とうとう動き出すときが来たか!?

いや~参りましたよ、今朝から。

今日は朝から会社でブログを書こうと思って張り切ってネタも考えてたら会計士が「ちょっと今から○○やってくれるかなあ。」というんで朝8時半から仕事を始めたんです。

それをやっている途中、会計士が私と同僚Aの机にきて、「ベルファストのTさんが来週から休みだから、カバーしてほしいんだよね。」と言いにきた。

そこで私、「やばい!忘れとった!」と思ったわけです。そう同僚AはいつもTさんの仕事をやらされるんですよ。それがむちゃくちゃいやらしくて、前から休みはいつからやと私に聞いてきてたんですよ。準備があるやらなんやら言って。

なのにこの女に(もうわかりますよね、結末は)伝えるのを2週間前から忘れていたわけです。しかも二日前にも先週もこの件でTさんと電話で喋ったのにもかかわらず!

なので謝ったわけです。何度も。忘れてましたよ。いかにも泣きそうな顔を作って。TさんがAさんの名前を出して仕事をやってほしいとは言ってなかったんで、それも言ったけど聞く耳無し。

それがまた気にいらなかったこの女。いつから知ってたか聞いてきたんで先月の終わりと答えたんです。すると、

「2週間も私に内緒にしておくなんてひどい!Tさんの仕事をやるのは私よ!」

と来た。悪いけど、実際私もたくさん彼女の仕事をしないといけないんですよ。なのに自分だけやってると思っているこの女。それだけでも情けない。

しかも会計士には一切怒らない。それもおかしいやろ。

とにかくだ。オフィスではみんながいる手前でかい声で私に怒れなかったこの女。何したと思います?その後私の携帯にメッセージして散々文句書いてきたんです。いつも会社のゴシップは真っ先に教えてるのに、こんな大事なことを教えないのかと。もうこれからは何も教えないと書いてあった。

たぶん普通の人ならここでやばいとなる。どう取り繕うかで悩むであろう。しかしだ。わたしこのテキストが来ることもすぐ予想したんですよね。来た瞬間、

あ~面倒くさ。

と思いました。しかし、ここで私が逆切れしても仕方がない。謝りましたわ。注意を払ってなかったと。それにTさんが会計士に話すって言うから余計気にも留めなかったことを。そして自分がいつも忘れること。会計士の休みもいつも知らんこと(だから突然仕事やらされてるという意味で)。そして何も私に教えてくれなくてもいいこと。ただ彼女が大事な人(会社でも外でも)であるし、感謝もしているのでそれだけは忘れないでほしいと。

まあ最後の分は飾り付けですわ。確かにいい風にはしてもらってたんですが、この女は2重人格で、突然たいしたことないことで激怒し、私は過去にこれで何度も苦しんだわけですよ。なので今回もか~と思ったんで焦りもしませんでした。

それに前に一緒に働いていた元マネージャーも同じ目に遭い、結局会社を辞めたこともあるんです。(他にも理由があるけど)ただ矛先がいじめやすい私に来ているわけです。

まあ確かに思い切り忘れて言わんかったのは悪かったけど、そこまで激怒することか???自分の仕事が忙しい上に人の分までやるのはいややけど、この女、休憩は30分近く取るし、旦那と電話しまくってるし、大して忙しくないんです。なのにこれですよ。あの女は、

サイコ。

そして

あほらしい。


または

めんどくさいやつ。

どこの世界にもこんなやつはわんさかいますが、もう12年働いてるんですよ、同じ会社で。しかも仕事内容は変わらないし。この女ともず~っと一緒。K君もD君も辞めたことだし。。。

ということで、これも何かの知らせ。

明日からCV作って転職運動開始やわ!イタリアへ行きたいのもあるし(まったく喋れないが)、ちょっと広い視野で職を探そうと思う。

なかなか今までうだうだとして決断できなかったんで、これはいい機会だ。

がんばるで~!

今日は夜からK君の送別会なんです。会社のみんなや元同僚たちも来るんですが、その中にあの女と超仲がいい女が二人来るんですよね。もちろん今夜は送別会&ティファニー悪口会になりますから。

月曜からみんなに嫌われる!?

