男性の間で。。。ひげブーム来る!

今アイルランドの男性の間で現在ひげが流行っているそうな。

Conchita 1
コンチータさんもひげで有名。(ネットより)


先日RTEの番組でThe Takeoverというのがやっていたんです。ビジネスにちょっと行き詰っている会社のオーナーが2週間ビジネスを従業員に託すんです。そして彼らにアイデアを出してもらい、営業をしてもらうわけです。いいアイディアならオーナーがそのまま採用しますが、採用しないこともあります。

それに出ていたのがウェストモーランド・ストリート(Westmoreland Street、Dublin2)にある床屋さん。

WALDORF 1
               Waldorf barbershop。(ワルドフ・バーバーショップ)http://waldorfbarbers.com/


84年も営業を続けている老舗です。

RTEのThe Takeoverに出演したとき、この番組で実は最近男性の間でひげが実は流行っていると言っていたんです。

ひげと一言に言いますが、実はいろいろスタイルというものがあるんだそうです。

WALDORF 2
               お店の看板でも宣伝!

そういわれれば。。。ダブリンの街を歩いていると、ひげを生やした男性を結構見かけます。

パブへ行っても同じ。見渡すとかなりの数の男性がひげを生やしているんです。今度行ったときにはひげ男数を数えてみようと思います。


日本では男性はどちらかというと細くて、髪の毛がちょっと長めで、つるっとした顔の人、つまりひげ無しのほうがモテるじゃないですか?英語でいうメトロセクシャルですわ。ひげがある若い子ってほとんど見かけないですよね。日本では、

ひげ=おやじ

なのかも。。。でもこちらはやはり男性はちょっとマッチョな方がモテる。マッチョな人がちょっとひげを生やしていると男らしく見えるしかっこいいわけですよ。そしてモテる。若い人でも生やしている人が多い。だからアジア人の男性はアイルランドへ来てもモテないのです。実は私もマッチョな男性のほうが断然好きですね。


Aちゃんの弟B君も最近ひげを生やしたらしく、似合うとAちゃんが褒めたばかりだそうだ。そこへもってコンチータさんもひげでしょ?(上の写真参照)絶対、


ひげブーム到来!


           
アイルランドだけでなくもしかしてヨーロッパではひげが流行っているのかもしれない。UKはアイルランドと同じだと思う。


アイルランドの街を歩くとき、歩いている男性の顔にちょっと注目してみてください。いろんなひげスタイルが見られて意外と面白いですよ。

CONCHITA.jpg
            ハムにもひげが!(ネットより)


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ティファニーさん、こんにちは。
コンチータさんを初めて見たときには「なんて斬新で素敵なの!!」っと感動してしまいました!(笑)
最近の日本男子は流行りに敏感で、若い男性からシニアまで髭を生やしている男性が増えました。 但し、オシャレに決まっている人とクマおやじタイプと極端な出来上がりで髭のセンスが問われるところです。。。(-ω-)
日本人では三輪明宏がコンチータさんに対抗出来そうな気が致します、、、(私の個人的見解です)

私も髭のあるマッチョ系の男性が好きです~♡♡♡
アイルランド訪問に新たに「ヒゲ観光」が追加でき楽しみです。
写真のConchita Wurst はどんな風味なのか興味がありますネ。ティファニーさんは食べてみましたか?

money@さんへ

最近日本でもひげが流行りだしたのですね!それは知りませんでした。情報ありがとうございます。日本帰国時にじっくり見てみます。

そうですね、ただ単に生やしているのとおしゃれとは違いますよね(笑)。

アイルランドにいらしたら、きっと男性観賞観光、楽しめると思います。ただ、アイルランド人男でも30代後半に入るとちょっとお腹が出てきたついでに、シャツも出てる可能性があるのでがっかりするかもしれませんので、見てもあまりがっかりしないように!!!(笑)

写真のハムはたぶんオーストリアの物で、FBからひろったものです。こちらでは残念ながら売っていません(汗)。

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.