男サンドイッチならここ!147Deli

今日は話題をきっぱり変えて、食べ物いっておきましょうかね。

最近ネットで美味い!と評判のお店があります。ここです。

147 3
            147Deli。147 Parnell Street Dublin 1。

Parnell Street(パーネルストリート)と言えば周りにかなりの数の中華料理屋が並び、ダブリンのチャイナ・タウンになっているいるところである。

このデリはオコンネルストリートを北へ行き、突き当りを右へ曲がった方のパーネルストリートにあります。

この通りにあった、ブログでもご紹介した日本食レストランみつばは潰れてしまいもうありませんが、同じ通りにいつもレストランブックに載る韓国料理のKIMUCHI、その隣にはベトナム料理のお店もあり、チャイナタウンという言い方がふさわしいかどうかは疑問ではありますな。

昔のパーネルストリート、汚くてひどかったんですよね。。。もう今はありませんが、この通りにあったパブでは人が撃たれて殺されたってところがありましたなあ。歩くのちょっと怖かったし。でも中華料理屋ができ始めてこの通りは綺麗になったんですよね。


さて、そんな中にぽつんとあるデリ。ちょっと違和感があるんですけど、美味しいっていうんで行ってみることに。

お店に入って左手側がカウンター。ここで頼みます。

147 6
 写真がボケてます。ごめんなさい!

店内客席。

147 7
お店自体は大きくありませんので奥様のおしゃべりの場としては不向き。

147 4
一人の場合はカウンター席がいいかしら?

壁の絵ですが、実はダブリン、リフィー川沿いの地図が描かれています。

147 8
 カウンター席に座ったら見てみてください。


サンドイッチはカウンターで作っています。黒板にはこの日のスペシャルメニューといつもあるメニューが載っています。スペシャルメニューは早く行って買わないと売り切れていることもありますので要注意。

よく見ると奥の方に作ってすでに置いてあるサンドイッチがあります。こちらはメニューにあるThe BBQ Porkというもの。ローストされた豚の肩肉を裂いてバーガーくらいの大きさのパンに挟んであるものなんです。

残念ながら写真が取れませんでしたが、肉の量が半端でない!これはムリやな、と思い代わりにメニューからThe Cheese & Meatball Subというのをオーダー。 

147 5
                じゃじゃ~ん!6ユーロ50セント也。

写真ではわかりませんが実際に見ると結構でかい。黒いプラスチックのトレーに白い紙を引き、その上にこのように載せられて出てきました。SUBの隣には少しロケットサラダも乗ってきます。このサラダが結構いい味付いてます。お味の方は?

う~ん、美味い!

ここのサンドイッチはすべてオーブンで焼いてから出て来るのでパン自体も結構アツアツ。いいトマト味で似たミートボールが挟まれており、これはかなり美味い!

でもどちらかというと女性が食べるというより、男性が食べるって感じかなあ。でかいもんなあ、なんてったって。

この日働いていた若いアイリッシュ女性に「あなた日本人?」と聞かれびっくり!日本人のお友達がいて、このデリの近くに住んでいるらしい。最近やたらに日本人の友達いる!とか言われるんだよねえ。地味なうちの近くのテスコにまでいたしなあ。


そして一昨日土曜日。今度はメニューにあるSalmon Mayo & Cressを食べようと再来店。ここのサーモンは一匹なりポーチしてるんです。生のスモークサーモンではないんです。なので食べる価値あり!と思ったのである。しかしオーダーするも、

「今日は売り切れです。」

とカウンターのお姉ちゃん。え???売り切れってあんた、午後12時過ぎでもう!?と言う顔でお姉ちゃんを見たら、お店のマネージャーさんらしき男性が、

「売り切れというか、今日はサーモンが手に入らなかったからないんです。」

と横から言うではないか!だったら売り切れっていうな~~~!売り切れてると作ってないのとは違うで!と思いつつ、笑顔で「あっ、そうですか。じゃあほかのにするわ~。」と言うと、147Reubenという、こちらのサンボを勧められたのでオーダー。

147 1 
      ???

147 2
こうなってます。

コーンビーフ(日本でいうコーンビーフとはちょっと違う)、スイスチーズ、サワークラフト、ロシアのドレッシング、そしてピクルスが、Vlad’s rye Bread(ようはライ麦パン)に挟まって出てきました。

サワークラフトが死ぬほど挟まり、ロシアのドレッシングの味がちょっと濃くてこれはちょっとわたし好みではありませんでした。死ぬほど挟まったサワークラフトのお蔭で、

超満腹。

相変わらず量が多い。これで6ユーロ50。

他に日替わりスープやサラダだけでもオーダーできます。スープは仕入れにより毎日違うようですし、ちょっと変わったスープが出て来るみたいです。そのことでもここは有名のようです。

量が多いので男性にはもってこいの147Deli.サンドイッチの好き嫌いはありますが、ちょっと変わったサンドイッチが食べれるし、値段もこの量なら全然イケてる。

コーヒーも飲んでみましたが、むちゃくちゃあっちんちんで出てきました。でも美味かったですよ。ちょっとびっくりしました。イケてます。

そして最後に。。。トイレ(男女兼用)の壁画。

147 9
これもイケてるねえ。


Northside(オコンネル周辺)はいいデリがないので、こういう素敵なデリができたことはNorthsiderとしてかなりうれしい。また行くわ!今度はサーモンがあることを願って。。。

詳しくはこちらからどうぞ。サンドイッチ、スープやサラダの写真が一杯見れます。https://www.facebook.com/147deliparnell


ポチっとクリックお願いします!


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!
いつも楽しくブログ読ませていただいてます!
9月末からワーキングホリデーでアイルランドに
行こうと思ってます☆
一つ目のサンドイッチ、
めっちゃ美味しそうですね(*'▽'*)♪

ゆるうさぎさんへ

あんまりワーホリの方には役に立つような情報を流してないのですが、読んでくださっていると聞いてとてもうれしいです。ありがとうございます!

9月末にいらっしゃるんですね~。私と同じですね(笑)。お待ちしておりますよ。

サンドイッチ、ここは美味しいですし量が多いので、値段が少し張っても満足できると思います。
ダブリンにいらしたらぜひ過去に私が紹介したところにも行ってみてください!

No title

おおお 素晴らしい
次回ダブリンへ行っていったら ぜひぜひ連れて行ってくださいませな
楽しみにしています!!

こえださんへ

基本メニュー以外にも日替わりスープやらサンドイッチがあるので飽きませんし、なんといってもボリュームがありますからねえ。

次回お連れしますよ!ダブリンにまた来てくださいね~。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.