パンケーキ・チュースデーとファット・サースデー 2014

今年もやってきました。今日はパンケーキ・チュースデー(Pancake Tuesday)の日です。

仏教徒の私には全く関係がないのですが、便乗していただくパンケーキ。楽しみにしているんです。


しかしだ。


数年前のパンケーキ・チュースデーでは朝からキッチンのテーブルに置かれていたパンケーキ。今年は、

PANCAKE 2
               冷蔵庫の中。。。

テーブルに置かれていたのは、

PANCAKE 1
                   トッピングのみ。


朝から置いてしまうと朝ごはんとして食べるやつが続出し、すぐパンケーキがなくなるからだろうか。しかもパンケーキは安いやつ。数も24枚のみ。社員総勢22名。一人約1枚の計算だ。

この時期テスコではやりませんが、例えばダンズストアーの食料品売り場では(お店にもよりますが)目の前でパンケーキを焼いて売ってくれるんです。こっちの方がうまいんですが、そんなもの買ってたらお金が大変!なのか、安いやつ。去年もだったな、そういえば。これはあんまりおいしくないのよね。

昔は一人2枚は余裕であたるように買っていたパンケーキ。最近はそうでもない。不景気というより、人のことを気にせず大量に食うやつがいるんです。だからわざと大量に買わないようにしているようである。


アイルランドは今日がパンケーキ・チュースデーですが、先週の木曜日はポーランドのファット・チュースデー(Fat Tuesday)。パンケーキの代わりにドーナツを食べます。(去年もブログに書きました)


今年もポーランド人同僚のMちゃんが近くのダンズストアーで安売りしていたジャムドーナツ(ラズベリージャム入りでうまい。Cuisine de Franceの商品)を大量に買い、どうぞ食べてくださいとメールで知らせたのだ。

その10分後、「一個いただくか~!」とキッチンへ行ったら、

残り4個。

いつも20個ほど買っておいてあるドーナツが残り4個しかない!!!!今年はあまり買わなかったのかな、と思ったのです。残り少なかったのは食べつくされた後だったからということが後にわかりました。


ランチ後、Mちゃんはドーナツが足りないからと10個ほど追加したそうな。しかし、私がお昼3時にキッチンに行ったら、

残り1個。

いくら卑しい私とは言え、最後の一個に手をつけることに気が引けたのである。それにファット・チュースデー、私にはこれまた関係ない。私はただの便乗者ですから、所詮。


翌日の朝。。。

同僚のAさんとCさん(アイリッシュ)が前日のドーナツについて語っていた。話によるとどうも2名のポーランド人同僚が大量に食べていたらしいのである!

Savages!!!!

そのうちの一人はクリスマスパーティーでパイントでショットを頼んだジギー君。

やっぱりお前か!!!

彼はいつも健康に気を使い、私のように朝からパンとか食べてないんです。ちゃんとオーツ・ポレッジを食べる。パートナーは健康パンを焼いて会社で売っていたこともある。健康にいいからと特別な紅茶まで飲んでいた。

しかし同僚D君の話では、4本入りのキットカットなんて置いておいたら一人でどっさりもっていくらしいのである!嫁と息子の3人暮らしのジギー君。家計を助けるために、家に持ち帰っているのか????

真相はわかりません。しかし他の人のことも考えず大量に食べていることは確かなようだ。だから健康食品食べてるとはいえあんまり痩せてないのだとわかった。


そして今日のパンケーキ・チュースデー。そんなジギー君はお休み。お昼になってもまだあまっているパンケーキ。キッチンに来た同僚K君にもっと食べたら?あまってるよ!と言った。すると、

『俺はジギーじゃないよ。』


と一言い残し、キッチンを去った。

「僕はもう一枚いただくよ~。」と、キッチンにいたポーランド人マイク。そういえばこの人もファット・チュースデーでドーナツを一人で大量に食べた容疑者である。たぶんパンケーキをもう一枚どころじゃなく、少なくともあと2枚は食べるであろうと予想される。



ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.