Gくん・ダブリンで家探しの巻 (1)

みなさん、週末はいかがでしたか?

かなり忙しかった私の週末。息つく暇なしでした。たいしたニュースがなければそのことを今週は徐々にお伝えしたいと思います。


まずは土曜日のできごとから。

午前10時、行きつけの美容院へ。カットとブローで約25分で終了。その後オコンネルストリートへ。毎週土曜日必ず行くクレリーズへ行きお金を下ろしたついでにうろうろしたあげく、予定外であった洋服を2着を半額で購入。

その後、去年からちょくちょく行っているカフェ(ここはそのうちご紹介します)へお昼を食べに。そこで友達に手紙を書き、GPOへ行って郵送。その後ムーア・ストリートにあるドイツ系の安いスーパー、Lidl(リドル)へお気に入りのパンと猫ご飯を買いに。

用事完全終了午後1時過ぎ。こんなに効率よく回って用事を済ましたことはありませんでした。どうしたんだろう、私(笑)。


帰宅するためバスを待っていると赤いレインコートを着た人が歩いてくる。。。Aちゃんのお母さんBさんでした。

家が同じ方向なので一緒にバスに乗り、最近Bさんが自分の家が現在がたがきており、修理代が大変な話をしだした。そして話しついでにこう言った。

『今日G君は家を見に行くのよね?』

そうなんです。イタリア人G君、スペインはバルセロナに行って働きたいと言っていたのですが、スペインの不景気が重なり夢を断念せざるを得なかったのです。ダブリンに永住する決意を固めたらしい。


現在彼はアパートに一人暮らし。家賃を払うくらいなら自分の家を買いたい、その方がお得だと思ったようだ。

しかし先週も書いたようにダブリンの家の値段はじわじわ上がっている。

PROPERTY.jpg
                ね?(ネットより)

去年買っておけばよかったんですけどね。。。と這いえ、誰も100%家の値段が上がるという確信はなかったはず。仕方がないといえば仕方がないのだ。


とにかくこの日、うちの近くの家の見学予定が入っており、AちゃんがG君を連れて行くというので、帰宅後暇だった私は一緒にお邪魔することにしたのだ。


見学した家は275,000ユーロ。メインストリートからちょっと入り込んだ、いい感じの住宅街であった。

しかし家は見た目かなり小さい。家の前には駐車スペースしかない。裏庭も小さい。壁の色も地味、2階は3部屋別途ルームがあるがどれも小さめ。部屋の戸がかなり古い。バスルームもかなり小さい。かなりメインテナンスが要りそうだ。前に学生に貸していたのでは?という感じである。


G君は予算の都合ですぐに住める家を探しているらしい。しかしこれではリノベーション代がかなりかかってしまう。それに家が小さいし、すぐ隣の町が治安が悪いことで有名。その時点で彼の中では100%却下だったらしい。まあちょっと見に行ったという程度だったようだ。


その後、数件目星をつけている物件を見にドライブ。しかし目星をつけていないところでも素敵な住宅街が結構あるノースサイド。そういうところもAちゃんはG君のためにわざわざドライブして連れて行ってあげたのである。しかしG君はすぐ、

治安の悪い町のすぐ隣だからいや。

としてすぐ却下してしまうのである。


しかし現実ダブリンは治安が悪いことで有名な町と隣り合わせなことが多い。はっきりいってどこに行ってもガラの悪いやつが現れる、つまり逃げられないのだ。(とダブリナーたちも言っています)

それがいやならやはり郊外に出るしかないであろう。ダブリン市内で治安が悪い町と隣りあわせではない地域の家は値段がばか高く、お金もちにしか手が出せないということになってしまう。

予算上サウスサイドの家は手が出せないため、ノースサイドで探しているG君。でも、

ある程度は妥協せなあかんのっちゃう???


しかしまだ探し始めて日が浅いG君にいきなり言うのも意地悪なので黙っていた私。彼はそのうち現実を見、もっと学ぶであろう。

いいところ&家だな、と思ったところはやはりみんなもそう思うらしく家がすぐに売れてしまう現在。G君は果たして自分好みの、そして予算内で家が買えるのであろうか?またアップデートしたいと思います。


ちなみにえらそうにブログに書いていると思われるかもですが、ダブリンで、というかアイルランドで家を買う気が全くないので冷静に見ているだけです。

ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

生活と経済は一緒!

ティファニーさん、こんにちは。

アイルランドの経済も少し活性化して来ているのでしょうか? 因みに、そちらでREIT購入するには、どのような手続きとなるのでしょうか?。。。。。私は英語力が低いので、オンライン取引になると思われますが、やはり現地の情報は重要ですよネ。”CNBC”も専門ネタは早口すぎて殆ど聞き取れません(涙)

ティファニーさんの幅広い視点にワクワクしてます!

money@さんへ

経済が少し持ち直しては来ているようですが、いまだに会社が大量人為削減していますし、倒産も多いです。国は仕事をたくさん作ったと言っていますが、無くなる数もまだまだ多いので、完全に持ち直すにはもっと時間がかかるのではと個人的に思います。

REITの件ですが、私は投資は全くわかりません。お役に立てなくてすみません。他のアイルランドブロガーさんのほうが詳しいのではと思いますがいかがでしょう。

ネットにはここに上がっている証券会社が取り扱っているらしいので、メールで問い合わせてみてはいかがでしょうか。http://www.ise.ie/Learn-More-About/REITs/Stockbrokers_trading_REITs_in_Ireland_on_behalf_of_Retail_Investors_-_Contact_Information.html

親切なティファニーさん、大好きです!

ティファニーさん、早速にご案内して頂きありがとうございます。

とても嬉しく思いました。。。。やはり、ティファニーさんのこと大好きです。(私はストーカーではありません!心配しないでネ。)これからも楽しみにしております。
体調管理に気をつけて日々を謳歌致しましょう!!




money@さんへ

すみません、あんなリンクしか送れませんでした。
これからもこのブログをよろしくお願いします!分らないことは聞いてください。できるだけお答えします!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.