FC2ブログ

keep it realできるか、 アイルランド有名人の政界入り

2014.02.11.13:58

日本では珍しくもなんともない有名人の政界入り。

申し訳ないが、どれだけの有名人がちゃんと政治家になるための勉強をして政治家になろうと決め、出馬するのかいつも疑問に思う。勉強して真剣に取り組もうとしてるのなら応援しますけどね。

しかしただの政党の票集めで、政党に乗せられた有名人が何気に出馬しているといかにも分る場合があってうんざりする。

たぶん海外でしょっちゅう起こっているかどうか定かではないが、海外でもよくある有名人の政界入り。アイルランドもしかり。

昨日子の人が地方選挙に出馬すると発表したのです。

KENNY 1
オリンピック銀メダリストボクサー、Kenny Egan(ケニー・イーガン)。これからはKenneth(ケニース)と呼んでほしいらしい。(ネットより)


アイルランドでは知らない人はいない有名人スポーツ選手である。男前でもあるので女性から大変もてるらしい。

しかしもてたのは女性からだけではなかった。政党からももてたようです。

選挙に出るのはこの政党の下から、生まれ故郷Clondalkin (クロンダーキン)地域からの出馬らしい。

KENNY 2
             出た! Fine Gael!!! (ネットより)

エンダの党から出るんです。

これを受け、ネット上ではFine Gael(フィナ・ゲール)は人気ほしさのために彼に頼んだやら、金もらったから出てるとか、だからFine Gaelに投票したらだめだとか、farce(茶番)などとあまりいいことじゃないことを言われている。彼に投票するやつばバカとまで書いてあった。これまたはっきり言うねえ(笑)。


でもそう言われてしまうのも分るわよ。だって例えば政治家になりたくて最近一生懸命トリニティーで勉強してますとかなんとか全く聞かなかったもの。

こっそり勉強してたとも思えないもの。どうですか?知名度高いから当選するよ!といわれて出馬するって言っただけなんじゃないかとやっぱり思ってしまうもの。

それに悪いがやっぱりエンダの党Fine Gaelは票がほしいだけと即座に思ったしね。

KENNY 3
             「票がほちいんでちゅ。」なのか???(ネットより)


本人曰く、

“My motto is and always has been to ‘Keep it Real’ and I intend to follow this on my political journey”

と言っているらしいが。。。

それに若い人たちのドラッグや飲酒問題が大きいアイルランドで、地元の子たちにちゃんと教えたいらしいです。意外と子供たちは彼の言うことにはちゃんと耳を傾けるかもねえ。どこかのおばちゃんやおじちゃん政治家が言うよりも。

youth.jpg
                  ああ、Youth. (ネットより。イメージ)

私には市民権がないので選挙権もなければクロンダーキン地方にいないので関係ないところではあるが、当選するかどうか、興味はありますな。ここでは「がんばってください。」と言っておきましょう。

kenneth1.jpg
            地方選挙は5月23日の金曜日です。(ネットより)



ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



comment

Secret

アイルランドについて教えて頂けないでしょうか

2014.02.12.06:22

はじめまして

私、旅行と模型を趣味にしている「ばーちゃわーるど」と申します。

実はこの度、世界各国の方を想定した簡単な模型を製作したいと考えているのですが、
情報が少なくて困っております。

もしご存知でしたら次の点につきまして
ご教授いただけないでしょうか。

アイルランドの言葉で
ようこそ(WELCOME)は何と言うのが一番適切か?
(※出来れば現地の表記が知りたいです)

アイスランドの方が見て、母国を代表する模型だと
感じられる模型は何がふさわしいと思われるか?
※日本なら「富士山」「桜」「和食」「お城(姫路城?)」「スカイツリー?」等々


突然のお願いで大変恐縮ですが、
もしご存知でしたらお教え願えれば幸甚でございます。

何卒、よろしくお願い致します。

ばーちゃるわーるどさんへ

2014.02.12.14:02

ご質問にお答えしたいのですが、このコーナーに書くと大量になってしまいますので、申し訳ないのですが、t.kylieroi40s@gmail.comへメールをお送りください。メールで返答をさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.