さよなら、ピラティス・クラス

2年やってきたピラティス。昨日が私にとって最後のクラスでした。

ずる休みもせず2年間通いました。私にとってはこれはちょっと珍しい。必ずと言っていいほど途中で飽き、ずる休みしだして行かなくなり辞めてしまうんです。長続きしないんですよ、何をやっても。辛抱強くもないし。

私が通っていたところは6週間コース。と言っても週1ですけど。マックス8人でやっていました。

これを休まずに、しかも振り替えせずに行くと最後のクラスでくじ引きをやってくれてたんです。1位は次のコース6週間が無料。2位はマッサージ、ストレッチ、ピラティスのどれか好きなコースが一回無料になるんです。しかもプライベート。

ず~っと当たったためしがなかったんですよ、ちゃんと通っていたんですが。しかしだ。今年に入り、

『当たったことないから』

と口にしたら。。。思い切り当たったんです、2位が!その3ヵ月後にも、『当たったことないから』と口にしたら、また2位が大当たり!

その次のコースの終わりのくじ引きでは『もう当たらんわ。』と言ったらまた当たってしまったんです。カルチャーナイとのレビューツアーも当たっていたので3回立て続けに当たったんですよ。その後はさっぱりですがね。

とにかくだ。2回目に当たったときに、プライベートのストレッチのコースをお願いしたんです、腰が悪いんで。その時に次のコースのお金を払おうとしたとたん、

『実は私、このスタジオ辞めるのよ。だからお金は払わなくてもいいのよ。』

!!!!!大ショック!!!!


インストラクターSさんは自分で開いたスタジオを辞めてスペインに行くんです。アイルランドを去るんですよ、永遠に。

Sさんはイギリス人女性。旦那さんもイギリス人。二人はカジノのディーラーの仕事をイギリスしていて知り合い、二人でダブリンに到着。ダブリンのカジノで二人で働いていたそうです。

その後彼女は仕事を辞めて4年前ピラティスのインストラクターに。自分のスタジオを持ったわけです。旦那さんはアイルランドには仕事がないからとスペインへ単身赴任。去年結婚したばかりなんです。スタジオも去年新しく引っ越したばかりでした。

しかしやはりお互い離れて住むのが寂しいそうで。。。彼女がスペインへ移ることにしたため、スタジオを辞めるのです。

もう私、がっかり!!!

Sさん、本当にいい人で、とても明るくて、悩み事があったりいやなこともあるだろうけど、絶対そんな顔を見せず、いつも笑顔で指導してくれてたんですよ。

運動不足&力もなくただぷよぷよの体だった私をあきらめずに指導してくれたんです。もう大感謝!彼女のピラティス・クラスが大好きだったんです。だから2年間ずる休み無しで通えたわけです。

プライベートのストレッチコースで寝転がりながら、いろいろ話してたら、涙出てきましたわ。

イギリスでカジノのディーラーとして働いていた話をしてくれてたんです。イギリスでディーラーになるのには厳しいトレーニングをしないとなれないそうなんですよ。だから世界一といわれるくらい優秀らしい。それに比べてアイルランドは?

ルール無し。

全然厳しくないらしいですよ。それを聞いてああ、やっぱりか~と思いました。超国民性が出てるわ。客もすごいらしいです。ここでは書けませんが。


でも彼女、そんなアイルランド人が大好きでアイルランドも大好きだと言っていました。


だからスタジオを辞めてしまうのが心苦しいようですが、こればっかりは仕方がありません。ということで、彼女の将来の応援と2年間の感謝をこめて、昨日はカードとこれと似たようなものをプレゼントしました。えらく喜んでもらえてホッとしました。

CLADDAGH 1
クラダリングのネックレスバージョン。(ネットより)


アイルランドが大好きって言ってたし、これでアイルランドを思い出してもらえたら最高かな、と思ったんですよ。イギリス人にこんなもんプレゼントにやったら嫌味かな?と一瞬思ったのですが、周りに聞いたら本人がアイルランドが大好きと言っているならあげても問題ないと言われました。私のあほな取り越し苦労だったわけです。


とにかくこれでピラティス・クラスが終わってしまいました。せっかく2年もやったのでこのまま続けます。しかし次を探さないといけません。Sさんがみんなにメールでお薦めなところを挙げて送ってくれるそうですが。。。もしダブリン在住の方で、ピラティスをやっていて、「ここはお薦め!」があればぜひご一報くださると助かります。


それでは今日はこの辺で。月曜日にお会いしましょう!

ポチットクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ   
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.