ジーロ・デ・イルランダの方が。。。?

今月来るんですよ、ジーロ・デ・イタリア(Giro d'Italia)がアイルランドに。

giro 4 (ネットより)

レース自体は5月9日から21日まで行われます。ジーロ・デ・イタリアですよ!イタリア!なのになぜかアイルランドにも来るんです、5月9日から11日まで。

giro 5 (ネットより)
                        ね?

今年のルートのスタート(Stage 1)はベルファスト。ティーム・タイム・トライアル。9日、タニック・クウォ-ターからスタートして、ベルファストのシティー・ホールがフィニッシュ地点。21.7KM走行。


10日のStage 2はロードレース。タイタニック・クウォーターからスタートしてジャイアンツコーズウェールートを走り、ベルファストのシティー・ホールがフィニッシュ地点。218KM走行。

11日のStage 3もロードレース。アマー(Armagh)をスタートしてダブリンのシティーセンターがフィニッシュ地点。187KM走行。

12日はダブリンを旅立ちイタリア、ジオヴィナッツォへ移動し、イタリアを北へレースをします。そしてトリエステでピンクのジャージをもらう優勝者が決まるわけです。

アイルランド人も優勝したことがあります。1987年にStephen Roche(スティーブン・ローチェ)が優勝してます。今年のセントパトリックスデーのダブリンパレードでオープンカーに乗って手を振っていた人ですよ。息子さんもサイクリストでお父さんほどすごくはないらしいですが、なかなかいい成績を収めているようです。


ということで、盛り上がってはいますが、アイルランド(南)より北アイルランドをたくさん走るんで北のほうが盛り上がっている感じがします。ツーリストで使っているベルファストのマークもピンクになってるし、2か月に一度発行されるシティーガイドにもピンク色の記事が載ってました。

しかもあの大人気のドラマ(日本では人気ないみたいですが)ゲーム・オブ・スローンズの撮影場所を何か所か走るそうなんですよ。サイクリングしながら有名な撮影場所を訪れるわけです。それも盛り上がっている要因の一つだと思われます。

giro 1
             Metroheraldにも載りました。

アップでどうぞ。

Giro 2
                   なるほど~。


そこでイタリア人の友達ANさん。イースターサンデーの食事会で一言。

なぜGiro d'Italiaがアイルランドに来るの?

イタリアとなっているのだからイタリアだけでやるべきであって、なぜわざわざアイルランドに来てレースするのか?だったら名前をGiro d'Irlandaにした方がいいとまで言って怒り気味であった。

Tour de Franceがイギリスに来るのと同じくおかしい。なぜフランスだけでやらないのか?なぜわざわざ他国に行くのか意味がわからないと言う。

まさにその通り。


世の中訳の分からないことがまだまだありますねえ。


そんな中、懸念されていることがひとつあるんです。これなんですよ。

GIRO 1
                  問題!

つまり、選挙ポスターが問題なんですよ。

地方選挙が5月23日なのでそれに向けて選挙活動が始まったんですが、街中にあるポールにはポスターが貼られまくりなんです。

政治家のどアップのポスターだらけな現在。アイルランドのコースのポールにはポスターが貼られまくり、外観を損ねてるというんです。

せっかく海外からたくさんの人が訪れるのにこのポスターはないやろうと。いっそのことコースに選挙ポスターを貼るのを禁止したらどうかなんて話も出ているのです。


まさにその通り。


禁止にしましょうよ、コースだけでも。というかその前にジーロ・デ・イタリアがどうのというより、この国は選挙ポスターをあちこちに貼りすぎやと思うわ。


ジーロ・デ・イタリアの詳しい情報はこちらから。

http://www.girostart2014.com/
http://www.discovernorthernireland.com/Giro2014/?gclid=CLeDwqnM-70CFQGJ2wodFW4Aqg
http://www.steephill.tv/giro-d-italia/

それでは皆さんよい週末を!月曜日にお会いしましょう。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.