アイルランド料理、ボクスティと日本からのお客様

皆さん、週末はいかがでしたか?

昨晩から明け方にかけて、ダブリン(郊外も含む)はえらいことでした。

夜からハリケーンが来て、明方たまでえらい風と雨!窓ガラスがビシバシ!でございました。あまりの音のおかげで夜中2時半に起きてしまい、その後寝付けませんでした。なので今日は寝不足。バスの中で思い切り寝させていただきました。いびきかいてないといいんですけどねえ。


さて、そんな昨日。雨が降りそうな天気の中、いつもコメントを下さるMoney@さんとお友達でお仕事上も関係のあるSさんが研修のためイギリスに行かれた帰りにダブリンにも立ち寄くださいましたのでお二人に会いさせていただき、街案内がてらお昼ご飯をご一緒させていただきました。

しかしいつもブログを通じてコメントをくだらる方にお会いするときには。。。緊張と不安が入り混じります。

私に期待している方もいる方もいるわけですよ。しかし、期待はずれなこともあるわけですよ。「思ってた女と違ったわ~がっかり!」なんてことが。なのでいつもお会いする前に皆さんに期待をしないように忠告をさせていただくんです。しかし会った瞬間から、

意気投合!


いきなり3人で和んでました(笑)。私の緊張も不安も吹っ飛びました。さあ~お昼にお連れするわ~!!!


いろいろ考えた結果、滞在日数が少ないとのことだったので、やはりテンプルバーにはお連れしないといけませんし、食べるならアイリッシュっぽいのがいい。ということでこちらへお連れしました。

BOXTY 2
Gallaghers Boxty House. 20-21 Temple Bar, Dublin 2 (ネットより)


Boxty(ボクスティ)とはポテトのパンケーキのことです。

ポテト(マッシュ状など)、小麦粉、ベーキングソーダ、バターミルクまたは卵で作られるもので、アイルランドでは「貧しい家のパン」と呼ばれていたようです。このパンケーキの中に肉やら野菜などを挟んで食べるわけです。

しかしこれはダブリンでは昔から食べられていなかったのでは?と思います。ダブリンといえばコドルですからねえ。まあ作っていたでしょうが、北部や内陸部の人たちほど食べられていなかったのではと思います。(間違ってたらすみません!)

このお店はやはり観光地の中にありますから、いつも人でいっぱいなんです。しかし昨日到着した時間帯がお昼のピークを少し過ぎていたので予約してなくとも問題なく座れました。

まだランチメニューを出していたので、ランチメニューからこちらを。やはりここへ来たらボクスティを食べないと!(ラムバーガーが絶品とネットには出ていたが)

BOXTY 3
コーンビーフとキャベツのボクスティ。

お昼のメニューはビーフかチキンのボクスティしか選べなかったのが残念!ディナーメニューはもう少し種類があります。ということで3人とも同じものをいただきました。

ここへは2年以上まえにコメントをくださるこえださんが遊びにいらしたとき彼女のリクエストで来たところ。その時も同じものを私は食べましたが、今回の方が少し中身が少ない気が。。。前回は量が多すぎたということにしましょう。

味は前回と変わらず。コンビーフがぶつ切りで入ってるんですが、これがうまい!

ホワイトソースもそんなにくどくないし、キャベツとコンビーフに絡み合いおいしい。

ちなみに日本で言うコンビーフって、缶に入った、『どこの部分の肉が入ってるんだろう?」というイメージですが(それも大好きですが)、アイルランドでは缶に入っているものは出てきません。普通に肉の塊の塩漬けをスライスまたは小さくぶちギリにしたものが出てきます。そしてこちらの方がやはり断然うまい。


お二人とも喜んでおられたのでホッとしました。しかし回りに座っている客は観光客ばかり。アイリッシュといえば従業員だけ。それをちょっと不思議に思われたようですが、アイルランド人ってわざわざ家庭で食べれるようなアイルランド料理をレストランへ行ってまで食べないんですよ。

それにテンプルバーのパブに行ってもアイリッシュで飲んでる人ってあまりいないんです。なぜって、テンプルバーのパブは

ぼったくりのところが多いから。
(テンプルバーについては来月書きます)


パイントのラガーに7ユーロ50近くのお金出してられないんですよ。テンプルバーから外れれば5ユーロで飲めるところがありますからねえ。昔はパトリックスデーのときだけ高かったのに、最近ではいつでも高いらしいんです。前にどなたかにコメントもらって「そんなことないんじゃない?」と思っていましたが、おっしゃるとおりでした。(ごめんなさい!)

