アイリッシュのことはアイリッシュ聞くべし!やわ

金曜日愚痴を書いてしまいまして申し訳ありませんでした。

コメントくださった方々、励みになりした。ありがとうございました。いや~ブログやってて良かったと思いましたよ。はけ口になりますから。まあ読む皆さんからしたら、こんなくだらんこと書くなよ!でしょうが。。。お付き合いくださってありがとうございます。

はけ口にしたかったからブログに書いたのもあるんですが、実はどこの国に行っても同じようなことがあるんだよ、ということもわかっていただくいい機会でもあるというのでも書かせていただきました。

たぶんワーホリやら、現在日本で悶々と過ごしていらっしゃる方もいるでしょう。海外で働くなんてかっこいいとか思ってる人も多いはず。いい夢を描いてる方もいらっしゃるでしょう。

でもいじめはどこでもあるし、外人だからこそ標的にされたり、英語をばかにされたり、英語のせいで仕事を間違えて怒られたり、いろいろそれなりにあるもんです。それもわかっていただくいい機会ではなかったでしょうか?


さて、本題。

結局あの後K君のさよなら飲み会へ行ったわけです。行ってもあの女とは喋るつもりをしてなかったのですが、Aちゃんに事件を話したところ、

「あんたのほうが大人というところ見せる意味でも、あんたから話しかけるべき。誤解されてるところはちゃんと説明した方が今後のあんたのためよ。月曜日嫌な思いして会社に行くのいやでしょ?」


そりゃそうや。

「それにもしあんたが話しかけに行かなかったら、行かなかったことでまた怒るのよ、ああいう人間は。」


まさに!

アイリッシュのことはアイリッシュに聞くべきやな、やっぱり。


早く行くのが嫌で、飲み会は午後7時半から始まっていたのに10時15分前に到着。久々会うD君や会社を去ったK君と楽しくおしゃべりし、その後ポーランド人同僚たちとおしゃべり。

みんなが帰りだした夜11時過ぎ。

いざ出陣やな。あ~めんどくさ~。それに昼に謝ったのにまた謝らなあかん!何で私がこんな貧乏くじ引かされてるんやろう。

戦場へ行く前に辞めていたタバコを買い、一本吸った。

美味いんか美味くないんかよくわからん。ちょっと酔っぱらった20代後半の男の子に喋りかけられたので喋っていたが気が気でない。タバコを吸い終わってしまったためこの僕とお別れしパブ内へ。

パブ内を見るとちょうどあの女の周りにほとんど人がいなくなっていた。出陣した。

女に話しかけると機嫌よく話を返す。私が謝ると、「私もあんなに怒って悪かった。でも。。。。」と来たのでいろいろ本当の事情をもう一度説明。そしていかに彼女に非がないか、ベルファストのBさんがメールをみんなに回してお休みを言うべきだった、会計士も早く言うべきだったと、美味いこと責任転換してみた。

お酒が入っていたため、女は上機嫌であった。

アイリッシュのことはアイリッシュに聞いてよかった。

この場はうまく収まった。月曜日が問題やな。。。


そして昨日の朝。朝8時10分に到着。挨拶はしてくれたが、私に話しかける様子なし。なので私から週末のことを聞いたら偽笑顔をつくりながら二言返してきただけ。

いつまで引きずる?この女。

もう子供としか言いようがない。子供でもこんなに引きずらない。ただの意地悪女である。

これ以上いろいろ聞いてはいかんのでそっと引き下がる。いつもなら朝からブログを書くのであるが、キーボードをたたく音がうるさくなるし、機嫌が悪いので八つ当たりされるのは目に見えてる。朝8時半から普通に働いてしまった。

その後、「私はTさんの仕事を全部やってるから○○はやってね。」と来た。会計士気取りである。資格も何も持ってないのに。しかも全部はやってない。私もTさんの仕事をやらされてる。なぜそんなこともわからんと自分中心でしか物事を見れないのか?

「あなたを手伝うから何でも言ってちょうだい。」と笑顔で言った私。(もちろん心からではない)すると、

「私を助けるんじゃなくてTさんを助けるでしょ?」


私の仕事じゃないことをこの女が私にやらせてるわけですよ。私はやらんでもいいことを。今は女の仕事ですよ。それはあんたを助けてるって意味やろうが。ちょっと人が下手にでてやってるからってこの言い方はないやろ!と内心ブチ切れ!!!


私はこの女と12年一緒の課で働いている。

おかげで私もポーカーフェイスがうまくなった。「ええ、そうね。」と笑顔で返して終わり。やり方をすぐ確認し、それ以上考えさせないようにした。

でも思った。

何で私はここまでこの女のためにせなあかんのか????


休憩時間は同僚でAと仲がいい、子持ちのLとキッチンで内緒話。キッチンが静かな時はいつも誰かの悪口言ってるんです。もちろん私のことを言っているんですよ。

息が詰まるわ。


こんな子供っぽい、会社の中のことをすべて知らないと気がすまない、そして自分がいつも頂点に立っていないと気がすまない女との仕事はもううんざりです。

転職うまくできても今のところよりもっとひどいところかもしれない。しかしやっぱり今のところは一度出た方が自分のためになると思う。

Aちゃん帰宅後、昨日の出来事を話した。

「そうね、出た方がいいかもね。そんな子供みたいな人と働くことはないわよ。かわいそうに。でもタバコはやめなさいよ。Disgusting!!!」


アイリッシュのことをアイリッシュに聞くと、私たちにはわかりにくい国民性も考慮に入れた解決策を授かれるため、行動しやすい。そしてうまく行く場合がほとんどだ。でもタバコはもう一本吸っとくかな。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ティファニーさんには、Aちゃんという良き理解者がいるではないですか!
辞めるも続けるも、きっと良い方向への第一歩になると信じてます。
って、ワールドカップの話題では、お年が…!
ンマァ、お若いのね!人生これからじゃないですか‼︎
G・A・N・B・A・T・T・E!!♡

でも、smoking is not good for your health よ(^。^)

mamma-EIDさんへ

おっしゃるとおりなんですよ。Aちゃんがいるし、他のアイリッシュの友達もいつも助けてくれるしね。

彼女たちにもこの話したらみんな「なにそれ!?」でした。一人の友達は私が金曜日Aに返信したテキストを見せたら大爆してましたね。「これはティファニーじゃない!」と言って。

年齢はたまにブログに書いていますよ。なので大丈夫。こんな歳を隠しても仕方がないです。このブログを読んで、日本全国の私と同じような年齢の独身女性たちを安心させることができれば(結婚できやんやつはいるんだということ)本望です。

タバコ、もう買いません。あるのを全部吸ったら終わりです!
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.