コーヒー派VS ティー派

アイルランドと言えば、紅茶。

イギリスの影響を沢山受けているためか、紅茶をよく飲む国である。そしてお家にお呼ばれすれば、

Would you like a cup of tea?

と必ず聞かれる。それくらい紅茶は浸透している。

そのためスーパーに行けば、大量の紅茶がずらり。

IMG_4268.jpg
             どれにしようか迷う。


大量消費する人のために、

IMG_4272.jpg
           特大ボックス。


ハーブティーも最近はよく飲まれているため、スーパーで簡単に買える。

IMG_4274.jpg
          グリーンティーもあり。

そして大概売っている紅茶はティーバックである。ルース・ティーリーフ物も買えますが、普段飲むのはティーバックが主流である。


しかしだ。最近ティー派がちょっと脅かされている。


最近ではコーヒー派が増えているのである。そのためスーパーでは大量のコーヒーが紅茶の横にずらり。

IMG_4275.jpg
 インスタントものや豆もの。いろいろ。


IMG_4266.jpg
         ホットチョコレートも人気あり。


最近ダブリンに来ると、そこらじゅうにカフェがある。はっきり言って「カフェだらけ」である。

パブのオープン率よりカフェのオープン率のほうがはるかに高いのでは?と思うのだ。

うちの会社の裏には3つもカフェがある。周りに会社が多いためだ。スタバはもちろん、アイリッシュの会社のカフェが2件同じ並びにある。そのため私は会社の裏を、

カフェ激戦区

と密かに呼んでいる。

スタバがやはり人気。でもスタバのコーヒーをおいしいと思わない私。それにあそこのテークアウェーコーヒーに異義があるため買わないのだ。(憤慨党コーナーに書きます)


それにできるだけコーヒージャイアントに頑張って対抗しているアイリッシュの会社のカフェをサポートしたいため、アイリッシュのお店で買っているのである。


他の街ではわかりませんが、ダブリンの街を歩いていると、コーヒーを片手に歩く人を見るのは珍しくない。

日本では飲みながら歩くなんてお行儀が悪いのでほとんどみないのであるが、こちらではお行儀が悪いなどと思う人はいない。

コーヒー片手に歩いたほうが都会っぽいしかっこいいと思っているのではと思う。私もしょっちゅうやる。こちらじゃ食べ歩きは普通である。お蔭で日本でそれをやり、親から怒られるのである。


それはともかく、アイリッシュがよく飲んでいるコーヒーはラテ、アメリカーノ、カプチーノあたりであろうか。エスプレッソを飲む人はあまり見かけない。エスプレッソは苦いから嫌だと言う。

それにカフェでエスプレッソを頼むとミルクを持ってくるところもある。砂糖だけしか入れないんですけどね~と思うが黙って見過ごす私だ。


ようはこの国の人は牛乳が入れられなければいやということか?


そういえばこちらじゃ紅茶には大量のミルクを入れる。そのためこちらの紅茶はかなり濃く出る。ミルクを入れても味が崩れないようにしているのではと思われる。

IMG_6619_20131211030416310.jpg
5秒ほどでこんなに!コーヒーでもほうじ茶ではありません。

この濃い紅茶を飲むと、日本の薄い紅茶がかなり物足りなく感じるのである。


ミルクのことはともかく、コーヒー派が最近多く、会社でも紅茶よりコーヒーを飲んでいる人が最近増えた。

私も朝の一杯目は必ずコーヒー。インスタントは嫌なので会社の裏にあるカフェで買うか、コーヒーパッドを買い、マシーンで入れている。

朝マックに入るとコーヒーを頼む人が多いし、最近ではKFCまでコーヒーを始めた。どこにでもコーヒーはおいている。そしてこの国のコーヒーは日本のよりも濃くて私は美味いと思う。


いつかコーヒー派がティー派を逆転し、

Would you like a cup of coffee???