お好きにどうぞ。もうどうでもいいから。



ポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

どこにでもいるんですね、Aさんみたいな人は。
"会社のゴシップ…"のところは笑えますねぇ。
その程度の貢献なのかなぁと…
ともあれ Please calm down...😊

求人増えた日本であっても、募集は
「使い捨て可能サービス業、若くは中小企業肉体労働者」ばかりです。
ましてや、日毎に治安悪化のイタリアは、もっと人があぶれてる。
週末、cool down してからじっくり考えてね!

(カァ〜っときてミスった経験、数え切れない程の直情型女ですので、偉そうなことは言えないんだけどね)

潮時

こんにちは!

転職って簡単に言いますが、「これが潮時」って言う出来事がありますよね。ホームランのような一発大きなモノもあれば、私の場合は積み重ねでした。

私も就活開始したのですが、これっといった求人がなく停滞状態です。人材派遣のばっかり。私、彼らの仕事ぶりを認めていないので、派遣関係は削除しているので、必然絶対数が少ないのです。

数ヶ月前に、2年前から予約を入れていたサイキックに行ったら、開口一番 "Are you planning to move or change the job? If so, I feel good about it."と言われ、やっぱり動く時なんだ!と、背中後押しされてホッとしました。勤続9年ですから、慣れから脱皮するの勇気要ります。彼女曰く「仕事を辞めちゃダメよ。働きながら、根気よく探すこと」と、言われました。ティファニーさんも、根気よく探してくださいね。

Re: No title

コメント、ありがとうございます!

そうなんですよ。いつも先に情報を教えてる(ゴシップ)だから教えないのは卑怯と思ったんですよ。あほでしょ?その程度の頭しかないんですから。私はそういう人間と面と向かって働かないといけないんです。でも世のなかもっとひどいやついますからね。

先ほどポーランド人のMちゃんに文句言ってたら彼女も去年いやな目に会っていて、現在も何気に続いているらしいんで私だけではないと思ったらうれしかったです。それに励まされました。

ただ、もう潮時だとは思ってたんでちょうど良かったですわ。踏ん切りついたですよ。

イタリア、みんな「やめとけ~」と言ってきます。が、イタリア語が話せないので不可能。ダブリンにあるイタリアの会社を狙いたい。。。ってあるんだろうか!?落ち着いて考えます。アドバイスありがとうございました!

cocoriruさんへ

お久しぶりです!コメントありがとうございます。

いや~まったくおっしゃるとおり。「潮時」です。それにちょっと新しいことも習いたいとも思うんですよね。なんか今の会社、雰囲気悪いし(アイリッシュ女全員)動くに動けないって感じで、ここにいたらだめになるような気もしてたんでね。私も派遣は狙ってません。

確かに!迷っているときに誰かに一言後押しされるとそれが勇気になって動けるときってありますよね。もちろん私のやめて探しません。働きながら、この屈辱に(爆!)耐えながら(日本人が得意とするところ!)次を狙いますよ。絶対あるって信じてますから。Cocoriruさんもですね!お互い次に向け、がんばりましょう!

No title

ティファニーさん、私はあなたを尊敬しております。
よくぞ他国で適応されてきましたネ。。。外国人として忍耐させられることも多かったと思います。
あなたが今までに体験されてきたことは貴重な財産です。もし、私が日本人オーナーでダブリンでオフィスを構えたら直ぐにあなたに求人案内を提示することでしょう。(´ω`)

私はあなたの姿勢が大好きです。
つまらない女の言い分など吹き飛ばしてしまいましょう!
人生ゲームの一コマと考え、前進することが大切ですネ。♡♡♡

あなたを応援しているファンも沢山おりますヨ~。

money@さんへ

ありがとうございます!まあどこの世界にもこういう人間はいるものですから、仕方がないことなのかもしれませんが、それにしても怒る矛先が思い切り私だけというのには納得できませんでした。

しかし、この問題、金曜の夜の同僚との飲み会で話し合い、和解しました。

和解したところでこういう人間はまたくだらないことをきっかけに喧嘩を吹っかけて来るもの。気を付けないといけません。しかし私の中では今回の件で転職をするという決断がついたので良かったです。

何事にも起こることにはそれなりの理由があるもの。それを見極めて冷静になって考えることは大事かなと思いました。

応援ありがとうございます!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.