母の日のプレゼントは「Doppio Zero」のランチ

アイルランドの母の日は昨日でした。

お蔭で各デパートではバーゲンも行われておりましたし、チョコレート(イースターが近いというのが最大の理由であるが)や花が一杯売りに出ていました。

zero 10
テスコにて。花だらけ!


自分の本当の母親には何もしない癖に、アイリッシュ母のBさん(Aちゃん母)には何かする。嫌な娘です。

Bさんには大概花をあげたりするんですが、今回は一日早いが土曜日にお昼をごちそうしようと決めました。


何が食べたいか聞いても何でもいいと言われ、挙句の果てにUp to youと言われてしまった私。「何でもいい。」「あなた次第。」という答えが一番困る。

アジア系がだめなBさん。私が寿司が食べたいからと日本食レストランへ連れて行っても食べるものなし。ということでやはりBさんが好きな料理を食べていただかないといけません。Bさんの好きな料理。。。それは私と同じく、

イタリア料理


イタリア人生徒が過去にたくさん来てはうまいイタリア料理を振る舞うので、彼女も私同様イタリア料理に関しては舌が肥えている。美味しいと言われるところでないとお連れできないのである。


最近私が通っているあるところが南にあるのですが(こちらは近くにご紹介します)、「サウスサイドは外国」というBさん、あまりオコンネルストリートを超えたがらないので、こちらのノースサイドのイタリア料理屋へ連れていくことにしました。

私も実はここへ行ったことがなかったのです。まだあまり知られてません。しかし前から気になっていたのでこれはいい機会!ついでにイタリア人の友達ANさんも誘い3人でこちらへ伺いました。


DOPPIO 2
           Doppio Zero。(ドッピョ・ゼロ)4-4A Upper Abby Street, Dublin 1。(ネットより)


DOPPIO 1
             お店のサインはこちら。(ネットより)


店内。入口を入る。こんな感じになっています。テークアウェーできます。

zero 11
                (ネットより)

お店は長方形だ。

zero 6
             店内右奥。左手がキッチン。右手がテーブル。
             
zero 7
          テーブルからの一枚。

テーブル側のウィンドウが大きいため店内がかなり明るい。ルアスがお店の前を通っているのでルアスから丸見えではありますが、ウィンドーに背を向けて座るため何を食べているかは見えません。  

この日お店で働いている人はすべてイタリア人でした。お店自体は普通のカフェの雰囲気ですが、働いている人たちがイタリア人だと一気にAuthenticになる。

いつも思うが、なぜか日本人が日本食レストランをオープンすることも少なければ働いていることも少ない。やはり日本人が全員働いていた方がAuthenticでいいよなあと。。。


さてさて、肝心の食べ物いきましょう。


パスタ好きBさんは今日のおすすめパスタをオーダー。タリアテッレ(生エッグパスタ使用)、アーティチョークとホワイトソースを。お勧めは日替わりします。

zero 1
     一口もらいました。アルデンテでしたがもうちょっと煮てあった方が私好み。でも美味かった。


zero 2
 ANさんオーダー、マルゲリータ。バジルが一枚しか乗っていなかったので5枚ほどお願いして追加してもらってました。
こちらは大きいサイズで13ユーロほどしてました。

zero 3
こちらは私オーダーのナスが載ったピザ。小さいサイズで9ユーロ90。大きいサイズにしておけばよかったと後悔。


ピザ生地は薄目。気持ちピザが脂っこかった。パスタも下の方に油が残ってたらしいのですが、美味しいにかわりはありませんでした。イタリア人ANちゃんも美味いと言っていたので合格である。

でも彼女の中では「ダブリン一美味いピザ」ではなかったらしい。彼女が言っていた「ダブリン一番うまいピザの店」は最近潰れたけどねえ。とにかくイタリア人はたとえ美味くてもとにかく文句を言うので適当に聞き流しましょう。


BさんもANさんもダイエット中なのでデザートは取らず、コーヒーでお終い。次回はデザートもぜひ食べてみたいと思う。

zero 5
           私オーダーのアメリカーノ。まあまあでした。


そしてお金を払い終わった後、お口直しにこちらが付いてきました。

zero 4
                イタリアンチョコだ!

