ベルファストのクリスマス・マーケット

皆さん、週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私はベルファストに行ってきました。

実は会社関係で知り合いになり、お友達になったDさん(北アイルランド人男性)が来週アメリカに移住するんです。(嫁がアメリカ人)そのため、旅立つ前に会いに行こうとしたわけです。

しかし行く日を突然聞いたんで慌てて予定を立てたけどDさん自身が週末はすべて埋まっていて無理。とりあえずうちのベルファスト支店のTさんとDOさんとだけ会うことにしたんです。

今回は日帰り。

いつもは一泊するのですが、この週は全くホテルの空きがなし!あっても3つ星ホテルでさえ、

一泊230ユーロ以上。

手が出ません。

ということで日帰りになったわけです。

毎度のごとくAircoachで行くことにしたんですが、間違って帰る日を日曜日として予約!そうしてしまうと予約の取り消しが全く効かないので、片道をまた払ってダブリンに戻ってきたんです。(私はあほです)


それはともかく。ベルファストにもこの時期クリスマス・マーケットがオープンします。

BELFAST 1 

写真からもお分かりの通り、City Hallの敷地内でやってるんです。2007年から毎年行われているそうな。

数年前にも来たことがあるんですが、「こんなもんか~。」という印象しかないかったんです。

しかし、ダブリン初!クリスマス・マーケットよりは絶対いいし、久々行ってどんなもんか見てみようと思ったのです。

午前11過ぎに行ったら。。。

BELFAST 6
すでに人、人&人!

食べ物のストールがたくさん出てました。入口近くではバーガーを焼いていていい匂い!むちゃくちゃ何か買って食べたくなってたんですが、お昼が1時半から。ぐっと我慢してとりあえず回ってみました。

BELFAST 3
カップケーキがいっぱい。

BELFAST 4
ごてごてしたケーキと思ったら。。。マフィンらしい。

BELFAST 9
バゲットを半分に切ってハムやらチーズやらソーセージやら乗せて売ってました。食べたい~。

BELFAST 10
こういうチョコレートのお店も何軒かありました。

BELFAST 7
これ、チョコレートなんです。列車の部品もチョコレートで売っていて、組み立てれるようなものも売ってました。

BELFAST 11
でっかいバーもあり。まだ早すぎて開いてませんでしたけど。

BELFAST 15
ジーザス・エブリウェア~。(過ぎて怖い感じが)

BELFAST 16
プラントもたくさん売られてました。クリスマスって感じが一気にします。

他にもクラフトの大きいお店、ジュエリーやマフラー、ジャンパー(セーター)などのお店もたくさん出ていました。


とにかくダブリンと比べなくても一目瞭然なのはお店の数。クレープの店が3つもあるなんてことはありません。

パエリアのお店もあれば、イタリアンスイーツのお店、チーズのお店ととにかく一杯いろんなお店があってうろうろしてるのがとても楽しかった。

私は行ったことがないですが、オーストリアやドイツのほうがものすごくいいと思うんです。でもベルファストはベルファストなりにすごく頑張っている感が出ていて、数年前よりよくなってたし、気に入りました。


TさんとDOさんと別れてから6時ごろもう一度行ったんですけど、もうその頃には人が恐ろしいくらいたくさん!

並んでしか入れませんでしたが、その並んでいる列が長い。。。長すぎ。。。しかもちらっと外から覗いてみたら食べ物屋が行列してる!もう食べるのはムリと判断。とっとと6時半のバスでダブリンへ帰りました。


前日がBlack Fridayとあってクリスマス前セールがすっかり始まり、街には人が溢れすぎていたベルファスト。マーケットもしかりでした。


ダブリンから2時間で行けるベルファスト。

ダブリンに飽きたらベルファストでゆっくりしてみるのもいいですよ。人は親切だし、マナーがあるし、ゴミがあまり落ちてないから気持ちいいしね。マーケットも小さいけど、ダブリンのものよりかなりいいですので。

BELFAST 12


ポチっとクリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

北アイルランド↪︎アイルランド

こんにちは、初めてのコメント失礼します。
6/4~6/9までベルファスト↪︎ダブリン↪︎ゴールウェイに行くのでブログを参考にさせて頂いております‼︎様々な事柄が書かれており楽しく読んでおります。

突然の質問ですが、北アイルランドからアイルランドに行く際にはパスポートコントロールはありますでしょうか⁇
ブログを読んでも記載がなかったので質問させて頂きました。




ちはるさんへ

こちらこそ。読んでくださってありがとうございます!

