日本よ、どこへ行く?-アイルランドより。ちょっと不安ー

一昨日のお昼、ふなっしーツイッターを見たついでにTimelineを覗いてみたら、集団的自衛権行使容認の話題が写真と共にいくつかアップされていてびっくりした。もう決まったの?って感じで。

この写真ではなかったんですが、首相官邸前でデモをしている様子のものでした。

JPN 1
(ネットより)

アイルランドブログをしているとアイルランドのニュースばかり見てしまって日本ニュースがかなりおろそかになっているので知らないことだらけである。(言い訳か!?)友達や家族に教えてもらって、「ああ、そんなことが起こってるの?」状態。

みっともないんですが、今回の件もそんな感じでツイッターで3日前に見て知ってたくらい。去年からいろいろ言われていたんですね。なぜ日本に帰った時に誰一人この話をしなかったんだろう。。。たまに帰る日本でティファニーに固い話をしてもなあ~とかえって気を使ってもらった可能性がありますね。みんな、固い話もokよ!


ということで、いつものことながら私自信よくわからなかったのでネットでいろいろ見てみました。このサイトが一番わかりやすかった。小学生新聞だからね。(!)

http://www.asagaku.com/jkp/2013/3/0302.html

http://www.asagaku.com/newswatcher/2014/4/0419.html

http://www.asagaku.com/jkp/2014/5/0503.html


今日はここで賛成か反対かを討論する気はありません。(ちなみに私は個人的には反対です)

ただ気になったのがネットを見てたら反対派をあほ扱いしているのが結構あって。。。あほに教えたるわ、みたいなのもあってそれってどうかな、と。どっちがあほかの問題じゃないですしね。あほ扱いしないで、相手の意見を聞く耳を持って議論する、間違ってたら間違っていますよ、とただ言えばいいと思うんですけどねえ。まあ私的には別にあほ扱いされて怒ってもいませんけどね。いつものことですから!


日本では重大な問題の集団的自衛権。しかしアイルランドでは私の知る限りニュースになっていませんでした。でもこっちのネットではこの嘘泣き事件(!?)がニュースになってたけど。

バーティー(元ティーショック)と比べたら金額がかわいいといわれていました。バーティーはビューティー経費に250,000ユーロ使ってたしね。あれだけ使ってこの顔か!?みたいな。(顔を思い出してください)



とにかくです。今回の件を受け、同僚Aさんにアイルランドの軍(Irish Defence Forces)はどうかと聞いてみました。やはり戦争には参加しない、Peace Keeperであるとのことでした。
http://www.military.ie/en/home/

それにしてもなぜそんなに慌てて決めて???いろいろ私たちの知ることができないウラでいろいろとあるんでしょう。隣国の情勢も緊張してきてるしね。

しかしだ。

安倍首相がまるで独裁者のように、自分のやりたい方針を提案、、解釈し、政治家たちは彼のほぼ言いなり。民主主義はどこへ?と思ってしまう。

ではアイルランドではどうだろう。

憲法改正にかかわる重要な問題は必ず国民投票にかけて決めるところです。国民が無視されることはありません。(水道税課税は国民の大半の意志とは別に決まってしまいましたがね。まあ憲法に関係ないし、国が借金抱えてるから)

日本もやはり憲法改正にかかわるような問題は国民投票する制度がありますよね。同じです。

あくまで個人的意見ですが。。。

安倍首相、なんかやることがこっすいと思う。やっぱりやるならちゃんと憲法改正せなあかんと思います。勝手に先に解釈広げるのはどうかと思います。反対やら賛成やらは別として、それはやってはいけないと思うんです、政治家として。勝手に何でもあり状態にしちゃってますよね。

なんか安倍首相ってベルルスコーニやらプーチン大統領と実はさほど変わらないんじゃないかと思うわ。もっとましな人やと思ってたのに。こっすい人は好かんし、首相が独裁者になってはいけません。

前にネットで安倍首相の英語が下手、発音が日本語発音で恥ずかしいなんて書いてあったのを見たんです。でも、下手であろうが何だろうが英語でちゃんと頑張って言おうとした(言った)姿勢が偉い!なかなかできないよ!と実はブログで書こうと思っていたんです。でももうやめました。安倍首相の英語、下手!下手!下手!(やけくそ気味に読んでください)


これから日本はどこへ向かうんだろう。。。アイルランドに住んでいるから他人事ではなく、日本人としてこの問題に注目していきたいと思います。


ポチっとクリックお願いします!



にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

民主主義

本当に久しぶりにコメントします。アメリカ在住のmitchです。ティファニーさんがこのブログで、安倍首相がいかがわしい手段で民主主義に反する重大な行為行ったことにはっきりと意見表明されたことに敬意を表したいと思います。僕は深刻に心配しています。
先進民主主義国家としてはあり得ない政治行動であり、今後の日本の行方に重大な影響を及ぼすことを危惧しています。
特に個人的には、こういう政治行為が強権的に進む中で、国民の表現の自由やマスコミに対するさらなる表、裏からの抑圧など、要するに国民全体に対する自由の圧迫が進んでいくであろうことを心配します。靖国参拝、秘密保護法、従軍慰安婦、集団的自衛権、武器輸出、原発輸出などの一連の安倍政権のこれまでの自民党政権の実績をすべて覆す右翼化した政治が急速に進んでいますね。恐ろしいと感じます。
要するに日本は、西洋の民主主義諸国とはやはり国の成り立ちが全く違うため、民主主義という言葉自体が国民の肌にはなじんでいない為、そういった観点から政治や世の中を見る目が欠けていると僕は思っています。こういった一連の右翼的政治行為はドイツを見るまでもなく西洋ではありえないことですよね。当然アメリカも同じく憲法を政権が違反するなどということは絶対的にあり得ないわけです。長くなりましたが今後の日本の事が心配になりコメント入れさせてもらいました。これからもブログ読ませてもらいます。

mitchさん

お久しぶりです!コメントありがとうございます。そしてブログを読んでくださってありがとうございます。

敬意なんてとんでもないですが。。。ありがとうございます。

mitchさんもアメリカに住んでいらっしゃるので、海外から一歩引いた目で見た日本を見ることができるため、今回の安倍政権のやり方が特に目に付いたのではと思います。日本に住んでいない分、余計な雑音も少ないし、考えることができる。クリスタル・クリアーで見えてしまうのも怖いですけど。。。

海外に住むと他国の政治的ニュースは日本よりたくさん入って来るので他国と比べることも容易ですよね。日本は規制が多いみたいなので、国民が本当のことを知らされてない可能性があると思います。「臭いものには蓋をする」でしょうか。アイルランドでは蓋は開けっ放しですね。だから結構ニュースもこんなのいいのかな?と思うようなことも出てくるのでその点がすばらしいと思います。すぐデモで訴えますしね。アメリカもそうだと思います。

日本を出た人間として、あまりごちゃごちゃ言うのはどうかというのも実はありました。しかし、海外に住んではいるけど日本のパスポート保持者。生意気かもしれませんが、やはりおかしいことはおかしいと言いたかったのです。

おっしゃるとおりです。西洋ではありえない。この問題は深刻。反対派や賛成派がお互いにバカにしてる暇は無いのではと思います。

日本の友達が興味深いリンクを送ってくれました。広島におけるオリバーストーン氏の去年のスピーチの訳です。良ければ読んでみてください。
http://ameblo.jp/tb-project/entry-11588701168.html

基本くだらないことしか書いてませんけど、良ければまたブログ読んでください!よろしくお願いします。

No title

stone監督のspeech読みました。実は僕も彼と同じ年代の人間としてこういう著名人が第一線で活躍していることはとてもうれしい限りです。(実は僕には8歳の娘がいますが)
ところでこのリンゴさんという方がティファニーさんのお友達なわけですね。人間性がなかなかユニークでかわいい方ですね。ここまで平和論を述べる日本人は僕の周りで出会ったことがないです。僕は京都出身で1年に2回日本に行きます。ティファニーさんも関西出身ということまでは知っていますので、次回帰る時には、ティファニーさんとタイミング合えば
ぜひ京都でおいしいものをごちそうしたいと思います。
戻るときはぜひとも教えてください。できれば僕も其の時に合わせたいと思いますので。それではよろしく