お口直しは付いてこないか、ミント味のまずい飴が出てくるのが普通なので、(イタリアンレストランWallesの飴は味がいろいろでおいしいが)チョコレートが出てきてびっくり。そしてなぜか得した気分になりました。(こんなことで得した気分になっている私の生活模様が丸見えですが。)


Doppio Zero,いいんじゃないですか?超お気に入りになるかどうかはパニーノも食べてみないと決められませんが、美味しいレストランが少ないノースサイドに美味しいイタリアンが加わったという事実だけで私はうれしいです。


母の日のおいしいランチ。来年から恒例にしようと思います。しかし日本の母にも何かしないとバチが当たりますなあ。



ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

一口にイタリアンと言っても、地域によって様々なのがイタリア。
いろいろ試して楽しんじゃいましょ( ^ ^ )/

お母様には、
「元気で暮らしてるのが何よりのプレゼント」
一言「元気にやっとるで〜‼︎」
で充分母は喜びますよ^_^/

こんにちわ

現在ワーホリビザでダブリンに滞在しています。
イタリアンおいしそうですね~‼行きたい‼
いつもカフェやパブの記事はいつもブログ参考にさせてもらっています!
無職なので頻繁には行けませんが…(笑)


突然ですが、質問があってコメント送らせて頂きました。

実は今気になってる人がいて、その人を誘って出かけたいなと思ってるのですが、
どこに行けばいいかアドバイスください!
ちなみに気になってる彼は年下のスペイン人です。

私の想像していたスペイン人=情熱的?という感じではなく、
どちらかと言えば、真面目で大騒ぎはしない感じです。

二人で公園・・・という雰囲気ではないです。私の英語はダメダメです・・・
そこで考えたのが、「ライブ演奏のあるパブ」か「スポーツ的なことができるところ」例えばボーリングとか・・・
なのですが、そんな場所ダブリンにありますか?
パブにするのが無難でしょうか???

もしお時間があれば返信いただけると嬉しいです。

mamma-EIDさんへ

そうなんですよね。自分の地域が一番ですから文句言う言う!言う割にまたその店へ行って食べるんですよ。わけわかりませんわ(笑)。

母には毎週電話するんですがそれだけですからねえ。「なんや、あんたか」とたまに電話すると言われます。

ゆこさんへ

コメント、そして読んでくださってありがとうございます。食べ物系を載せるのが少ないのであまりためにはなってないと思うのですが。。。すみません。

ダブリン生活楽しんでいるようですね!

デートと言えばこちらではやはりパブへ行くことが多いです。公園というのはあまりないですね。寒いしすぐ雨が降るからかもしれません。

映画に行くのも多いですね。映画に行ってそれからカフェに行ってお茶しながら話すというパターンです。

ボーリング場は町の中心にはありません。郊外になります。スポーツができるところというのは実はあまりないので、やはりパブか映画が無難ではないでしょうか?

パブもいろいろですが、あまりうるさいところへ行ってしまうと話しづらいので、バンド演奏がバンバンです!みたいなところはちょっと避けた方がいいかもしれませんね。

なんて偉そうなこと言ってますがいまだ独身なんで私のアドバイスなどあまりためにならないかもしれません。すみません!

頑張って彼を誘ってください!きっと喜びますよ。

No title

お返事ありがとうございます!
カテゴリ別に検索して参考にしてます‼

映画いいですね!英語の勉強にもなりますし。
そしてやはりパブが無難ですね。
ちょっと探してみます!

実は結構私の方が年上なので、
誘って喜ぶかどうかはわかりませんが、
自分が動かないと進まない感じなので
ちょっと頑張ってみます(*^^*)
ありがとうございます♪

ゆこさんへ

いえいえこちらこそ。

スペイン人って年上とか気にしませんよ。アジア人、そして東ヨーロッパの人はかなり年を気にしますけどね!
なので安心してください。

うまく行くことを願っています。

No title

年齢は気にしないんですね。
ちょっと勇気が出てきました!
ティファニーさんいろいろな国の方と交流あるから説得力あります!
ありがとうございます!!

ゆこさんへ

そうですよ。なので堂々と誘えばいいと思いますよ!

うまくいくといいですね!

日本とアイルランドの母の日は別日で困ります~。一緒だったら忘れないのに!

日本の母の日にカード送ってもそちらは3月だから「遅いわ!」だし、そちらに居ると「日本の母の日?いつだっけ?」ですよね、きっと。でも、忘れた時の言い訳になるから別日でイイかも。。。

記念日と関係なく頻繁に声を聞いてあげるのが一番嬉しいでしょうね。ティファニーさんを見習わないといけません。

munchkinさんへ

確かに、なぜ母の日が日本と違うのでしょうか。一緒にしてもらった方が確かに助かりますよ。日本の母の日全く知りませんしね。ちゃんと調べておけよ!と怒られそうですが!

確かに、頻繁に声をかけてあげるのが一番!おっしゃる通りです。本物の母ではないですが、もうちょっとBさんをランチに誘おうと思っています。

そういえば旦那様のお母様無事旅立たれましたね。とてもうれしかったと思いますよ、日本滞在!

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.