、面白マック」を旅をしながら探してみてはいかがでしょうか?緑マック以外にも何か面白いものが発見できるかもですよ。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

台風一過、(また次のが来るようですが…)体調を崩してダウンしてました。…>_<…
マクドナルド、インスブルックでも景観壊さないような看板だったとおもいます。
それなりに考えてるのかなぁ~
この緑色も、アイルランドカラーで落ち着いてて良いですね。

mamma-EIDさんへ

また次のが来るんですか???もううんざりですね。
体の方はもう大丈夫そうですね。気温が上がったり下がったりなので気をつけてください。ダブリンは肌寒いです。

イスタンブールもそうなんですね。そういう建物のマックの方が行きたいと思います(笑)
緑に黄色、いいですよね。でもこちらで配られるクーポンは赤に黄色字で買えといわんばかりですよ。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.