とにかく話を戻して。。。

食事中も話に花が咲き、結局そのご軽く街案内をしながらカフェ・アン・セーンへお連れしてここで軽くウェストコーストクーラーのロゼをいただき。。。バンド演奏も始まり。。。お店はパリ風だし。。。喜んでいらっしゃったようで何より。結局午後1時半から6時半過ぎまでご一緒させていただきました。楽しくて話まくった私。ごめんなさいです!


ブログを通じてお知り合いになって、お友達になるパターンがこのブログを始めてから何件もあります。そんな皆さんとはなんだか不思議な縁を感じることも多い。その後仲良くなってかなりプライベートな悩み事や愚痴まで聞いてくれる友達までできた。ありがたいことです。

そして私をきっかけにアイルランドに来て、「いや~イギリスに比べたら田舎やけど、そんな田舎さがいいねえ~。料理、意外とおいしいし、楽しかった!」と言ってもらえたら。。。4年以上アイルランドブログをやっている甲斐があるというものだ、と昨日つくづく思いました。

money@さん&Sさん、またアイルランドに遊びに来てくださいね~。そしていろいろありがとうございました。


ということで、私は今週から日本へ一時帰国するため、明日からブログを一時お休みさせていただきます。

ブログ再開は10月28日予定をしております。コメントの返事がかなり遅れますが、ご了承ください。日本での予定がびっしりなもので、手が回らない可能性があるものですから。(帰国しても羽を伸ばしに来てるのか、もっと忙しくなるために来ているのかわからなくなるときがあります)

それでは皆さん、28日にお会いしましょう!


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

えっ、帰国されるの?
では、東京に来たらぜひ連絡ください。
一緒にお食事は如何ですか?
非公開では送れないんで、連絡先、どうやってお伝えすればいいでしょうかねぇ?

No title

お三方で楽しい時間を過ごされたようで良かったです。Money@さんとご友人もアイルランドでの良い思い出になったと思います。これも一重にティファニーさんのお人柄でしょうね。

Boxty美味しそうですが、確かにアイルランド人にとってはお金を払ってまで食べる気にはならないかも知れませんね。レストランで出すBoxtyはお洒落にしているのでしょうが、義母の言葉を借りれば「古くなってきたジャガイモを使い切るために考案された貧乏人の食べ物」だそうです…(ごめんなさい!)

わが村のパブのギネスは4ユーロなのですが、田舎値段に慣れてしまった今、テンプル・バーで飲む気には到底なりません… 

久しぶりの日本、楽しんできてくださいね。お話楽しみにしています。

mamma-EIDさんへ

そうなんですよ。やること多いんです、日本でも(汗)。

東京にも数日だけ行く予定があるんですが、予定がビッチリで空き時間無しなんです。せっかくお誘いいただいたのですが、次回ということでご勘弁ください!!!

Junksさんへ

古くなってきたジャガイモを使い切る。。。なるほどですわ。それをアイルランド人がレストランへ食べることはないですよね。コドルもレストランやカフェのメニューに載っててもアイリッシュがオーダーすることはほとんどないですよね。そんなもんですね(笑)。

ただ私たち外国人にはこういうのがいいと思いませんか?アイルランド人の生活が食べ物を通して少し見れますものね!私、Boxty、結構好きですよ。このレストラン、テンプルバーという観光地にありながら味はちゃんとしてますし。

最近のテンプルバー、特に高飛車ですよね。経営者の目はユーロサインになり、炎が出ているのが想像できます(笑)田舎はいいですね~。

日本、楽しんできます。ありがとう。Junksさんも旅行楽しんでくださいね!

