お総菜パンなら―Panem (パネム)

ダブリンにはパンを売っているお店がたくさんあります。

クロワッサンはどこへ行っても大概買える品物。意外と美味いんですよ、スーパーやコンビニで買えるCusine de Franceのものでも。やはりバターが濃くて美味しいからではないかと思います。

食パンもかなりの種類が出ているし、最近は健康志向なんでブラウンブレッドや何種類かの種が練りこまれているものもどこでも買えるようになった。グルテンフリーも最近出回っている。トマトとフェンネルが練りこまれたものが最近ダンズストアーでも買えるくらいである。

しかしだ。

日本でいうお総菜パンって見当たらないんですよ、意外と。

コロッケやカレーやハムが挟されているものが。まあコロッケやカレーが入っているパンなんてたぶんこちらの人には想像がつかないだろうし気持ち悪がるきがするけど。。。あってもチーズが練りこまれているものくらい。

でもあるんです。一件だけ。(私の知る限り)

ここなんですよ。私のお気に入り店。去年から約月1回、週末お邪魔しているんですがね。

IMG_3332.jpg
Panem(パネム)。 21 Ormond Quay, Dublin1.

イタリアンクウォーターを通り過ぎ、スミスフィールド方向へ歩いてすぐのところにある。ここはイタリア人ファミリー(ご両親&息子)が経営している小さいベーカリー。本当に小さいんです、ここ。

座るところはカウンター席と外にある二人がけのテーブル席一つのみ。奥様の会合には絶対に向きませんし、その前に全員入れません。

IMG_2279.jpg
これだけですので。

PANEM 4
メニューは壁に。

カロリー計算まで乗っている親切さ!でもどうしても食べたかったらカロリーの高さは関係なく頼む私にはあまり意味がない。


ここは前から存在は知っていはいましたが、初めて入ったのは去年。ネットでは前から評判になっていたようです。イタリア人の友達MA君はここのお得意様で、彼からも勧められたお店だ。

ここはペーストリーをはじめ、クッキーも売っている。サンドイッチもあり。すべてMade from scratch。

IMG_2282.jpg
う~ん。どれにしようかねえ。

penam 1
フォカッチャもあるねえ。

クロワッサンは"ダブリン1美味い"とネットに出ていたので去年買ってみたんです。

PANEM 5
早く行かないと売れきれになる代物。

IMG_2315.jpg
ハムとチーズ入りしか残ってませんでした。

美味しいんですが、感動はしなかった。私はバターバターした濃い、コレステロール値が一気に上がりそうな、何も入ってないクロワッサンのほうが好きだなあ。ダブリン1???ではないと思う。(個人的意見)これはイタリアンスタイル・クロワッサンね。

ここで私がお勧めするのが、先ほどから言っているお総菜パン。お店のウィンドーからも覗けます。

IMG_2281.jpg
WOW!お総菜パンよ!

お総菜と言ってももちろんコロッケやカレーが入っているわけではない。クロワッサンと同じくチーズとハムやほうれん草が入っている程度。しかし私はこれを"お総菜パン"と呼ぶことにしている。

お持ち帰りも出来ますが、席が空いていればもちろん座って食べれます。

IMG_2275.jpg
初めていった日のオーダー。チーズ、トマト&ほうれん草。もちろんエスプレッソもだ。ここのコーヒーは濃いめです。

しかし、大きくはないのでお腹がいっぱいにならない!ということで、

IMG_2280.jpg
サイドメニューのサラダオーダー。

お総菜パンに中身が日によって少し違うこともあります。土曜日食べたこちら。

PANEM 1
う~ん。よだれ出るなあ。

PANEM 2
リコッタチーズ、パルマハム&サンドライトマト入り!

ここのパン生地が本当にいい味出ていて、気持ち甘目かしら。ちょうどチーズやハムなど、挟まっているものに合うような味付けになっているのである。重たくもなく、軽すぎもせず。

絶妙。


しかしこれは私のお気に入りではない。こちらがお気に入りなのだ。

PANEM 6
リコッタチーズ、パルマハム&ほうれん草の一品。

本当に美味いんです!実は土曜日はこれを頼もうとしたんですが作ってませんでした。残念!!!


Panem、残念な点が2点ある。まず値段が高い。

私のお気に入りの一品はパルマハムが入っているせいか4ユーロ85セントもする。コーヒーと頼むと8ユーロ近く!材料が新鮮だし、奥さんが朝4時起きで毎日作ってるから仕方がないとお得意様MA君に言われましたがね。私には早起きするかしないかは値段には関係ないんですけど。。。1ユーロ安くならないかと願っている。

そしてもう一点が、奥さんと旦那さん。あまりフレンドリーではないんです。笑顔がないんですよ。でも通い続けてイタリア語で話すと違うとお得意様MA君に言われましたがね。。。Grazie Milleしか言ったことない。


とはいえ、お世話になっているPanem(パネム)。皆さんも一度ご賞味あれ。http://www.panem.ie/


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは、初めまして。
15周年おめでとうございました!
アイルランドについて検索をかけて辿り着き、数記事読み惹きこまれ、先ほど一週間くらいかけて4年前の2月の最初に書かれた記事まで読み終えました。何故ティファニーさんの名前が’ティファニー’なのかは(読み飛ばしたのかもしれないのですが)分からずじまいだったのですが、ジーザスのスペルが地域により違ったり、ティファニーさんのペット(家族)への愛情が見て取れたりと大変興味深かったです!
楽しい時をありがとうございました!(°▽°*)
素敵な男性が見つかることをお祈りします(微笑み)

No nameさんへ

こちらこそ初めまして!

ブログを初めから読んでいただいて。。。ありがとうございます。そしてご苦労様でした!!!

名前のことは書いてなかったかもですね。大した理由ではないんですよ。あるところからパクッってます、実は!!!

大したことを書いてないこともたくさんありますし、かなり個人的なことも書いてありますが、できるだけアイルランドに(ダブリンにと言った方が正しいかも)密着したものを書いて皆さんにもっとこの国を知ってもらえれば(いい意味でも悪い意味でも)、そしてこのブログからアイルランドの生活がどんなものか、少しでも見ていただければ幸いです。

これからもブログをよろしくお願いします。書いてほしいわ~なんてことがあればぜひご一報ください。できる限りお答えしたいと思います。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.