久々!キルメイナム刑務所(Kilmainham Gaol)-後編

East Wingの次はWest Wingへ。

IMG_6509.jpg
             暗く、じっとりしている。

IMG_6511.jpg
                  狭い。。。そして寒いセル。


イースター蜂起で処刑された14人が処刑前に収容された場所です。セルの上のほうに誰が収容されていたか名前が記されていました。


このツアーでは特別に普段見れないところを見せてくれました。

こちらです。

IMG_6505_201311050458255f9.jpg
                首つり処刑台。

ここでは4人が首つり処刑されているそうだ。

初めは写真を撮るのをためらったのですが、ブログのため撮ることにしました。撮らせてもらった後はありがとうともちろん言いました。失礼のないようにしないといけませんからね。

ちなみに昔はこの刑務所の前で公開処刑が行われていたそうです。現在綺麗な建物が建ってるけど。。。この辺りには住みたくないなというのが個人的意見です。


その隣には部屋があります。こちらも特別に見せてもらいました。

IMG_6514.jpg
       Condemned Cell of Robert Emmet。

ロバート・エメットが処刑される前日に収容されていたと言われている部屋です。

IMG_6515.jpg
      どんな思いでここに収容されていたのだろう。。。


ロバート・エメットはなぜかあまり知られてませんね?私もここへ来るまで全く知りませんでした。イースター蜂起ばかりに焦点が言ってますけど、この人もイギリスからの独立を夢見て戦った愛国人です。彼については次のブログアップの時にでも知ってる範囲で書きましょうかね。

そして古いセルを見ました。

IMG_6516.jpg
            じっとり、暗くそして寒い。。。

IMG_6520.jpg
               扉が歴史を語る。。。

そして庭へ(Stone Bakers Yard)。イースター蜂起処刑の舞台になったところです。

IMG_6524.jpg
          ガイドさんが熱く語っていました。

こちらが処刑された場所。目隠しして処刑されるシーンは映画「マイケル・コリンズ」で見られますね。

IMG_6526.jpg
                  RIP。

IMG_6527.jpg
        ここがジェームス・コノリーが処刑された場所だそうだ。RIP。


余談ですが。。。今回この場所の写真がきちんと撮れ、ブログに載せることができましたが、実は過去に2回撮ったものの、うまくいかなかった経験があります。

一回目はこの場所を撮ったカメラをグレンダロッホの湖のほとりに置き忘れ、慌てて戻ったもののカメラごと誰かに取られました。

2回目は使い捨てカメラで取ったらここの場所の写真だけぼやけて写っていました。

3回目は「これはここの写真を撮るな」と言われていると思い撮らず。そして今回が4度目の正直だったのです。今回は許可が出たな、と思いました。もちろんお礼を言いましたよ。


話を戻して。。。この場所でも4人の若者がリボルバーを持っていた罪でFree State Armyにより1922年11月17日に処刑されています。庭の出口横です。

IMG_6523.jpg

実は5体目の死体があったそうです。しかし5体目は誰なのか誰も知らないそうです。


ツアーはここで終わり。その後はミュージアムに入り、自由に見学、アイルランドの激動の時代と刑務所の歴史が垣間見れます。

IMG_6536.jpg
            ジョョセフとグレースの結婚指輪。

IMG_6539.jpg
有名な写真の一つ、マイケルコリンズ。

IMG_6538.jpg
              が写真で持っているのがこの杖。

IMG_6540.jpg
               1924年閉鎖。ゴミが閉鎖を物語る。


何気にミュージアムに置いてあった郵便ポスト。イギリス支配下当時はこの郵便ポストが使われていたと歴史グループのおばちゃんが教えてくれた。

IMG_6534.jpg
               う~ん。。。

しかし、独立後、こんなん使うの嫌!ということで郵便ポストは緑に塗られ、紋章を取り外したと歴史グループのおばちゃんがこれまた教えてくれた。

しかしめんどくさくなり、紋章を外さず緑に塗っただけのポストが存在したとも教えてくれたのです。

その矢先!

街で発見!めんどくさくて緑に塗っただけの郵便ポスト!おばちゃんの言う通り!

