The Best Selfie everとNorthsider嫌いの嫁

セント・パトリックデー・ウィークエンドはいかがお過ごしでしたでしょうか?

昨日のパディーズデーのパレードには500,000人の人が集まったそうですわ。世界に向け生中継もされてたらしいです。

雨も降らずでよかったですよ。ダブリンのパディーズデーは雨が降らないというジンクスがあるんですけどね。振っても小雨とか。

たぶん2000年か2001年のときですよ。暑くて半袖着てパレード見たわ~。今年はちょっと寒かったですね。

さて、明日ももう一つパディーズデー関係ネタを載せますが、今日のネタは他のブロガーさんたちがすでに書いているので「ティファニー、Sooo yesterday!」と思われると思いますが、私もちょっと触れておきます。


今年のアイルランド、セント・パトリックデー・ウィークエンドは幸せでした。


皆さんもうご存じのとおり、6 Nations ラグビーで見事アイルランドがグランドスラム!(つまり優勝!)

Rugby 5
                     おめでとう!(ネットより)


試合翌日日曜日、チームはすでにアイルランドへ帰国。

Rugby 3
           エスコートされる笑顔のブライアン(ネットより)


Rugby 4
    トロフィーも無事に帰国。キャプテン、ポール・オコンネル(右)と共に。(ネットより)


ブライアンがアイルランドチームに参加してから2度目のグランドスラムでした。そして引退の花を飾りましたね。よかったよかった。

私は結局家で一人で見ることにしたんですが、最初にフランスが3点ペナルティーポイントを入れらる始末!

私が見たら負ける!


と思い(大概負けるんですよ)、わざと見るのをやめ、全然関係のない音楽番組なんかを見てました。そしてちらちらとラグビーにチャンネルを戻すということを試合中やってました。

試合終了間際5分の時点で20-22でアイルランドがたった2点差のリード。ここでペナルティーあげてしまったら終わり!今度はドキドキしすぎて怖くて見れず。

結局試合が終わった直後に結果を見たという、最終的には全く見てない試合になってしまいましたが、私が見てなかったので勝てたわけですよ。

私がSacrificesしたおかげ。(いや、そんなことは全くない)


とにかくセントパトリックスデー・ウィークエンドでグランドスラムは素晴らしい!アイルランド人や地元住民は大喜びだったわけです。

そしてやはりこの写真がネットに出回りました。

Rugby 1
アカデミーに負けてないよ! (ネットより)


The Best Selfie Ever!
ではないでしょうか。


試合中、私は味ごはんを炊いていました。8年くらい前から使っている,アーゴス(Argos,カタログ販売会社)で買った原始的な炊飯器で。

日本の性能のいい炊飯器を使っている日本人のお友達が来たら絶対に見せられない代物。

rice 1
                   Scarlet!


最近じゃあおかまの形がおかしくなり、ふたもできない状態だったのです。でも炊けてたんで使ってたわけです。しかし、2か月ほど前から急に炊けなくなり、ふたに重石をしないと炊けなくなりました。

しかし土曜日、スイッチを入れてもすぐ保温になってしまい、炊けないため自分の指で炊飯スイッチを押しながら無理やり炊いたのです。

やはり芯が残り、レンジでチンして食べる始末!これはいかん!と日曜日の朝、ダブリンは北、ヘンリーストリートにあるDebenhams(デべネムズ)へ。

DEBENHAMS 1
                 イギリス系デパート。(ネットより)

この炊飯器を買いました。91ユーロ。ちょうど5ユーロ分のお金が私が持っている彼らのロイヤルカードにたまっていたので使用し、86ユーロで購入。スロークッキングもできる。デザートも作れる。

rice 2
           でも予算超大幅超え! 
 

これをレジに持っていくと、50代であろう係りのおば様が対応してくれた。

結局炊飯器の箱が大きく、袋に入らず、ひもでくくり、持ち運びができるようにしてくれたこのおば様。

そのうちラグビーの話になり、前日携帯のラジオでラグビーを聞いてたけど、途切れ途切れですべてが聞き取れない状態だったのだが、バスの運転手がラジオを同様聞いていたらしく聞けたし勝ってよかったと言って喜んでいた。

しかしやはり試合終了5分前は、

人生で一番長かった5分


と言っていた。そしてブライアンの話になり、彼はとてもいい人だと言い出した。


数年前、女性が下着売り場のレジをしていた時、ブライアンがお客として来て、パンツを買ったそうだ。彼が一言、

「これ、僕にフィットするといいんだけど。」
 
とおば様に言ったらしく、彼女はMortifiedだったらしい。「私が試着手伝いましょうか?」くらい言ったのかと思ったけどそれはなかったようだ。

おば様はブライアンはDown to earthだったとやたら褒めていた。


しかし私がブライアンの嫁、Amy Hubermanの話をしたんです。かわいらしいいい子だと思うと。すると女性がこういった。

I only have a little time for her.


あれ?えらくトーンが違うなあ。おば様いわく、嫁は

Northsider嫌い。

彼女のバイオグラフィーに書いてあったとか。もちろん彼女はSouthsider。オコンネルブリッジを渡りたくないというサウスサイダーの人はたくさんいるので驚きはしないが、よく考えたら彼女の言っていることはおかしい。

だって、肝心の旦那、ブライアンはクロ ンターフ出身の

生粋Northsider。


バイオグラフィーはブライアンに会う前に書いたものかもしれないが、もしかしてブライアンはNorthsiderだけど、両親が医者だからOKってことか???世界的にも有名なラグビー選手だからOKってことか?

嫁はもしかして、Hypocrite???

おば様も私もNorthsiders。しかもおば様の生まれはUK。私は日本。ただのNorthside住民なだけ。でもなんだかこの話を聞いて気分が悪くなった。先日せっかくブログに子供との写真載せたのに。なんだかなあ。


彼女が出演している映画、The Stag。現在公開中なんです。見に行こうかと思っていましたが、ダブリンNorthsiderとしてちょっと考え直します。

The stag1
面白いと評判。ロンドン・プレミアもやりましたが。。。(ネットより)



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

残念ながらイングランドに負けてたからグランドスラムではないですね。でも優勝よかった!

32さんへ

いいんです!イギリスに負けても優勝したので!立派なグランドスラムだと私は思っています。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.