ベイビー・シャワー(Baby shower)-前編-

Ah, For feck sake!!!

と思わず言ってしまった先日。アイリッシュの友達Jちゃんからテキストが来て、日曜日(先週)に現在妊娠中、出産予定日を2週間前に控えたAIちゃんのために自宅でベイビー・パーティーをするというのだ。

つまり、ベイビー・シャワー????


結局パーティーの前日土曜日に、"It's not an official baby shower but it kinda is...."

というテキストが来た。やっぱりベイビー・シャワーやんか。でも何したらええの?アイルランドではベイビーシャワーなんてほとんどしないよ、私の知る限り。

それに子供に関するプレゼント(たとえば服など)を子供が生まれる前にあげると不吉だから普通はあげないし。(Aちゃんいわく)その前に性別知らんわ。

ベイビーシャワーと言えばすぐSex and the cityのエピソードを思い浮かべる。大げさ、というイメージと独身には居心地が悪いというイメージがある。そして私の頭の中を3つのことが過ぎった。

1)退屈
だって、私のような40過ぎのもう子供作るチャンスが過ぎ去った女が妊婦さんや奥様達と一緒に子供の話やら赤ちゃんの話をしても退屈なのよ。だってわからないんだもの、子供産んだことも育てたこともないんだから。ようは会話に加われないんです。

2)めんどくさい

子供用またはAIちゃん用のプレゼント買わないかんわけですよ。でも性別不明。Jちゃんはおむつでもいいのよ、といってたけど、こんなん今から作れってか?無理無理!

BABY 1 
Diaper Cake.(おむつケーキ)(ネットより)

3)金がかかる
今回プレゼントを持って行っても、子供が生まれたらまたあげないといけないわけですよ。子供が生まれたら手ぶらでお祝いにはいけませんから。仲がいい友達だからいいとはいえ、二人目に2度もプレゼントをあげるのはどうなのか?AちゃんもRidiculousと言っていた。

だからFor feck sakeと言ったわけです。


そして日曜当日。。。Jちゃんのおうちのでかいキッチンでベイビー・シャワーは行われた。

IMG_2724.jpg
       あら?意外に地味。

IMG_2722.jpg
                 甘そうなケーキがいっぱい!ベーグルまである!


Jちゃん、かなり張り切ってると思っていたのでむちゃくちゃ派手にするかと思ったらそうでもなかったので一安心。しかもAIちゃん、みんなからプレゼントを申し訳なさそうにもらっていた。本人はどうも乗る気でなかったらしい。


総勢11人集まったベイビー・シャワー。


一人を除き何かしらAIちゃんに持ってきていた。ホストのJちゃんにも食べ物を差し入れるみんな。しかしすでにケーキやらたくさんテーブルに置かれていたため、みんなが持ってきたものはプロセッコ以外日の目をみることはなかった。

もう一人、現在妊娠5か月中のMちゃんもいた。彼女の時もまたベイビー・シャワーやるんかと思ったらちょっと気が遠くなった。


やはり妊婦生活や子供の話にどうしてもなる。まあパーティーの目的がそうですからね。話を聞いているとどうも友達の周りにもたくさん妊婦がいるらしい。去年11月出生率が下がったって聞いてたけどあれはうそか???

するとCちゃんがいやそうにこう言った。

「同僚(アイリッシュ女)なんて仕事が本当にいやで私の横でいつもは~は~(ため息よ)と言ってるのよね。」

「彼女今3人目の子を妊娠中なんだけど、去年二人目生んだばかり。子供は4ヶ月とかよ。会社休みたいからすぐ妊娠して産休取るのよ。


世の中、無謀な考えの人間がいるもんです。


そしてベイビー・シャワーはまだまだ続くのである。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.