クルーズ旅行だ!ーDubrovnik ー

このクルーズ旅行日記も今回を入れて後2回で終了です。多分皆さん読み飽きたことでしょう(爆) 私は書き飽きました(爆)

さて今日はクロアチアですよ~。Dubrobvnik(ドブロブニク)へ!(下の写真はネットから引っ張ってきました)

dubrovnik.jpg  なぜか私はこの都市名がきちんと英語で発音できません(爆)10年以上英語話しててもこれですから、英語がだめだ~なんて嘆いている方、落ち込まなくて大丈夫ですよ(笑)

Dubrobnik...前からきれいな町だ、と聞いておりました。うちの社長(MD)からも『クロアチアに船が入るときが一番きれいだから見逃しちゃだめだよ』と言われておりましたが見事に見逃しました(爆)。起きたらもうクロアチアに入ってました。時刻は朝7時半少しまえだったでしょうか。

そしてあいにくの雨。。。しっかり雨が降っておりました。がっかり~。そのためこの日のExcursion参加者にはレインコート(ビニールでできた安物です)が無料で配られました。

Dobrovnik 4

そして船からExcursion参加者へ注意事項。Dubrobnikに入るときはパスポートの提示が義務付けられておりました。提示できないと罰金らしい。いままで一度もパスポートの提示が無かったのでびっくりいたしましたが良く考えたらEU加盟国と違いますものね~。加盟国候補ってだけで。加盟国というイメージがあるのは私だけ???

そして今回のExcursionですが、ビーチツアー(雨のため中止)、古代ドブロブニク、ドブロブニクシティーツアーとありましたが私たちが選んだのは

Konavle and Dubrovnik(コナブレ・ドブロブニク)ツアー。シティーツアーと迷いましたが、シティーツアーは自分たちでまた来てできるため参加をやめ、こちらのツアーに。こちらのツアー、前回BariやOlympiaで参加したのとおなじく試食がKonavleというところでできたから。食べ物に釣られました(爆)。でもBariは良かったけどOlympiaの試食はいまいちだったのでほとんど期待せず。

Konavleへは港からそんなに遠くありませんでした。途中で降りて景色のきれいなところで写真を撮らせてもらいました。雨は止んだのですがかなり曇っていて寒い。。。ちなみに今回のツアーはドイツ語と英語のツアー。クロアチア人のおじさんが2ヶ国語で説明。英語がとてもうまい!すごいな~と関心。しかもとても説明もきっちりしていて良い。

Dobrovnik 6

さて、Konavleへつき、とあるお宅へお邪魔。実はこのKonavleという地域、昔から自給自足の生活を家族代々で受け継ぐという生活様式をとっています。そのため今回ここで食べたものもすべてここの家族が作ったもの。家族は総勢40人いて一緒に暮らし、働くのだそうです。そういう家族が100ほど、この地域にはあるらしい。

待ってました!試食開始~!

Dobrovnik 1  この写真を撮ったら同じテーブルのオーストリア人のおばちゃん二人に笑われました(笑)。食べ物の写真を撮るとAちゃんが異常に嫌がるため、こっそり取ったのです(汗)

赤と白ワイン、生ハム、3種類のチーズそしてパンが食べられました。白ワインはいまいち。赤はOK。チーズもOK。パンもOK。でもこの生ハムが、

絶品!


いつもはドイツ系スーパー、Aldi(アルディ)で買う生ハムばかりを食べているためか、あまりの味の違いにびっくり!こんなうまい生ハムは今まで一度も食べたことがありませんでした(感動~)。そのため一人でパクパクと6枚も食べた私。実は皿にあと3枚残されていましたが平らげたらみっともないという理由でやめました(爆)

そしてここでは家族による伝統の歌と踊りが披露されました。これがまたよかったのですわ~。

実は私達大ばか者。ユーロは使えない、とAちゃんに言われたので現金無し。しかし使えるんです、ユーロ。そのため、ここで売っていたポプリ(Dubrobnikでは有名)やオリーブオイルやらをまったく買えず(涙)Aちゃんのせいです!!!

