ボノ、Web summitフィナーレを飾り、終了

昨日、3日間開かれたウェブ・サミット(Web summit)が終了しました。

WEB SUMMIT 3 
大きなイベントでした。(ネットより)

3日間行っていたAちゃん。収穫があったかどうか聞いた。

「Yes and No.」

ためになる話をした人も数人いたらしいが、結構退屈な話をした人も結構いたそうだ。

ランチ時に知らない国の人たちとテーブルを一緒にすることになったため、彼らと話をかなりしたらしい。そっちの方が楽しかったと言っていた。

会場のRDSがあまりよくないらしく、3つある会場同士が離れており、いったん外に出て移動しなくてはならず。例えばFood Summitの会場。そこに行くのに川を渡っていかねばならず大変不便だったらしい。オーガナイズがちゃんとされてないと不平を言っていた。Wifiの問題もあったらしいし。去年もじゃなかったっけ?アイルランドらしいと思ったが、もちろんAちゃんには言わず。(怒られるから)

その上今回は"Start-up"の方のためのスタンドが多かったらしく、しかもアメリカの大企業がたくさん出展しており、小さい事業を立ち上げる人には向いてなかったという。

総合評価として。。。個人的にお金を出して行っていたら損した気分になっていたと思うとAちゃん。行かなくて良かった。


そして昨日Aちゃんにどうしても聞きたかったのが、

『ボノの話聞いてきた?』

WEBSUMMIT 1
イベントのフィナーレを飾ったボノ。(ネットより)

ボノの話を聞こうと、ボノが話す舞台では彼を一目見ようとかなり長い列ができてしまっていたらしい。しかも同僚が急に「気分が悪い。」と言い出したため並ぶことをあきらめ、とっとと帰宅したらしい。

『その同僚、誰や!?今すぐ連れて来い!』

と思ったが、Aちゃんが同僚を家に招待し、お茶を出してあげたらしい。なんや連れてきたんか。私と会わなんだおかげで同僚は命拾いしたな。

ボノのお話が聞けるビデオがまだ出てませんので、ファンの方は代わりにこちらの記事で堪能してください。http://www.independent.ie/business/technology/web-summit/bono-i-could-go-on-for-an-hour-about-water-charges-and-be-very-popular-30724523.html


それにしてもこの3日間のおかげで夜のダブリンの街は人だらけ!火曜日と水曜日の夜は街で友達に会い食事をしていたのですが、レストランも普段より人が多かった。それに普段この曜日だと空いているパブがさすがに満員!メジャーなところはパブの外に行列ができるほどでした。きっとテンプルバーもすごかったのでしょう。

WEB SUMMIT 2
デームストリート裏。D2。こんなんだったようです。(ネットより)

ウェブサミット、たいしたことないわ~という評価もありますが、国にとってはホクホク顔にさせてくれるイベント。うれしいはずがない。

この日だけで大量の人が海外からアイルランド入りするし、ホテルやレストラン、バーは潤う。これを機会にいずれ個人的にアイルランドを訪れてみようと思う人もたくさんいるであろうし。私個人的にも街に人がたくさんいるほうが好きだしね。(多すぎるのはいやですが)

来年も今年以上にでかいイベントになりそうですな。

それでは今日はこの辺で。皆さんよい週末を!来週月曜日にお会いしましょう。

ENDA 5
おとつい。ボノにもらった新作アルバムを手に喜ぶティーショック・エンダ。エンダはちゃんと聴くんだろうか。(ネットより)


ポチっとクリックお願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ   
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.