ガレットの店-Andersons(アンダーソンズ)

「暇やなあ~今日。何する?ランチでもする?」

ということでAちゃんと行ったところはここ。(9月の話ですが。。。)

ANDERSONS 1
Andersons Cafe & Creperie. (アンダーソン・カフェ&クレープリー)1A Carlingford Road、Drumcondra, Dublin9.Drumcondra Road Lowerから見た風景。

ANDERSONS 3
お店の向いから見た風景。

ここはNorthsideでは有名なお店。カフェは3 The Rise、Glasnevin、Dublin 9にあります。カフェの中はおしゃれですが食べ物は普通です。

Andersons Cafe & Creperieはクロークパークに近いところにあるため、ここで試合などイベントが行われているとこのお店は超満員になります。私たちが行ったときは試合はありませんでしたが、ちょうどお昼どきに行ってしまったため店内満席。席が空くのを待っているお客さんが10人ほどいたので、空いていた外のテーブルでいただくことに。

メニューが多くて何にしていいか迷う。

ANDERSONS 2
どうしようなあ。。。

サンドイッチもあったのですが、Creperieだからやっぱりクレープ。

ということでこちらをオーダー。

ANDERSONS 5
All day Vegetarian Breakfast Galette.

がレット、Buckwheat Galettes。つまりそば粉のガレットなんです。もちろん普通にデザートとしてクレープを頼めば普通の小麦粉の物で出てきます。

肉好きの私が珍しくベジタリアンにしたのは、最近体がぶよぶよだから。ちょっと肉食べ過ぎてるし。それにガレットだったら肉が入ってない方が美味しいんじゃないかと思ったんですよ。

私がこれにすると言ったら、「それおいしそう!私もそうする~。」とAちゃん。真似せんといてよ~と心の中で思いつつも、そんなこと言ったら帰り車に乗せてくれない可能性が大なので了解する。

中はこうなっていました。

ANDERSONS 6
私の好きなグービーンチーズ入り!http://www.gubbeen.com/ パプリカやほうれん草も入っている。

これが美味しかった。頼んで大正解であった。

ANDERSONS 4
コーヒーもいけました。

上の写真の右下の赤いもの。これはChutney.日本語でチャツネというやつ。Aちゃん、実はこれが嫌いなんですよ。これがサンドイッチに挟んであった日には。。。らしい。最近ロンドンのカフェに入るとよく付いてくるらしいんです。

でもこれがレリッシュ(Relish)に見える私。そこでAちゃんに質問。

ChutneyとRelishの違いとは何か。


「知らない。」

と一言で返された。自分で調べてとも言われた。ということで調べてみたら、Chutneyはオリジナルはインド。サイドによくでてくるやつらしい。基本フルーツベースかフルーツと野菜ベースらしい。RelishよりThick。スパイスのレベルも違うらしいし、ホットフードのサイドメニューとして出るものらしい。

しかしRelishは野菜ベースで、ホットドックやバーガーなどに挟んで味を引き立たせる役目をするものらしい。

私はRelishのほうが好きだなあ。Relishと言えばやっぱりこれよね。

Relish.jpg
Ballymaloe Relish.美味いのよ、これが!http://www.loveirishfood.ie/brands/ballymaloe/

瓶にスプーンを突っ込んで食べると美味いと言うと、Aちゃんが一言こういった。

Ewwwwww!!! Sooooo wrong!!!


間違ってないと100%言い切れる。


話がそれましたが、Andersons Cafe & Craperie.機会があればぜひどうぞ。http://andersons.ie/


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ここのカフェ、行った事あります!また行きたいなぁ~。

ガレットいいですね
確かフランス由来でしたか?

最近、やっとシェアメイトの
フランス人グループと和解して
何だか良い風が吹いてきました

デパートマラソンも順調ですが、
茶器ってほとんどイングランド製で
アイルランド製を探すのに
苦労しました(笑)

しかし、Clery'sのセールは
中々凄いですね、
男1人で入るのには勇気がいりましたが(´Д` )

Arnottsの迷宮さ加減には驚きました

残るは、Argosだけです(^o^)

yukoさんへ

おいしいですよね!また時間があったら行ってみて下さい。

マッケイさんへ

そうです。フランス発祥です。

フランス人は私にとってはよくわからない人種です。意見もころころかわるし、いい人だと思った次の日は嫌味なやつに変わったり。。。あまり思いつめずに距離を置いて友人関係を保つ方が楽な人種だと思っています。

Clerysはおばちゃんデパートなんですよ。なのでいる男性は誰かの旦那というパターンが多いです。

Argosですか。(笑)

Killkenny Shopにお目当てのアイリッシュ製があるかもしれませんよ。

No title

ガレット!日本にも人気で列をなす店がいくつかあります。
昨年は多分10軒くらい行きました
そして、本場のパリでも、もちろん人気店をまわりましたが、ボリュームや味、内容が日本でだされているものとさして変わらない、と感じた非常にまれな食べ物がこれ、ガレットでした。

ところでこのグーブーンチーズ、ですか
初めて知りました いやあ 毎度勉強になるなあ ありがとうございます。
アイルランドのチーズなのですね
次回ぜひトライしてみたいです

そうそう、ケリーゴールドはもう最後の一本に突入しております

もっと大切に食べろよ!ですよね
はい!

こえださんへ

ガレット、こちらで爆発的に人気かと言うと全くそうではないんですよね~。普通にクレープの方がよく食べられています。ガレットを出している方が珍しいです。日本とフランスとさほど味が変わらないんですか!?日本がんばってますね~。

ここのスモークが私は大のお気に入りです。日本人にはちょっと濃すぎるかもしれません。家の家族にはあまり評判がよいくありませんでした。高いんですけどたまに買って食後に一人で食べてます。

ケリーゴールド、もう最後の一本!?あっというまですね(笑)。

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.