さてバスでこの町からシティー(Old Town)へ。雨も止んで晴れました。結構暑いぞ~。ツアーガイドのおじさんが説明しながら町を案内してくれましたが、自由に行動したい人はここで解散。後は無料シャトルバスに乗り込み船まで個人で戻るということになります。町並みはこんな感じ。

Dobrovnik 2 こういう路地がいっぱいでした。お店だったり、お家だったり。

Dobrovnik 3 オノフリオ大噴水。

Dobrovnik 5 ルジャ、時計台、警察部隊本部。

とても古い町ですがとてもきれいでかなり気に入りました。しかしここはかなり攻撃され、破壊されたりと不運なことが多かったようです。1667年には大地震で町が大半破壊されたようですし、1991年にはユーゴスラビア人民軍の攻撃を受け、人民が殺されたり、建物が破壊されたり。。。しかし現在ではきれいに整備され、本当に素敵な町になってます。Dubrovnik、気に入りました。私の感想は

ここに住みたい!


Dubrobnikを午後2時に出航。向かうは最終目的地、Veniceです。クルーズ船ともおさらばです。。。(涙)いやだ~~!!!

ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

Dubrovnik 6年前に行ったよ。Old Townや噴水、懐かしいー。Old Townの入り口から、何か要塞みたいなところに登って、眺めがきれいだったよ。

地面が、タイル張りみたいな感じで、つるつるじゃなかった?観光客がすごい多いけど、きれいで、食べものも安くておいしいし、本当いいところだよね。

アンちゃんへ

アンちゃんもいったことあったよね~そういえば!いいところだよね~。時間が無くてレストランでたべれなかったの。今度行ったときはゆっくりしたいと思うよ。

そう、地面がタイル張りみたいでつるつるだったわ~!忘れてた!ありがとう!

私も・・・

一枚目の写真で、「こんあ所に住みたい!」と思ってしまいました。いや~きれいし、なんか情緒まんかい漂ってますよね。

私、実はチーズ食べれない上、酒は一切飲まないんです。ハムもマヨネーずつけないと食べれない(爆)食生活はだから厳しいです。どこいっても。でもワインのみながら、優雅に食事してみたいなぁ。。。いつか・・涙

都市名

サク家も勝手にローマ字読みして済ませているので、現地の人が相手だと通じないですねー、きっと。笑
ひどいときは「○○なんちゃら」とか言い合ってますからね。Dubrobvnik だったら「ドブなんちゃら」と。(^ω^;A
うわー、向こうで迷子にならないようにしなくてはっっ!

クロアチアというとドラマERに出て来たドクター(名前忘れた…汗)ぐらいしか思い当たらない…あとサッカーでも有名だったような??
しかしユーロ使えたのですね、残念!
現在は平和な街なんですね。
平和が一番!!(*´∀`)

ダブリンバスのこと、ありがとうございました。
たぶんダートだけで済むかとも思うのですが、バスにも乗るかもしれないので、両方使えるものを手に入れたいと思います〜>1日乗車券

しげ美さんへ

きれいですよね~。どんより天気のダブリンより、こっちのがええわ~と思います(涙)

お酒、チーズ、ハム(マヨネーズ抜き)がだめなんですか?ヨーロッパはそれでくらしているようなもんだから結構しげ美さんにはきついかも。。。お酒飲めると楽しいですよ。でも飲みすぎはいけません(爆)

サクさんへ

ついローマ字読みしてしまいますよね???それに日本語での呼び方と英語での呼び方がぜんぜん違うところとかもあって、英語のつもりで言うと通じない。たとえばウィーンは日本語での呼び方。でも英語だとヴィエナ(Vienna)ですものね。

クロアチア、シーフードがうまいらしい。そうです、サッカーも結構強いほうですよ。今回ワールドカップでてないですけどね。ERのドクター、誰だかぜんぜんわかりません。。。ジョージ・クルー二ーが去ってから見るのやめたので(汗)

バスチケットとダートのコンバインのものの方がたくさん乗るのなら買ったほうがお得ですよ~。それにいちいちいくらとかお金を考えないでいいので楽ですよね。私はバスと路面電車、LUASの7日間コンバインチケットを買っております。29ユーロします。高~い!!!Luasが高いんですよ、Luasが。。。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.