と聞かれる日がこの国に来るかもしれない。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

お久しぶりにコメントさせていただきます。
英国ドラマ「Midsomer Murders」など見ていても、家庭でお客さんに出すのが「コーヒー」のことが多くて、田舎でもそういう風に変わってきてるのか…と、なんだか外国人としては寂しいような気になってしまうのです(笑)
私はコーヒーはほとんど飲まなくて…。
嫌いではないのですが。
紅茶はうんと濃くいれて牛乳をたっぷり入れるのが好みなので、英国やアイルランドのスタイルですね(笑)

No title

風邪の具合は如何ですか?
私は毎朝紅茶を飲んでますョ〜。ハーブティーは苦手なので、もっぱらストレートで。それもチョット渋い位のが好きです。
日本ではそれ程需要がないのか、紅茶は結構お高い気がします。
特に、break first, prince of walesなどなど…
なので、イギリスに行くといつも箱買いしてきます。
日本のマックのコーヒーは、薄いし不味いので殆ど飲みません。
イタリアにいた時は、コーヒー、結構飲んでましたが…
Un caffe, per favore! で、お砂糖たっぷり入れて、一気にグイッと、美味しかった‼︎

夜梅さんへ

いや~本当にお久しぶりです!コメントありがとうございます!

そうですね、言われてみれば現代ものの英国ドラマはコーヒーが出てくることが多いかも!時代物だとやっぱり素敵なチャイナに紅茶がたくさん出てきますけど。

コーヒー、昔は私もだめでした。小さい時UCCの缶コーヒーで気持ち悪くなって以来手を付けませんでしたが、最近はコーヒーをよく飲みますね。ダブルエスプレッソで頂きます。そしてアイリッシュから「よく飲むわ、そんなもん」と言われています。

日本はレモンティーかお砂糖だけが多いと思っていましたが、どうでしょうか?結構たっぷり牛乳を入れる人も多いのかしら?私はロイヤルミルクティーが大好きですね。あれは日本にしかないので必ず帰ると飲みます。

mamma-EIDさんへ

風邪は良くはなりましたが声があまり出ません。スノーマンの歌は歌えない状態です。

私も紅茶はストレートで、しぶ~いやつが好きですねえ。

日本ではやっぱり日本茶ですもんね。紅茶ってちょっとおしゃれなカフェで飲むものっていう感じが今でもしませんか?

イタリアはコーヒーが濃くてうまいですよね~。エスプレッソはイタリアがやっぱりうまいですね!イタリアに遊びに行ったときは一日に何杯も飲んでました。ちゃんとイタリアンコーヒーの作り方もイタリア人の友達の教えてもらったので、イタリア人に文句を言われずにコーヒーを淹れれるまでになりましたよ。


No title

おぉ‼︎
カイリーさんの淹れたコーヒー、是非飲みたいです!
そして、ロイヤルミルクティー・茶葉2倍、私も好きです。

日本では最近、家でお茶を淹れる家庭が減ったようで、あっ、でもペットボトル入りは人気の様ですが…、湯呑みのコーナーが縮小気味な気がします。

早く、スノーマンの歌、歌えるようになってね。
そちらでは、キンカンのど飴…無いよねぇ…どうぞお大事に!

mamma-EIDさんへ

コーヒーを淹れるといってもコーヒーパッドを買って機械に設置してスイッチポンです(笑)。

ロイヤルミルクティー。。。こちらでは茶葉と一緒にミルクを煮るという感覚はないようですね。どこに行ってもありませんから。

私は今回日本で大きな街にあるお茶屋さんにいって、そこで売っているお店のほうじ茶ボトルを買って飲んでいました。ここで買うと抹茶とお菓子が無料でもらえるんです!いくら買っても同じでしたので、ボトル一本買っただけなのに抹茶を飲んでいるのはちょっとずうずうしかったんですけどね。サービスがすばらしい!やっぱり日本やわ~と思いました。

スノーマン、歌えるまでに数日かかると思います。ご心配していただき、ありがとうございます。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.