スタンリー・トゥッチとふたりの大ばか者!?

今月13日からすでに始まっている、

IMG_2917.jpg
JDIFFこと、Jameson Dublin International Film Festival (ジェムソン・ダブリン・インターナショナル・フィルム・フェスティバル)。

この映画フェスティバルはダブリンの街中にある映画館数か所でたくさんの映画が放映されます。海外物もたくさん放映されるし、ハリウッドスターも来るので毎年楽しみにしているフェスティバルである。


しかし今年は「これが絶対見たい!」という映画がありませんでした。しかも大物ハリウッドスターも来ない。そのため何も見るつもりもなかったのですが、つい最近ハリウッド俳優のStanley Tucci(スタンリー・トゥッチ)がJDIFFのために2月15日にダブリンに来て一般公開インタビューをするとの発表がありました。

それを知った映画好きのアイリッシュの友達Tちゃんが「どうしても行きたい!」というので一枚7ユーロのチケットを購入し、二人で行ってまいりました。

正直私は彼がだれかピンと来ませんでしたが、ネットで調べて「ああ~この人か!」でした。約108本の映画やドラマに出演しているらしい。すごい数である。賞もたくさん取ったりノミネートもされている、演技が大変うまい俳優だ。http://www.imdb.com/name/nm0001804/?ref_=nv_sr_1



一般公開インタビューが行われた場所はこちら。

IMG_2985.jpg
Light House Cinema(ライト・ハウス・シネマ)。Market Square, Smithfield, Dublin 7。http://www.lighthousecinema.ie/


シネマの入口には。。。

IMG_2916.jpg
         スタンリー・トゥッチをお迎えする準備が。

私たちはここで彼が来るのを待つのをやめ、インタビューで前のほうの席に座りたいがためすぐさまインタビューが行われる劇場の方へ。並んで待つことにしました。


そして見事、一番前の列の席を確保!


IMG_2920.jpg
     おお~!!!こんなに近いと興奮するねえ~。


席について待こと約10分。彼が登場、インタビューが始まりました!

IMG_2924.jpg
                  おお~!こんなに近くでハリウッド俳優を見れるとは!

IMG_2928.jpg
           何回も目が合ったわ!!!



インタビューに答える彼は素晴らしかった。チャーミングだし、ジョークもちょくちょくはさんでおもしろい。ちゃんとスーツを着てはぐらかさずきちんとインタビューに答える彼は紳士であった。

奥さんと一緒に出版した料理本の話もしていた。ちなみに奥様も会場にいらしてました。一番前の列の席に座っておりました。

ライターでもあるしディレクターでもある彼。多才な方だ。しかしそれを自慢することは一度もなく、自然に語る彼。やはり本当に才能のある人というのは自分から自慢しないものである。

しかもここに来る前にダブリンの演劇学校に行き、学校に通う生徒たちにアドバイスをしたそうだ。なかなかそんなことをする俳優はいないであろう。


インタビューは彼が出演した映画の一部のクリップを上映しながら進められた。たぶん2,30分ほどのインビューだけで終わりと思っていた私であったが、私の予想をはるかに超え、1時間ほどインタビューが行われた。チケット代7ユーロはかなりお得であった。


じつは今回のイベントで気に入らなかったことがあった。上の写真でお気づきになった方も多いであろう。

彼女(インタビュアー)の服装。


インタビュアーの女性はこのフェスティバルの主催の人。前回もグレン・クロースがいらしたとき、インタビューしてたけど服装がラフだった。誰がゲストであろうが服装がいつもラフな可能性がある。


たぶん本人はクールに装っているつもりであろう。またはアイルランドという国は大物が来ても気取らないのよ、とでも言いたいのかもしれない。

しかしTちゃんも言っていたが、有名ハリウッド俳優がわざわざこんなヨーロッパの端くれの小さい国に長時間飛行機に乗って来てるのに普段着でインタビューするのは何事か!である。はっきり言って、俳優に

超失礼。


しかし失礼だったのは彼女だけではなかった。このアイルランド人俳優のほうがもっと失礼であった。

IMG_2946.jpg
  RTEドラマ、LOVE/HATEに出演、一躍地元で有名になったKillian Scot(キリアン・スコット)。Tommy役でお馴染み。

2007年から毎年JDIFFが選ぶTh Volta Award(Career achievement award)にスタンリー・トゥッチが今年選ばれたため、トロフィーを渡す役に抜擢されたのがキリアンであった。

