アイルランド、虫以外にアタックされる危険性は?

昨日Aちゃんは帰宅途中に虫にアタックされていましたが、今日は何事も無かったようです。

しかし、アイルランドでは(世界共通よね)「動物かわいい~」とおもむろに近づくと危険な場合があります。または近づかなくても向こうから攻撃してくる場合がるので注意が必要です。

一番最近&身近な動物から。。。

1)カモメ(Seagull)

seagull 1
(ネットより)

Ireland's Eye(無人島)へ行った記事を去年書きましたが、本当カモメが一杯巣を作ってるんですよね。

IMG_4608.jpg
圧巻!

こどもちゃんはかわいいし、思わずそばに行くと。。。親カモメに怒られます。グワグワ鳴かれますよ。

IMG_4632.jpg
このように遠くからそっと写真を撮りましょう。


この島ではこんな感じですが、最近は街にまでカモメが大量に現れてる!うちの周辺にも飛んでくるしね。飛んでるだけならいいんですが、こちらがないもしていないのに攻撃してくる場合があるんです。

最近ではグラフトンストリートで、バーガーを買って出たところを襲われてバーガーを持ってかれた人がいるし、セント・スティーブンスグリーン(公園)の池にはカモメ親子がアヒルたちなどに混ざって餌をもらっている。

リフィー川周辺もたくさんカモメがいます。結構でかいので威圧感あり。横を静かに通っていると、いきなりバタバタ~~~~と飛び立つためびっくりしますし、彼らは賢いので私たちをめがけてフンを落としますのでかなり注意が必要です。

そういえば先日はチワワにアタックしたらしいし。食べ物と間違えたのかしらね。恐ろしいわ~。

seagull 1
(ネットより)

先日ウォーターフォードでは笑うカモメこと、カモメのジョナサン(!)が最近住民を脅かしていたのです。(最近死んだという噂)ようは人間が手にアイスクリームやサンドイッチなど食べ物を持って歩いていると、それを狙って襲っていたそうだ。

カモメの中には子供の手からラリポップまで奪うらしいです。つまり、

アイルランドで歩きながら食べているときはかなり注意が必要ということです。

だったら最初から食べ歩きするなよ、という声が聞こえて来そうですが、アイルランドでは「食べ歩き」は普通に行われる行為です。

2)イルカ(Dolphin)

Doolin(ドゥーリン、クレア県)にいるイルカのDusty(ダスティ―)ちゃん。(メスです)

DUSTY 1
これはDustyちゃんではないですが。(ネットより)

このイルカ、ダスティーちゃんはとても有名で、彼女見たさに観光客が訪れています。人懐っこいから特にでしょう。

しかし去年の夏、一緒に泳ごうとした観光客数人がアタックされ、問題になりました。しかしダスティーちゃんに問題があるというよりは人間側に問題ありだと思うわ。

ずけずけと喜んで海に入って一緒に泳ごうとしたため、たぶんダスティーちゃんがイラッと来たんでしょう。動物には動物の「間」つまりテリトリーがあるし、それを侵されたと判断したんじゃないでしょうか。とにかく女性がアタックされた時のビデオがあります。皆さんはどう思われますか?(アタックされた女性が水着じゃないところもなんだかなと思う。準備して海へ入れよと思う。)



ダスティーちゃんは人間には慣れているようですが、それなりに親しい関係を築いていない限り一緒に泳いではいけないと注意が今年も出ています。

海で泳いでるイルカはかわいいけど、やはりワイルドアニマルですから。水族館で飼育されてトレーニングされているわけではないですからね。人間のほうが気を使うべきだと思うわ。

そして最後に。。。

3)カワウソ(Otter)

これは2011年の話。クレア県で人にかみつこうとしていたそうな。これはブログに書いてませんでしたよね?

otter 1
人を追いかけるカワウソ(ネットより)

その時のニュースがこれです。
http://www.bbc.com/news/uk-northern-ireland-13126139

このニュース見て私はこんな感じでした。

kawauso.jpg
吉田戦車の漫画、「伝染るんです。」のかわうそ君より。LINEでむちゃくちゃ使ってたなのに。。。(涙)


動物は見てるのはかわいいけど、動物は動物。犬でも猫でもそうですけど、突然人間には考えられない行動に出る場合があるので人間側がやはり気を付けないといけないでしょう。喋ってくれるわけでもないですからね。

kawauso2.jpeg
喋れるかわうそならねえ。。。「伝染るんです。」の一場面より。(ネットより)


とにかく私の場合一番襲われる確率が高いのはカモメだな。食べ歩きするときは気を付けるわ。


ポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ   
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.