IMG_6613.jpg
  めんどくさくて今もそのまま使ってる?Westmoreland Street, Dublin2(ウェストモーランド・ストリート)にあり。現在周りは工事中。


ツアー後、みんなでヒルトンホテルへ。しかし私をみんな無視するのである。ただの旅行者が来たくらいにしか思われてないのが良く分かったし、

「お前みたいなアジア人に何がわかる?」

とでも言いたげである。仕方ないので隣にいた60代の、日本に行ったことがあるというおっちゃんと話した。

もちろんこの年代だから歴史には詳しいだろう。でもこのおっちゃん、キルメイナムに一度も来たことがないというのだ。

???あり得ない。

と思ったが、この年代にとってはやはりビミョーなのかしらね、歴史的に。。。とりあえずツアーの感想を聞く。すると、

「イースター蜂起に焦点が当たり過ぎ。片方の意見しかこのツアーでは言ってない。大半のアイリッシュはイースター蜂起なんて関わりたくなかったんだよ。」

それは知ってるけどね。でもこの処刑から世間の意見が変わったのも事実だわよ。

でも私はダブリンの歴史って面白いと思うんです、いろんな意味で。歴史を知ることでアイリッシュの考え方が理解しやすくなると思うのよ。あ~こっからこうで現在こうね、なんて。

それを言うとおっさんはダブリンの歴史なんて面白くないと言い、日本の歴史のほうが

Sophisticated。

と言うではないか。どういった点から言っているのか私にはさっぱり。

「どの点が(Sophisticated)ですか?」

と聞いたからか、「こいつと話しても無駄」と思われたようでその後話をしてくれなくなったおっちゃん。


帰宅後、この話をAちゃんにしたところ、


「歴史グループは変な人が多いのよ。その中に入ってるあんたも変だけどね。」


そんなこと真剣な顔してわななくても本人が一番わかってる。



お知らせ。。。明日から日本へ2週間ちょっとほど帰国しますのでブログはお休みとさせていただきます。ブログ再開は25日を予定していますのでよろしくお願いします。


ダブリン、寒くなってきました。ダウンコート着てます。ヒーター毎日入れてます。日本に帰ったら暖かくてかえって風邪ひきそうで怖いです。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

おォ、明日から日本ですか‼︎
こっちは、朝晩はチョット冷えますが、日中は20℃位のポカポカ陽気です。
軽くジャケット羽織るくらいですので、ダウンだと暑いと思いますよ〜。
気をつけて帰ってきてね〜(^o^)

Von voyage!

ティファニーさん、

明日から日本なんですね。日本滞在、満喫してきてくださいね。紅葉にはまだ早いでしょうか?

今回のキルメイナム刑務所の記事も大変興味深かったです。昔一度訪れたことがあります。見学後とても気が重くなって、その後足が遠くなっていたのですが、次回ダブリンに行った際に行ってみたいと思います。自慢できるほどではありませんが、私が今住んでいる村はイースター蜂起の中心人物の一人が生まれた村なんです。

話はイギリスにずれますが、私はイギリスの郵便ボックスに施されたRoyal Cipher を観察するのが好きです。VRならビクトリア女王、ERはエドワード王、GRはジョージ王、ERIIならエリザベス2世になるそうです。時期的にティファニーさんのお写真の郵便ポストはジョージ5世になるのでしょうか…歴史好きなティファニーさんのこと、ご存知だったらでしゃばったことを言ってごめんなさい!

日本まで長旅ですが、お疲れの出ませんように。

mamma-EIDさんへ

ありがとうございます!気をつけて帰ります(笑)
そうなんですよね、ぽかぽかなんですよね。
でも月曜からぐっと冷え込むと母が先ほど言っていたのでコートが要るのかどうか全然わかりません!
こちらみたいに寒い方がかえってよかったかもです~。

Junksさんへ

日本滞在満喫してきます!ありがとうございます!

あれはRoyal Cipherというのですね。知りませんでした!ありがとうございます。歴史好きですけど、知らないことばかりですのでどんどん教えてください。肥やしにします(笑)。

The R stands for "Regina" for a queen, and "Rex" for a king.

とネットで出てました。何でRなのかとずっと思っていたので謎が解けました!

ほ~イースター蜂起の中心人物が生まれた村にいらっしゃるのですか!たくさん逸話がありそうですね!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.