しかし登場した彼は、

超普段着。


それだけではない。キリアンが椅子に座りたいと言い出し、座ることに。

IMG_2938.jpg

その後自分のことを話してばかり!ロンドンで演技を勉強したやら、いま撮影してるやら。。。その上何が言いたいのかさっぱり。

スタンリーの顔も「お前は何がいいたいんや?」という顔であったが、さすがにハリウッド俳優!仕方なく聞き、

「君もスーツを着てこれたのにね。」

と上手く彼の話に入り込みジョークを入れたのである。会場が笑いに湧いた。さすがスタンリー・トゥッチというところを見せてくれた。


緊張してキリアンが「何を話していいのやら状態」になっているのはわかった。しかしだ。今日の主役はスタンリー・トゥッチ。キリアン、あんたではない。そして彼の方がキャリア的にも一枚いや、千枚以上上の俳優である。

自分のことは棚の上の方に置いておき、どれだけスタンリーが映画業界に貢献してるか、素晴らしい俳優か、自分は彼のどの映画のどの役が好きだったか、どれだけいい演技をして自分も見習いたいとかなどという話をして「俳優という立場からの質問」を彼にしないといけないのではないかと思ったのである。そのほうが観客も聞きたいはず。


結局約10分ほど自分の話ばかりしたキリアン。


このGobshite。


Tちゃんは、同じアイルランド人として恥ずかしいとまで言った。もうLOVE/HATEは見ないかもしれません。


トータル1時間40分ほどの一般公開インタビューは終わった。終わった後ファンサービスまでしていたスタンリー・トゥッチ。

IMG_2952.jpg
          赤いコートの女性が奥様。イギリス人女優エミリー・ブラントの妹さんです。

昨日スタンリー・トゥッチはBAFTAでノミネート者を発表してましたね。こちらがやはりメインでアイルランドはついでだったのだろう。もしアイルランドにこのインタビューだけのために来てたら「来た損」になってたに違いない。


何だかJDIFFがいもくさい映画祭に見えて仕方がなかった土曜日であった。



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

顔の見えない俳優

こんにちは、ティファニーさん。
アイルランドの都市部の人々は、自意識の高い人が多いのかしら?・・・私は顔の見えない俳優(詐欺師)とコンタクトしていましたヨ~!・・・女の子の口説き方は上手いけど、演出が下手なので完結編まで達成できませんでした。しかし、そこがまたカワイイところですけど、、。

ところで、そちらではプリペイド式携帯電話の普及状況は如何でしょうか? 商業用のオンライン環境は率先している様子ですが、経済発展している国程、合理的なサービスが進行しておりますネ。  何故か興味深いダブリンの経済です。

ティファニーさんのブログが面白すぎて、アイルランド共和国が身近に感じてきます!!!

money@さんへ

アイルランドの都市の人は自意識が高い人が多いとはあまり思いませんが人によります。ちょっとローカルで有名になって自意識が高くなることはあると思います。基本アイルランド人は有名人になっても気取りませんよ。

こちらの人の携帯はプリペイドが多いのではと思います。短期間滞在する場合、わざわざビル(Bill)にする必要はないのと、日本のようにお安くないので、あまり使わない人にはプリペイドの方がお得だからだと思います。

私はいちいち店で20ユーロや10ユーロをトップアップするのが面倒なので(こちらでは10ユーロ分の使用量をお店に行き買い、登録して使います)かなり昔からビルです。

ブログをいつも読んでくださってありがとうございます!





No title

ティファニーさん、いつも親切な返答ありがとうございます。  
私は海外で生活する経験が無かったので、このように親切に対応して頂けるととても嬉しいです。これからも応援しておりますヨ~!! money@

money@さんへ

とんでもございません。こちらこそこのブログを読んでくださっているだけでも大感謝です。毎日アップする甲斐があるあるというものです。ありがとうございます!

スタンリー・トゥッチは名脇役ですよね。
結構な映画に出てるので、名前を知らなくても顔は知ってる方多そうです。イタリア系ニューヨーカーですかね、すっごくお洒落でステキです。生で見られたんですね!うらやま~

最近では「プラダを着た悪魔」で見ました。「Shall we dance?」のハリウッド版竹下直人が演ってた役も面白かったです。

Munchkinさんへ

生で見てきましたよ。本当におしゃれなんです。センスがいいのと、人がいいのがよく分りました。
たぶんダブリンに来て「田舎やなあ」と思ったに違いないですよ。

新しいところではハンガーゲームに出てるんですけど。。。見たことないです(汗)。『プラダを着た悪魔』も実は見たことがないんですが、彼が他の役者を完全に食っちゃってたとインタビューでいわれていました。(インタビューでクリップが流れました)ゲイの役どころをわざとらしく誇張しないで演じたそうです。さすがですね。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.