モダンなダブリンの象徴-Dublin Docklands

ダブリンといえば、皆さん一番に思い浮かべるのは何でしょうか?

GPO?

テンプルバー?

クライストチャーチ?

ギネス?


まあいろいろありますが、たぶんこの場所をパッとおい浮かべる人はほとんどいないのではないでしょうか。

DOCKLAND 5
Dublin Docklands.

このあたり、私が来た当時は全然いけてませんでした。あんまり治安もよくないしなあ~と言った感じで。

しかしケルティックタイガー時、ここは一気に開発が進み、近代的な建物がたくさん建ち並び、オフィスをはじめモダンなアパートもたくさん建ちました。

昨日ご紹介したBord Gais Energy Theatreをはじめ、上の写真のコンベンションセンターもその一つですし、サミュエル・ベケット橋もそうです。IFSC(International Financial Services Centre)も有名。この辺りはケルティックタイガー時代、600社以上この地域にオフィスを構えていたとのことです。

つまりここは"モダン・ダブリンの象徴"

しかし2009年から景気が一気に悪くなり、企業が撤退、アパートも売れない、ローンが払えない人も出ました。

最近は景気が上向きになってきたため、またこの辺りは開発が進み、途中で止まっていたマンションの工事も始まっているし、海外からの(中国やロシアなど)投資家がを投資を始めているそうだ。

近くこの辺りにはダブリンバイクスのステーションが13ほどできるらしいし、このあたりはもっと便利に、そしてお洒落になっていくことでしょう。

天気のいい日はこの辺りをぶらぶらするといいですよ。いい散歩になります。

コンベンションセンターあたりはたくさんのカフェやレストラン、ホテルもあるし、カレッジも最近オープンして人がたくさんいます。反対側も同様です。今日は反対側、Bord Gais Energy Theatreの周りの写真を少しご紹介しておきましょう。

DOCKLAND 1

Bord Gais Energy Theatrenを背に向けると、こんな風景。赤いポールの向こうはグランド・カナル。ヴァイキング・スプラッシュのツアーの車が水の中に入ります。http://vikingsplash.com/

DOCLAND 2
夜はライトアップ!

DOCKLAND 8
Bord Gais Energy Theatre。綺麗ですな~。

DOCKLAND 7
シアター、向かって左手。オフィス。一階はレストラン&バー。バンク・オブ・アイルランド(BOI)の支店が開くらしく、現在工事中でした。

DOCKLAND 3
シアター、向かって右手。幻想的といってもいいでしょう!?

Bord Gais Energy Theatre向かって左手に少し歩くとコンビニがあります。

DOCKLAND 6 
Fresh-The good food market.(ネットより)

ここ、ちょっと高いんですけど、ちょっとこじゃれたサンドイッチやサラダがあってなかなか良いですよ。パックに入ったサンドイッチを買いましたけど、普通パンが乾燥してぱりぱりなんですけど、しっとりしてびっくり。美味しかったです。お勧め。


いや~この辺りは本当にモダン!窓から見えるオフィスが素敵なんですよ。あゝ、この辺りで働きたい~。

何でうちのオフィスは海運会社なのに山にあるん?しかも街からえっらい遠いしさあ。オフィス、ボロボロよ、今じゃ。キッチンのプレスなんてねじが外れて取れてるけど、誰も直しに来やんしさ。本当だっさい。情けないわ。


情けない気持ちは置き去りにして、明日はここにあるお勧めの場所を一つご紹介しましょう。Hidden gemです、Hidden gem!



ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ   
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.