カフェ、ブラザー・ハバード(Brother Hubberd)

いつも時事ネタを優先にブログに上げる為、食べ物ネタがたまりにたまっております。まだビヨンセが行ったレストランも載せてないし。

ということで今日からちょくちょく食べ物ネタを挟んでいく予定ですのでよろしくお願いします。

今日は某アイルランドガイドブックにも載っているこちらのカフェ。

BROTHER 8
Brother Hubberd.(ブラザー・ハバード)

BROTHER 10
     153 Capel Street, Dublin 1


言い訳やん~と思われるかも知れませんが、ガイドブックに載ったから行ったわけではなく、載る前からここは地元では有名だったため知っておりましたし行ってました。

「ここは私だけの場所」

としていましたので、すぐブログに載せることを控えていたわけです。ここへ来たら私がいたりしますから(笑)。


まあまあそれは置いておくとして、ではここがなぜ有名なのか?もちろん食べ物がうまいんです。当たり前よ。

それだけではなく、コーヒーは地元でおいしいといわれている有名店3feのものを使用。紅茶はこれまた有名店Wall & Keoghのものを使用しているためうまい。しかしそれとは別にこのカフェが有名な理由は、

冷蔵庫がない。


つまり食べ物の冷蔵保存をしないため、お店で作ったスコーンやら売れ残ったものを翌日に持ち越すことはありませんし、料理の材料もその日仕入れてその日に使うのです。しかも仕入先は地元で採れたものをできるだけ使っています。

そしてお店で出される食べ物はすべて、

お店の手作り。


よくあるカフェのパターンとして、サンドイッチなどはお店で作るけど、スコーンやペーストリーは他から買い、店に並べるんです。そのため手作り感に欠けるのだ。

しかしここのは違うのである!


BROTHER 5    
左のは食べたことがないので何かわかりませんが、右のはいろんな種が入って板状になってるもの。結構おいしいですよ。
                 
BROTHER 4
        シナモンロール。食べたことないわ、そういえば。

だっていつも買うのはきまって、

BROTHER 3
             スコーン!


いつもプレーンのを買います。2ユーロ30でしたか。ちょっと高いんです。でも高くても買いたくなるんです。だってうまいんですもの。たぶん今まで食べた中で一番自分好みのスコーンがここのもの。このスコーンの上には砂糖がかかってます。これがアクセントになってうまいのだ。

テークアウェーにすると、ちゃんとバターも付いてくるんですが、このバターが素晴らしい。

オレンジ入り!


果汁と果肉が少し入ってるんですが、これがバターとむちゃくちゃ合うのだ!このバターをたっぷり塗ってプレーンのスコーンを食べる。これがめちゃくちゃうまいんです!大概カフェにおいてある安いバターを塗るのとはわけが違う!

BROTHER 9
    オレンジ入りのバターはここだけ。(私の知る限り)

スコーンはその日に食べてしまいましょう。次の日になると味が落ちます。ここのスコーンは新鮮さが命です。

手作りドリンクも売ってますよ。

BROTHER 6
                 おいしそうだ~。


お店は小さく長細い。そしていつも人でごった返し!なかなか席に座れないので、早めに行くか遅めに行くかにしないと1時や2時のお昼時にはなかなか座れません。

BROTHER 7
                 いつも人でごったがえす店内。


奥は庭になりますが、ここでも座って食べれます。しかし6人テーブルなので一人でここへ座ると相席を余儀なくされます。混んでるから仕方ないのです。

IMG_4019.jpg
             右の白い壁のところがキッチン。


そしてこの庭の奥にはこれがあることでもこのお店は大変有名なのです。

IMG_4021.jpg
             ハーブガーデン!

IMG_4022.jpg
         小さいガーデンですが、ハーブ育ててます。


初めてここで一人で食べた時、キッチンからシェフが出てきて、ここのハーブを取り、キッチンへ持ち帰えるのを見てちょっとびっくり!ここで育てたものもそのまま料理に使うようです。そりゃ新鮮だわ。


私のお気に入りはこちら。

IMG_4025.jpg
ローストビーフ・サンボ。チキンもありますがこちらの方が断然うまいです。サラダはメニューに載っている3つのうちの一つから選びます。(週よって代わるようです)

ブランチメニューのこちらもいい味!家で似たようなのを自分で作ったのですがまずかった~。ここへ来て食べるのが正解だ。

BROTHER 1
モロカン(Moroccan)スペシャル。ヒヨコマメとなすがちょっとスパイシーなトマトソースで煮てあります。上に乗っているのはポーチドエッグ。下はパン。


ちょっと値段は高めなんです。人でごったがえすので長居はできません。しかし食べ物はうまい。カフェでこれだけの味のものが出せる彼らはすばらしいと思います。

サービスもいいんですよ。一人超男前のウェイターがいますしねえ~。それだけでもおいしいですわここは(笑)。


人気が高じてか、去年の3月号のジェイミー・オリバーの出している料理雑誌にも載ったそうです。

BROTHER 1 
                 すばらしい。(ネットより)

このお二人が実はオーナーさん。左はジェームス(James)さんでフロアーにいます。右はギャレット(Garret)さんで普段キッチンにいます。

お二人はオーストラリアにいたとき、オーストラリアのカフェ文化に触れ、ダブリンでカフェをオープンすることを考えたそうです。いろんな国に旅して食べ物を勉強したそうですよ。だからメニューも他のカフェとちょっと違うのである。(下のリンクでお確かめください)
   

前は日曜休みだったのに、最近では7days a weekになり、しかもお店の横の空きになっていた店舗を購入し、現在お店を広げる工事をしているブラザー・ハバード。人気がある証拠です。

しかしカフェが大きくなると味やサービスが落ちたりするんでそれが心配な私。ぜひそういうことだけは起こらないでほしいと願うばかりです。 

    
まだ行った事がない方はお店が大きくなる前にぜひ一度足を運んでみて下さい。


BROTHER 2
     テーブルに置かれているこちらも素敵。リサイクル缶使用。エコですな~エコ!

IMG_4027.jpg
 ジェームスさんに日本人であることを告げた話を聞いていたらしい男性は写真を撮っている私にピースサインしてくれました(笑)。

http://brotherhubbard.ie/

   
それでは皆さん、良い週末を!月曜日にお会いしましょう。

               
ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

美味しそう!

写真みただけでも美味しそうですね。スコーンも。食べに行って見たい^_^

Rikorinさんへ

美味しいんですよ~。上海でスコーンを売っているところを見つけるのはむつかしいでしょうか?

No title

いいな〜!美味しそうですね。これみて、今日は、近くのお店でスコーンを買っちゃいました(笑

はがねさんへ

日本でも美味しいスコーンが手に入るのでしょうか?イメージがないんですが。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.