No title

了解です。
楽しみはまたの機会にとっておきましょうね。

そちら程ではないけれど、こちらもめっきり秋めいてきましたよ。
物価の高騰は、もう冬支度です。

ではでは、良い休暇をお過ごしください。

mamma-EIDさんへ

申し訳ございません。朝6時半に友達と待ち合わせ、夜遅くまで。その次の日も集合が朝6時半、お昼には帰宅しますのでどう考えても時間がなくて。。。無理なんですよ(涙)

もう半そでサンダルは無理だと友達も言っておりました。まだ夏だと思っていたのでがっかりですが、楽しんできます。

No title

初めまして。いつも楽しく拝見させていただいてます。
4月に初ダブリン行きまして、とても気に入りました。

ご帰国されるのですね。
ご存じかもですが、今大型台風が接近してまして・・・
こちらは関西ですが、今週末くらいに西日本直撃、かもなんです(><)

どうかお気をつけて、
でもしっかり楽しんでくださいね。

ティファニーさん、大好きです~ !(´∀`)

無事に日本へ帰国いたしました。。。ティファニーさんのお陰で本当にとても楽しい時間を過ごさせて頂き感謝しております。 出発から帰宅まで天候に恵まれ、全て堪能できた旅行となりました!(ロンドン、ダブリン共連日晴天でした。)

今やどこでも何でも手に入る時代だからこそ、やはりその地域や個人特有のモノが魅力となります。その文化の背景や想いにも触れられるのが素敵なことだと感じます。

ティファニーさんがこのように親切に対応してくださり、アイルランドの方々も嬉しい限りだと思われますヨ。帰国日の早朝、タクシードライバーに尋ねてみました。「Do you like DUBLIN?」「Yes! I Like Dublin!!」自慢の国だと言っておられる様子でした。私も「I like DUBLIN,too. I com to again!」と伝えて帰路に着きました。

※ボクスティ美味しかったです!コンビーフも味が深くて旨いです。結構なボリュームでしたヨ!!

これからもブログを楽しみに閲覧させていただきます。益々素敵な人生にトライしてゆきましょうネ!!

money@


はじめまして!いつもブログ拝見しておりました。留学でダブリンに滞在している者です。

アイルランド案内の際にオススメなお店などご存知でしたら、教えていただきたいです!

mioさんへ

コメントありがとうございます。そして返事がかなり遅れてしまい、大変申し訳ございませんでした。

台風の合間をうまくすり抜けて日本帰国しました。なんてラッキーなんでしょう(笑)。

台風はでかいのが来ると言っていた割にはうちの実家の方に来る当たりでは少し弱まり、何の被害もなく過ぎ去りました。これまたラッキーでございました。

日本、満喫しましたよ。ありがとうございます。このブログも明日再開です。またお時間があるときに読んでやってください。

money@さんへ

お返事が大変遅れて申し訳ございませんでした。

ダブリン滞在の数日間、楽しまれたようで、少し荒々しいダブリン紹介でしたが少しでもお役に立てて光栄です。お休みを一日取って案内したいくらいでした。


そしてたくさんの日本食お土産、ありがとうございました。次回いらっしゃるときは何も持ってこなくていいですよ。お気になさらず!

今後ともお付き合い、よろしくお願いいたします!

ぽんさんへ

こちらこそ、いつも読んでくださってありがとうございます。留学生活の中で少しでもこのブログが役立つとうれしいのですが。。。どうでしょう?(笑)

案内される際に「いかにもアイルランド」とういうところで観光客ばかりでもいいのならやはりボクスティはお勧めです。パブも高いですがやはりテンプルバーはご紹介された方がよいかと思います。

地元民が行くところであれば若い人が行くCamden Stはどうでしょう?Dawson Stもお勧めです。このブログでご紹介させていただいているところはほとんどお勧め店ですよ。



No title

お久しぶりです!こちらは連休中日です。
カフェ経営で、メニューに行き詰った時、アイルランドネタがとても参考になります。
たしかに、ダブリンのホストマザーに作ってもらった記憶がありませんね。いろいろレシピ調べて試してみたいです!!

シャムロックさんへ

お久しぶりですね!連休中なんですか~いいなあ。こちらはバンクホリデーが終わってしまっていつもどおり仕事ですよ。

ボクスティーを作るお家ということはダブリン在住ではない??と見ましたが、いかがでしょう?

アイルランドだから!というレシピで日本人にも喜ばれそうなのってあまり無いような。。。と思っていたのですが、私のブログで紹介しているものからヒントが得られるのならばすごくうれしいです!これからも食べ物系もたくさん載せていきますね。(食ブログにならない程度に)ありがとうございます。
Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.