難題

小さな島国で戦後はアメリカの顔色を伺いながら成長してきた日本国。 やっと先進国の仲間入りをしたが、人口減少と知力の低下で次世代の保持すら危ぶまれている昨今です。

過去にも現在にもお金でしか国民を守れない(日本)国なのに莫大な借金を抱え、それでも自国民は要望ばかり求め、みっともない政治家ばかりが横行している。。。生ぬるい温泉三昧の国民に民主主義尊重で憲法改正に時間をかけるほどの余裕もない状況に至っているのだと私は思います。

集団的自衛権行使容認はTPP交渉も含め、アメリカから相当な圧力がかけられた中での日本国の自立に向けた苦肉の判断を行ったものと思われます。(公務員の秘密保護法案も半年ぐらい前に議決した。)世界の諸外国との外交上の圧力に日本国の代表として安倍内閣は紳士的に独裁者になるしかないのだと思います。戦後より社会保険の導入や補償問題、経済自由化など日本はとても自国民に手厚くサポートして来ました。 

私は戦争は反対ですし、右翼派でもありません。しかし、平和過ぎてふやけた日本人の”自立の時”が来たのではないかと感じております。光と闇は同時に存在するものです。情報の規制も多いですが、気づきのある人は行動し始めているはずです。。。。

mitchさんへ

映画というツールを通して世間に事実を訴える。。。彼はラッキーな人間の一人ではないかと思います。

実はリンゴさんという方とは全く無関係です。友達がかなり日本の政治に関して興味があり、いつも教えてくれるんです。そのため、ネットから拾ったものをリンクとして私の送ってきてくれたんです。読んでみてね?と。なかなか鋭いし、言うことが当たっているのでは?と思ったのと、同じくアメリカに住んでいるのでどうかなと思い張らせていただいただけなんですよ。すみません、誤解を呼びましたね。

京都ご出身なんですね。京都は本当に素敵で上品な街。私は関西とはちょっと違うんですが、まあ近いところの出身です。そうですね、京都はもう何年も行ったことがないのですが、ぜひお会いしたいですね!会ったらかなりがっかりすると思いますけど大丈夫でしょうか?(爆)

money@さんへ

残念ながらおっしゃる通りではないかと思います。

たけしのTVタックルの婚活の回をネットで見ていて、20代半ばの家事手伝いの女性で安定した結婚を求めている方が二人ほどいらっしゃいましたが、ようは無職。言い方が悪いですが、人にすがって生きるという道を選んでるかのように思いました。自分では何もしないで。。。。なんだか、こういう方がいる一方で、政治家がとんでもないのでものすごく心配している人もいる。。。

しかし私が日本に帰国するたび、危機感は全く感じない。というか、たぶん皆さんにあるのだろうけど、気にしていない振りをしているかのようです。例えば政治的な討論や震災、放射能の話は公の場では一切話してはいけないというのも聞いたことがありますし、話すと嫌がれれて友達関係がなくなったり。。。なぜかな、と思ったりします。

国民の間にも秘密主義がはびこっているのでしょうか?おっしゃる通り「自立の時」がきて、国民がもっと立ち上がって政治家の横暴さに抗議してもいいと思います。臭いものに蓋するのもいいですが、しすぎるともっと中で腐って臭くなる。そして蓋する蓋がなくなってしまうと思います。まあ、口で言うのは簡単なんですけどね。

ゆるキャラが人気があるのは、そういったどろどろしたところからの現実逃避ができるからかなと思います。自分も日本のどろどろしたところを見ては「ちょっと忘れよ。楽しも!」と思ってふなっしービデオ見たりしますからね。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.