またHowth(ホウス)かい!-その1-

今日のブログはNational Transport Museumに行った日に逆戻りします。

イタリア人の友達ANさんとスペイン人の友達CさんはやたらにHowth(ホウス)に詳しい。

HOWTH 1
晴れの日のホウスは素晴らしい。Ireland's eyeもよく見える!

彼女たちはしょっちゅうここへ魚を買いに来ては、ついでにふらっと散歩しているからである。やはり新鮮な魚はここで買うのが一番いいと彼女たちは言う。種類も多いですしね。

この日はかなり晴れていたし、風もあまりなくまさにホウス日和。現在は夏休みとあって、移動遊園地が来ていましたが、ホウスには似合わないと3人で文句言いながら散歩しました。

HOWTH 2
似合わないというか必要ないと思うわ。

この日は本当にいい日でした。暖かかったしね。

HOWTH 3
仕事を忘れさせてくれる。

歩いたし、お昼時間過ぎたし、お腹も空いたので、彼女たち行きつけのカフェへ連れてってもらうことになりました。

埠頭を出て、道路を渡り、Abbey Streetへ。坂道を少し登ると目の前に大きな素敵な教会が見えます。

HOWTH 13
すっかり逆光!Howth Parish。http://www.howthparish.ie/

この道路、右手にはパブやレストラン、お店が数多く並びます。ちょうど教会右手横、道路を渡ったところに彼女たちの行きつけのカフェがあります。

HOWTH 10
The Country Market.16 Main Street, Howth, Co.Dublin http://www.countrymarket.ie/wordpress/

一階はこじゃれたお店になっています。野菜やフルーツもあり。ちょっとお値段が張ります。

HOWTH 5

デリカウンターあり。天気が良ければテークアウェーして、港付近で食べるのもいいですよ。

HOWTH 4

2階がカフェ。あまり大きくはありません。

HOWTH 6
こじんまりカフェ。

この日はお昼のラッシュアワーを外れていたので空いていましたが、お昼どきは満員になるそうです。大勢で行く場合は時間をずらして行った方がいいでしょう。

ここでのオーダーの仕方なのですが、上の写真右手にデリカウンターがあり、黒板には今日のお勧めが書いてあります。メニューはテーブルの上にもちろんあります。

食べたい物が決まればデリカウンターに行き、オーダー。その場でお金を払ってしまってもいいし、オーダーだけして後払いでもOKです。店員さんがテーブルに回ってオーダーは取りませんし、お勘定の紙を置くこともありません。個人個人で払ってしまえるので、大勢で行ってもお勘定の心配をすることがないのでとても楽です。

この日オーダーしたものを紹介しましょう。

HOWTH 12
Cさんオーダーのキャベツとリンゴ、セロリとぶどうのサラダ。二つで5ユーロと言ってましたか。

HOWTH 7
チリコンカーン。一口もらいました。いい味出てましたが、全然スパイシーじゃなかったです。もうちょっとスパイシーでもいいなあ。7ユーロちょっとだったかしら。値段忘れました。

HOWTH 8
ANさんオーダーのゴーツチーズのクロスティー二。クスクスとリンゴ、セロリ、ぶどうのサラダ。美味いと大喜びしていました。6ユーロ50。この日のお勧めメニューでもありました。

そして私のオーダー。

HOWTH 9
チキンとブロッコリーのオーブン焼きとクスクス、ポテトサラダ&普通の野菜サラダ。7ユーロ50でした。

クスクスもよかったのですが、ポテトサラダが絶品!マヨネーズが多すぎず、ポテトも固すぎず、柔らかすぎず、むちゃくちゃうまかったです。

しかし!!!

チキンとブロッコリーのオーブン焼きに大量の人参が!!!

こんなんあり得やん!!!あまりの大量さに衝撃を受けた私。ANちゃんが人参が好きというのですべてほじくり出して彼女にあげました。彼女はサラダに乗っていたレリッシュが嫌いというので交換。

とりあえず一件落着でしたが、このオーブン焼きがあまり美味しくなかったんです。私は濃いホワイトソースを想像していたので、ちょっと水っぽい感じのこのソースがお腹の期待を見事に裏切ってくれたため、余計美味しく感じなかったのでしょう。

カフェでは私がすべての人参をほじくり出している姿がかなり面白かったらしく、私のこの姿を見るのが初だったCさんが大爆。そして、私に一言。

「人参は目にいいのよ。食べた方がいいわよ。」

わかってますよ。人参をほじくり出す姿を見た人全員に同じ事を毎回言われていますから。お蔭で私の答えも毎回同じ。食べないと目が見えなくなると言われても食べません。だって、

Carrots are evil。

このコメントに笑う二人であったが、Evilじゃないと何気に言い返されました。

ちょっと気になったのでネットを見てみたら、Carrots are evilと思っている人が世の中いるようで。。。15人LIKE!!!15人と同じ考えでうれしいですわ。
https://www.facebook.com/pages/I-think-carrots-are-evil/215953291837082


ダブリンに住む人が天気のいい日になぜかやたらに行きたがるホウス。当分来ないであろうと思っていたのですが。。。まさかまた来るとは!続きは明日に。


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ   
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

何度でも投稿してください
ここ私も行きましたが、本当によかったです。

たぶん 同じカフェに入ろうとしてお目当てのスコーンが売り切れで諦めたように思います。

ところで「ラリッシュ」ってRelish?のことでしょうか?

こえださんへ

わかりました。行く度に報告します(笑)。

なるほど。ここってそんなに有名名ですか?地元にいながら全く知らない私は一体。。。スコーンは食べませんでした。次回行ったら食べてみます。私、スコーンにはうるさいですよ。

そうですラリッシュって書いてましたね。レリッシュですよ。間違いです。訂正しておきました。ご指摘ありがとうございます。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.