誕生日ランチはCaffe Italiano(カフェ・イタリア―の)で-後編-

Aちゃんも来たことがなかったし、存在さえ全く知らなかったCaffe Italiano。

椅子に座って数分後、カフェの雰囲気が好きじゃないとネガティブなことを言いだすAちゃん。イタリアにはこういうところがあると言い、雰囲気はいいとポジティブなことを言いだすANさん。対照的であった。

午後1時過ぎだったため、ランチメニューが出された。何を食べたらいいのかわからないと二人。ANさん、気難しい顔でメニューを眺める。そして一言。


「この2軒隣にもイタリアンレストランがあるのをさっき発見したわ。」

???

何気なく私に食べるもんがないからここは嫌と言ってるのか???(爆)あ~出たよ、イタリア人!彼女はミラノ郊外出身だから「こんなメニューはおかしい。」とAL君同様思ったに違いない(笑)本当、イタリア人は気難しいわ(笑)。


なんだかんだ言いながら、スターターとしてこちらをANさんが選んだ。3人で分けることに。

CAFE 10
          Tagliere misto all'italiana。サラミや生ハムとチーズの盛り合わせ。

チーズはいまいちだったのが残念。生ハムだけでよかったかも。でも付け合わせのオリーブはちゃんと種が抜いてあったし、強すぎない味で美味しかった。

そしてもう一つの付け合わせのカラメライズされたレッドオニオンが特にうまかった。バーガーと一緒に食べたいとAちゃん。オリーブの上に乗っている白いのはアーティチョーク。イタリア人はよく食べるけど私はあまりファンではありません。


せっかく頼んだのですが、Aちゃんは出されたパンとオーダーしたセットメニューのスープを食べていたのでお腹がいっぱいすぎといいあまり手を付けず。ANさんはあまり食べ過ぎないようにしているので控えめ。お蔭で私がたくさんいただく羽目に。またコレステロール値が上がったな。。。


Aちゃんが食べていたスープはこちら。
CAFE 11
                 レンズ豆のスープ。

これがイタリアンなのか何なのかよくわかりませんでしたが、このスープは大当り。味見をして上手いと言った私たちに、「Hands off my soup!」とAちゃん。


そしてメイン。

CAFE 15
                 Aちゃんオーダー。スパイシートマトソースで。

CAFE 14
                ANさんオーダー、カネッロー二。

CAFE 16
               イタリアンソーセージ入りトマトソースで。

パスタは両方美味しいんですが、イタリアンソーセージは油っぽいので好き嫌いに分かれるかも。私はカルボナーラのほうがうまいと思いました。

問題はカネッロー二。これで8ユーロ50。味はいいんですが、これでは量が少なすぎです。お腹減りまくりますよ、後で。しかもベシャメルソースで作るのが普通なのにリコッタチーズだとANちゃん。でも私はリコッタ―チーズで作る方が普通なんじゃ???と思いましたが、イタリア人以外の者がイタリア人にイタリア料理について○○は○○だなどと言ってはいけないことをわかっているのでぐっと口を閉じました(笑)。


その後はデザート。お腹が一杯だったのでデザートを食べるのを拒否したAちゃん。ANちゃんと私でシェアすることに。カンノーリが嫌いだとANちゃんが言うので、こちらを頂くことに。

CAFE 17
               リコッタと洋ナシのケーキ。

リコッタと言ったので、くどくて重いんじゃないかと思ったのですが、お店の人に意外と軽いよ、と言われオーダー。これは大当り!これだけで食べても美味しいし、付け合わせのラズベリーのソースを付けて頂いても美味しく頂けました。



実はお馴染みイタリア人G君(サルデーニャ人)も誘ったんですが、昼は行けないと断られたんです。どうせ家で彼女といちゃついていたのであろう。そこで参加できなかったことを悔やんでいただくため、オーダーしたサルデーニャの赤ワインの空ボトルの写真を送り付けてやりました。

CAFE 12
             意地悪なのはわかっています。


ガンガン3人で喋った後は濃いコーヒーで仕上げ、お店を出ました。おごってくれたANちゃんに感謝!前日で歩いてお金がないのに来てくれたAちゃんにも感謝!Low keyで過ごすはずの誕生日はかなり忙しく、楽しい誕生日となりました。

Caffe Italiano(カフェ・イタリア―ノ)、また行きます。今度はカルボナーラかパニーノのをオーダーするわ。https://www.facebook.com/italianocaffe



ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.