北アイルランド=アイルランド間は協定があり、パスポートコントロールは一切ありませんので普通に何もなしで行き来できます。外国人だからと言って調べられることもありませんのでご安心を。


旅行楽しんでくださいね。

助かりましたm(_ _)m

イギリスには独自にパスポートコントロールを設けていると聞いたことがあったのでとても心配しておりましたが安心しました‼︎本当にありがとうございました。

ブログを参考にさせてもらいながら旅行楽しみたいと思います。

ちはるさんへ

北アイルランドは変わった地域なんですよ。(と私はいつも思う)すべてが本土イギリスに従っているのかと思うと実はそうではないんです。
バンクホリデーは本土とは一緒ではないんですよ。独自の設定があるんです。なぜなのかいまだに疑問です。貨幣もポンドとはいえ、北アイルランドのポンド札。本土では使えませんしね。

ダブリンからバスや電車、自家用車で入る場合は何のコントロールもないですが、イギリス本土から飛行機で入る場合はパスポートコントロールがあるのではないでしょうか。(イギリス本土から入ったことがないのでわかりませんが)

ちなみにダブリンからベルファストへ入るのならバスがいいですよ。列車はたまにですが止まることがあるんです、爆発騒ぎで。(実際に爆弾が列車に設置されるわけではないのですが、周辺の橋やらでそういう予告があることがあります)それに駅から街の中心まで少し歩かないといけませんのでね。歩けない距離ではありませんが。

小さなロンドンっぽくて私はかなりベルファストが好きです。ぜひ観光バスに乗ってください。一人ではちょっと不安なところにも連れて行ってくれるので安心ですし、かなり興味深いです。行く前に少し北アイルランドの歴史をさらっと勉強していくといいですよ。

旅行楽しんでくださいね。

始まりも終わりもベルファスト

丁寧な説明ありがとうございます。今回はベルファストに入ってベルファストからスコットランドに戻るので国内移動扱いですね、きっと。

イギリスは小さな国なのに場所によって制度違うのは私が今住んでいるスコットランドも独自の制度/紙幣がありますよね…。
紙幣を別々にするのはいいのですが全国で全て使えるようにして下さいとイングランドに行く度に思います。(使える場合もありますが)
移動手段まで教えて頂けるなんて助かります。そしてバスは電車より安いですね~。

歴史ちょこっと勉強して理解を深めたいと思います。

ちはるさんへ

いえいえ、こちらこそ。スコットランドにお住まいなのですね!いや~いいところです、スコットランド。人も親切ですしね。2003年くらいに行ったきりですけど。また行きたいです。

本当、スコットランドも独自制度ですもんね。確かに紙幣はめんどくさい。うちの会社の場合なぜかベルファストオフィスの面倒は南、ダブリンオフィスが見てるんですよ。北はUKやん!UKオフィスにやってもらえばいいのに~と思います。おかげでダブリンオフィスはGBPとEURの処理をしなくてはならず、面倒ですよ。

とにかくベルファスト旅行お楽しみください!

ありがとうございます。

お陰様でアイルランド旅行存分に楽しむことができました‼︎
アイルランドは自然がとっても美しくのどかな風景が多かったです。
ダブリンではパブの多さに驚きました!そして生演奏しているところも多くどこに入ろうかとっても悩みました。

ティファニーさんもまた是非スコットランドにも足を運んでみてくださいませ。

ちはるさんへ

とんでもございません!楽しんでいただけて何よりです。

そうですね、パブが多いですね。なので飽きたらすぐに次へ行けるので(しかもすぐ隣のパブとか)楽ちんです。そういえば、エジンバラに行った時、思っていたよりパブが少なくてびっくりしました。

また機会があればぜひスコットランドへお邪魔したいと思います。

Profile

ティファニーカイリー

Author:ティファニーカイリー
人口1万人、サルやイノシシ、野良犬がうろついているような日本の田舎町から6年半勤めた地元金融機関を辞め、両親と愛犬とむ(2012年1月23日他界)を置き去りに、英語の勉強+大ファンのU2に会うべく、アイルランドはダブリンに到着したのは1999年9月25日。

語学学校へ9ヶ月、コンピーター学校へ2ヶ月通うも仕事が見つからず帰国。

仕事したさにダブリンに2か月だけ舞い戻ったつもりが、友達だったフランス人のおかげで運良く仕事が見つかり,ダブリンに居座ることに。

CIMA(英国勅許公認管理会計士)休学中(というか断念)。現在はイタリア就職を夢見てダブリンでイタリア語勉強中。アイルランド人の親友であるAちゃんが相続したNorthsideのお家に野良猫一家(母、娘&息子猫)とともに居候中です。

Press&Mediaの方はt.kylieroi40s@gmail.comへお問い合わせ願います。それ以外の方のメールのご使用は固くお断り致します。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
FC2 Counter
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.